トップセールスパーソンから学んだ保険営業成功ノウハウを紹介します。
■売れる人は波平、売れない人は相続

ある企業で部長を務める友人が
部下の結婚式でスピーチをします。

事前に話す内容を考えることは
比較的容易にできます。

しかしそれを暗記し緊張の中で
うまく話す自信が全くないそうです。

スピーチを書いた紙を
見ながらやればいいのでは?

と思いましたが
それはやりたくないといいます。

確かに結構役職が高い人が
カンペを読んで挨拶をしているのを
目にしますが

見ていてあまりいい印象を
受けないのは事実です。

どうすればいいのか??と
悩んでいると別の友人が
こうアドバイスしました。

「そんなの簡単だよ。

今日は○○君のために手紙を
書いてきましたので読みますと言って

堂々とカンペを読めばいいだけだよ!」

書いてきた手紙を大事な人に対して
読むという行為は

テレビ番組などでは特別なことでは
ありません。

手紙という「一言」で

聴いている人の印象は

「カンペを読んでいる」から
「手紙を読んでいる」に

完全に変化します。

「 一言」で相手の受ける印象を
変えることもできるのです。



この話は保険営業とくに
相続対策保険を売る場合にも通じます。



相続対策保険が
思ったように売れない・・・

相続対策が必要なお客様なのに
関心を示してくれない・・・

こう感じたことはありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

お客様の印象を

「一言」で変えてしまいます。


相続、保険、財産・・・

こんな言葉からもしも営業を
スタートさせたら

お客様がどんな印象を持つか
今さら説明するまでもありません。

一方大田氏は

お客様の負の感情を

プラスに変える「一言」をいくつも持ち

最終的には契約に繋げる
ノウハウを既に確立しています。

カツオと波平
マイケルジャクソン
金メダル
東京オリンピック

こんな「一言」を駆使して

「保険の話なんて聞きたくない」
というお客様を

「もっと詳しい話を教えて欲しい」

と言わせてしまいます。

こんな言葉を発したお客様に
相続対策保険が売れないというが
果たしてあるでしょうか?

高度で難解なノウハウではありません。

知っているか知らないかで
大きな差がつくのです。

あなたはまだ相続の話を
しますか?

それともカツオと波平を
語りますか?

詳しくは↓
これで資産家から保険の話を聴かせて
欲しいとお願いされる








■これで一生法人見込み客が枯渇しない

古くなったTシャツ
首の部分が伸びてしまったTシャツ。

捨てるしかないと考えていましたが
先日見かけたテレビ番組では

着られない大人のTシャツを
子供の洋服に作り直すやり方が
解説されていました。

古いTシャツを切って
数か所縫うだけで

かわいい小さな女の子用の
ワンピースになる方法は

見事!すごい!と感じました。

「再利用」や「リメイク」

ある意味時代のキーワードと
言ってもいいのではないでしょうか。

お米のとぎ汁を捨てないで
洗顔や庭の水やりに使っている
知人がいます。

これも「再利用」の一例です。



これら2つの話は法人保険営業に
実は通じます。



名刺を出した途端に
社長に嫌な顔をされて
「結構!」「必要なし!」などと
言われてしまう・・・

提案や詳しい話をする前に
社長からすぐに断られてしまう・・・

こんな経験をしたことが
ありませんか?

こうならないように
紹介をもらったり
見込み度の高い社長を
訪問するように努力する!

これが

今までの常識でしょう。

一方

今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏の

発想、やり方は

まるで違います。

いきなりの断りや嫌味
そして罵倒を

「再利用」して

契約を短時間で効率的に
導いてしまうノウハウなのです。


「保険は損するから嫌いだ!帰れ!」

「保険なんて入ってもいいことがなかった
いらないよ!」

こんな言葉を浴びせられたら
普通の保険営業パーソンは

見込みなし

と判断して

その場を後にするに違いありません。

一方

竹下氏は

こんな言葉を受けると

心の中で

「ガッツポーズ」するそうです。

なぜなら

こんな言葉を

「再利用」して

契約に簡単に近づけることが
できるからです。

あなたは

断り、拒絶、罵倒などを

利用して契約を獲得する方法が

あることをご存知でしたか?

この方法さえ知れば

あなたの営業活動は大きく変わる
と確信しています。

今までは

断られない法人を

見つけようとします。

間違いではありませんが
この発想だと訪問先は狭まるでしょう。

一方

CDのインタビューで詳しく解説している
断りや罵声を利用して

契約を獲るノウハウを知っていれば

あなたの訪問先は劇的に広がる
はずです。

無限になると言っても過言では
ありません。

保険が嫌い
保険の話を聴きたくない
保険にマイナスイメージを持つ

社長は

あなたの周りには溢れているから
です。

こんな社長が
優良な見込み客にするノウハウを

知りたくはありませんか?

詳しくは↓
断りや拒絶が契約に変わる
罵倒マーケティングとは?

■返戻率が高い時に解約するな!

あるダイエット食品の通販CMで
こんなナレーションが流れていました。

「1日3kg以上体重が減った場合
使用を控えてください!」

ずいぶん効果がでることがあるんだなと
私は思ってしまいました。

「控えてください」「やめてください」

こんな否定的な言葉を使うことで

逆にお客様の信用を高め
関心を集めることができる場合もあるのです。

「1日3kg以上体重が減ることもあります。
効果抜群です。」

というのも悪くありませんが

あえて禁止や否定をすることで
お客様の感情をぐっと掴むことができるわけです。



この話は法人保険営業に通じます。



社長に

なかなか話を聴いてもらえない・・・
すぐに断りを受けてしまう・・・

こんな悩みはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
奥田氏が詳しく語っている提案ノウハウを
知れば

こんな投げかけができます。

「返戻率が高いとき解約してはいけません!」

多くの保険営業パーソンが言い尽くしている
「有利です」「お得です」より

否定や禁止のワードを使うことで
社長が関心を示すとは思いませんか?

この言葉、提案のカラクリは
CDで詳しく解説されています。


「税務署には絶対こう言ってはいけません!」

CDを聴けばこんな禁止、否定ワードも
あなたの武器になります。

こちらもインタビューで詳しく解説されて
います。

まだ有利でお得な提案ばかりを
繰り返しますか?

それとも否定や禁止ワードを使って
社長の関心を引き付けますか?

詳しくは↓
教科書に載らない法人保険提案の裏ワザ 






■法人より個人を狙え!逆転の単価アップ術

私が学生時代通っていた予備校は
業務を大幅に縮小しているといいます。

生徒は減り続け、以前は様々な駅に
校舎がありましたが

今は1つだけになったそうです。

少子化の影響で

予備校、塾、家庭教師
関連業者の多くは苦戦しています。

一方で同じ業界でも成功している
企業は

みんなが狙っていない
「別のターゲット」を開拓しています。

以前ネットで目にした業者が派遣する
家庭教師が指導する科目は

なんと「体育」。

速く走るコツや逆上がりのやり方などを
指導します。

算数や国語を教える市場は飽和状態
ですから

全く「別のターゲット」を狙っているわけです。


子供向けではなく
「大人向け家庭教師」。

こんなサービスを提供する業者もあります。

家庭教師は「子供」がターゲットという
常識を

「大人」に変えることで売上を伸ばしている
と予測できます。



これら2つの話は保険営業に通じます。



大きな契約を獲りたくて
法人をターゲットにしているが
思ったように契約が獲れない・・・

こう感じたことはありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

高単価契約をコンスタントに
獲得し続けています。

成功の大きな要因の1つは
「別のターゲット」を選んでいることです。

実は・・・



法人より個人にチャンスがあると
語ります。

個人マーケットを入口に
大型契約を連発させているのです。

個人が手間がかかる割に
実入りが少ない・・・

こんな常識がインタビューを聴いて
ガラガラと崩れ去りました。

個人にチャンスがないのではなくて
やり方を知らないだけなのです。

厳しい法人マーケットの競争に
挑み続けますか?

それとも
もっと効率的で楽に勝てる
方法を学びますか?

詳しくは↓
今から1か月以内に富裕層と
保険契約できるノウハウ






■常識を語って富裕層に保険を売っています!

昔からある街の本屋さんは
品揃えや便利さなどで
アマゾンには勝てないとよく聞きます。

実際に街の本屋さんの数は
減り続けているといいます。

一方で・・

ある本屋さんの存在を
友人の経営者から先日教えてもらいました。

その店のコンセプトは

泊まれる本屋!!

実際には本は売っていませんが
本を読みながら寝るの体験を
提供しているとのことです。

売っている本や価格を
特別にしなくても

「特別の部分を変えれば」

本屋でも十分差別化できると
いうことではないでしょうか。


本のソムリエが店に居て
お客様の話を聴きながら

お勧めの本を紹介してくれる
人気の本屋もよくマスコミで
取り上げられます。

説明するまでもありませんが
売っている本は特別では
ありません。

しかし
「特別な部分を少し変える」
だけで、違いをだせるのです。



これら2つの話は保険営業に
通じます。



みんなと差別化することが
なかなかできない・・・

ライバルや既契約に勝つことが
難しい・・・

こう感じたことはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

簡単に差別化する達人です。

といっても

特別なプラン、特約や保険料で
差別化しようとしません。

「特別な部分がみんなと少し
違う」だけです。


特別な事を

伝えるのではなく

「特別な伝え方」で

差別化して
大きな成果を出し続けています。

「500万円×法定相続人数」
「節税」「不動産、分割」など

保険営業パーソンなら

誰でも知っている常識

業界に入れば最初の研修で習う
ような基本的な事を

お客様に伝え
契約を獲得し続けています。


勉強会や研修で学べることは
「何を伝えるか」ばかりです。

間違いではありませんが

売れる人は

「どう伝えるか」が秀逸です。

あなたはまだ特別な情報や知識を
伝えて契約を狙いますか?

それとも売れる人の
「特別な伝え方」を学びますか?

詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!








■1秒で社長の断りを切り返すトーク

「スランプの時こそ絶好調!」

メジャーリーガーのイチローは
こう考えるそうです。

打てない、ヒットがでないことを
嫌だとか避けたい状況ととらえる
のではなく

どうしたら打てるか考える
きっかけ、成長の機会と
しているのです。


「ケガはチャンス!」


プロサッカーの本田圭佑選手の
言葉です。

スポーツ選手にとって
ケガは最悪の出来事と
言っていいはずです。

落ち込み、後悔するのが
普通でしょう。

一方、本田選手は
体を鍛えなおすチャンスと
捉えているのです。


成功者は

困難な状況に陥っても
その「対処」がうまいものです。



これは法人保険営業に通じます。



社長に話をしても
すぐに断られてしまう・・・

社長に
「保険は不要」「間に合っている」と
いつも言われてしまう・・・

こう悩んでいませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

法人保険の分野で
長年驚くほどの成果を
出し続けています。

成功の要因の1つは
社長の断りに対する「対処」。

反論をするのではなく・・・
イエスバット法を使うのでもなく・・・

「約1秒の言葉」で

チャンスに繋げてしまいます。

社長の断りを

避けたり
落ち込んだり
チャンスがないと思うのではなく

「対処」するノウハウがあることを
あなたは知っていましたか?


詳しくは↓
このアプローチで社長は
あなたの話に夢中になる!







■この繰り返しだけでドクターに保険が売れる

今年の春の出来事ですが・・・

春にしてはとても暑く感じる日が
ありました。

喉が渇いたので・・・

サッカーコートやテニス場、野球グランド
などが併設されている公園の自販機で
水を買おうとすると

何と!冷たい飲み物はすべて
売り切れ。

残っているのは「温かい」コーヒーや
紅茶だけでした。

急に暑くなったことで
運動や遊びに来ていた人が
自販機に殺到したと考えられます。

当たり前のことですが
自販機は飲み物を売り込んだり
しません。

しかし暑く喉が渇くという「場面」が
訪れると

黙っていても飲料水は売れるわけ
です。



北風と太陽が人間の服を脱がせる
競争をする童話があります。

北風は風の力で服を飛ばそうと
しますが、うまくはいきません。

一方、太陽がただ燦燦と照り
つけると・・・

人間は暑くなり自分から服を脱ぎ
太陽の勝ちとなる物語です。

太陽は無理やり服を脱がせる
のではなく

人が服を脱ぐ「場面」を作ったと
言えるのではないでしょうか。



これら2つの話は
ドクターマーケットの新規開拓に
通じます。



ドクターに保険が思ったように
売れない・・・

ドクターにどんな提案をすれば
契約が獲れるかわからない・・・

こんなことを感じたことはありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

保険をうまく売り込む達人ではない
と私は確信しています。


保険を売り込むのではなく

保険が必要になってしまう
「場面」を作り出す達人なのです。

実はこの「場面」を作り出すのに
高度で難解なノウハウは不要なのです。

誰でも

いつからでもできる

「ある事」を

繰り返すだけでいいのです。

保険を売るための行動では
ありません。

保険とはほど遠いとも思える
「ある事」が驚く程の成果を導きます。


セミナーや勉強会などで学べるのは
大抵、保険の売り方です。

もちろん間違いではありませんが

トップセールスパーソンは
無理に契約を作り出す努力はしません。

保険がどうしても必要になってしまう
「場面」を作り出します。

「ある事」を繰り返すことで。


あなたはまだ売る努力をしますか?

それとも「場面」を作るために
「ある事」を繰り返ししますか?


詳しくは↓
年2億円稼げた!
ドクターマーケット新規開拓術






■このメルマガを出すだけで紹介獲得

昔のアイドルが今どんな容姿に
なっているか紹介する番組を
目にしました。

私が中学校の時に好きだった
アイドル歌手が

当時歌っている様子が
ちょうど映し出されていました。

次の瞬間
「あれから27年、現在47歳に
なった○○さんは・・・・」

というナレーションが流れ
現在の姿が足から映されました。

以前とは変わっていないスタイルは
わかったのですが

肝心の顔の部分は

「?」マークで隠され

「CMの後で」
というアナウンスがはいりました。

もちろん顔を見たい私は
2分ほどのCMが終わるまで
待ってしまったのです。

CMの前に顔を含めて
最初からすべてを見ることが
できたら

間違いなくチャンネルを替えていた
はずです。

体だけ映って顔がわからなかったから
こそ

「見たい!」という気持ちになって
CMを見て待ったのです。



この話は保険営業でも通じます。



紹介が思ったように獲得できない・・・

紹介を依頼すると
お客様から嫌な顔をされてしまう・・・

こんな思いをしたことはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏は

紹介獲得の達人です。

お願いや依頼を全くしないでも
紹介に困ったことがありません。

武器の1つはメルマガ。

メルマガを出して紹介を獲得する
ノウハウを確立しています。

といっても

特別な情報を書いたメルマガを
送るわけではないのです。

特別なのは
「情報の出し方」です。

アイドルの顔を出さずに
CM後まで視聴者を引き付ける
番組に似ています。

情報を最初からすべてメルマガで
伝えるのではなく

あえて

「情報の寸止め」します。

これでもっと知りたいお客様が
見事に反応します。

これが紹介に繋がるのです。

1通のメルマガで
紹介を継続的に獲得する
方法があることを

あなたは知っていましたか?

詳しくは↓
メールマガジンで
紹介を殺到させる奇跡のノウハウ








■もう保険を語るな、スタンスを語れ

60年長期保証!

ある住宅メーカーが実際にやっている
サービスです。

いい家です!
耐久性があります!
アフターサービスはしっかりやります!

多くの住宅メーカーや販売会社は
自社で家を建てるメリットを
お客様に伝えようとします。

一方

このメーカーは

自社の「スタンス」を伝え
見事に差別化していると
言っていいのではないしょうか。


メリットよりスタンス!!


ラジオショッピングで
ある育毛剤が売られていました。

キャスターが最後にこう伝えて
いました。

「全部使い切った後でも
返金OKです!」

毛が生えます
効果があります
お得です

などと単にメリットだけを
伝えるより

リスナーの心に響くとは
思いませんか?

これもメリットだけではなく
スタンスを伝え差別化している
例と考えられます。



これら2つの話は保険営業に通じます。



既契約やライバルと
差別化することが難しい・・・

保険提案で大きな違いを
出せない・・・

こう感じたことはありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
杉山氏は

自分のスタンスを伝え

面談して短時間のうちに差別化して
しまいます。

詳しい保険の内容を語る前に

お客様に「あなたとぜひ契約したい!」
と思わせてしまうのです。

といっても難しいことをやっている
わけではありません。

知れば

誰でもいつからでもできることを
実践しているだけです。


名刺に「ある情報」を明記する

自分のプロフィールの
「ある部分まで」伝える

保険金の支払いを
「ある方法」で説明する


スタンスで差別化する際に
実際に杉山氏がやっていることです。

こんな差別化のノウハウを
あなたは知っていましたか?


条件やメリットを武器に契約すると
もっといい条件やメリットを提案されれば

契約は簡単にひっくり返されしまうでしょう。

一方、スタンスであれば
人で差別化しますから
こんなことが起こりにくくなります。

知っているか知らかないかだけで
最終的に手にするコミッションは
大きく変わります。

詳しくは↓
この行動を繰り返すだけで
10年間生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!







■ほぼ100%,ドクターの前に座れるトーク

高校時代に私から見れば
非常に頭がよくて、なんでも知っている
友人がいました。

しかし彼は何年も浪人したにもかかわらず
希望の大学に入学することができませんでした。

一方、成績が全くよくなかったに
難関といわれる大学に現役で受かった
友人もいます。

頭がいいことと試験に受かることは
「違い」があるということではないでしょうか。

政治ができることと選挙で当選する受かる
ことも「違い」があると聞いたことがあります。



これらの話はドクターマーケットの
新規開拓に通じます。



ドクターマーケットも「違い」に気づけば
契約をコンスタントに獲得することが
できると考えています。

ドクターに保険を売るノウハウと

ドクターの前に座るノウハウとの

「違い」です。


セミナーや勉強会で習えるのは
大抵、売るノウハウばかりでは
ないでしょうか。

これも重要なことですが

今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏が

詳しく解説してくれたのは

ドクターの前に座るノウハウです。

これを

知るだけで

あなたは飛び込みで病院を
訪問しても

ドクターの前に座れるようになる
と確信しています。

決して高度で難解なノウハウでは
ありません。

知っているか知らないかだけの
差といっても言い過ぎではありません。

毎日

毎日

ドクターの前に座れても

契約が獲れないということが

果たして起こるでしょうか?

詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!







■180秒で社長を契約者に変える話法

セブンイレブンの創業者鈴木氏が
おにぎり販売をスタートさせた時

みんなに猛反対されたといいます。

誰でも家で作れるものが売れる
わけない!

確かにこれが当時の常識です。

しかし鈴木氏は「非常識」を押し切り
ました。

説明するまでもなく、この「非常識」が
今日の発展に繋がったわけです。


再生だけで録音できない
テープレコーダーなんて「非常識」なものが
売れるわけがない!

当初ソニーのウォークマンを
みんなはこう判断したそうですが・・・

この「非常識」が大ヒットしたわけです。


成功はいつも「非常識」からと言っても
過言ではないかもしれません。



これら2つの話は法人保険営業に
通じます。



法人新規開拓で

セミナーや勉強会で習った通りに
やってみても結果がでない・・・

社長に
なかなか話を聴いてもらえない・・・

提案をする前に断られてしまう・・・


こんなことに悩んでいませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏は

「非常識」なノウハウで成功を続けて
います。

例えば

決定権のある社長がいる時に
訪問しないと意味がないというのが
今までの法人新規開拓の常識です。

一方、インタビューでは

初回はわざわざ社長が留守の時に
行くノウハウが語られています。

その他にも

保険提案や知識、情報で
差別化するのではなく

社長と会ってから3分間の
雑談で差別化する方法、


社長にどんな質問をするか
ではなく

社長に質問されるようにして
契約に近づけるノウハウ

など

今までの常識とは180度違う
「非常識」なノウハウが伝授されます。

これらを知らずに
常識だけを信じ続けますか?

詳しくは↓
180秒で聴く気がない社長を
契約者に変える話法はこれだ






■トランプを語れば社長の資産を丸裸にできる

ある野球指導者の話を
聴く機会がありました。

高校野球の強豪・大阪桐蔭の
試合を見て

ただ打ち方や投げ方、取り方などを
真似しても

同じような強いチームを作ることは
できないと語っていました。

大切なのは試合の「前」だと
いいます。

試合のはるか「前」・・・

普段の練習で
どんなことをしているのかも
真似しなければならないし

さらに練習のはるか「前」・・・

どんな選手を入部させるか
すなわちスカウトも真似しなければ
近づけないと話していました。


同じような話をプロの料理人から
聴いたことがあります。

評判の料理の
味付けや盛り付けだけを真似る
だけでは同じような味を表現できない
と話していました。

重要なのは料理を作る「前」・・・
仕入れだそうです。



これら2つの話は法人保険営業に
通じます。



法人新規開拓で思い描いたような
成果を出すことができない・・・

がんばっても話をしても
すぐに社長に断られてしまう・・・

こんなくやしい思いをしたことは
ありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

法人新規開拓で
長年成果を出し続けています。

といっても

特別な提案をしているわけでは
ありません。

他にはない営業トークを駆使して
いるわけでもないのです。


特別なのは


「前」なのです。



保険を語る「前」の

「雑談」が

特別で武器なのです。

多くの保険営業パーソンは
トップセールスパーソンの
売り方を学ぼうとします。

もちろん間違いではありませんが

トップセールスパーソンは
「前」がみんなと違います。

あなたは
売れる人の「雑談」術を
学んだことがありますか?

インタビューで特に秀逸だと
私が感じたのは

「トランプを語れば
社長の資産を丸裸にできる」
という部分です。

毎日のようにニュースで報道される
トランプの雑談を

ある方法ですれば

社長の資産を明らかにして
コンサルに繋げることが可能に
なるのです。

社長との単なる「雑談」と

資産を明らかにさせる「雑談」が
あることをご存知でしたか?

詳しくは↓
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる






■これで社長に終身保険が売れます

少し考えてください。

あなたは古本屋を経営者です。

ブックオフやアマゾンなど並み居る
競合に勝つために
どんな戦略を立てますか?

扱う本のカテゴリーを絞って
専門店化する

新刊本を豊富に揃える

古く珍しい本ばかりを売る

他店よりも安く売る

仕入れを工夫して利益率を上げる


私ならこんな普通の考えしかできない
でしょう。

一方、先日テレビに出演していた
古本店の店主は

全く違う方法で

お客様にアプローチ

していました。


インテリア。


インテリアとして古本をお客様に
売っています。

外国の古書で装丁がオシャレなものを
中心に仕入れ販売。

例えばロシア語の古本。

これを読むために買う人は非常に
限られます。

ロシア語を勉強し読める人しか
買わないからです。

一方、ロシア語の本をインテリアと
して売れば

客層は劇的に広がります。

部屋をおしゃれにしたい女性・・・
カフェやレストランの経営者・・・

海外の家具を販売している店にも
売れるかもしれません。

ロシア語を一文字も知らない人で
あっても

ビジネスのターゲットに変えてしまう
ことができるわけです。


お客様への「アプローチ次第」で
売上は変わるのです。



この話は保険営業にも通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
染宮氏は「アプローチ」ノウハウの
達人です。

例えば終身保険を売る場合。

お葬式代や死後の整理資金の
準備のため

または返戻率の話を中心するのが
一般的ではないでしょうか。

一方、染宮氏は

「全く違うアプローチ」を
インタビューで語ってくれました。

この「アプローチ」なら

今からでも社長に終身保険が売れる!

しかも単価はかなり高いものが期待
できる!

これがその方法を学んだ
率直な感想です。

高い保険料の設計書を作り
熱心に声をからして売り込んでも

同じ結果を得ることは難しいでしょう。

本を本ではなく
インテリアでアプローチすれば
市場やチャンスが広がるように・・・

保険を語る前の「アプローチ」を
変えれば

結果が変わると確信しています。

社長に終身保険が売れる
「アプローチ」を
あなたは知っていましたか?

詳しくは↓
税制改正をあなたのコミッション増加に
直結させるノウハウ






■家族信託を契約に直結させる方法

多くの投手が投げるチェンジアップ
という変化球をご存知ですか?

速球と同じ腕の振り、投球動作で
投げる遅いボールと認識しています。

説明するまでもありませんが

初球からチェンジアップを
いきなり投げても効果はないでしょう。

速球を投げて

その後で同じフォームで遅い球が
来るから

打者のタイミングは狂うのです。

チェンジアップを習い練習し
マスターすることも重要ですが

それ以上に
「使い方」も大切なわけです。



この話は保険営業に通じます。



セミナーや研修で一生懸命勉強しても
思い描いた成果に繋がらない・・・

こう感じたことはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏が

伝授してくれるのは

知識や情報というより

「使い方」なのです。

特に

家族信託の「使い方」は見事です。

勉強会や本やネットなどで
家族信託に関して

既に学んでいる方は
少なくないはずです。

成果、契約、コミッションに直結
させるためには

既にあなたのものになっている
知識や情報に加えて

「使い方」だとは思いませんか?

いわばチェンジアップの投げ方は
あなたはすでにマスターしています。

足らないのは試合での「使い方」
ではないでしょうか。

どのマーケットに
どう提案すれば「家族信託」を

保険契約に繋げられるか?

インタビューで明らかになります。

あなたは知識や情報を勉強する
だけで満足しますか?

それとも「使い方」を知り
契約に直結させますか?

詳しくは↓
家族信託をこう語れば
相続対策保険は簡単に売れる!





■この4文字で初回面談は成功する

ナンパが得意な学生時の友人が
いました。

彼が女性に声を掛けるのは
道や街ではなく

いつもお店(飲食店)です。

メニューを片手に持って
女性の席に近づき
いつもこう質問します。

「今(あなたが)食べているものが
おいしそうだったので注文したいのですが
・・・・
どの料理か教えていただけますか?」

ほぼすべての女性は答えて
くれます。

彼はこの質問をきっかけにするのです。

いきなり
「一緒に飲みませんか?」とか
「この後遊びに行きませんか?」などと

質問したら成功の確率は
かなり低くなることは間違いありません。


何を問うかで
何を質問するかで

その後の展開が
まるで違ってくるものです。


以前、私がコンサルティングを
していたある塾は

当初チラシで入塾すること
ばかりをアピールしていました。

レスポンス率が極めて低かったのです。

そこでこのチラシを変更しました。

塾に入るかどうかを問うのではなく

無料体験イベント開き

そのイベントに参加するか
どうかを問う内容に変えました。

するとレスポンス率が劇的に
アップしたのです。



これら2つの話は法人保険営業に
通じます。



法人新規開拓で

社長との初回面談がうまくいかない・・・
社長にすぐに断られてしまう・・・

こんなことに悩んでいませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏の

法人アプローチ、初回面談のノウハウは
秀逸で

たとえ飛び込みで法人を訪問しても

驚くような成功率を残しています。

成功を続ける大きな要因の1つは

アプローチ(初回面談)でする

「ある質問」です。

この「ある質問」すると
社長との対話が続く可能性が

劇的にアップします。

会社の売上や事業内容に
関する質問ではありません。

社長の趣味やゴルフの類の
質問でもありません。

「社長の〇〇〇〇」を
質問するのです。

〇〇〇〇(ひらがな4文字)
は何か?

この「ある質問」をどう成果に
繋げるのか?

インタビューで明らかになります。


保険の話を聴きたいか聴きたくないか?
保険契約をしたいかしたくはないか?

知らず知らずのうちに

初回面談でこれを質問していませんか?

これらは
いわばナンパでいきなりお付き合いを
迫るくらい強引なことだと私は考えています。

質問1つでその後の展開は
まるで変わります。

トップセールスパーソンの
「ある質問」を知らずに
法人新規開拓を続けますか?

詳しくは↓
このアプローチで
社長はあなたの話に夢中になる!


■0円チラシで相続保険が売れる

芸能事務所やレコード会社が
イチオシ!のアーティストを
お金を掛けて売り出すという話を

おそらくあなたも聞いたことがあるでしょう。

CMで曲を流したり
テレビ番組に出演させたり
雑誌の表紙にアーティストを載せたり

巨額のプロモーション費用を払い
露出を増やし

ファンを獲得する方法が
かつては珍しくなかったはずです。

一方で

PPAPで世界中で大ブレイクした
ピコ太郎は

多額のお金を使って知名度を上げた
わけではありません。

誰でもいつでも無料で動画を投稿
できるYoutubeを使いました。

楽曲の作成や衣料、動画作成などに
費用は掛かったと予想できますが

プロモーション費0円で多くのファンを
獲得したと言っていいでしょう。


世界的なスターのジャスティンビーバーも
注目されるきっかけとなったのは

0円で使えるYoutubeです。



これらの話は富裕層に
相続対策保険を売る場合に通じます。



富裕層に保険を売ることは
非常に難しい・・・

富裕層の見込み客を見つける
ことは時間と労力とお金がかかる・・・

あなたは
こう思っていませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

富裕層を見つけ

富裕層に保険を売ることを

簡単にするノウハウを確立しています。


強力な武器の1つは


0円!チラシ。


0円でもらってきたものを

そのまま活用して

大きなチャンスを継続的に作り出して
しまうノウハウを構築しています。


ピコ太郎、ジャスティンは
Youtubeを使いましたが

中瀬氏は同じく0円で使える
チラシを活用し

相続対策保険を獲得しています。

詳しいやり方は
インタビューで明らかになります。

DM、セミナー、ネットの広告など
お金を掛けて宣伝し

見込み客を集めたり
契約獲得に繋げる方法も
決して間違いではありません。

コンプラに注意を払いながら
自分で工夫してチラシやツールを
作ることもよいでしょう。

しかし

成功者は

0円、もらってきたものを

そのまま使って

コンスタントに単価の高い相続対策を
獲得しています。


あなたは今の努力を続けるだけ
ですか?

それとも0円のチラシで
いつでもどこでもチャンスを作れる
方法を学びますか?

詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!