未分類

ここでは、未分類 に関する情報を紹介しています。
■保険料より私はラスベガスを語る!

少し想像してください。

あなたは客足が遠のいている
鉄道会社の社長です。

集客のために
どんな策を講じますか?


運賃を安くする

他にはない珍しい電車を走らせる

駅弁やお土産を充実させる


私ならこんなことを考えます。


鉄道自体を変えるという
発想が普通ではないでしょうか。


一方
阪急電鉄創業者の
小林一三は違います。

お客様が集まらない鉄道を
変えるのではなく

鉄道沿線に家族で行きたくなる
エンターテイメント施設を作ったのです。

ご存知の方も多いと思いますが
それが宝塚歌劇団が公演する
劇場です。

宝塚歌劇団が人気になり
結果として鉄道は

集客に成功しました。


「宝塚歌劇団」という

「1ステップ」

を挟むことで
本来の目的である
鉄道の集客に繋げたわけです。


ある売上好調なホームセンターも
DIYに関連する商品を販売する時

それ自体をアピールするだけでは
ありません。

DIYに関する勉強会という

「1ステップ」

を挟みます。

勉強をした顧客が
その店で商品を買う姿を
容易に予想できます。


売りたいものをストレートに
販売するのではなく

「1ステップ」を挟む!



これら2つの話は保険営業に
通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
大田氏が

富裕層マーケットを攻略する方法も

まさに

「1ステップ」戦術です。

保険または
保険にまつわるような話題から

スタートさせることはありません。

保険とは程遠い
保険とは全く関係ないと思われる

「1ステップ」が

自然な形で

保険契約に繋がってしまうノウハウ

これを確立しています。

阪急の劇場
ホームセンターの勉強会と
似ています。

特に秀逸で
今すぐ現場で使えると感じたのは

ラスベガス話法

そして

出張・旅費規程話法です。

知っているか、知らないかだけで
大きな差がつくノウハウだと考えています。

それでもまだ保険をうまく売り込み
ますか?

それともトップセールスパーソンの
「1ステップ」を学びますか?

詳しくは↓
今から1か月以内に
富裕層と保険契約できるノウハウ





■昨日の日経平均を語れば相続保険が売れる

学生時代アルバイトに熱中しすぎて
留年をしてしまった友人がいました。

彼は飲食店の副店長として
店の運営や食材の仕入れ

スタッフの採用など正社員と
ほぼ同じ働きをしていました。

普通であれば就職活動をする時
単なる留年はマイナスはあっても
プラスにはなりません。

しかし彼は留年を
「即戦力となるためのトレーニング期間」
とあえてアピールして

希望の会社の内定を勝ち取ったのです。

バイトにはまり勉強が疎かになって
留年!

事実をありのままに伝えることも
時には大切です。

しかし

「伝え方次第」で

それを聴く相手の
感じ方は変わるものです。



工場から製品を作る際に出る
余って使い道のない鉄や削りカスを

アクセサリーにして売り出す
新しいビジネスを立ち上げた

企業がテレビで特集されていました。

ゴミで作りました!とアピールしても
消費者の心には響かないでしょう。

リサイクル、再利用
またエコ製品などと

伝えれば

全く違う反応が返ってくると
予測できます。

これも「伝え方次第」なわけです。



これら2つの話は
法人新規開拓にも通じます。



法人新規開拓で

初回面談が

うまくいかない・・・
すぐに社長から断られてしまう・・・

こんな悔しい思いをしたことは
ありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏は

初回面談の達人です。

といっても

最新でみんなが知らない
情報や知識を語るわけでは
ありません。

みんなが知っている
当たり前の事であっても

初回面談の強力な武器に
変えてしまうのです。

「伝え方次第」で!

特に注目で

すぐに現場で使えると

確信したのが

CDで詳しく語られている

日経平均の話題を

相続対策や事業継承の話に

簡単に繋げてしまう話法です。


日経平均の話題なら

比較的社長と話しやすいとは
思いませんか?

実は

「伝え方次第」で

これを大きな成果へ繋げることが
できるのです。

あなたが

既に雑談で

社長と景気や日経平均の
話をしているとしたら

それは
非常にもったいないことを
していたと気づくはずです。

お金になる雑談と
単なる雑談があるのです。

トップセールスパーソンの

お金になる
日経平均の雑談を

知りたくないですか?

詳しくは↓
180秒で聴く気がない社長を契約者に
変える話法はこれだ






■ドクター面談率100%の飛込み術

自分がデザインした洋服で
自分のブランドを立ち上げる!

学生時代の友人の1人は
これを夢見て、専門学校に行き

その後アパレルメーカーに
入社しましたが

思い描いた結果を出せません
でした。

TAKEO KIKUCHI
JUNKO KOSHINO
ISSEY MIYAKEなど

1980年代に一世を
風靡したいわゆるDCブランドの
一部です。

自分の名前がそのままブランドに
なるような人はごくごくわずか。

とんでもない競争を勝ち抜いた
限られた人だけでした。

しかしこれが今変わりつつあります。

手書きで好きに書いた洋服の
デザインをアップロードすると

それを製品にして販売の代行まで
してくれるサイトがあるのです。

何とこれらをすべて10万円~。

自分のブランドが10万円~で
できてしまいます。

何年も学校に通い、苦しい下済みを
経験しなくても

「簡単に」ブランドを立ち上げることが
可能になりました。


今まで「難しい」が「簡単に」なって
います。


いつかは自分の店を出したい!
これも多くの人が抱く夢の1つでしょう。

以前はこの夢を達成することは
「難しい」ものでした。

お店を出すためには、多額の費用と
労力が不可欠だったのです。

しかし今はネットを活用すれば
これが「簡単に」なります。


無料!

自分のショップを
立ち上げるまで30秒!


あるネットショップのサイトでは
こんな宣伝を目にしました。

自分のお店が0円
しかも1分もかからず
開店できるのです!!

これも「難しい」を「簡単に」した
例と言えるでしょう。



これら2つの話は保険営業に
通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

まさに「難しい」を「簡単に」にする
達人です。

特に私が感動したのは

ドクターマーケットの新規開拓に
ついて。

ドクターになかなか会えない・・・

会えても保険契約に至らない・・・

こう嘆く保険営業パーソンは
少なくありません。

ドクターマーケットの新規開拓は
「難しい」ものだとずっと考えて
いました。

しかし中瀬氏の話を聴けば
その考えは間違いだったと
気づくはずです。


飛込みで訪問しても
ドクターとの面談率は

ほぼ100%

いきなり保険の話題でアプローチして
契約に繋がることが多い!


インタビューで中瀬氏が語った
ドクターマーケットの新規開拓を
「簡単に」する一部です。

「なんだ、それだけをすればよかったのか」
私は思わずこうつぶやいてしまいました。


あなたはまだ「難しい」を続けますか?

それとも「簡単」を学び
もっと効率的にドクターマーケットを
新規開拓しますか?


詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!