2007年06月

ここでは、2007年06月 に関する情報を紹介しています。
生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。



●Yahoo!から成功小冊子&資料を無料プレゼント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会社にはほとんど出社しない成功者がいる。



彼はいくつものお店のオーナーであるが、現場の経営はすべて

信頼できる幹部に任せ、彼が自分の会社に顔を出すのはナント

1ヶ月に1度程度。





彼は何をしていると思うか???





成功したのでセミリタイア??

毎日、海でヨット?

それとも優雅に海外旅行??



実はどれも違う。



彼は全国のお店に行っているのだ。


自分のお店と同業のものはもちろんのこと、全く異業種のもの

も含めて


「流行っている」「評判になっている」「行列ができている」


お店を片っ端から、訪問している。




その訪問で得たこと、感じたことを1ヶ月に1度、自分の
会社に報告に行く。



たったそれだけで・・・


彼のビジネスは成功を続けている。




確かに

訪問したお店で


マネできる部分は自分のお店にすぐに取り入れて

いいと感じたものを参考にして

よくないと感じたものをやらないようにする。





これを続ければ

どんなビジネスでも成功するとあなたは思わないだろうか???




「すべてはマネから始まる」とよく言われるが

まさにマネる対象がたくさんあって、マネできる部分がたくさん

見つけることができれば、あなたのビジネスは確実にうまくいく

とは感じないか??




ただこの経営者の場合のようにお店を経営している場合は、マネる

対象を見つけるのは比較的簡単。



流行っている店は行列ができていたり、お客様がたくさんいるので
わかる。


だからその店に行けば「なぜ売上が上がっているのか?」を勉強する
ことができる。




ではネットビジネスはどうだろうか?





見た目では他人のページのアクセス数や売上や利益が全くわからない。


どこをどうマネしなくてはならないかもホームページではわからない。





しかし今ヤフーからもらえる成功小冊子、資料があれば安心。


どのくらい売上があって、その方法はどんなものか?

すべてが赤裸々に語られている。



しかもその情報は無料で手に入れることができる。

ヤフーの無料成功小冊子と資料はこちら

もちろん成功例は1つではない。

様々な業種・業態の成功事例が紹介されている。



今自分がやっているビジネスの成功例がないと参考にならない

のではないか??と思った方はちょっと待った!!



あるカリスマ経営者はこう言った。

「成功したければ、同業者から・・・大成功したければ、異業種

から学べ」


そう。
異業種・・・自分と違うビジネスからだからこそ、そこから

感じるもの、参考になるもの、マネできるものがあるのだ。



きっと勉強家のあなたは今までに

ビジネス関連の本や情報商材を購入したことがあるだろう。



それは何のために買ったのだろうか?



自分のビジネスに

少しでも参考になる部分があるのではないか?

ヒントがあるのではないか?

すぐに真似できる部分があるのではないか?


という気持ちがあったのだろう。



だから貴重なお金を払ったのではないか??



今回のヤフーからもらえる小冊子と資料もそれらと

同じ効果が十分期待できる。


しかも全くの無料、0円で・・・


手続きは簡単。

あなたの情報を入れるだけ。入力は約3分程度で済む。



たった2分の時間を使えば、あなたの成功へのヒントと

なるたくさんの成功事例が手に入るのだ。
ヤフーの無料成功小冊子と資料はこちら


こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ

生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。

-----------------------------------------------------
損保の更改がない人は読まないでください!
-----------------------------------------------------


損保の新規を獲得するのが以前よりも難しく

なったとは感じないか?


少子高齢化、新規の自動車販売の減少、通販保険の

台頭など・・・その理由を挙げればキリがない。



ただやる気がないわけではないはず。


私も何度となく、損保の増収、新規獲得の試みを

した。


ある団体の損保の工作を得て、団体の会員を訪問したり

チラシをポスティングしたり

帝国データバンクで企業情報を出して、そこにDMを

だしたり・・・


何度となく、損保増収の努力はした。


しかし、結果は思うようには出ずに、途中で挫折する

ことがほとんど。


新しいことをやっては失敗し

またやっては挫折をし・・・


それを繰り返してばかりいたのだ。



ある事実に気がつくまでは・・・


その事実はとは、新規契約を獲得するために必要な

お客はすぐ目の前にいるということだ。



つまり多種目販売こそが新規で損保を増収するための

最も簡単で最も効果的な方法なのだ。




「既に多種目販売なんてやってるよ」

「もう十分に契約を獲っていて、これ以上多種目販売は
 できないよ」


と思われた方はちょっと待った!!



あなたの多種目販売率はどのくらいだろうか??


以前の私は20数パーセントだった。

これが平均的なものだし、がんばっても30%前後だと
考えていた。


でもこれは大きな間違い。


やり方次第では

40%


いや

60%・・・80%も夢ではないのだ!!!



ここで想像してほしい。


あなたの多種目率が80%になったときのことを!!



あなたの収入保険料はどのくらいになっているだろうか???


2倍??・・・3倍???


場合によっては5倍??


新規のお客様の数は一人も増やさなくても、多種目率を上げる

ことで、収保を倍にすることも夢ではないのだ。




詳しい方法はすべてCDゼミナール
こうすれば損保系代理店が生保をガンガン取ることができる!
 ~多種目率87%の驚異のテクニックとは?~

の中にある。


このCDを聴けば

多種目率ほぼ0%から87%までにした過程・やり方がすべて

理解できるはず。


あなたにもきっとできるはずだ。


さあ、今スタートをきろうではないか。

そして、今年度は大きく増収しようではないか。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。


-----------------------------------------------------
同じ補償の火災保険が6割引きの激安!!!
-----------------------------------------------------

金融ビッグバン

料率の自由化

というものの・・・


損害保険の補償内容や保険料は一部の会社を除いては

似たり寄ったりだとは感じないだろうか?



他社にはなく・・お客様が驚くような補償や

度肝のを抜くような保険料の商品が一種目でも

あったら・・・


もっと損害保険の契約を獲ることができるのに!!


といつも私は思っていた。





では


もし、あなたの手元に同じ補償の火災保険が

普通のものよりも6割引きで加入できたら

どうだろうか?




同じ補償が6割引・・・




きっとこれだけで、差別化ができ、既存の契約

あなたのライバルの契約をひっくり返すことができる!!

と感じないか?





実はこれはある会社の火災の補償で実際にあった

話なのだ。



同じ会社でありながら、ほぼ同じ補償を得るのに

コストが6割も違う!!



これが現実に起こっている。



だから、あなたも安い補償を提供する会社を選んだ

方がいいと私が言いたいのではない。



実はこの会社の商品を扱うほとんどの代理店がこの

事実に気づいていないし、保険会社の総合職もわかって

いないのだ!!!



安い商品の保険会社を扱うのも悪くはないが・・・




大切なことは


こういったカラクリ


このような差別化できる事実を


自分で見つけることなのだ。




まだまだ皆に知られていないこの種のことはたくさんある。





どうやって見つければいいか???





その答えはすべて「約款」にあるのだ!!!

この火災の補償が6割引になるということも約款から

ヒントを得たのだ。





そう・・・

あの見るのも億劫で、細かい字の約款にこそ


あなたが他社に勝てる!差別化できる!!ヒントが満載

なのだ!



あなたはそれを見つけることで


最強の損保の販売者になれることだろう・・・


では


約款をどう読めばいいのか?

どうすればヒントが得られるのか?

約款を利用した成功はあるのか?




こう思うかもしれない。



それらはCDゼミナール
これで年間1,500万円損保を増収することができる!
~答えはすべて約款にあった~
」を聴けば

すべては理解できるし、自分のものにすることができる。


さあ迷っている暇はない。



損保が売れない、他社と差別化できないと嘆く前に

このCDゼミナールを聴こうではないか。



約款にはまだまだたくさんの損保を売るための

宝が埋もれているのだから・・・


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。


-----------------------------------------------------
外国人に日本語で話しかけていないか??
-----------------------------------------------------

目の前に2人にの外国人がいる。

一人は
中国語しかわからない中国人。

もう一人は
英語しかわからないアメリカ人。


両者とも全く日本語は話せない。




あなたがもし二人と仲良くなろうと思ったら

どうするだろうか??




私なら・・・

わからないなりにも、何とか中国語と英語を

使って話かけて、何とか友達になろうとする。





日本が全くわからないのだから、こちらが

何とか相手に合わせるしかないのだ!!



実は・・・



これは保険の営業でも同じなのだ。



中国人やアメリカ人にその人たちの母国語で

話かけたように・・・


保険営業も


相手が心地よいと感じられるように

「相手に合わせる」ことが重要なのだ!!




おそらくあなたの営業相手は通常日本人だから

言語を変える必要はない。


しかし

相手のタイプ

相手の性格


によって、あなたの営業スタイルを変える必要が

あるのだ!!!




「相手のタイプや性格といっても、それは無限のタイプが

 存在するのでは??」


と思った方はちょっと待った!!!




数多くある、相手のタイプをある程度のパターンに分類し


その分類されたタイプ別に対応した営業方法が確立されて


いるのだ!!!



詳しくはDVDゼミナール
購入心理学を適用するだけで、生命保険契約・紹介は
湧き出る!~現役トップセールスマンが多くの失敗から
掴んだ誰でも今すぐできるノウハウとは?~

を見てほしい。



万人が感動する営業トークや

万人が参考になる提案書は存在しないのだ。



大切なことは、相手のタイプを即座に見極め

そのタイプに合わせた営業スタイルに変化させること。


それらの答えがすべてDVDゼミナールの中にある。



バットの素振りや練習を死ぬほどやってもそれだけでは

試合でヒットを量産することは難しい。


試合になれば、ピッチャーはどんなタイミングでどんな

球種を投げてくるかわからないのだから。



だからバッターはピッチャーを研究する。
配球やピッチャーのクセを調べる。



保険営業もそれと同じなのだ。




あなたの営業スタイルは

日本語の全く話せない外国人に

日本語でベラベラ話しかけるものではないですか?


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ

生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。


-----------------------------------------------------
社長をおだてても法人契約は獲れない!
-----------------------------------------------------


褒められて嫌な気分になる人はいない!!


これは事実かもしれない。


だから、生保の法人契約を獲ろうと思って社長と

面談したときは目に付くものをよく褒めたものだ。



ゴルフバックが置いてあれば・・・ゴルフについて


絵が飾ってあれば・・・その絵について


家族の写真があれば・・・家族について



何とか社長を喜ばせようと思い、話をけた。

褒めた。




今でもこれが間違いだとは思わない。

理屈だけではなく、社長の感情を味方につけておいて

マイナスはないからだ。



しかし


これだけでは法人の生保を獲ることは非常に難しいし

ライバルの業者と差別化することはできない。


それに

おべっかやおだてるだけでは


社長から


永遠に信頼を勝ち取ることはできない。



我々が

保険営業パーソンとして

または

一人のコンサルタントとして


やらなきゃならないことは・・・




「社長がまだ気づいていない、問題点を指摘して

 それに対する解決策を提示することなのだ」







あなたはこんなことを聞いたことがないか?



できる経営者や社長は


YESマンよりも


言いたくないこと、悪いこと、マイナスなこと

不利なこと、都合の悪いことを言う人を

信頼するということを!!!



まさに我々は一人のコンサルタントとしてこの

ような存在にならなくてはならないのではないか。




ただし注意しなくちゃならないのは

ただ悪いこと、問題点を言えばいいというわけでは

ないことだ。




社長が「なるほど~」「そうだったんだ~」と

心の底から唸るような問題点と解決策を提示しなければ

ならない。


もちろん、その言い方(トーク)の方法も重要だ。



そのやり方はすべてCDゼミナール
法人向けコンサルティングで稼ぐ人、稼げない人
~今までのやり方では将来必ず淘汰される!?~
」       の中にある。



問題点を把握し、それに対する解決策を提示できたとき

あなたの信頼は飛躍的にアップし

いとも簡単に保険料の高い法人契約を獲得することが

できると私は確信している。


あなたはまだおべっかばかりの営業スタイルですか???


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。



-----------------------------------------------------
社長に生保の提案・プレゼンはするな!!
-----------------------------------------------------


「社長、御社に不可欠と思われるご提案を作りました。
 お時間をいただけないでしょうか?」



私が、電話でまたは訪問したとき、社長に繰り返した

フレーズ。


ほとんどの場合、「忙しいから」「時間がないから」

と言って断れる。



個人的に仲がいい社長は時間を取ってくれるものの

契約を獲得できることは本当に稀。



それでも・・・「提案しなければ、契約は絶対に獲れない」

と信じていた私は”なんとかの一つ覚え”・・・のように

このやり取りを繰り返した。



どこかの本に書いてあった・・・

それに

あるセミナーで講師の先生がおっしゃっていた・・・


「保険の営業パーソンは断られたからが、本当の営業が始める」


という言葉を信じて。





でもこれが大きな間違いだと今はわかった。


こんなことをいくら繰り返していても、我々がのどから手が出る

ほど欲しい生保の法人契約は獲得できないと今は気づいた。







以前の自分とは違い・・・今は「提案やプレゼンはしない」


正確に言うと


社長が「ぜひ話を聞きたい!!」「資料を持ってきてくれ」と

言われるまでは、提案やプレゼンしないのだ。




「万が一のための保険で、社長が話を聞きたいなんていうのは

 難しいのでは??」


と思われた方は待ってほしい。



私も最初はそう感じた。




しかし、それは「やり方」を知らないだけなのだ!!



ある質問

ある言葉をすることで


社長のニーズは喚起され・・・


我々保険営業パーソンが勧めなくても


社長の方から話が聞きたいと言ってくる方法があるのだ!!!



詳しくはCDゼミナール
法人向けコンサルティングで稼ぐ人、稼げない人
~今までのやり方では将来必ず淘汰される!?~
」         
を聴いてほしい。



社長が「話が聞きたい」と言った後のことを想像してほしい。




あなたが無理矢理説得する必要が果たしてあるだろうか?

ムリにクロージングする必要が果たしてあるだろうか?

社長が提案書を見て、関心や興味がないと果たしていうだろうか?



あなたの営業スタイルは劇的に変わり・・・

結果としてあなたの保険のコミッションも激増するのではないか?




個人契約をコツコツ積み上げるのももちろん大切だが

年に何本かは法人契約が獲れたら、どんなに楽だろう・・・・





さあ、勇気を持って第一歩を踏み出そうではないか。

僅かな投資で大きなリターンを得ようではないか。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ

生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。



-----------------------------------------------------
50代以上のお客様から生保を獲りまくろう!!
-----------------------------------------------------



「できるだけ年齢の若いお客様の契約を獲りたい!」


「紹介されるなら30~40歳代のお客様がうれしい」



私はずっとこう思っていた。


若いお客様だと長いお付き合いができるし・・・

家族がいるケースも多く、生命保険のニーズも高い。



逆に50歳代以上だと・・・子供が独立しているケース

が多く、大きな金額の保険契約を獲ることは非常に困難だ

と考えていたからだ。


しかし


私の考え方は・・・少子高齢化社会において、大きな大きな

チャンスを失っているものだったのだ!!




乱暴な言い方かもしれないが

50歳代以上の層は生命保険のおいしいターゲットなのだ!!



もちろん大きな金額の保険料も十分期待できる。


よく考えると、日本でお金を持っている層は
この年代なのだから・・・




ただし・・・


50歳代以上の生命保険の「保障のニーズ」は高くない。


子供が独立して、夫婦だけになって、お金も余裕があって

金額の高い保障が必要だということは、一部の相続対策が

必要な方を除いてあまりない。




高いのは「●●ニーズ」




このニーズを引き出せば(喚起すれば)面白いように生命

保険を獲得することができるのだ!!



詳しくはCDゼミナール「こうすれば損保系代理店が生保
をガンガン取ることができる!~多種目率87%の驚異の
テクニックとは?~
」を聴いて欲しい。


このCDを聴けば

あなたのお客様

あなたの周りにいる人が


宝の山に見えてくるだろう???



「自分にはいいお客が少ない」

「自分にはお金持ちのお客がいない」

なんて言うことはもうないだろう。



今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。



-----------------------------------------------------
なぜ社長は生保の退職金プランにあそこまで興味がないのか?
-----------------------------------------------------


あるカリスマ経営者は、就任して1年間部下に対して

何一つ支持を出さなかったという。


すべて部下の自由にやらせたのだ!


その経営者はほとんどうまくいかないということを

わかっていながら・・・



なぜ、その経営者はこんなことをするのか?

なぜ、部下が失敗とわかっていながら、わざわざ

それをやらせるのか?



その経営者いわく


「人は自分で失敗しないと気づかない。聞く耳を

 持たない。だから、失敗を覚悟で自分にやらせた」





実は、これは保険の営業でも同じ。




「これが絶対必要です」

「このプランが最高です」


と営業相手に熱弁をふるっても、大きな声を出しても

心の底から唱えても・・・普通は伝わらない。




相手が「本当に必要だ」と気づくまでは・・・



あなたは法人向けの退職金プランを提案したとき



「なんでこんな大切なことなのに、社長は無関心なのか?」



と感じたことはないだろうか?




私は何度もそう感じたのだ。




会社の存続、従業員やその家族の幸せを考えたら

自分の提案したプランを採用しないわけない!!

採用しない社長はおかしい!!・・・・・・・と。




しかし、これは間違った考え方なのだ。




失敗して自分で気づいていない部下に無理矢理

自分の命令を聞かせようと思ってくらい


また


勉強をしなきゃいけないと気づいていない子供に

無理矢理勉強をさせようとしているくらい


無謀であり、無意味なことなのだ!!



そう。


法人向けの退職金プランを法人に売りたいなら


まずすることは提案書を作ることでも

説得することでも

パワーポイントで資料を作ることでもない!!!



社長に

「今すぐ、退職金の対策をしないといけない!!」と

気づかせることなのだ。





ではどうすれば、社長がそう感じるのか?





その答えがCDゼミナール
退職金コンサルで、1億円稼げる方法
~まだ間に合う!社労士ビッグビジネスの波に乗り遅れるな~


の中にすべてあるのだ。





「退職金プランなんてもう古い、遅い」と思った方は

ちょっと待っていただきたい。




プランが古いのではなく

古いのは我々営業パーソンのスタイルなのだ!!


提案書を作り、その必要性や有効性をとにかく説得しようと

する営業方法が時代遅れなのだ!!




まだまだチャンスはある。

それにこれに気づいているライバルも少ない。


やるなら、今しかない。


さあ、勇気を持って第一歩を踏み出そう。

その一歩があなたの営業を変え・・・結果的にあなたの

コミッションを大きく変化させることになるだろう。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。



-----------------------------------------------------
なぜあのおいしい相続対策保険が獲れないのか?
-----------------------------------------------------




少子高齢化・・・日本でこれは厳然たる事実。

否定することはできない。


だからシルバーを対象にした旅行、資産運用

習い事、住宅、リフォームなど各事業の売上

が伸びている。




一方、保険業界はどうだろうか?



一部の通販保険会社などで「病気の治療中でも

加入できる」保険はシルバー層を中心にヒットして

いるものの・・・


我々保険販売者にとって”おいしい”・・・

シルバー層が主なターゲットとなる「相続対策保険」

獲得の成功者はまだまだ少ないとは感じないだろうか?




なぜ、保険の主な対象となるシルバー層が増え続けている

にもかかわらず

相続対策保険の成功者が少ないのか??





私は「相続」の分野の難しさ、煩雑さにあるとずっと

考えていた。


この分野はある種特殊な専門知識を持たないと、踏み

込むことは難しいと自分で勝手に尻込みしていた。


この分野は弁護士や税理士の先生がやる分野で我々保険

販売者の出る幕はないと諦めていた。



しかし


それは


大きな大きな勘違いであり・・・間違いなのだ!!!





最低限の「相続」に関しての知識はもちろん相続対策

保険を獲得する際には当然必要となる。


しかし・・・




それだけでは・・・絶対にこの分野の成功者にはなれないのだ!!



相続、相続対策保険・・・一見その煩雑な知識を制したものが

成功者になれるように思われがちなのだが・・・




実は

「お客様の感情・気持ち」を的確に理解し、それを尊重する

ような営業スタイルが一番必要なのだ。






誰だって自分が死ぬことなんて考えたくない。

まして自分が死んだ後に払う税金のことなんてもってのほか!!


こんな感情がお客様には多かれ少なかれある。




この部分をクリアできれば


いとも簡単に契約を獲ることができるのだ!!!



感情マーケティング、感情セールス・・・こんな言葉を

何度か聞いたことがあるが


まさに「相続対策分野」の成功のポイントは「感情」なのだ。





何をどうすればいいのか?

明日からどんなトークでどんな行動を起こせばいいのか?


その答えはすべてCDゼミナール

目指せ収益10倍!相続対策保険に宝の山あり
~難しいといってあきらめていたら、こんなにもったいない
ものはない!~
」の中にある。



まだライバルは少ない。

場合によっては一人勝ちできるのだ。


さあ、今こそ行動を起こそうではないか!!!!!

今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。



-----------------------------------------------------
先着100名様限定!無料音声セミナー
-----------------------------------------------------


只今、あなたのネットビジネス・ホームページからの売上を
上げるためのヒント満載の「ヤフーオークションストア・
ヤフーショッピングストア」の2つの無料資料(どちらか1
つの場合は応募資格がありません)をご請求いただいた皆様に



無料音声セミナー(約17分)へご招待いたします。



セミナー名は


「あなたを成功へ導くビジネスノウハウ」


です。



ブログ「内田拓男のビジネスノウハウ大学」から厳選した記事

反響の大きかった記事をチョイスしてより詳しく、よりわかり


やすく解説します。


内容の一部を紹介すると・・・



・社長は勉強が好き?それとも遊ぶのが好き?

・業務提携をうまくいかせるコツ

・「やり方」は役に立たない

・何をどうがんばればいいのか?努力すればいいのか?

・ピンチをチャンスに変える奇策




わずか17分で、あなたは大きな気づきとビジネスのヒント


をつかむことができると信じています。




通常、弊社では今回の音声セミナーとほぼ同じ形態のものを

「CDゼミナール」と呼んで5,000~19,800円で

販売しています。



それをヤフーオークションストア・ショッピングストアの

2つの資料を同時にご請求しただいた方に無料でご提供します。




この無料音声セミナーは、日頃の感謝の意味もありますが

弊社のメルマガやブログなどの反応率をチェックする目的

もありますので

今回はまことに申し訳ございませんが

無料音声セミナーのプレゼントは

先着100様限定とさせていただきます。






資料請求完了後


私の個人メール  uchida@1eye.co.jp まで

メールの件名を「2つの資料請求完了」として

メールをお送りください。

(本文は何も書かなくて結構です)






折り返し、無料音声セミナーのアドレスをメールにて

お知らせします。

(そのアドレスにアクセスすると、無料音声セミナー
をお聴きいただけます)



まずヤフーオークションストア・ヤフーショッピングストアの
2つの無料資料
をご請求ください。

こちらをクリック

(ブログに繋がります。
ヤフーオークション・ショッピングストア無料資料請求はこちら」
の部分をクリックしてください。資料請求ページに飛びます)

生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。




「得な保険提案はするな!!」





私はこんな保険提案を何度したことだろうか・・・



「今ご加入の保険よりも私が提案するプランは
                保険料が安くなります」

「今ご加入の保険よりも私が提案するプランは有利です」

「今ご加入の保険よりも私が提案するプランはお得です」



今加入しているものと比べて

得な提案、有利なプランを提案することこそが保険営業の

あるべき姿だと信じて疑わなかった。


それがベストだと考えていた。



しかし・・・


自分はベストだと思っていても



お客様は思いのほか喜んでくれることが少なかった。

だから紹介をいただけることも少なかった。

営業的に(数字的)みてもお得なプランを提案すると

契約単価を上げることはできなかった。



そう、私は保険営業にとって最大の間違いをおかして

いたのだ!!





それは「得な、有利なプランを提案していたこと」なのだ。



勘違いしてもらいたくないのは、

「お客様が損するプランを提案しましょう!!」と言いたい

わけではないことだ。




得、有利ということだけでは・・・

そこには損得勘定しか存在しない。




仮に私が提案した有利、得なプランよりも


さらに有利、得なプラン・・・例えば同じ保障で保険料が三分の一

のプランを次の日もし他の営業パーソンが提案したら

お客様は簡単に動くはず。





損得のプランではなく


我々が提案する保険のプランは


「お客様が必要だと感じる」「必要性を強く感じる」もの

でなくてはならない。




何かと比べて(今加入している保険と比べて)

安い・高いとか有利・不利ではなくて

お客様が持っているニーズ・希望にぴったりあったものが

提案できるかどうかがポイントなのだ。



ではお客様の持っているニーズ・希望は

お客様に聞けばよいのか?




実はそうではない。




お客様のニーズ・希望は表には出てこない。

お客様自身も理解していない。



ここが保険・生命保険の難しいところ。



生命保険がニーズ潜在型商品と呼ばれる所以なのだ。





お客様が潜在的に持っているニーズを

どう喚起すればいいのか?


どんなトークを使えばそれができるのか?


そしてどんな提案をして


どんなクロージングをすればよいのか?





その答えはすべてDVDゼミナール
「クロージング」「紹介依頼」はしてはいけない???
お客様が喜ぶ!高確率紹介型生保セールス術

の中にある。


このやり方で私のセールス方法は大きく変わった。

さあ今度はあなたが変える番だ!!


損得だけのセールスに変革を起こそう!!!


もう得な提案をするのをやめよう!!!



今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。




「保険は絶対勧めるな!選ばせろ!!」





ハワイとバリ旅行を迷うお客様が目の前にいる。


あなたは旅行代理店の店員。

本音ではハワイ旅行に行ってもらいたいと内心

考えているとする。




あなたならどうやって営業をするだろうか??






ここでは2つのパターンを挙げる。





パターン1.




店員「お客様!!今行くなら絶対にハワイがお勧めです。

   ナント言っても景色が最高ですし、気候がいいです。

   バリは蒸し暑いですよ。

   それにハワイは日本語も通じますから、買い物を

   するとき、食事をするとき便利ですよ。

   絶対ハワイがいいですよ!!!」


お客様 「それじゃ、そうするか!!ハワイで。」







パターン2.


店員「ビーチリゾートをお好みのようですね!!

   夜など風がすがすがしく湿度の低い場所と

   日本のようにどちらかというと蒸し暑い場所なら

   どちらがお好きですか?」


お客様「そうだな~

    どうせ行くなら、日本とは違う湿度の低い

    気候がいいかな」



店員 「はい。

    食事や買い物のとき日本語が比較的通じる場所と

    そうでない場所でしたら、どちらがよいですか?」



お客様 「実は、英語が苦手なんだよ。

     できれば・・・何でも日本が通じる場所が

     いいかな。」



店員  「お客様が選んだ条件にぴったりなのはハワイですね」


お客様 「それでお願いします」





パターン1も2も


結果は・・・ハワイ旅行に行くということは同じ。


しかし



そのプロセスが全く違うのだ!!





パターン1は・・・店員の説得。


パターン2は・・・お客様が選んだ結果。






これでお客様の満足度は大きく変わってくる。


考えて欲しい。


あなたが自分で選んだ商品と

誰かに勧められて買った商品なら




どちらが気分がいいか?

どちらが満足するか??




実は保険の営業も同じなのだ!!!



少なくても私は長い間、パターン1の店員のように

自分がいいと思った保険を勧める、説得することこそが

保険営業のすべてだと大きな勘違いをしていた。


でも・・・これでは


お客様に満足を与えることはできないのだ。


結果として



成約率も上がらず

契約単価も上がらず

紹介も出にくいのだ!!!





そう、保険営業も、パターン2のように

お客様に選ばせることが

重要なのだ!!


詳しくはDVDゼミナール
「クロージング」「紹介依頼」はしてはいけない???
お客様が喜ぶ!高確率紹介型生保セールス術


を見て欲しい。


その方法、ノウハウはすべてDVDの中にある。


保険を勧めずに

選ばせることができたなら




あなたの成約率は飛躍的に上がり

契約単価も驚くほど上がり

そして

紹介の連鎖を経験することができる


と私は確信している。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。



「生保営業では”いかがでしょうか?”と言うな」




以前の生保の営業現場での出来事。


私は自分が提案する保険にすごく自信があった。



現在、払っている保険料より今回の提案するプラン

は安い。

しかも、解約返戻金も多い。


現在加入している保険会社の営業パーソンとは

個人的な繋がりも強くはない。




自信を持って、一生懸命、わかりやすく

説明、プレゼンした。




説明が終わり、私は当然よい返事がもらえると


思い、こう質問した。


「今回提案したプランはいかがでしょうか?」


すると、お客様から予想外の・・・

恐ろしい答えが返ってきた。





「検討します」





なぜ?なぜ?なぜ??




その当時はなぜダメなのか?なぜ契約しないのか?

が全く理解できなかった。


(結果的にこのお客様からは契約をもらえなかった)



だから相当自信をなくしたし、落ち込んだ・・・



しかし今は違う。


私が大きな間違い、大きな勘違いをしていたことに

気づいたのだ!!!





それは・・・

クロージングの方法。

クロージングの考え方。



以前の私は、自分がよいと思った、最高だと考えた

保険のプランをうまく説得し、契約をいただくことが

生保の営業の醍醐味だと考えていた。





ではこれは違うのだ。


これは押し付け以外のなにものではない。





選ぶのはお客様。

決めるのはお客様。



ある意味、私の意見は関係ない。



私がいいと思ったプランを勧めてクロージングしていく

のではなく・・・



お客様が選んだ、決めた内容を積み上げていくと

結果的にお客様がベストだと考えるプランができる

ということなのだ。




お客様がすべて選んだプランにクロージングは必要か?





八百屋でお客様が

「トマトとキャベツと人参をちょうだい!!」


と言った後


八百屋の店主は


「お買い上げいただけますか?」


と絶対に聞かない。



これと生保の営業も全く同じなのだ。





お客様が選んでいただくような質問を繰り返す・・・


そしてお客様に選んでもらう


これ自体が「クロージング」なのだ!!!





詳しいやり方はすべてCDゼミナール

さらばハードクロージング、もう保険契約を勧めるのはやめよう!

の中にすべてある。



あなたのクロージング方法を見直すきっかけに

してはいかがだろうか?



このCDを聴けば

押しが強くないと保険営業は成功しない・・・

といわれたことが、いかにナンセンスか!!

あなたは理解することになる。




無理なクロージングをしない

ストレスのない

楽しい営業活動があなたを待っているのだ!!


詳しくはこちら↓
さらばハードクロージング、もう保険契約を勧めるのはやめよう!


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。




「全く接待をしないで法人生保を獲りまくる!」





「法人の生保契約が獲れればうれしい。」


これは保険営業パーソンなら誰もが思うことではないか。

ナント言っても魅力はその手数料。


契約が大きくなる分、それに比例してコミッションも

増える。


もちろん、コツコツ努力して個人契約を積み上げることも

大事だけど・・・


そんな努力家の人でも年に何本か法人生保が獲れればいい

と思うのが普通ではないか。


しかし・・・


法人生保を獲得するとなると・・・



社長と飲みに行ったり


社長が集まる勉強会やセミナーに参加したり


社長とゴルフに行かなきゃいけない


と私はずっと考えていた。




法人生保を獲得するためには

お金も時間も掛かる・・




実際に私の友人の保険営業パーソンは会社の2代目が

多く集まる会に参加して毎晩のように飲み歩いている。



決して悪いことではないと思う。

飲みに行ったり・・・遊んで社長と仲良くなって

契約をいただけることも十分に考えらる。



しかしもし、以下のような法人開拓方法があったら

あなたはどう思うだろうか?




・接待なしで大型の生保契約が獲れる


・社長から詳しく教えてほしい頼まれる


・契約後に社長から「ありがとう」と言われる


・場合によっては「保険屋さん」ではなく
「先生」と呼ばれることもある


・ライバルの少ない分野で一人勝ちできる
 可能性がある。


・他社の営業パーソンと比較されない


・契約後のお礼や特別なフォローがいらなくなる




いかがだろうか??




私はこの方法を知って、法人工作のやり方・考え方が

180度変わった。



社長におべっかを使ったり、こびる必要がなくなったのだ。


だからと言って
別に威張ったり、えらそうにしているわけではない。


営業のやり方次第では

社長と対等な立場で

営業や提案を進めることができるのだ!!!



詳しくはCDゼミナール
法人向けコンサルティングで稼ぐ人、稼げない人
を聴いてほしい。



このCDを聴けば・・・・

接待なしでの法人工作ノウハウを知ることができるだけ

ではなく

あなたの保険営業パーソンとしての社会的地位の向上

に繋がることと私は確信している。


我々は会社に不必要な邪魔なものを売っているわけでは

ない。

我々が売っているのは、安心であり、会社には不可欠

なものなのだから。


このCDがあなたに大きな報酬(手数料)と

大きな自信とステータスをもたらすことと考えている。


「法人工作はちょっと苦手・・」

「経験がない・・・」


という方にも理解できる内容になっているので

安心してほしい。



今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ