2007年04月

ここでは、2007年04月 に関する情報を紹介しています。
生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えが
すべてあります。


お客様が喜んで保険を選ぶあるやり方とは?
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・スキル~




「このお客様はあまりお金がなさそうだから
 このぐらいの保険料の提案にしておこう」


「この人は新入社員だから、これ以上の保険料は
 きついだろうな」


「この人の年収だったら、これ以上に保険料は
 払わないだろうな」




生命保険の設計書を作るとき、私はいつもこんなことを
考えていた。

そりゃ・・・高い保険が獲れればそれに越したことはない。

だけど、あまり欲張りすぎて、高い保険料を提案して
契約にならなかったら、元も子もない。


だから、こんなことを考えて保険提案を作っていた。


あなたもおそらく一度や二度はこんなことを考えたことが
ないだろうか?



しかし、この考えこそが間違いなのだ!!

成績、手数料が爆発的に伸びない原因のひとつであること
に私は気づかれたのだ。


そもそも保険はお客様が選ぶものなのだ。
つまり払う保険料もお客様が決めるもの。


それなのに、以前の私は大きな勘違いをしていたのだ。


保険営業とは・・・

「営業パーソンが勧めた保険→お客様が買う」

のが当たり前だし、普通だと考えていた。


ここが違う。


「お客様が選びやすい状況を作る→お客様が選ぶ」


これが我々がしなくちゃならない営業のスタイルだと
いうことがわかった。


だから、がんばって「保険料を高くしよう」とか
「がんばって少しでも手数料を高くしよう」と強く
考えること自体も本来は非常に不自然なこと。

「お客様が選らんでいくと・・・結果として単価が
 高くなり・・・それに応じて手数料も高くなって
しまう」という状況を作りださなくてはならないのだ。


ポイントは

「お客様が選ぶ」ところにある。


自分で決めれば、納得し、満足する。
そして解約も少ない。


逆に「売り込まれる」
反発もするし、満足もしない。
そして解約も多くなる。




「保険をお客様が自分で選ぶなんて無理」

「保険は難しいから自分で決めることは難しい」

と思うかもしれない。


しかし、そのやり方はある。


このやり方さえ、あなたのものにすれば、営業は劇的に
変化することは間違いない。



あなたが高いか低いか頭を悩ませて保険料を決める必要は
もうなくなる。

あなたが勝手に考えた保険を説明して、そして説得して
お客様に売り込む必要が全くなくなる。



やることは、お客様が欲しい、必要と選んだ保険を
差し出すだけなのだ!!!



「お客様に選んでいただく方法」を詳しく解説したものが
CDゼミナール「月払15,000円のお客様が
喜んで50,000円以上を払う!究極の単価アップ営業術
」だ。


あなたにはもう既に能力はある。
足らないのはほんのちょっとのコツだけなのだ。

それがわずかな投資で手に入れられる。


このやり方で、わずか1件しか契約が獲れなくても、あなたが
得る手数料は、このCDゼミナールの料金の何倍にもなるはず。


勇気を持って、新しいものにチャレンジしようではないか。

遅すぎることは何もないのだから。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ

生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えが
すべてあります。



生保の成績が上がらないのはパンフと設計書を使っているからだ!!
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・スキル~



生命保険を販売する際、お客様へのプレゼンテーンション・提案を
あなたはどんな形でやっているだろうか?



私は・・・


まずお客様に挨拶を済ませた後・・・

作ってきた設計書を出しながら、こう言う。



「先日、伺ったお話で、いくつかよいと思うプランを作って
 きました。説明いたします」



そして、設計書を見せながら・・・

詳しく

わかりやすいように説明していく。

お客様がわかりやすいように・・・パンフレットも使いながら
説明することもある。


これが普通ではないだろうか?


私はこの方法でずっとやってきた。



しかし・・・こんなトップセールスパーソンのやり方があったら
あなたは知りたいとは思わないか?




・提案、プレゼンテーションでは設計書とパンフは一切使わない。


・設計書とパンフは契約するプランが決まってから、確認のため
だけに使う。


・設計書・パンフを使わずに、ある方法でプレゼンすると、結果
的に契約する単価が上がることが多い。


・設計書・パンフを使わずに説明すると、結果的に紹介をいただ
けることが多い。


・設計書やパンフを使わない提案をすると、お客様の満足度が上
がり契約後の解約率が低くなる。



いかがだろうか?


もちろん、設計書やパンフレットの内容を頭の中で暗記して
説明すればいい結果が得られるということを言いたいのでは
ない。


設計書やパンフを使わないある方法でプレゼンをすると


劇的に


結果が変わるのだ!!



もともと設計書やパンフはお客様から契約をいただくため
にできたものではないのだ!!!



営業パーソンが簡単にお客様に説明するためにできたもの
なのだ!!



ここが落とし穴になる。



ここが契約が獲れるか、獲れないかの
ポイントになると言っていい。



保険会社はまず教えない。


だからあなたが知らないのは仕方がないことなのだ。


でもそれは、

大きな大きなチャンスを失っていることでもあるのだ。


あなたがこの方法を自分のものにして


パンフレットと設計書を捨てたとき


あなたの成績・成果は驚くように上がり

それと同時に



お客様の満足とあなたへの信頼度も

以前とは比べ物にならない程上がる!!!

と私は確信している。


パンフと設計書を使わないある方法とは
CDゼミナール「「月払15,000円のお客様が
喜んで50,000円以上を払う!究極の単価アップ営業術

の中にすべてある。


変えたくはないか???

あなたの成績、手数料・・・そしてステータス!!!

このCDがそのきっかけになることは間違いない。

今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えが
すべてあります。



お客様を誘導し選ばせる保険営業をすれば必ず稼げる!
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・スキル~



私は保険営業の現場でこんなことがよくあった。



お客様から何度か話を聞いて、今回はやっと保険プランの提案。


自分では我ながらよくできたと思うプランをお客様に説明!!


すると、お客様からはこんな言葉が・・・



「ちょっと高くない?もう少し安くならないの?」



”まずい・・・これで契約にならなかったら大変だ”と考えた
私はすかざずこう言う。




「なりますよ。この保障と・・・この特約を・・・削れば
 ○○○○円安くなります」


お客様は


「あればそれに越したことはないが・・・保険料がね・・・」



こんなやりとりが続き、やっとの思いで・・・契約。
あなたもこんな経験が一度や二度はないだろうか?



私はこれを

”あれもいらない、これもいらない”スパイラル


と勝手に名付けている。


提案したものから、保険料を考え、お客様がいらないと
考える部分を削っていく手法。



これでは当然単価は上がらない。


しかも上がらないのは、単価だけではないのだ!!!


実はお客様の満足度も上がらないのだ!!





ではどうすればいいのか???


理屈は簡単だ。



”あれもいらない、これもいらない”といマイナスの
スパイラルを


”あれも欲しい、これも欲しい”というプラスのスパイラル
に変えればいいのだ!!




もちろん、無理な説得をするわけではない。


強引なセールスをするわけでもない。



あなたがすることは・・・

「お客様を誘導し選ばせる」ということだけ。



何とか自分の提案をわからせよう!!
自分が望むプランを説得しよう!!

とはしてはいけない。


あくまで主役は「お客様」なのだから。


お客様が


自分で

好んで

必要だと思って



保険を選ぶように誘導すれば
結果的に単価は驚くほど上がるのだ。


ではどうすれば、お客様を誘導できるのか?



そのキーはお客様に投げかける質問にある!!!



保険で思ったような成績が出ない方のほとんどはこの
「質問」の仕方に問題があるケースが多い。



質問を繰り返すことで


お客様が満足しながら・・・あなたの今までの契約では
考えられなかったような単価の世界へ導くことができるのだ!!


その質問の仕方はCDゼミナール「月払15,000円のお客様が
喜んで50,000円以上を払う!究極の単価アップ営業術

の中にすべてある。


勇気を持って一歩を踏み出そうではないか。


あなたはただやり方を今まで教わっていないだけなのだから。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ


生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えが
すべてあります。


保険は安けりゃ売れる?
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・スキル~




通販生命保険

インターネットの見積サイト

ファイナンシャルプランナーによる保険料削減コンサルティング


などの出現・台頭により


「保険料は安い方がいい」

「安くないと保険は売れない」と思っている販売者は多い。



何を隠そう、私もそう感じていた。



だから自分が扱う会社の保険料が他社より高くて
担当者に文句を言った経験もある。




では・・・

もし以下のような販売手法があったらあなたはどう
感じるだろうか?




・現在加入している保険料よりも30%アップ
 場合によっては倍になってもお客様は喜んで契約
 してくれる


・お客様は、他社より条件がよくなくても満足して
 契約してくれる


・お客様は結果的に保険料が高いプランを自分で
 選んで契約してくれる


・高い保険料の保険に契約してくれてなおかつ
 紹介もしてくれる


・高い保険料にも関わらず、解約率が低い



高い保険を選んでくれて、満足し、人まで紹介してくれて
解約も少ない!!!


もしあれば、やらない手はない。




あなたもそう思わないか?





実はこの方法は存在するのだ。




特別な能力もいらない。
特別な保険会社と付き合う必要もない。


あなたは知らないだけなのだ!!!




「お金持ちで人のいいお客様を探せば
こんな契約のやり方ができる」


と考えるかもしれない。



しかし、そうではない。



特別なお金持ちでなくてもこの手法は十分有効なのだ。



このノウハウを使えば


お金があるとはいえない新入社員から月払い5万円の契約を
獲ることも可能になるのだ。


詳しくはCDゼミナール「月払15,000円のお客様が喜んで
50,000円以上を払う!究極の単価アップ営業術
」の中に
すべてある。



想像してほしい。


あなたがいただく契約の単価は今の倍になり・・・

お客様は大満足し・・・そして紹介もいただける。


今とほぼ同じ労働時間で、手数料は今の数倍になる。


何よりお客様からの信頼は抜群。


下手な新規工作はいらない。紹介だけで、忙しい。




手数料、信頼、満足・・・あなたが保険営業パーソンとして
欲しいものをすべて手に入れられるノウハウと言っていい。


勇気を持って変えてみないか?


変えるなら今だ!!!


さあ、まずは第一歩を踏み出そうではないか。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ

生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えが
すべてあります。


こう言えばどんな客でも契約する営業トーク
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・スキル~




「客が感動するようないい提案の仕方ない?」


「すぐに契約が獲れるようなとっておきの営業トークってない?」



以前の私はこんなことばかり追い求めていた。



1つの提案や一言の営業トークで

契約がバンバン獲れてしまう!!!




今の時代、こんなものは存在しない。




高度経済成長の世の中であれば別だが、今は時代が違う。

誰がどうみても成熟社会。

98%の人がもう既に何らかの生命保険に加入している。




だから一発逆転のホームランばかりを狙ってはダメだのだ。


コツコツヒットを積み重ねていくしかない。




小さなノウハウを確実に自分のものにして、それを確実に
実践していく。






例えば、損保の契約更改でお客様とアポイントととる場合。




あなたはどんなアポイントの仕方をするだろうか?



私は・・・アポイントの時間を約束して、時間きっちりに
行くことがベストだとずっと考えていた。

でもこの方法では折角のチャンスを逃すことがあるのだ。



考えてほしい。


契約更改にお客様はどのくらい時間がかかると
思っているだろうか?


おそらく、それほど長い時間がかかるとは思っていない。


だから、場合によってはアポイント時間から30分後には
他の用事を入れてしまっているかもしれないのだ。




契約更改が終わって、生保や他の種目の話をしようとした
場合これではできなくなってしまうことがある。






ではもし「お時間を1時間取ってください」
とアポイントの時、言ったらどうだろうか?


お客様の気持ちになって考えてもらたい。


通常、そんなに時間のかからない契約更改に1時間も
時間を取ってほしいというのは・・・



「何か売り込まれるかもしれない!!!」


と警戒するのが普通ではないか???


これは、我々営業パーソンにとってあまり
喜ばしいことではない。






ではプロはどんなアポイントを取るのか?



「3時~4時の間に伺います。」とアポイントをとって・・・



あえて”3時ジャスト”に伺うのだ!!!



予め”3~4時の間”と約束することで、お客様が
少なくてもこの時間に予定がないことが確認ができる。



つまり、契約更改を終えてから・・・残りの時間は思う
存分、多種目販売に時間が割けるということになる。



いかがだろうか?



こんな小さな小さなノウハウの積み重ねが
大きな大きな成果に繋がるのだ。




もちろんアポイントだけではない。


他にもたくさんこの手のノウハウはある。

それをいかに積み重ねることができるかが、勝負だ。


それをするかしないかが、契約が獲れるか獲れないかの差だ!



それを詳しくは解説したものが、CDゼミナール
こうすれば損保系代理店が生保をガンガン取ることができる!
~多種目率87%の驚異のテクニックとは?~
」だ。



内容はすべて実践から得た現場のノウハウばかり。


過去にこれで成功した・・・というようなものではなく
今現在も成功し続けているものばかり。



だから参考になるし、すぐに使える。


今なら間に合う。

明日から・・・・いや今日から・・・まずはこのCD
を聴いてノウハウを体感することから一歩を踏み出して
みないか?


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えが
すべてあります。


多種目率0%スタートして87%にする方法
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・スキル~



「あの人だからできるんだよ~」

「あの人のキャラクターだからできる・・・」

「自分の能力ではとてもマネできない」


保険のトップセールスパーソンの話を聞くと
私はたいていこう思った。

言っていることはわかるが・・自分の性格や能力では
どれもこれも実現不可能なことばかりだと感じた。


今までお会いしたトップセールスパーソンの人は
努力もあっただろうが、生まれながらにして優秀で
セールスの才能がある人ばかりではなかったか。


だから、きっと我々凡人の気持ちは理解できないし
我々もその方のノウハウを自分のものにできない。


では・・・今はトップセールスパーソンとして活躍
しているが、こんな経歴を持つ人だったら、どうだろうか?




・保険会社に研修生として入社して1年間は契約が
 思ったように獲れなかった


・研修生として1年経過後に保険の仕事には向いて
 いないと言われ、実質クビを宣告された経験を持つ


・独立するときの契約の9割以上は自動車保険。
 他の種目の売り方は全く知らなかった。


・独立時の多種目率もほとんど0%に近かった。


・独立時の生命保険契約は自己契約がほとんど。
 生命保険を売る気は全くなかった。


失礼かもしれないが、生まれながらのトップセールスパーソン
とはいえない。

しかし・・・


現在は・・・思ったように生命保険の契約を上げ続け・・・
手数料も数千万円。

多種目率はなんと87%を超える。


こんな苦労と苦難を乗り越えながら・・・多くの失敗と
挫折を味わいながら・・・


掴んできたノウハウを知りたいとは思わないか?



かっこいいとはいえないかもしれない。
スマートだとはいえないかもしれない。


しかし、そこには保険契約を1件出すのに苦労を重ねる
我々と同じ血が流れていると言っていい。



だから共感できるし

だからマネもできる!!!


そしてすぐに明日から実行できるノウハウなのだ。

そのノウハウはCDゼミナール
こうすれば損保系代理店が生保をガンガン取ることができる!
~多種目率87%の驚異のテクニックとは?~

ですべて知ることができる。



迷ったり、考えている暇はない。
今すぐ、第一歩を踏み出そうではないか。


多種目率0%がやり方次第では87%のなるのだ!!


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えが
すべてあります。


新規開拓をやめれば、あなたは成功する!!
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・スキル~




作家の中谷彰宏氏はこんなことを言っていた。


「私は本を出すための新規開拓は昔から一切しない。
 
 売り込む側(自分、営業パーソン)とお客様(出版社など)
 のバランスを崩すことになるためだ。

 やったことは今まで出会った方々とバランスを
 保つためのお付き合いをしただけだ」



要するに・・・


自分から出版社に売り込みをするようなことはしないで
今までのお付き合いを大事にするだけで、本を出せると
いうこと。


保険で言うなら

新規開拓をするのではなく、既契約者だけに全力を注げば
結果を残すことができるということだ。



そうなのだ。
既契約者だけでも十分収益はとれるのだ!!





「既契約者だけで、成績が伸びたら苦労しないよ」


「ほとんどのお客様には一通りの保険の案内はした。
 これ以上、同じお客様から契約を獲るのは無理だよ」



そう思わないか?


実は私もこの話を聞いたときはそう感じた。



しかし、ある人との出会いで、私の考えが間違っている
ことに気づかされたのだ。





多種目率・・・87%



この数字をあなたは信じられるか?



別にお客様が10人しかいなくて、そのうち8人から
多種目販売をしているというわけではない。



10年以上保険代理店の経験があって

毎年、数千万の手数料を上げている代理店の数字なのだ!!!




プロ代理店でも

30%いけば、かなり優秀な数字ではないだろうか?




この代理店がやっていることは


インターネットでも

DMでも

飛び込みでもない。



既契約者を大事にする・・・

契約更改を大事にすることなのだ!!!


想像してほしい。


あなたの多種目率が87%になったときの姿を!!



手数料はどのくらいになるだろうか?

保険料収入はどのくらいになるだろうか?

他社に切り替えるというお客がいるだろうか?

他により保険料が高いと不満を言うお客がいるだろうか?



多種目率が上がれば上がるほど


儲かるし

お客様との関係も深くなる。



こんな代理店のやり方を知りたくはないか?




特別なことではない。

すぐにあなたもできることばかりだ。


「契約更改」を大事にし、それをチャンスに変え
信頼を得る場に変える!!!


このノウハウをすべて説明したものがCDゼミナール
こうすれば損保系代理店が生保をガンガン取ることができる!
~多種目率87%の驚異のテクニックとは?~
」だ。


契約更改のアポイントの取り方から

紹介依頼の仕方まで、詳しく解説してある。


さあ、今すぐスタートしようではないか。

あなたはもう既に宝の山の上に座っているのだから。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えが
すべてあります。


提案の順番であなたの営業成績は革命的に変わる!
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・スキル~



ご家族の生命保険の提案を行う場合のことを思い出して
もらいたい。


あなたは誰の提案に力を入れて、誰の提案を一番最初に
するだろうか?


私は


ずっと、ずっと・・・まず最初にご主人様の提案に力を
入れて、一番最初に提案してきた。


一家の収入を支えているのはご主人様が多かったため
それは当たり前だし、そうしなきゃならないと疑いも
しなかった。


ご主人様のライフプランニングをしっかりしてから
奥様の保障や家族の保障に移っていく・・・



おそらくあなたも同じではないか?




しかし、やり方はそれだけではないのだ!!!



全く違う順番、やり方で大きな成果を上げている方が
いるのだ。



まず最初に提案するのは


ナント奥様!!!


しかも、今までの常識的な提案とは、ちょっと違った
ある特徴的な提案をするのだ。


言い方は悪いが、ご主人様のライフコンサルティングは
飛ばしてしまうのだ!!


そしてここに
この方法のやり方の最大の特徴がある。


それは

奥様への提案の次にご主人様の提案をするのではなく

奥様の保険の「契約」があるのだ!!!




別に契約を焦っているわけではない。
件数や成績が足らないからやるのではない。


こうすることで


ご主人様のライフコンサルティングや提案が
スムーズにいき

さらに

ご主人様の保険の成約率が劇的にアップするのだ!!!



奥様に対するある特徴的な提案とは?

奥様を味方につけるとっておきの営業トークは?

ご主人様の契約をスムーズに進める方法は?



この答えはすべてCDゼミナール
こうすれば損保系代理店が生保をガンガン取ることができる!
~多種目率87%の驚異のテクニックとは?~
」の中に
ある。


このCDはあなたに大きな気づきと発見を与えるはずだ。


そしてあなたの営業は大きく変わり・・・

成績も大きく変わると私は確信している。

今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えが
すべてあります。



老齢代理店の契約に宝の山があり!!!
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・スキル~



一般的に
保険代理店の店主の年齢に、自分が抱える契約者の年齢は
比例すると言われる。


お年を召された店主の契約はやはりお年を召された契約者が
多いし若い店主には若いお客様が多い。



代理店合併が花盛りの中・・・



以前まではお年を召された、いわゆる老齢代理店と組んだり
合併したりすることは、リスクはあっても全くメリットは
ないと私は考えていた。





お年を召された契約者ばかりでは


次に繋がる契約の資源がないと思い込んでいたからだ。





ある方法を知るまでは・・・





この私の考えが、

大きな大きな誤解であり、

間違いであって


私は、今までとんでもない損をしていたことに
気づかされたのは


あるトップセールスの方のノウハウを知ってからだ。



そのトップセールスの方はこう言う。



「私がやっている方法は年配の方の方がターゲット。
 日本ではお金を持っているのは、みんな年配の方!!
 それをお客様の対象としないなんて・・・

もったいないですよ」





「通販で有名な○○コジャパン!
 あそこは第三分野に強いと言われていますが・・・

 大きな利益を上げているのは、その部分ではないと
予想します。
 
病気でも治療中でも何でもは入れます!!・・・を
宣伝文句にした”あの保険”が一番儲かっているはずです。」




「実はあの会社の最高のターゲットはお金を持っている
年配の方なんですよ。

 それをマネしない手はないですよ」





私の常識はガラガラと崩れた。




老人、年配者が最高のターゲット????




もちろんだからと言って、「入れます~」の保険を
売りましょう!!ということを言いたいのではない。



年配者の方にあった保険の提案ノウハウがあるのだ!!!



そのすべてはCDゼミナール

こうすれば損保系代理店が
生保をガンガン取ることができる!
~多種目率87%の驚異のテクニックとは?~



の中にすべてある。



このCDを聴けば、年配者ばかりの契約があなたには
宝の山に見えてくるに違いない。



そして・・・今までの営業手法や


今後の代理店合併の方法に


大きな変化をもたらすことだろう!!!




みんながおいしいと気づいたときには遅いのだ。



まだまだチャンスはある。


今日から・・・・いや今から・・・・


このCDを聴くことが
スタートしようではないか。


あなたの保険営業パーソンとしての将来

代理店の未来が

明るくチャンスだらけであることに気づくのは


今しかないのだ!!

今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えが
すべてあります。


相談なしで即決で生保契約を獲る方法
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・スキル~





「主人に相談しておきます」


この言葉を今までに何百回、いや何千回聞いただろうか。

平日、損保契約更改などで個人宅を訪問すると、対応して
くれるのは、大概その家庭の奥様。


新しいプランや生命保険の提案をすると、決まってこの言葉!!



特に生命保険の場合は支払う額も多いし、場合によっては
今加入している保険を見直したり、やめたりする場合が
少なくないので、奥様が一人では決められないケースが多い。



この言葉の後、数日後電話してみると・・



私を失望させる言葉がたいてい返ってくる・・・




「主人は忙しくて、まだ相談できていません」



説明したときは、納得してもらえたのに・・・結局こんな
やり取りが何度か続き、私が待ち焦がれた生保の契約は
どこかに流れてしまうことは何度となくあったのだ。




あなたもこんな経験、一度や二度はないだろうか?




決定権者に直接会うのが基本!!

主人と奥様が揃った時に訪問するのがベスト!!


それの方が話が早いのはわかるし、成約率も高くなるの
は理解できる。


しかし、土日や夜間だけにアポイントを集中するわけにも
いかない。

特に損保の更改業務があると、平日の昼間を使わないこと
は考えられない。




では以下のような営業手法がもしあったらあなたはどうだろうか?






・平日に奥様だけの時に訪問しても即決で
生保加入を決めてもらえる


・奥様から絶大な信頼をいただける


・主人様の保険について、奥様が「相談しておきます」
といわず「私がよく説明しておきます」と言って積極的
に契約に協力してくれる


・ご主人様と会うときは、既に契約することが決まってい
 ることが多い 


・奥様から保険の相談だけではなく、お金の相談も受ける
 ようになる


・多種目率が格段に上昇する


・奥様からの友人の方を紹介してもらえるケースが激増する


・難しいセールスノウハウは必要なく、保険を初めて販売する
 人でもできる手法である





実はこれらの手法を説明したものがCDゼミナール
こうすれば損保系代理店が生保をガンガン取ることができる!
 ~多種目率87%の驚異のテクニックとは?~
」だ。



奥様から絶大な信頼を得て、そしてご主人へその信頼を繋いで
もらう営業手法。

驚くことに・・・奥様への提案は、主人に相談することなく
即決する方が多いという。


平日の昼間を・・・そして契約更改を多種目率アップ、生保
契約獲得に最大限利用できる手法と言っていい。


すべての答えは「こうすれば損保系代理店が生保をガンガン
取ることができる!~多種目率87%の驚異のテクニックと
は?~
」の中にある。


あなたは驚きと同時に、すぐ明日からできるノウハウをゲット
することになり


あなたの営業は劇的に変化することと私は確信している。

今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えが
すべてあります。


個人契約で年間1,000万円損保を増収する方法
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・スキル~




・損保なんて儲からない。

・損保なんて更改や事故処理に手間がかかるだけ。

・少子化だから損保が獲れないのは当たり前。

・自動車が減っているのだから損保の将来性はない。

・損保より生保や資産運用の部分に力と時間を入れべき。



私は以前、損保が獲れない、増収しない理由を正当化する
のが、プロ級にうまかった。

でもそれは大きな間違いであり、できない理由を上げて
自分をごまかし、慰めているだけだったのだ!!

ある人と出会いで考え方が大きく大きく変わったのだ。


彼は、私が考えていたことと全く逆のことを考えていた。




・損保は儲かる。継続性があっておいしい。

・損保は手間がかかるからおもしろい。手間をかければまた
 契約が生まれる

・少子化でも損保の需要はある。みんなが攻めないから、やれば
 一人勝ちできる

・自動車が減っても、チャンスはある。傷害保険は飛び込み訪問
でも獲れる

・損保をやるからこそ、生保も獲れる!!



いかがだろうか?



単なる口でこんな言葉を使うことは、誰でもできるかもしれない。


しかし、彼の場合は違う!!


ここ数年、毎年1,000万円以上増収している。

勘違いしないでほしい。


新規契約が1,000万円でも、保険金額でもない。


正真正銘、増収1,000万円。


彼と会い話を聞くまでは

”増収1,000万円は確かにすごい。だけどきっと法人保険を中心に
 フリート契約や賠償責任保険をやっているのだろう”

つまり

大きな保険料の契約を狙わないと、ほぼ一人でやって1000万円の
増収をするなんて不可能だと思っていたのだが・・・


私の予想・考えは大きく外れたのだ!!!



ナント1,000万円の増収をほとんど個人契約で達成しているのだ。


きっかけや切り口は

保険料1000円の海外旅行保険



月々1000円の傷害保険。


それでなぜ???
1000万円増収することをコンスタントに毎年できるのか???

その秘密はすべてCDゼミナール「これからはどんどん損保が
取れる!! 1年で1,000万円増収する方法&トーク集

の中にある。


決して特別なことをやっていない。
だから、あなたもすぐに真似できるのだ。
明日から同じことをすればいいだけなのだ!!!

「契約履行保険と海上保険のニッチマーケットを狙って増収しています」
ともし言われても

自分とは知識も経験も持っているマーケットも違うから・・・
できない!!!と感じてしまうだろう。

しかし・・・CDゼミナール「これからはどんどん損保が
取れる!!1年で1,000万円増収する方法&トーク集

で話している内容は

あなたが
今のままで、すぐに明日からできるノウハウばかりなのだ。



勇気を持って一歩を踏み出そうではないか。

できないのではない。

あなたは正しいやり方、方法でやっていないだけなのだから。

このCDを聴いた後、あなたも増収1,000万円が見えて
くることを私は信じている。

今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ


士業の先生から紹介を嫌という程もらう方法
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得術~



顧問先を持つ税理士や会計士、社労士、行政書士の先生から
クライアントの法人を紹介されて、契約が獲れれば、保険営業
パーソンにとってこんなラクで楽しい営業はない。


こんな風に考えるのは、私だけではないはず。


私も随分たくさんの士業の先生方とお付き合いさせて
もらった。

そしていつもこんなお願いをしていた。


「保険のことで何かありましたら、先生の顧問先の企業を
 ご紹介ください」


「保険を活用した節税が必要な会社がありましたら、ご紹介
 ください。お願いします」


でも・・・肝心の紹介があったか??????


残念ながら、ほとんどない。


先生のところを訪問しても・・・先生と何度か飲みに行っても
お中元とお歳暮を欠かさず贈っても・・・満足のいく紹介を
いただき、結果を出すことはできなかったのだ。


なぜか?


考えてみると、よくわかる。


そもそも先生は本業が忙しい。
だから保険を紹介するということまで手が回らない・・・


あなたの行動を振り返ってほしい。

忙しい毎日を送りながら、自動車や住宅を買う人を紹介して
ほしいと頼まれても、なかなか難しいのではないか???


先生もそれと全く同じなのだ。


しかも、先生は先生で保険代理店の資格を持っている場合も多いし
持っていない人でも知り合いの保険販売員はあなたではないはず。

付き合いや義理があって当然なのだがら・・・・

「私は保険を販売する人とは、あなたとしか付き合わない」と
言ってくれる先生を探す方が困難だ。



こう考えると、先生方から紹介を思ったようにもらえない理由も
わかった気がする。


しかし・・・一方では・・・先生方からバンバン紹介をゲットして
保険営業パーソンもいるのだ!!!


そうなるためのポイントは2つある。


1つは単に「紹介してください」というのではなく、もう一歩踏み
込んだ依頼をするということ。


もう1つは先生に

「えっそんなことになっちゃうんだ~」とか

「それは大変だ~」

「なるほど~」

と先生に言ってもらえるような投げかけ・質問をすること。



企業の問題点は表面化していないケースが多い。

その問題点をあぶり出し、解決方法を提案できることをまずは

先生に

わかっていただくのが鍵になる。



一歩踏み出した紹介依頼とは何なのか?

実際にどんな話をすればいいのか?

どんな投げかけ・質問をすればいいか?
の答えは
CDゼミナール「退職金コンサルで、1億円稼げる方法
~まだ間に合う!社労士ビッグビジネスの波に乗り遅れるな~

の中にすべてある。

トップセールスパーソンは自分の力もさることながら
周りの力を借りたり、自分の力にすることがうまいと
いうことをこのCDゼミナールで知ることができるはず。


先生との人間関係ができれば、紹介は自然と来る!!と
信じたいところだが残念ながら・・・それは大きな間違い
だったと私は気づいた。


このCDであなたの考えが変わり、紹介依頼の方法が変わっ
たときあなたは今まで考えもしなかった大きな果実を手に
することができると私は確信している。



今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ

お客様にありがとう!と感謝されながら高い保険を獲る方法
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得術~



皆さん、ご存知の女子プロゴルファーの宮里藍。
昨年からアメリカツアーに挑戦している。

テレビなどで見た方も多いと思うが、彼女は英語が
非常にうまい。

もちろん、最初からしゃべれたわけではない。
中学校の頃から一生懸命勉強したという。

なぜ彼女は忙しいゴルフの練習の中で英語を勉強
したのか?

もちろん、学生時代から将来はアメリカで活躍したい
という夢を持っていたからという理由もある。


しかし・・・それ以上に・・・

彼女が中学生の時に参加したアメリカの大会の経験
が大きい。

全く英語が話せなかった彼女は、泊まるホテルを
間違えたり、大会でラウンドするコースを間違えたり
大会日程を勘違いしたり・・・とにかく失敗ばかり
だったという。

この時に、「やっぱり英語が話せないとダメだ」と
気づいたという。


お子さんを持つ方ならわかると思うが、「勉強しろ」
とどんなに強く言っても、怒っても子供は勉強する
ようにはならない。

自分で「あ~勉強しないといけない」と気づくまでは・・・


あなたが子供頃を思い出してもそうではないか?

親から勉強しろ!!と言われて、気分よく勉強しただろうか?


おそらく、反発したか・・・余計やる気を失ったのでは
ないか。


そう人間というのは、人にどんなに言われてもダメなのだ!

自分で気づくまでは・・・


これって保険営業でも同じなのだ!!!


あなたがどんなにわかりやすく、気が利いた言葉・トークで
保険のこと、保障のこと、将来のリスクのこと・・・・を
説明・説得しても、お客様は動かない。


お客様自信が

「あ~そうだったんだ!!」とか

「それ、絶対必要だ!!」とか

「なるほど!!」と気づくまでは・・・・・


これに気づいたお客様は、黙っていても契約をする。
親に怒られなくても勉強する子供のように。


そして、大きな満足を得る。結果的に紹介もいただける。


その「気づかせる方法」を詳しく、一から丁寧に解説したものが
CDゼミナール「月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術
」だ。


あなたはまだ「勉強しろ」と起こり続けますか?
あなたはまだ「契約しろ」と説明・説得を続けますか?


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



月払80万円の契約が獲れる秘密
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得術~


新入社員から月5万円の契約や
個人契約で月80万円の契約を獲ったセールスパーソン
の話をすると、真面目で熱心な人は2つの反応が返ってくる。



”どういう提案を作って持っていけば、お客様は契約して
 くれるのか?”


”どういうトークで説明すれば、そんな契約が獲れるのか?”


いずれも自分が獲りたい契約の提案書や設計書を持っていく
→うまく説明して契約をいただく

という発想。もちろん私も最初はこう考えた。


当たり前だ。


保険販売に携わってから、ずっとずっと”それがいい”
”それしかない”と我々は教えられてきたのだから。



でも残念ながら・・・この発想ではいつになっても・・・
どんなに努力しても、新入社員から5万円の契約や月何十万円
の契約をコンスタントに獲ることはできない。



お客様を説得して・・・お客様の考えや発想を変えようとしても
無駄なのだ!!!



実は単価を上げる、大きな契約を獲るためには

保険営業パーソン、つまりあなたの発想を変えなければならない!!




それは簡単なようで劇的な変化なのだ。




いい提案、いい設計を作って

→お客様に説明、説得




ではなくて



お客様のニーズに気づいてもらって
お客様が欲しいもの、必要なものを言ってもらう

→言われた通りのものを提案


にあなたの発想を変えるのだ!!




考えてほしい。


お客様が欲しいもの、必要とするものを用意すれば
売れないわけはない。

あなたの主観はどうでもいいのだ。


すべてはお客様。



ただお客様は自分のニーズがわからなかったり、気づいて
いないことがほとんど。


それを手助けする。
それを導く。
それに気づかせる。


あなたがやることは、これだけでいいのだ!!!



発想の変え方、お客様の導き方、気づかせ方を詳しく解説した
ものが
CDゼミナール「月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術
」だ。


お客様が欲しい、必要だと言ったとおりに提案すれば


結果的に


単価は上がってしまうのだ!!




子供の頃、自分が欲しかった、必要だったものが手に
入ったときのことを思い出してほしい。 


欲しかった自転車やグローブ


欲しかった人形や絵本


それを手に入れたときは、心の底から満足したのではないか?


そして・・・人に言わずにはいられなかったのではないか?


ここまで説明すれば、なぜ生保の紹介がでるかを説明するまでも
ないだろう。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



ルイヴィトンと保険の売り方は同じだ!!!
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得術~



以前、私は自分のスーツをある紳士服の生地屋で
セミオーダーしていた。

値段は7~8万円前後。着心地が非常にいいものだった。

ある時、その店の営業の方からこんな話を聞いた。

「うちから、ある有名紳士服メーカー○○に生地を卸して
います。全く同じ生地で作ったスーツが、そこではうちの
値段の3倍になるんですよ」

ちょっと驚きだ。同じ形、同じ生地で作られたスーツに
○○ブランドのマークが内ポケットに付くだけで・・・
値段が3倍になる。

でも買う人がいる。しかも喜んで・・・

誤解のないように説明しておくが、その生地屋さんが
7~8万円で儲けていないわけではない。十分儲けは
取っている。

その値段で利益がでるものを、さらに3倍で売って・・・
欲しいと思って買う客がたくさんいるのだ!

こんなブランドスーツを買う人は、その原価がどうだとか
他で同じようなものがいくらで売っているとか・・・
そんなことは関係ない。

とにかく
「欲しいから」「自分には必要だから」買うのだ!!


女性がルイヴィトンのバックを買うのも同じ理由ではないか。

同じ大きさや素材の他のバックがいくらで売っているとか
中国で作るといくらで作れるとか、他のメーカーのバッグが
どうだとか・・・そんなことは関係ない。

損得ではなく・・・「欲しいから」「必要だから」びっくり
するぐらい高い値段でも買うのだ。

1ヶ月のこづかいが3万円でも10万円のバッグを買うし
月給と同じくらいのものを平気で買う。

それでいて・・・本人は満足する。

そして何より、買ったことをみんなにアピールする。


実は保険も全く同じ売り方ができるのだ!!!

得だから・・・他社より安いから・・・などという損得勘定
ではなく

「欲しいから」「必要だから」とお客様に思っていただき
保険を買っていただく方法があるのだ。


”保険を普段から欲しいと思っている客なんかいないよ”
とあなたは言いたいかもしれない。

確かにそうだ。


ルイヴィトンと違って、販売者が何もしないで勝手に
(自然に)客が「欲しい」と思ってくれることは、保険には
ない。


ただ・・・「欲しい」「必要だ」と思っていただくように
導くスキルとかノウハウはあるのだ。

それを詳しく解説したものがCDゼミナール
月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術
」なのだ。


これを知って、実行すれば保険をルイヴィトンと売るのと
同じになるのだ。

だから保険を売るときも
3倍だろうが・・・5倍だろうが・・・月給がいくらだろうが
そんなことはもう関係なくなる。

結果的に今まででは考えられないくらいの契約単価になるのだ。

そして・・・

「欲しい」「必要だ」と思って保険をお客は

ルイヴィトンを買った後と同じで

満足し

人にアピールする・・・結果的に紹介をいただけるのだ。


難しいことは言わないし、必要もない。

あなたが必要なのは

今まで決して教わってこなかった

「欲しい」「必要だ」と思っていただくように
導くスキルとかノウハウなのだ。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ

メルマガ登録・解除 ID: 0000171967
社長のためのビジネスノウハウ塾
  
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ



あなたはどちらの販売方法を選ぶ?
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得術~


私の意見ではあるが・・・

これから保険営業パーソンの販売方法は次の二者択一
だと考えている。

あなたなら、どちらを選ぶだろうか?


まず1つ目。

パンフレットや保険設計書を出しながら、お客様に
保険を勧める今までどおりの方法。


少子高齢化

インターネットの保険比較サイトの増加

銀行などの他業種の保険業界への進出

郵便局の保険業界への進出

保険会社間の保険料競争


これから起こる(または既に起こっている)ことを
考えただけでもこの手法は、益々競争が激化するのは
確実だ。

保険の対象となる人が減って、販売者や販売方法が
増えるのだから厳しい状況になるのは明らかだ。

競争が厳しくなるということは、保険料の単価は
低くなる。

単価の下落をカバーするために、件数で稼げなければ
ならない。

勘違いしていただくないのは、この手法がいけないと
いうことではない。

この手法もおそらく今後もなくならない。


問題は競争が厳しくなるということ。



それからもう1つ。


保険を勧めるのではなく、保険の必要性をお客様に
気づかせ、お客様に保険が欲しいと思っていただく
いわゆる「ニードセールス」だ。

こちらは、まだまだ競争はゆるい。


このニードセールスの手法を身に付ければ、時代が
変わっても、景気が悪くなっても、人口が減っても
販売に困ることはないと私は確信している。

競争が少なく、お客様が欲しいと言ってくれるので
当然、契約の単価は高くなる。

ただこのニードセールスを身に付けるためには
少々勉強が必要となる。

それを一から詳しく説明したものがCDゼミナール
月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術
」だ。

実は、このニードセールスは保険販売以外の業界でも
十分使える。




あなたの3年後、5年後を想像してほしい。


昼も夜もなく、がん保険や医療保険を獲るために
休みなく走り回っている姿を想像するか・・・

お客様に喜ばれながら、高い保険をいただき
紹介だけで営業をする姿を想像するか・・・


選ぶのはあなたの自由だ!!!


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ

メルマガ登録・解除 ID: 0000171967
社長のためのビジネスノウハウ塾
  
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ





契約単価を上げるテクニック!
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得術~


先日単価アップについてあるところでお話させていただいた。

その話を聞いた一人の保険営業パーソンがこんなことを
言っていた。

「結局、契約単価を上げるには個人に対しては終身保険の部分
 を厚く提案すればいいのですよね?」

違う。

最終的な結果はそうなることが多いかもしれないが・・・
残念ながら、この方は「結果」しか見ていない。

もっと残念なことは、この方が単価アップやニードセールスを
身に付け、バリバリ保険を販売することの可能性が非常に
低いということ。


「結局、マリナーズのイチローみたいに振り子打法で打てば
 ヒットがたくさん打てるんでしょ!」

と野球のやっている子供から質問されたら、あなたはどんな反応を
するだろうか?


打てるわけがない。


イチローのフォームだけマネして、イチローと同じことが
できるわけがない。

フォームが先にあるのではなく、イチローがやっている練習を
して、彼の理論や考えを習って・・・最終的にあのフォームに
行き着くのだ。


保険のセールスも全く同じ。


大事なのはプロセスなのだ!!!


なぜ、結果的に契約単価が上がってしまうのか?

なぜ、結果的に終身保険を厚くしたいと言ってしまうのか?

なぜ、結果的にお客が高い保険料でも払いたいと考えてしまうのか?

などなど、プロセスをマネしなければ、上辺だけの結果を
マネしても全く意味がない。


我々はこのことを長年習わずにきたのだ!!!

保険会社は販売者に対して、まさに「結果」しか教えてこなかった
のではないか?

一番わかりやすい「結果主義」はパンフレットと設計書。

これらには「プロセス」の考え方がない。

お客に数字とグラフが入ったきれいな「結果」を見せるだけ。


一昔前ならともかく、これでは厳しい業界を生き抜いていくことは
非常に難しい。

単価アップのためのプロセスを詳しく解説したものが
CDゼミナール「月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術
」だ。


パンフレット営業で十分成績を上げているという方は
参考にならないので、買うのはやめた方がいい。

でも

もし・・・もっと成績を上げたい、単価をアップさせたい

現状の成果に十分満足ではないという方なら

確実に参考になると私が断言する。


上辺だけの振り子打法を真似するのをもうやめませんか?


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ

メルマガ登録・解除 ID: 0000171967
社長のためのビジネスノウハウ塾
  
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ





さようなら、お金持ちのお客様
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得術~


先日かつて全く一人でコミッションを1億円以上
稼いだことがある営業パーソンと話す機会があった。

あなたもコミッション1億円がどのくらいの金額なのか?
想像してほしい。

売上や保険料ではない。手数料。


これを全く一人で稼いでいるのだから、すごい。


相当儲かって、たくさんのお金が残っているだろうと
質問してみると、意外な言葉が返ってきた。


「お金を稼ぐためには、お金をたくさん使わなければ
 ならない。だから1億円稼いた当時でもほとんど
 お金は残らなかったですよ」


詳しい話を聞くと、その意味をようやく理解できた。

大きな契約を獲るために、お金持ちと付き合わなければ
ならない。

だから・・・その方は

お金持ちが集まる何万円もするセミナーに参加したり・・・
社長が集まるゴルフコンペに出たり・・・
東京の銀座に毎日のように飲みに行ったり・・・
二代目(後継者)が参加する会合や勉強会の会員になったり・・・

していたのだ。


大きな契約を獲って

少しでも契約単価を上げて

たくさんの手数料を得る(お金を儲ける)ためには
お金持ちと付き合えばうまくいくとずっと信じてた私の思いは
音を立ててガラガラと崩れ落ちた。


一方・・・接待や飲み会、ゴルフを全くしないで
大きな契約を面白いように獲得している営業パーソンもいる。


彼がやっていることは

「お金持ちのお客様を見つけること」でも

「お金持ちと仲良くすること」でもない。


お金を持っている人から、お金をいただくという発想ではない。


彼がやっていることは、お客様の考えを変えることなのだ!!



保険というと・・・
万が一のもの→ムダなもの→出来るだけ削りたい→減らしたい
→いらないもの・・・という考えが普通。

つまり
「これもいらない」「あれもいらない」

という保険に対する考えを


「これも欲しい」「あれも必要」


に劇的に変える方法があるのだ!!!


その方法を初心者でもわかるように説明したものが
CDゼミナール「月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術
」だ!!


「これも欲しい」「あれも必要」ということになれば
単価を上げることは簡単。

お客様がお金持ちである必要はない。


「単価を上げること」という表現は正しくないかもしれない。
正確に言うと「単価が上がってしまう」のだ!!!


「欲しい」「必要」だと思えば、客は黙っていても買いたく
なるもの。

ルイヴィトンや高級腕時計、高級外車などをお金がなくても
ローンを組んだり、お金を借りたりして買ってしまうことを
考えれば、それを理解できるのではないか。

そう、もうあなたの貴重な時間を無駄に使う必要はないのだ!!
さようなら、お金持ちのお客様!!!


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ

メルマガ登録・解除 ID: 0000171967
社長のためのビジネスノウハウ塾
  
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ





パンフと設計書は使うな!!
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得術~


サーカスで飼われている象を留めておく鎖はそんなに
頑丈にできていない。

大人の象が、力を入れれば簡単に引きちぎれてしまう。

しかし、象はそんなことはしない。

なぜか?

体が小さく、力がない小象の時に鎖を引きちぎろうと
したが、全くダメだった記憶があるからだ。

本当なら今は体も大きくなって力もついて、簡単に逃げる
ことができるのに、小さい頃の印象・記憶でできないと
思い込んでいるのだ。


これは象だけの話ではない。


我々保険営業パーソンも実は同じなのだ!!!

私もあなたもきっと保険営業の時、パンフレットや設計書
を使うであろう。

実はこれらが、我々保険営業パーソンの営業力を衰退させて
いる一因と言えるのではないか。


そう、まさにそれらは象の鎖と同じかもしれない。


パンフレットや設計書はお客様のために作られていると、私は
ずっと思っていた。

でもこれは違う。

これらは、保険会社がいかに簡単に保険を売ってもらうか?
という観点で作られているのだ。

誰でも・・・知識がなくても・・・入社したばかりの人でも
売れる方法はないか?と考えに考えた末にできたものだと言える。

確かに売る側は楽になったように思えるのだが・・・
実は売る側(販売者)の能力を衰退させてしまうのだ!!!


ここで考えてほしい。そして思い出してほしい。
パンフや設計書を最初に出して、説明する営業のことを。

そこにお客様が何を望んでいるか
お客様のニーズを喚起しようとかという感覚は全くない。


相手がどうであれ、こちらが用意した(または作った)提案を
一方的に説明しているだけなのだ。

一方通行ではお客様の納得とか感動は生まない。

それが生まれなければ、単価アップや紹介も生まれない。


そして何より我々のもっと大事な営業テクニックが退化して
しまうのだ。


ここに早く気づいてほしい。

我々はある意味、鎖に繋がれた象と大差はないのだ!!

冷たい言い方かも知れないが、あなたの営業テクニックが上がろうが
下がろうが、保険会社は関係ない。


販売者の能力を上げるのが保険会社の仕事ではなく、保険を1件でも
多く販売するのが保険会社だからだ。(ここを攻めても始まらない。
もし私が保険会社ならそうするのだから・・・)

だから

我々がしなくちゃいけないことは、今までの営業スタイルの問題点に
1分でも早く気づき、本来の保険営業のテクニック・スキルを1秒でも
早く取り戻すことなのだ!!!


保険営業にパンフや設計書はいらないのだ!!

ちょっと極端な言い方になってしまったが、少なくても営業の最初から
パンフや設計書を出して説明するのはやめるべき。

我々の仕事は保険を説明するだけではない。

もしそれだけならば、インターネットやテレビCMで十分なはず。


我々しかできないこと、それは・・・

「お客様に自分のニーズに気づかせ
お客様の要望・希望をかなえること」

「お客様の問題点を指摘し、その解決策を示すこと」


これができればどんな時代になっても生き残れる!!

これができれば、契約単価はいとも簡単に上がってしまうのだ!!

これができれば、頼まなくても紹介をいただくことができるのだ!!


詳しい方法はCDゼミナール
月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術

の中にすべてある。


あなたにはもう既に力があるのだ。小象のように自分の力に気づいて
いないだけ。

決して難しいことではない。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ

メルマガ登録・解除 ID: 0000171967
社長のためのビジネスノウハウ塾
  
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ