未分類

ここでは、未分類 に関する情報を紹介しています。
■年収300万の人に月10万の保険は売れる

ドラマ「相棒」で
主人公の刑事・杉下右京が

誘拐犯が掛けてきた電話の一言から
事件解決の糸口を見つける場面が
ありました。

犯人は「このあたり」と言いましたが
杉下右京はこれに違和感を感じました。

普通なら「このあたり」ではなく
「そのあたり」と表現するはずと考え

犯人は近くに潜伏していることを
言い当てます。

「この」なのか「その」なのか

些細な情報をキャッチし活かす術は
見事です。


杉下右京が聞き込みのため訪れた
留守の家の前を再度通ると

様子がおかしいと感じ
事件を予見する場面もありました。

きっかけは
エアコンの風に揺れるブラインド。

留守で人けのなかった家の
ブラインドが揺れていることが
おかしいと感じたわけです。

揺れるブラインドという
みんなが見過ごしていしまうような

情報をキャッチして
それを活かす様子は驚きです。



これら2つの話は保険営業に
通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
杉山氏は

杉下右京と同じで

情報の取り方

そして

その活かし方が秀逸です。

みんなが見過ごしてしまうような
情報を見事にキャッチして

それを高単価の契約に繋げる

すなわち活かすノウハウが
素晴らしいのです。


CDでは

「ある情報」を取り
それを活かして

年収300万円の人から
月額10万円以上の契約を
獲得する方法が

詳しく語られています。

ごく一部の収入が高い顧客に
保険営業パーソンは殺到します。

こんな厳しい競争に勝とうする
こともいいのですが

「ある情報」の取り方、活かし方を
知れば

普通の人やフリーターやパートの
人までが優良な顧客になるわけです。

あなたの訪問先は劇的に広がり
見込み客の枯渇に脅えなくすむと
言っていいかもしれません。

まだお金持ちだけがターゲットですか?

それとも別のマーケットで
もっと楽に高単価契約を獲りますか?


詳しくは↓
この行動を繰り返すだけで
10年間生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!






■富裕層を10秒で夢中にさせるトーク

先日ラジオを聴いていると、DJの女性が
最近のJ-POPの傾向を語っていました。

この10年でイントロの長さの平均が
それまでの半分になっているそうです。

イントロが50%減。

イントロが無い、もしくは非常に短く
いきなりサビの曲も増えているといいます。

すぐに心に響かない曲は
スマホやデジタルオーディオプレーヤーで
音楽を聴く多くのリスナーに

即座にスキップされてしまうことが
影響しているのではないでしょうか。


この話は富裕層マーケットの新規開拓に
通じます。


時代のスピードがますます速くなり
多忙を極める富裕層に

いわば長いイントロは不要なのです。

初回面談の冒頭で、どんな話をするかで
決まると今回紹介するCDでインタビュー
した大田氏の話を聴いて確信しました。

「この人が話すことは今までの人とは違う」
「この情報は自分にとって、とてつもなく有効だ」

こんな感情を富裕層に超短時間で
持ってもらえるかどうかが勝負なのです。

そのためには曲のサビを最初に持ってくる
ようなアイデアが必要です。

保険の話をいきなりしても富裕層は
スキップするだけです。

保険の話をするのではなく
最後に保険の話になってしまう

「別の話」をするのです。

この展開を確立し、成果を出し続けて
いるのが大田氏です。

保険とはかけ離れていてなおかつ
富裕層が強烈に関心を持つ話題を

最終的にに保険契約に繋げるノウハウが
インタビューで詳しく語られています。


研修や勉強会で習えることは
大抵、保険の話だとは思いませんか?

間違いではありませんが
いきなり保険の話をするのではなく

保険の話になってしまうノウハウが
あるのです。

あなたはこんな方法を
今まで学んだことがありますか?

詳しくは↓
今から1か月以内に富裕層と
保険契約できるノウハウ 







■この質問をすればドクターに売れます

ホームページで自社の商品を販売することに
苦戦している企業を

コンサルティングしたことがあります。

がんばって売ることばかりに
注力していましたが

コンセプト、切り口を変えることを
アドバイスしました。

売ること以上に

ホームページを読んでもらうこと、
何度もホームページにアクセスして
もらうことに

力を入れるべきだと私は判断したのです。

更新回数を増やし
お客様が知りたい情報をこまめに
ホームページで発信していったのです。

アクセス数はアップして
暫くすると売上アップに繋がりました。

最初は
買うか、買わないか
だけをお客様に問いかけていたと
言っていいでしょう。

それを
見たいか、見たくないか
を問いかけることで売上に繋げた
わけです。



ある新しいショッピングモールが
一番力を入れたのは

小さな子供が無料で遊べる
場所だと聞いたことがあります。

この場所自体は
直接売上や利益は上がりません。

しかし
何度も無料の施設に来てくれれば

モール内での買い物や食事に
確実に繋がるといいます。

この場合も

買うか、買わないかだけではなく

行きたいか、行きたくないかを
お客様に問いかけることで
売上に繋げた例でしょう。


どんなことを問いかけるか、
質問するかで

お客様の感情や行動は
変わってくきます。



これら2つの話はドクターマーケットの
新規開拓にも通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

飛込み訪問から

驚く程のドクターを契約者に変えた
実績を持っています。

既契約やライバルの保険営業パーソン
とは違う特別な保険や裏技を

ドクターに提案するわけでは
ありません。

最終的に契約するプランは
みんなと変わりません。


違うのは
「アプローチでの質問」です。

何を最初に問うか?

これがドクターマーケットで
成功するための大きなポイントの
1つです。

普通の保険営業パーソンは

保険に関する話を
聴きたいか、聴きたくないかを
ドクターに問いかけてしまいます。

多くのドクターは聴きたくない
または聴き飽きているので
答えはNOです。

一方で

鈴木氏がする

「アプローチでの質問」は

ほとんどすべてのドクターが

YESなのです。

ドクターがYESと言えば
当然、話は前に進みます。


まだドクターに
保険を問いかけますか?

それとも
多くのドクターがYESという
質問をしますか?

詳しくは↓
年2億円稼げた!
ドクターマーケット新規開拓術