FC2ブログ

未分類

ここでは、未分類 に関する情報を紹介しています。
【保険営業ニーズ喚起ノウハウ】
あなたの契約単価を3倍にする方法

友人と車で温泉に出かけることが
ありました。

途中友人の一人が、のどが渇いた
のでコンビニに寄って欲しいと
言いました。

車は大手コンビニの駐車場へ・・・

私は飲み物を持っていましたから
車の中で待っていると

飲み物が欲しかった友人は
大好きなコーラと唐揚げを手に
して戻ってきました。

唐揚げは最初から買う予定は
ありませんでした。

もちろんコンビニの店員から
「コーラとご一緒に唐揚げは
いかがですか?」
と売り込まれていません。

しかし友人は唐揚げを自ら手に
したのです。

コンビニは売り込むことが
うまいのではなく

顧客に「選ばせる」ことがうまい
と改めて実感しました。



よく見かける格安うどん店。
                
ほとんどの店はセルフサービスで
うどんを注文して自分でお盆に
載せた後
                
レジに向かう途中にうどんに
トッピングする揚げ物やおにぎり
いなり寿司などが並んでいます。
                
かけうどん自体の値段は
2百円~3百円程度ですが
                
”あれも欲しい””これも”と
選んでいるうちに
                
600円~800円程度に
なってしまうことも多いのです。
                
800円の天ぷらうどんを
最初から売り込まれていたら
同じ結果にならないのかも
しれません。

この類のうどん店も売り込み
ではなく

顧客に「選ばせる」ことがうまい
と言えるのではなでしょうか。


これら2つの話は
保険営業に通じます。


契約単価をアップさせたいが
医療保険やがん保険だけの契約で
終わってしまうことが少なくない・・・

保険料をできるだけ安くしたい
顧客が多いので
高額契約がなかなか獲れない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介する音声セミナーで
インタビューした大関氏は

単価アップの達人です。

といっても

保険料の高い設計書を作って
それをうまく売り込むやり方では
ありません。

コンビニやうどん店と同じで

顧客に「選ばせる」ことで
自然に契約単価を上げてしまう
のです。

「あれもいらない」
「これもいらない」

普通はこんな言葉が顧客の
口から出て

どんどん保険料はリストラされる
方向に進むのではないでしょうか。

一方大関氏の場合は

「あれも欲しい、これも欲しい」
「これ必要、あれも必要」

こんな言葉が顧客の口から
でるように営業を組み立てて
いるのです。

営業パーソンが売り込む
のではなく

顧客が自ら「選ぶ」スタイル。

顧客が自ら「選び」
自然に単価がアップしたら
あなたの営業は変わるとは
思いませんか?

あなたは
やり方を知らないだけなのです。

具体的な成功例を出しながら
どんな話でどんな提案をすれば
いいのか?

音声セミナーで明らかになります。
詳しくは
まずはこちら↓をお読みください。

あなたの契約単価を3倍にするテクニック
【保険営業TOTの法人開拓方法】
保険を売るな、レシピを売れ


俳優の小栗旬さんが友人と
おいしそうに鍋を食べるCMを
何度か目にして、とても印象に
残っています。

豚バラと白菜の重ね鍋。

「食べた~い!」
率直な私の感想です。

このCMは鍋のCMでも肉のCMでも
白菜のCMでもありません。

味の素が販売している調味料
”ほんだし”のコマーシャルです。

このCMは”ほんだし”自体を
アピールするのでなく

アピールしているのは
”ほんだし”使った「レシピ」
です。

もしも

この調味料は便利です!
お買い得です!
どんな料理にも使えます!

などとCMで宣伝されたら
私は何も関心を示さなかった
に違いありません。

消費者が食べたい料理の
「レシピ」を手にすると

その材料で使われている
調味料が自然に売れてしまう

こんな流れを作りだしていると
考えられます。



日曜大工・DIYにはまってる
友人がいます。

きっかけはホームセンターが
主催しているDIY教室です。

全くの初心者でしたが
簡単に自分でも作れることに
気づいたそうです。

彼は今家で使う棚を作成して
います。

もちろん棚を作る材料は
そのホームセンターですべて
買いそろえているそうです。

この場合もホームセンターが
提案しているのは

いわば「レシピ」です。

このネジはいかかですか?
この材木は使い勝手がいいです!

こんな材料1つ1つの宣伝を
されても

友人はそのホームセンターで
買い物をしなかったはずです。


素材や材料の提案ではなく
「レシピ」の提案。


これは法人保険営業でも
成功のキーワードになると
確信しています。


法人新規開拓をもっともっと
進めたいが思うようにいかない・・

折角いい提案をしても
検討中と社長に言われてしまう
ことが多い・・・

こんな悔しい思いをしていませんか?

今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏は

長年、法人新規開拓で成功を
続けるトップセールスパーソン
です。

MDRT21回(うちTOT3回、COT13回)
お話を伺った時点での実績です。

小林氏のノウハウは
いい保険提案をして
流暢な営業トークで売り込む
スタイルではありません。

”ほんだし”とDIYの話と似ていて
提案するのは

「レシピ」なのです。

理想的な法人そして社長の
未来の姿という「レシピ」を提示すると

ほとんどの社長はそのレシピを
手にします。

レシピの中には
材料として保険が含まれていますから
契約になってしまうという流れです。

具体的にはどんなトークで
どんな提案をすればいいのか?

答えは音声セミナーの中にあります。

決して難しく高度な方法では
ありません。

知っているか知らないかだけの差
だと言っていいかもしれません。

それでもまだ保険を提案し続けますか?

それとも「レシピ」を提案して
もっと簡単に法人契約を手にしたい
ですか?

詳しくは
まずはこちら↓をお読みください。
保険を売るな、レシピを売れ


成功者が売ることよりも優先させる事

ある大手デパートが店内の改装を
行いました。

狙いは

顧客の滞在時間を増やすことです。

多くの小売店はどうやって売るか
ばかりに注力していますが

実はお客様の滞在時間が増えれば
それに比例して買い物の金額も
自然に増加するといいます。

同じようなことをスーパー銭湯でも
聞いたことがあります。

何度もお風呂に入ることで入場料の
元を取ると考えている顧客は
少なくないはずですが、

滞在時間が伸びることは店に
好都合なのです。

滞在時間に比例して飲み物、
食べ物の売上が伸び
結果としてお店の利益が上がる
からです。

これらの話は法人保険営業に通じます。

以前お話を伺った
トップセールスパーソンは

法人開拓の初回訪問では保険を
売ることは全く考えないそうです。

優先するのは滞在時間。

そのために社長とどうすれば
会話が続けられるかを考えます。

どうしたら売れるか
だけではなく

どうしたら滞在時間が増やせるか
考えてみるのはいかがでしょうか。
【保険営業法人開拓成功ノウハウ】
見積が欲しいと社長に言わせる技術


ランチの後にコーヒーなどの
飲み物をサービスで出す飲食店が
ありました。

以前はコーヒーを出す前にスタッフが

「ご一緒にデザートはいかがですか?」
とお客様に声をかけていました。

ある時期からこれを止めて
別のやり方をすると

デザートの売上が
何倍にもなったそうです。

どんなことをしたか
あなたは予想がつきますか?

実はデザートメニューの中に
「本日のスペシャルデザート
スタッフにお聞きください。」
という文言を入れて

お客様から質問をしていただく
ようにしたのです。

質問を受けたスタッフは
デザート全種類がずらっと並んだ
大きなお皿をお客様の席まで
持って行き

スペシャルを含めて
丁寧にすべてのデザートを説明します。

これで売上がアップしたのです。

ポイントはお客様から質問される
ことです。


別のお店の話ですが
メニューの中に
わざと聴きなれない料理名を
入れるという経営者がいました。

誰でもかわるように書くことが
お客様のためになるのではないか?
と私は考えていましたが・・・

全く違う狙いがあるそうです。

実はお客様から料理名についての
質問されることが目的なのです。

こうすることでスタッフと自然に
コミュニケーションが取れ
単価がアップするといいます。


これら2つの話は法人保険営業に
通じます。


法人契約をもっと増やしたいが
うまくいかない・・・

法人にアプローチしても
見積を出す段階までいかず
断られてしまう・・

こんな悔しい思いをしていませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した竹下氏は

法人開拓の達人です。

しかも驚くべきは
初回面談で社長から見積の依頼を
受けることが多いというのです。

何度も何度も訪問して
やっと見積を持っていくことの
許可を社長からもらい・・・

契約までには時間がかかる!
これが普通の法人開拓ですが

竹下氏はアプローチから
契約までが劇的に短いのです。


社長が知りたいから質問する

そして社長がもっと知りたいから
詳しい資料を欲しいと言う

こんな流れをコンスタントに
作り出すことが可能になります。

「あるやり方」さえ知っていれば。

「あるやり方」をCDでは詳しく
解説しています。

これがあなたのスキルになれば
社長はどんどんあなたに質問する
ようになるはずです。

そして「もっと詳しい資料が欲しい」
と社長から言われるようになる
でしょう。

あなたが社長に許可をもらって
見積を持っていくのではなく

社長が自ら望むから見積を持っていく!

これで契約にならないことが
果たしてあるでしょうか?

詳しくは
まずはこちら↓をお読みください。
見積が欲しいと社長に言わせる技術