FC2ブログ

成約率256%アップ

ここでは、成約率256%アップ に関する情報を紹介しています。
ご存知、メジャーリーガーのイチロー選手。

もしチームの監督からこんな指示があったらイチロー選手はどうなるだろうか?

「ホームランを50本打て!」

そもそもイチロー選手はヒット量産する典型的な短距離ヒッター。

そんな彼に松井のような長距離ヒッターの役目をやらせたらどうだろうか?

イチロー選手本来の力やよさを発揮できないことは間違いない。

相手の特長(特徴)に合わせることが大切だということは野球だけに
限ったことではない。

例えば部下や子供を指導するとき、叱るとき。

叱って伸びるタイプ。強く言うとダメなタイプ。
褒めれば実力以上に力を出すタイプなど

様々なタイプがいるはず。

ここまでの話にあなたは共感できるだろうか?

おそらく「いや違う。部下ははどんな部下でもとにかく厳しく叱ればいいんだ」
と考える方は少ないのではないか。

では野球選手の場合も子供場合も部下の場合も・・・
みんなそうなのにどうして保険の営業のときのお客様の場合は
相手のタイプによって、営業を変えないないのだろうか?

そう、何を隠そう私自身がそれをしていなかったのだ。

自分のスタイルを押し付けるだけ。

お客様によって、営業トークや話の進め方、使用する資料を
変えることなんて全くなかったのだ。

でもこれっておかしい。

営業も部下や子供や野球選手の場合と同じなのだから。

と言ってもいくら頭では「お客様のタイプで営業を変える」とわかっていても
いきなり保険営業の現場でそれができる方は稀ではないか。

まず相手のお客様がどんなタイプなのか?がわからなくちゃならない。

これが第一段階。

そしてそれが判断できたらそのタイプによっての営業の変え方、攻め方
を知らなきゃいけない。

これが第二段階。

この2つの段階を詳しく、初めての方でもわかりやすく解説したものが
CDゼミナール
現役トップセールスマンが明かす
生命保険契約の成約率を256%アップさせる方法

だ。

このCDには学校で勉強するような難しい学問はない。
すべて現場から得たノウハウばかり。

だからすぐに理解できるし、実践もできる。

さあ、勇気を持って一歩を踏み出そうではないか。

顧客満足度、顧客第一主義は
何も商品やサービスだけの話だけではないのだ。

営業自体も顧客満足度、顧客第一主義を追求すべきではないだろうか?

あなたの営業が変わり、お客様が満足し心地よさを感じれば、
成績・成果も驚くほど変わることと私は確信している。



プロ野球、楽天イーグルスの山崎武司選手をご存知だろうか?


40歳でありながら

現時点で打率トップ、ホームラン数3位、打点数3位の好成績を

残している。

昨年はホームラン王、打点王のタイトルを獲得した。



そんな山崎選手だが、決して順調な野球人生ではない。



1996年に中日ドラゴンズでホームラン王を獲得するものの

その後、成績が低迷し、2003年オリックスへトレードされる。

そして

2004年のシーズン終了時には戦力外通告を受けている。



トレード・・・クビ・・・長い間低迷していた山崎選手が

なぜ40歳を目前にして復活できたのか???



様々な理由が考えられるが・・・

私は楽天の野村監督の存在が大きいと考える。



野村監督が重視するデータ野球が、山崎選手の奇跡的な活躍を

後押ししたのではないか。



単に力と力の勝負だけではなく、ピッチャーの配球やクセ、性格

などを徹底的に分析する野村監督の野球。


いわば・・・「傾向と対策」をしっかり立てることで

山崎選手の打撃は飛躍的に向上したと私は思う。



ベテランになって急に野球がうまくなったり

急に力がつくことは、一般的な常識から言って非常に難しい。


つまり、山崎選手は技術的には大きな変化はないと考えると

「傾向と対策」の大きさを実感せざるを得ない。



前置きが長くなったが

保険の営業も「傾向と対策」が重要なのだ。



みんな成績を上げるため

たくさん契約を獲るためには

スキル・営業技術の向上だけを上げようとする。



営業トークを練習したり

保険や周辺知識を高めたり


もちろん、これは重要だ。



しかし(山崎選手の場合と同じように)

「傾向と対策」

すなわち

お客様のタイプや好み、性格などによって

少しずつ営業スタイルを変えていく技術も

大切ではないだろうか???




細かい特約や解約返戻率の詳細の部分まで

説明を受けないと気がすまないお客様もいる。


一方で、あなたのことが気に入れば、後はすべて

任せる方も存在する。




契約などの決断まで時間がかからない人もいれば

1ヶ月間ぐらいは悩みたい人もいる。



お客様のタイプは全く違うのに

誰に対しても全く営業のスタイルということはないだろうか??




私は少なくても同じだった。


結果として、自分の契約者は、自分と似たお客様ばかりが

増えたのだ。


私はこれを自慢だと考えていたのだが・・・


裏を返すと、自分のワンパターンの営業スタイルにぴったり

合ったお客様しか契約に至らないということになる。


これでは確率が悪すぎる。


思うような成果を上げ、コミッションを爆発的に上げることは

難しいのだ。



あなたの保険営業スキルは、既にもう十分なのかもしれない。


自分の営業はそんなに悪くないのに・・・

なぜ、成果が上がらないかわからない!!という方は

少し考え直すことをオススメしたい。


「傾向と対策」で

山崎選手のような華麗な変身をしよう。



こんなタイプの客はこう攻めればよい!









生保、損保の新規・紹介契約を増やすためのセールスノウハウを支援。
保険営業の答えがすべてここにある!





●お客様ごとに営業スタイルを変えよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日のことだが、家の玄関ドアの調子が悪かった。


原因はネジの緩み。


ネジを閉めようとプラスのドライバーを用意したが


ネジの大きさと


ドライバーの大きさが


合っていなかったらしく・・・力任せに閉めたネジ山は

見事に無くなってしまった。

(結局、修理業者に頼み、ネジを交換する羽目になって
 しまったのだ)


やはりネジにあったドライバーを使わないとうまくいかないもの。




実は、これは保険営業に関しても全く同じ。




ネジの大きさ=お客様のタイプ、性格、考え。


ドライバーの大きさ=保険営業スタイル。



ネジにあっていないドライバーで力任せにネジを回そうとするように・・・




あなたの営業スタイル、考え、価値観をお客様に無理やり

押し付けているということはないだろうか???



私は以前「私の契約者は、自分と同じようなタイプの人が

多い!!」ということを自慢していたが・・・



これは大きな大きな間違いだということに
現役トップセールスマンが明かす 生命保険契約の成約率を
256%アップさせる方法
で気づかされた。


自分のタイプに似たお客様しかいないとうことは・・・


単に自分の営業スタイルにあったお客様しか契約できていない

という裏返し。



自分のドライバーの大きさにあったネジしか回さないということ。



これでは、多くの契約を獲得することはできない。



様々なタイプの方を自分の契約者とすることはできない。





でもお客様のタイプ・・・ネジの大きさなんて、無限にあるのでは??

と思われた方は心配はいらない。




ネジのサイズも・・・

お客様のタイプも・・・

ある程度に分類することができるのだ。




その方法・・・そしてタイプ別の営業スタイルのノウハウはすべて
現役トップセールスマンが明かす 生命保険契約の成約率を256%
アップさせる方法
の中にある。


あなたがネジに合わせたドライバーのセレクトができるようになった時

すなわち

お客様に合わせた営業スタイルを選べるようになった時


あなたの契約は驚くほど、増えることと確信している。




何事も遅すぎることはない。

変わる、スタートするなら今だ。

思い立ったが吉日という言葉があるように、


今日をあなたの保険営業の吉日と


しようではないか。


決して難しいノウハウではない。


このノウハウももともとは、


思ったような成果が出せず、悩み苦しんだ状況から

生まれたものなのだから・・・




生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。




-----------------------------------------------------
生保の成約率を劇的にアップさせる方法
-----------------------------------------------------


受験勉強をする時

どの教科でも、どんな勉強でも

最初の1ページからやらないと気がすまない友人がいた。


英単語ならaから始まる単語から勉強を始めるし

歴史なら縄文時代からスタート・・・


それで最後まで勉強が進めばいいのだが・・・

なかなかそうはいかずに、結局この友人が2年浪人しても

合格することはできなかった。



私はこの友人が合格できなかったのは勉強量が少なかった

ことが原因だとは思わない。

事実、彼はよく勉強していた。

また、知識が少なかったとも思えない。



彼の最大の間違いは勉強のやり方・方法であろう!!!



残念ながら歴史の問題で縄文時代の出題は少ないし

aから始まる英単語をどんなに知っていても英語のテストで

いい点は取りにくい。




試験に受かるためには


試験の傾向を知って、それに沿った対策をすることが

一番の近道ではないか。





そうこれは・・・生保の営業でも同じ。



営業トークの練習

保険業務知識の習得

周辺知識の習得



決して、無駄なことではないが・・・これは受験勉強で

いうと、歴史を勉強したり、英単語を覚えることと

同じではないか。


これに加えて


生保営業も


「傾向と対策」が重要になるのだ!!!



そう。

営業相手のお客様はどんな傾向になのか??

つまり・・・どんな性格で何を好むのか??

を理解し


それに対しての対策を講じる。


これで、驚くほど生保営業の成約率はアップするのだ。



では相手のタイプをどうやって判断し

どういう営業の対策を立てればいいのか?


その答えはすべてCDゼミナール
現役トップセールスマンが明かす 
生命保険契約の成約率を256%アップさせる方法

の中にある。


あなたの営業が劇的に変化し

それ以上に

あなたの成果が変化することを確信している。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ

ヤフー注目記事
生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・販売スキルを語ります。保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えがすべてあります。


独りよがりの営業スタイルになっていませんか?
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・販売スキル~



ご存知、メジャーリーガーのイチロー選手。


もし、チームの監督からこんな指示があったら
イチロー選手はどうなるだろうか?


「ホームランを50本打て!」


そもそもイチロー選手はヒット量産する典型的な
短距離ヒッター。



そんな彼に、バリーボンズのような長距離ヒッター
の役目をやらせたら、どうだろうか?





イチロー選手本来の力やよさを発揮できないこと
は間違いない。




相手の特長(特徴)に合わせることが大切だという
ことは野球だけに限ったことではない。




例えば・・・部下や子供を指導するとき、叱るとき。



叱って伸びるタイプ。

強く言うと、ダメなタイプ。

褒めれば実力以上に力を出すタイプ・・・など


様々なタイプがいるはず。





ここまでの話にあなたは共感できるだろうか?





おそらく

「いや違う。部下ははどんな部下でも
 とにかく厳しく叱ればいいんだ」

と考える方は少ないのではないか。



では・・・野球選手の場合も


子供場合も

部下の場合も・・・



みんなそうなのに、どうして保険の営業のときの
お客様の場合は

相手のタイプによって、営業を変えないないのだろうか?





そう、何を隠そう私自身が、それをしていなかったのだ。



自分のスタイルを押し付けるだけ。

お客様によって、営業トークや話の進め方、使用する資料を
変えることなんて全くなかったのだ。



でもこれっておかしい。



営業も部下や子供や野球選手の場合と同じなのだから・・・



と言っても、いくら頭では「お客様のタイプで営業を変える」
とわかっていても

いきなり保険営業の現場でそれができる方は稀ではないか。


まず

相手のお客様がどんなタイプなのか?


がわからなくちゃならない。


これが第一段階。


そして、それが判断できたら・・・そのタイプによっての
営業の変え方、攻め方を知らなきゃいけない。


これが第二段階。


この2つの段階を詳しく、初めての方でもわかりやすく解説した
ものが

CDゼミナール「現役トップセールスマンが明かす 生命保険
契約の成約率を256%アップさせる方法
」だ。


このCDには学校で勉強するような難しい学問はない。

すべて現場から得たノウハウばかり。


だからすぐに理解できるし、実践もできる。


さあ、勇気を持って一歩を踏み出そうではないか。



顧客満足度、顧客第一主義は

何も商品やサービスだけの話だけではないのだ。


営業自体も顧客満足度、顧客第一主義を追求すべき
ではないだろうか?


あなたの営業が変わり、お客様が満足し心地よさを
感じれば、

成績・成果も驚くほど変わることと私は確信している。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ