未分類

ここでは、未分類 に関する情報を紹介しています。
■保険を語る前に「この話」をしなさい!

少し前になりますが
私の家の庭に全く植えた覚えのない
植物の花が咲きました。

鳥がしたフンの中にその花の種が
含まれていて

発芽し花を咲かせたと考えられます。

植物は自分の子孫を広範囲に
広げるために

種が入っている実を鳥に食べさせる
と聞いたことがあります。

たくさん食べてもらうために
実を甘く、おいしいものにします。

種を運んでもらうお願いではなく

甘くおいしい実を食べさせるという
「1ステップ」があるからこそ

植物は広範囲に子孫を広げると
いう目的を達成できるのです。



この話は保険営業
特に富裕層のマーケティングに通じます。



富裕層から契約を獲得することは
難しい・・・

他にはない特別な保険提案を
しないといけない・・・

こう感じたことはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

富裕層から

超短時間で成果をあげるノウハウを
確立して

結果を出し続けています。

といっても

特別な保険提案をするわけでは
ありません。

最終的に契約する保険は普通です。

みんなと同じなのです。

特別なのは

保険の前の「1ステップ」。

植物が実を甘くおいしいものにして
鳥に食べさせるように

富裕層が強い興味を持つ

保険以外の

「1ステップ」を

持っています。

セミナーや勉強会などで
学べるのは

保険を直接売るノウハウ
ばかりです。

これも大切ですが

保険契約に繋がる

保険以外の

「1ステップ」を

あなたは知っていましたか?

まずはこちらを読んでください↓
今から1か月以内に富裕層と
保険契約できるノウハウ 







■相続保険の達人は「言う」ではなく「言わせる」

テレビ東京で放送されている
”日本の昔ばなし”で

「かっぱとひょうたん」という話を
見ました。

ある男の娘がかっぱと結婚することに
なってしまいます。

当然娘も男もその結婚は嫌なのですが
娘は受け入れ

嫁入り道具に瓢箪を3つ用意して
欲しいと男に頼みます。

そしてそれらを持って
かっぱが住む沼に行くのです。

娘はかっぱに会うと、まず3つの
瓢箪を沼の中に
運んで欲しいと依頼します。

かっぱは瓢箪を首に掛けて
喜んで水の中に飛び込みますが・・・

3つの瓢箪が浮きの役目をして
何度も水の中に潜ろうとしても
浮かんできてしまうのです。

かっぱは瓢箪が化物だと思ってしまい
こんな怖いものを持っている人とは
結婚できないと自ら言い出し

娘は結婚しなくて済んだという
内容です。



実はこの話

相続対策保険を
販売する際に通じると
私は考えています。



相続対策が必要な資産家に
保険を提案しても
なかなか結果がでない・・・

相続対策保険を売るのは
難しい・・・

こう感じることはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

「ある方法」で

効率的に

しかもコンスタントに

相続対策保険を獲得して
います。

多くの保険営業パーソンは
ざまざまなトークやプレゼンで

相続対策に保険を活用することが
有効であることを

自分の口で

アピールしてしまうはずです。

もちろん間違いではありませんが

大田氏の「ある方法」は
全く違います。

営業パーソンが

言うのではなく

お客様に言わせるのです。

昔話で娘が結婚したくないと
自分でアピールするだけだったら

思い描いた結果を得られなかった
はずです。

瓢箪をうまく使って

かっぱが自ら結婚できないと
言わせたからこそ

娘は結婚せずに男の元に
帰ることができたのでは
ないでしょうか。

相続対策保険を売る現場でも
同じです。

お客様に自らの口で言わせる
ことが重要です。

「ある方法」を知るだけで
これができるようになるのです。

決して高度で難解なノウハウ
ではありません。

知っているか知らないかだけで
差だと私は考えます。

お客様が自分で言い

自分で決めれば

当然満足します。

満足すれば言いたくなります。

つまり紹介にも繋がりやすく
なるのです。

こんな好循環を作れる
「ある方法」を知るたくはないですか?

まずはこちらを読んで欲しい↓
不動産・分割・信託を語れば
相続対策保険は簡単に売れる!







■絶対断られない”事業継承”トーク

子供向けの歴史番組を
先日目にしました。

実はこの番組の登場人物は

人間ではありません。

猫なのです。

戦国武将も
貴族も
将軍も・・・

すべて猫。

漫画で描かれた猫を登場させ
わかりやすく歴史を解説します。

解説というよりも
猫の漫画を通しての

「翻訳」と私は感じました。

難しい古文書を出して
大学教授風の大人が
専門用語を並べて説明しても

子供は歴史に興味を持たない
はずです。

子供がもっと知りたいと関心
を引き付けるために

歴史という事実を

子供向けに
いわば「翻訳」していると
言っていいのではないでしょうか。


友人の息子さんは最近算数が
大好きになり、成績もアップしたと
いいます。

きっかけは
塾や参考書ではありません。


ドラえもんの漫画です。


算数を一からわかりやすく
解説するドラえもんの漫画が
あるそうです。

これも難しい算数の
いわば「翻訳」でしょう。



これら2つの話は
法人新規開拓に通じます。



社長に事業継承や相続の話を
しても関心を持ってもらえない・・・

保険と言っただけで
社長に断られてしまう・・・

こんなことに悩んでいませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

効率的に法人新規開拓に
成功し続けています。

社長に保険をうまく売り込んでいる
わけではありません。

売るのがうまいのではなく
いわば「翻訳」がうまいのです。

大田氏は

相続、事業継承、保障などなど
お金の専門家ではない社長が
ややこしいと思う事を

わかりやすく「翻訳」します。

猫の歴史番組とドラえもんの算数
の例と似ています。

武器は

雑談。

雑談のノウハウが秀逸で

難解な事柄を

見事に「翻訳」してしまいます。

あなたはこんなトップセールスパーソンの
雑談・・・

翻訳テクニックを学んだことが
ありますか?

算数が不得意な子供に
数字だけを書いて説明しても
理解はしてくれません。

保険営業でも同じことをやって
いませんか?

知っているか知らないかで
最終的に手にするコミッションは
大きく変わります。

詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法