未分類

ここでは、未分類 に関する情報を紹介しています。
【保険営業相続マーケット攻略方法】
22,697円!本日の日経平均を語れば
社長に相続対策保険は売れる!
                   
あるカススマ外国人テニスコーチが
テレビで紹介されていました。
                   
彼の指導法はユニークで
しかも指導された選手は
素晴らしい結果を残し続けています。
                   
彼が日本の子供を指導する場面が
映し出されていました。
                   
テニスコートの中で鬼を1人決めて
自分の手でテニスボールを
ドリブルしている子供達(数人)の
ボールを取りに行けかせるというもの。
                  
ドリブルをしている子供はボールを
取られてないようにコート内を
逃げ回ります。
                  
鬼もドリブルをする子も
みんな大きな声を上げながら
楽しんでいました。
                  
テニスの練習というより
まるで鬼ごっこ、遊びです。
                  
しかしこれをやることで
自然に子供はテニスコートの
大きさを覚え
                  
試合でショットを打つ際に
とても役立つとそのコーチは
断言していました。
                  
「テニスコートの大きなを
しっかり覚えろ!」
                  
と何度も言っても選手はなかなか
できません。
                  
しかし遊びながらなら話は別に
なるのです。
                  
練習と遊びの垣根を無くすことで
成果が出やすくなるわけです。

                                    
この話は法人新規開拓に通じます。

                                    
相続対策保険がなかなか売れない・・・
                  
事業継承や相続の対策が必要な社長に
アプローチしても断られてしまう・・・
                  
こんな事を感じたことはありませんか?
                  
今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏は

コンスタントに相続対策保険を
社長から獲得し続けています。
                  
しかし最初から相続や保険に
関しての話をするわけではありません。
                  
竹下氏の強力な武器の1つは・・・・
                  
「日経平均」
                  
これを「ある方法」で語ると
最後に相続対策保険が売れてしまう
のです。
                  
日経平均の話題は普通は雑談です。

しかし「ある方法」で語ると
この雑談が営業になるのです。

テニスの話と同じで
雑談と営業の垣根が驚くほど
低くなります。
                  
保険を売ろうとしたり
相続や事業継承の話をするから
社長はNOなのです。
                  
今日の「日経平均」を語って
断る社長は果たして存在する
でしょうか?
                  
断られない相続対策保険獲得術。
                  
これがあなたのスキルになれば
周りにいる社長にどんどん
アプローチできるはずです。
                  
保険を売り込むのではなく
「日経平均」の話をするだけで
いいのですから
                  
アプローチできる社長があふれて
いることに気づくはずです。
                  
つまり見込み客の枯渇に怯えることも
なくなると私は考えています。
                  
まだがんばって相続保険を
売り込みますか?
                  
それとも日経平均を語り
今までと比べものにならない
程の結果を出しますか?
                  
詳しくはこちら↓を今すぐクリック
日経平均の話を相続対策保険に繋げる話法

【保険営業企業訪問成功事例】
100円のプレゼントで100%成功する

ハワイを旅行していた時
レストランで隣の席に座っていた
オーストラリア人のご夫婦と話す
機会がありました。

少し会話をしていると
奥様がバックからコアラの
小さな人形をプレゼントして
くれました。

旅行先で話した人にはいつも
このコアラをプレゼントする
とのことです。

この人形がきっかけになって

コアラの事、オーストラリアの
自然の事そして日本にいる動物や
自然についての話が盛り上がり
ました。

初めて会う方と些細なプレゼントが
「きっかけ」になって会話が進む
ことは少なくないと

海外旅行好きの友人が言っていた
事をその時思い出しました。

彼は海外に出かけるとき
100円ショップで売っている
寿司や日本料理の形をした
消しゴムをたくさん買って
バックに入れていきます。

3個で100円の消しゴム。

これを旅先であった外国人に
プレゼントするととても喜ばれ
会話の大きな「きっかけ」に
なるといいます。

プレゼントを会話の「きっかけ」
する!

今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏も
まさにこれで長年成功を続けています。

経営者やドクターにアプローチしても
話をする前に断られてしまう・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

小林氏はアプローチの段階で
断られることはまずないと言います。

100%成功するアプローチ方法を
確立して

MDRT21回(うちTOT3回、
COT13回)です。

といっても高度で難解なアプローチを
駆使するわけではありません。

保険も法律も税金も事業継承も
全く語りません。

使うのはたった100円のプレゼント。

これについて語るだけいいのです。

このプレゼントがきっかけになり
ドクターとも経営者とも富裕層とも
会話が弾むのです。

驚くことに、小林氏は全く同じ
アプローチ方法を20年以上
続けているそうです。

そして

今後もこのアプローチを続けると
話しています。

まだ保険や法律など
難しい話題でアプローチしますか?

それとも
MDRT21回続けるトップセールス
パーソンの100円プレゼント
アプローチを学びますか?

詳しくは↓
この100円の「プレゼント」が
法人新規開拓を成功に導く


【保険営業富裕層マーケティング】
富裕層に保険がうれる米国住宅話法

昼間のテレビ番組で
詰め放題で有名な激安スーパーが
紹介されていました。

あるタレントが挑戦したのが
333円の野菜の詰め放題。

様々な野菜を山のように重ね
詰め込み

2338円分の野菜を入れる
ことができました。

なんと普通に買うよりも
2000円以上お得!!

出演者全員が驚く姿が映し
出されました。

もちろんこれだけを見れば
お店は大赤字です。

しかしこの店はちゃんと利益を
上げています。

詰め放題をしたお客様が
店の利益が出る別の商品を
買ってもらう仕組みがあるからです。

「顧客が買いたい」を
「お店が売りたい」に繋げる仕組みを

この店は確立しているとも表現できる
でしょう。

この話は保険営業とくに富裕層
マーケティングに通じます。

経営者や富裕層に相続対策の話を
してもすぐに断られてしまう・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は富裕層から多くの契約を
継続的に獲得し続けています。

成功の大きな要因は

詰め放題の店と同じように

「富裕層が聴きたい話」を

「営業パーソンが言いたい話」に

繋げる仕組みを確立していることです。

残念ことですが
保険の話をぜひ聴きたいという
富裕層を見つけるのは困難です。

しかし営業パーソンはこの聴きたくない
話を聴かせる努力をしてしまいます。

そうではなく
富裕層が聴きたい話からスタート
させればいいのです。

CDで詳しく解説しているのが
米国不動産話法です。

この話法は強烈です。

多くの富裕層が関心を示すもので
その関心を保険契約に繋げる展開も
見事です。

富裕層に全く売り込まれている
感覚を持たせないまま

契約を導く話法だと考えています。

このやり方を知らないと
あなたは大きなコミッションを
みすみす逃してしまうと言って
いいかもしれません。

それでもまだ
富裕層が聴きたくない保険で
アプローチしますか?

まずはこちらを読んでください↓
今から1か月以内に富裕層と
保険契約できるノウハウ

【保険営業法人アプローチ話法】
22,764円昨日の日経平均を語れば
社長に相続保険は売れる!
                   
あるカススマ外国人テニスコーチが
テレビで紹介されていました。
                   
彼の指導法はユニークで
しかも指導された選手は
素晴らしい結果を残し続けています。
                   
彼が日本の子供を指導する場面が
映し出されていました。
                   
テニスコートの中で鬼を1人決めて
自分の手でテニスボールを
ドリブルしている子供達(数人)の
ボールを取りに行けかせるというもの。
                  
ドリブルをしている子供はボールを
取られてないようにコート内を
逃げ回ります。
                  
鬼もドリブルをする子も
みんな大きな声を上げながら
楽しんでいました。
                  
テニスの練習というより
まるで鬼ごっこ、遊びです。
                  
しかしこれをやることで
自然に子供はテニスコートの
大きさを覚え
                  
試合でショットを打つ際に
とても役立つとそのコーチは
断言していました。
                  
「テニスコートの大きなを
しっかり覚えろ!」
                  
と何度も言っても選手はなかなか
できません。
                  
しかし遊びながらなら話は別に
なるのです。
                  
練習と遊びの垣根を無くすことで
成果が出やすくなるわけです。
                                    
この話は法人新規開拓に通じます。
                                    
相続対策保険がなかなか売れない・・・
                  
事業継承や相続の対策が必要な社長に
アプローチしても断られてしまう・・・
                  
こんな事を感じたことはありませんか?
                  
今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏は

コンスタントに相続対策保険を
社長から獲得し続けています。
                  
しかし最初から相続や保険に
関しての話をするわけではありません。
                  
竹下氏の強力な武器の1つは・・・・
                  
「日経平均」
                  
これを「ある方法」で語ると
最後に相続対策保険が売れてしまう
方法があります。
                  
テニスの話と同じで雑談と営業の
垣根が驚くほど低いのです。
                  
保険を売ろうとしたり
相続や事業継承の話をするから
社長はNOなのです。
                  
今日の「日経平均」を語って
断る社長は果たして存在する
でしょうか?
                  
断られない相続対策保険獲得術。
                  
これがあなたのスキルになれば
周りにいる社長にどんどん
アプローチできるはずです。
                  
保険を売り込むのではなく
「日経平均」の話をするだけで
いいのですから
                  
アプローチできる社長があふれて
いることに気づくはずです。
                  
つまり見込み客の枯渇に怯えることも
なくなると私は考えています。
                  
まだがんばって相続保険を
売り込みますか?
                  
それとも日経平均を語り
今までと比べものにならない
程の結果を出しますか?
                  
詳しくはこちら↓を今すぐクリック
日経平均の話を相続対策保険に繋げる話法


トップセールスの発想

味には自信があるものの
思ったような集客ができなかった
ラーメン店がありました。

しかし店主がある「アイデア」で
集客に成功しました。

どんなアイデアか予想できますか?

割引券を配る
トッピングを無料にする
激安ラーメンを売る
超大盛りラーメンを売る
さらにおいしい味を研究する

私はこんなことを考えましたが
どれも違います。

実は「店の外に椅子を並べること」

そして
「スープがなくなり次第閉店します
と貼り紙をすること」の2つです。

店の外に椅子がずらっと並べて
あれば

お客様は
「多くの人が並ぶことがあるんだな」
と感じます。

また「スープがなくなり次第閉店します」
=「スープが営業時間中になくなることが
あるぐらい流行っている」と思うでしょう。

流行っているラーメン店で食べたいと
いう人の「心理」を見事にとらえた
アイデアではないでしょうか。

真面目な人はラーメンを美味しく
作ることやできるだけ安く売ること
ばかりに目を向けてしまう傾向が
あるでしょう。

もちろんその努力も正しいですが

顧客の「心理」をしっかり掘り下げれば
できることはいくらでもあるわけです。

これは保険営業にも通じます。

ノウハウや知識や情報を真面目に
勉強している営業パーソンは多いものです。

間違いではありませんが、これは
あくまで営業パーソン側から考えた
「営業」ではないでしょうか。

売れている人は理屈だけではなく
顧客の心理もしっかり考えています。

お客様の心理も考え
「営業」を組み立ててみませんか。