FC2ブログ

未分類

ここでは、未分類 に関する情報を紹介しています。
【保険営業企業開拓マニュアル】
これなら商工会議所を新規開拓できる
                
大手カラオケボックスチェーンの
新しい試みが取材されていました。
                
夕方以降はお客様で賑わいますが
昼間はどうしても集客できないことが
大きな悩みだったそうです。
                
そこでこのチェーンは昼間の部屋を
ビジネスパーソンに会議室に使ってもらう
サービスを始めたのです。
                
好評で売上を伸ばしているといいます。
                
カラオケボックス+会議室。
                
新しい「組み合わせ」で現状を打破した
と言えます。
                
                
ドリンクや料理以外のサービスを提供して
お客様に喜ばれているカフェがあります。
                
どんなサービスが予想がつきますか?
                
実は
                
トランクや大きなバックをカフェで預かる
サービスです。
                
旅行用のトランクをコインロッカーに
預けようと思ったけれど、空いていない・・・
大きすぎてロッカーに入らない・・・・
                
こんな旅行者の悩みを解消するサービス
です。
                
荷物を預ける際または取りに来る時に
ついでにカフェでお茶をするという場面は
容易に想像できます。
                
カフェ+ロッカー。
                
このケースも「組み合わせ」で差別化
していると言っていいでしょう。
                
                
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
                
                
唐突ですが、商工会議所を新規開拓
したくはありませんか?
                
もちろん狙いは125万いると言われる
会員です。
                
1件1件法人を訪問して新規開拓を
することも重要ですが
                
商工会議所を通じて新規開拓が
できれば、より効率的に成果に繋げる
ことができるはずです。
                
今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は
                
コネや紹介がなくても
                
商工会議所を新規開拓できるノウハウを
確立しています。
                
成功のポイントは
                
「組み合わせ」です。
                
セミナーと「ある事」を「組み合わせ」て
います。
                
セミナー+〇〇〇。
                
この「組み合わせ」で
                
訪問できる法人がなかなか
見つからない・・・
                
法人見込み客を獲得し続けられ
るか心配だ・・・
                 
こんな悩みを一掃することが可能になると
考えています。
                 
まだやっている人がいないうちに
いち早くスタート切って
商工会議所を新規開拓しませんか?
                 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をお読みください。
                
商工会議所を新規開拓して
125万の事業者を見込み客にする方法



【保険営業紹介入手方法】
〇曜12時10分のメルマガで紹介殺到
                
700人分のアンケートの集計と分析。
                
ある会社では担当者が丸2日かけて
これを行ってきたそうです。
                
しかし現在はこれがたったの10分で
終わるようになったのです。
                
AIを導入して。
                
何でもかんでも人がすべてやるという
時代は終わりを告げたと言っていいかも
しれません。
                
うまく「道具」を使いこなせるか
どうかが成功の鍵となるのではない
でしょうか。
                
                
スマホやデジカメで撮影した写真の
データがたくさんたまってしまっている
という方は少なくないと思います。
                
いざ何かに使おうとしても選ぶことが
大変という経験はありませんか?
                
この面倒な写真選びをAIが
行ってくれて、アルバムまで作成して
くれるサービスがあるそうです。
                
1枚1枚確認しながら写真を選ぶ
ことも悪くはありませんが
                
便利な「道具」を使えば
それを一瞬で終えてしまうことができる
わけです。
                
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
                
紹介を増やしたい!
だけど思い描いた結果を出せない・・・
                
こんな悩みを抱えていませんか?
                
今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏は
                
紹介獲得の達人です。
                
大きな特徴は
                
紹介獲得が
                
面談時や契約時だけに
                
限定されない所です。
                
実は
                
竹下氏はメルマガで紹介を獲得して
しまうノウハウを確立しています。
                
AIという便利で最新の「道具」を
活用して効率をよくするだけが
すべてではありません。
                
無料で誰でも、いつからでも使うことが
できる「メルマガ」という「道具」も使い方
次第で
                
武器にすることができるのです。
                
メルマガには紹介を依頼したり、お願いす
る文章を書く必要は全くありません。
                
お客様が思わず紹介したくなる
文章の書き方が存在します。
                
また竹下氏は長年の試行錯誤から
紹介が出やすいメルマガの送付日時も
掴んでいます。
                
詳しくはインタビューで解説していただき
ました。
                
メルマガを送るだけで紹介が獲得できる!
                
これが日常になったら、いかがでしょうか?
                
見込み客の枯渇に怯えることが皆無に
なると確信しています。
                
決して高度で難解なノウハウでは
ありません。
                
知っているか、知らないかだけの差で
最後に手にするコミッションは大きく変わる
と考えています。
                
詳しくはこちら↓をお読みください。
                
メルマガで紹介を殺到させる
奇跡のノウハウとは

売れない人は「する」売れる人は「される」

あるマンション販売会社がチラシの
内容を変えただけで

売上をアップさせたという話を
知人の経営者から聴いたことが
あります。

以前は販売するマンションの良さ
今購入するメリットや安さばかりを
アピールしていました。

当然のことですが、売ることを
チラシの目的としていました。

この目的を大きく変えたのです。

チラシでは売ることを目的とせずに
自社のホームページにアクセス
させることを目的にしました。

ホームページにアクセスするメリット
アクセスしないデメリット
ホームページで得られる情報や知恵の
内容を宣伝。

するとアクセスが伸びそれに比例して
売上もアップしたのです。

何を目的にするかで結果が
大きく変わることがあります。

これは保険営業でも同じです。

保険営業では保険を売ることが
目的。

これは当然のことですが
少し発想を柔軟にすることが
あなたを成功に導きます。

売ることだけを目的にせずに

まずお客様から
「質問されること」を目的にして

成果を出し続けているのが
以前インタビューした
トップセールスパーソンです。

「質問する」ノウハウが
保険営業パーソンに
とって大切だとよく言われます。

しかし彼の考えは違います。

目的をもう一度見直し
営業を組み立ててみませんか?
【保険営業相続マーケット開拓方法】
FAXで見込み客が次々紹介される方法


社内で使う紙を極力減らす試み
(ペーパーレス化)を目標とした
会社がありました。

あなたがこの会社の社長なら
どうやってそれをスタッフに
徹底させますか?

コピー用紙を裏表使うように
注意する・・・

メモやノートで記録を残すのでは
なくすべて必要なことはPCなどに
入れるように指導する・・・・

とにかくペーパーレス化が
進むように部下に指示し続ける・・・・

普通ならこんなことを考える
でしょう。

一方この会社の社長は全く違う
やり方でペーパーレス化に
成功しました。

ナントすべての机の引き出しを
捨ててしまったのです!!

引き出しがなければ、ノートや紙を
しまう場所がありません。

ですからすべての記録や仕事を
PCで行うようになり

ペーパーレス化は短期間で進み
その会社は今それが当たり前に
なったそうです。

目的達成のためにがんばることは
大切なことですが

今回紹介したような会社のように

「仕組み」を作れば

効率的に目的に辿り着く
こともあるのです。

ファミリーレストランで売って
いる子供向けおもちゃは

結構売れていて利益率も高く
お店の収益源になっている
そうです。

といっても

ファミレスの店員は
「おもちゃはいかがですか?」
とは売り込みません。

親がレジで会計をする時に
子供の目線におもちゃを並べる

満席の際、座って待つ席の
前におもちゃの棚を置くなど

売れてしまう「仕組み」が
あると言っていいでしょう。

これら2つの話は保険営業に
通じます。

見込み客の枯渇が心配・・・

最近訪問先の確保が難しく
なってきたと感じる・・・

こんな心配を抱えていませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した竹下氏は

相続マーケットでの見込み客を
大量に確保し続けて

大きな成果につなげています。

といっても
がんばって訪問しまくる・・・
ねばりにねばって紹介を獲得する・・・

こんなスタイルで見込み客を
ゲットするのではありません。

事務所にいながらFAXやメールで
見込み客がどんどん紹介される

「仕組み」を構築したのです。

この「仕組み」は高度で難解な
ものではありません。

知れば、誰でもいつからでも
全国どこでも作れるものだと
考えております。

優良な見込み客を豊富に抱える
「ある業者」と提携すればいいのです。

税理士や社労士などとの提携では
ありません。

今もっとチャンスが広がる
業界・業者が存在します。

「ある業者」とは何か?

どうやって提携すればいいのか?

提携から保険契約につなげるには
どうすればいいのか?

答えはすべてCDのインタビューの
中にあります。

事務所にいながら
相続対策保険につながる見込み客が
どんどん紹介される状況を想像
してみてください。

行き先がない・・・契約が獲れない
来月、もっと先の契約の獲得が心配・・・

こんな不安は解消されるとは
思いませんか?

あなたは頑張るだけですか?
それとも「仕組み」を知り
もっと効率的に成果を上げますか?

まずはこちら↓を読むことからスタート

保険営業の”行くところがない”を解決
見込み客を20年先まで大量に発見できる
マーケティング手法