2008年02月

ここでは、2008年02月 に関する情報を紹介しています。
生保、損保の新規・紹介契約を増やすためのセールスノウハウを支援。
保険営業の答えがすべてここにある!



●お客様に保険に入りたいと言わせる方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私も経験があるが・・・

子供頃よく親から「勉強しなさい」と言われた。



でもその言葉でやる気になっただろうか?

自分から進んで机に向かっただろうか??



答えはNO。



「何でもやんなくちゃならないだ!!」と疑問を持ったり

やってもイヤイヤ勉強するから頭に入ってこない・・・


いくら言っても、説得しても

場合によってはぶん殴ってもダメなのだ。




子供が「勉強しないといけない・・・」と自分で気づくまでは。



きっかけは・・

それは恥をかくことかもしれない。

みんなにバカにされることかもしれない。

失敗することかもしれない。

親以外の人に教わることかもしれない。






女子プロゴルファーの宮里藍選手も中学生の時、海外の試合に

行き、英語ができなくて、ホテルやゴルフコースを間違えたり

大会日程を勘違いしたりすることがあって・・・



「英語の大切さ」


に気づいたという。



だから彼女は英語を勉強し、今ではある程度

しゃべれるようになったのだ。




とにかく、自分で「気づく」まではダメなのだ!!




これは保険の営業も同じ。





営業パーソンが

お客様をどんなに熱心に説得しても

すばらしいトークで説明しても

提案がどんなにすばらしくても


お客様が保険の必要性に「気づかる」ことをしないと

思ったような成果は上がらない。





「私にはこの保険は絶対に必要だ」

「この保険が大切だ、欲しい」


とお客様が思っていただければ、契約なんて簡単なのだ。




紹介も難しくない。

そこには無理な説得はない。

無理なクロージングもない。

必要以上の「押し」も決め文句もない。


あるのはお客様の「納得」や驚き、感動だけ。




ではどうすれば、お客様に「気づき」を与えることが

できるのか???




その答えはすべてDVDゼミナール
「クロージング」「紹介依頼」はしてはいけない???
お客様が喜ぶ!高確率紹介型生保セールス術
の中にある。




このDVDを観て気づいたことがある。


私の今までの保険営業は



子供を勉強しろと言うように・・・

お客様に保険を押し付けていた。




押し売り、説得はもういらないのだ!!



「納得」を売る
「感動」「驚き」を売る

こうなれば、保険の営業ほど社会的に意味がある

ものはないとあなたもきっと確信するはず。




さあ一歩を踏み出して、変わろうではないか。

決して難しいことではない。


必要なのほんの少しの行動力だけだ。


「クロージング」「紹介依頼」はしてはいけない???
お客様が喜ぶ!高確率紹介型生保セールス術






生保、損保の新規・紹介契約を増やすためのセールスノウハウを支援。
保険営業の答えがすべてここにある!




●社長をおだてても法人契約は獲れない!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




褒められて嫌な気分になる人はいない!!


これは事実かもしれない。


だから、生保の法人契約を獲ろうと思って社長と

面談したときは目に付くものをよく褒めたものだ。




ゴルフバックが置いてあれば・・・ゴルフについて


絵が飾ってあれば・・・その絵について


家族の写真があれば・・・家族について



何とか社長を喜ばせようと思い、話を続けた。

褒めた。




今でもこれが間違いだとは思わない。



理屈だけではなく、社長の感情を味方につけておいて

マイナスはないからだ。



しかし


これだけでは法人の生保を獲ることは非常に難しいし

ライバルの業者と差別化することはできない。




それに

おべっかやおだてるだけでは


社長から


永遠に信頼を勝ち取ることはできない。





我々が


保険営業パーソンとして

または

一人のコンサルタントとして


やらなきゃならないことは・・・




「社長がまだ気づいていない、問題点を指摘して

 それに対する解決策を提示することなのだ」







あなたはこんなことを聞いたことがないか?





できる経営者や社長は


YESマンよりも


言いたくないこと、悪いこと、マイナスなこと

不利なこと、都合の悪いことを言う人を

信頼するということを!!!




まさに我々は一人のコンサルタントとしてこの

ような存在にならなくてはならないのではないか。





ただし注意しなくちゃならないのは

ただ悪いこと、問題点を言えばいいというわけでは

ないことだ。




社長が


「なるほど~」「そうだったんだ~」と



心の底から唸るような問題点と解決策を提示しなければ

ならない。




もちろん、その言い方(トーク)の方法も重要だ。



では・・・


会社にはそもそもどんな問題点があるのか?

社長が気づいていない問題点とはどんなものなのか?

どんなトークを使えば、社長を唸らせることができるのか?

どうすれば、社長から信頼を得て、今まで考えられないような
大きな法人契約を獲ることができるのか?

解決策にはどんなものがあるのか??




その答えはすべてCDゼミナール

法人向けコンサルティングで稼ぐ人、稼げない人
~今までのやり方では将来必ず淘汰される!?~
」       
の中にある。





問題点を把握し、それに対する解決策を提示できたとき

あなたの信頼は飛躍的にアップし

いとも簡単に保険料の高い法人契約を獲得することが

できると私は確信している。



少し思い出してほしい。



あなたが病気で医者に診察してもらった後

部屋を出るときに

「ありがとうございました」

とか

「お世話になりました」

とは言わないだろうか???



健康保険を利用しているとはいえ、高い診察料や薬代を

払うにもかかわらず、患者は医者にお礼を言うし、感謝する。


これは医者が偉いからではない。



医者が、患者が不安を抱えている病気という「問題点」を

「解決する」ような診断をしたからではないか??



保険も同じなのだ。(特に法人工作も同じなのだ)



さあ、売り込みだけの営業スタイルを変えようではないか。


あなたはこのCDゼミナールで新のコンサルティング営業を

身につけることができるはずだ。




あなたが企業の問題点を専門家として指摘し

そしてその解決策を提案する・・・・

あなたは社長から「ありがとうございます」と感謝されながら

莫大な手数料を得ることができる・・・・


こんな夢のような営業スタイルに変えることは

決して難しいことではない。



あなたはまだおべっかばかりの営業スタイルですか???



法人向けコンサルティングで稼ぐ人、稼げない人
~今までのやり方では将来必ず淘汰される!?~
」     




  

生保、損保の新規・紹介契約を増やすためのセールスノウハウを支援。
保険営業の答えがすべてここにある!



●絶対紹介がもらえない営業スタイル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


生保営業パーソンの・・・・・

熱意!!

流れるようなトーク!!

人当たりのよさ!!

説得力!!

身振り手振り!!


これに感動して、お客様は「紹介をしたい」と思って

いただけるとずっと信じてきた。


だから、どうすれば自分が熱意!!流れるようなトーク!!

人当たりのよさ!!説得力!!身振り手振り!!がうまくなるか?

ばかり考えてきた。


練習もした。

トップセールスの方のマネもした。


本も読んだし、セミナーにもたくさん出た。


時には、カリスマ営業パーソンの事務所を直接訪れたりもした。




しかし・・・




自分の思ったような結果、つまり紹介をたくさんいただくこと、

紹介を連鎖させること・・・にはほど遠かった。





ある大きな大きな間違いに気づくまでは。


その間違いに気づかせてくれたのが「クロージング」「紹介依頼」
はしてはいけない???お客様が喜ぶ!高確率紹介型生保セールス術
だ。



私が犯した最大の過ちは・・・


「自分」がうまくやれば→紹介をいただけると思ってしまったこと。



つまり、主語は「自分」。




これでは紹介を出し続けることは難しい。




主語は「お客様」でなければならない。




「お客様」が「気づいた」とき

      「納得した」とき


紹介は自然に出てくるものなのだ!!!





では何に気づいてもらうのか??

何に納得してもらうのか?


その答えはすべて「クロージング」「紹介依頼」
はしてはいけない???お客様が喜ぶ!高確率紹介型生保セールス術
の中にある。


このノウハウで・・・

あなたは私が受けたように、衝撃の事実を目の当たりにすることだろう。




紹介は無理にでるものではない。

紹介は出てしまうものだ。



一日でもこのノウハウを得て、紹介の連鎖を体験してもらいたい。


生保、損保の新規・紹介契約を増やすためのセールスノウハウを支援。
保険営業の答えがすべてここにある!



●保険屋と呼ばれるか?先生と呼ばれるか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



今でもはっきり憶えている。

私が保険業界に入ったということを言った日の

周りの人たちの反応を・・・



親戚はみんな嫌な顔をしたし

友達は私が保険を勧めているわけではないのに

「他で、もう入っているから」

と明らかに迷惑そうだった。



こんなにも保険営業パーソンの地位は低いのか・・

と悲しく思ったのだった。



実際に営業し始めると

その思いはさらに強くなったのだ。




特に会社(法人)に飛び込み営業で行ったときの

扱いは虫けら同然ということが多かった。



「保険屋には用はない」

「とっとと帰れ」



なんて怒鳴られることも日常茶飯事だった。




ある方法を知るまでは・・・





保険営業パーソンには二通りいると私は思う。



「保険屋」「営業」と言われる人。


そして

「先生」と言われる人。

(もしくはそれ先生と同じ扱いを受けている人)





どちらになりたいか???




「先生」に決まっている。(少なくとも私は)



「先生」と言われながら、保険も売れたらこんないいことはない。




ではどうすれば「先生」と言われながら、保険契約を

もらえるようになるのか?




それには二つの言葉の意味を理解する必要がある。




「保険屋」・・・保険を売りに来ている人。

つまり

売り込む人→保険営業パーソン

売り込まれる人→お客様


という関係ができる。





一方

「先生」・・・問題点を指摘してくれて、その解決策を
       教えてくれるありがたい人

つまり


教える人→保険営業パーソン

教わる人→お客様


という関係ができる。




「先生」がいいと教えてくれた物を「生徒」はまず100%買う。


「先生」が指摘したことは「生徒」はまず信じる。





では「先生」と言われるためには(特に法人・企業を工作する上で)


どうやって問題点を探すか??

どのように指摘するか?


解決策はどのように提案すればいいのか?





その答えはすべて税理士、保険業界人必見!!
法人向けコンサルティングで稼ぐ人、稼げない人
~今までのやり方では将来必ず淘汰される!?~

の中にある。




勘違いしてほしくないのは、「先生」と呼ばれて威張ろうとか

偉そうにしようと言っているわけではない。




このノウハウをきっかけにして

まだまだ低いといわれる保険営業パーソンも地位が少しでも上がる

ことを望んでやまない。




あなたがまだ「保険屋」と呼ばれ続けますか?


生保、損保の新規・紹介契約を増やすためのセールスノウハウを支援。
保険営業の答えがすべてここにある!




●なぜあの人は紹介だけで1億稼げるのか??
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「できればお友達を3人ご紹介ください」

と言って、私はノートとペンを取り出した。


生保の契約をしていただけると、決まって私はこう

言っていた。

お客様から「はいわかりました。3人紹介します」

なんていうフレーズが返ってくるのは、夢のまた夢。


ほとんどの場合は・・・


「もし、そんな人がいたら紹介します」

「考えておきます」


と逃げられてしまう。


私の言い方(トーク)がダメなのか??

それとも紹介依頼をする“押し”が足らないのか???


隋分、悩み、試行錯誤を繰り返したが、こんな状況が劇的に

変化することはなかったのだ。



ある大きな大きな間違いに気づくまでは・・・



そもそも営業パーソンである私ががんばって、または

しつこく依頼して、紹介を出そうとすることが大きな勘違いなのだ。


紹介は出すものではなくて

「出る」ものなのだ。


やり方によっては、頼まなくても勝手にお客様が別のお客様を紹介

してくれる。


ではどうすれば、そんな営業パーソンにとって夢のシチュエーション

を作り出せるのか???



それは、簡単なこと。


お客様の満足度を上げればいいだけ。


ではお客様の満足度を上げるためには???



得で、安い生命保険を提案すればいい?????


それが違うのだ。

ここを間違えているから、紹介の連鎖がなかなか実現できない。


安くて得な保険を提案しても、お客様は満足しない。

満足しないから当然紹介もでない。



ここが一番のポイントとなる!!



では満足度を上げるためにはどうしたらいいのか???


その答えはすべてCDゼミナール
さらばハードクロージング、もう保険契約を勧めるのはやめよう!
~プッシュせずにお客様から「ありがとう」と感謝される営業手法

の中にある。


あなたがこのCDを聴けば・・・・

紹介をゲットするために一番大事な部分は

クロージングや紹介依頼ではなく


プレゼンテーションであることに気づくに違いない。


そう、満足度を上げて

お客様が頼まなくても、自分の知人を紹介してしまう

仕組みを作るには・・・プレゼンがすべてなのだ!!


あなたのプレゼンは紹介に繋がるものだろうか??

紹介を意識してプレゼンしているだろうか??


さあ、今変革を起こす時だ!!

紹介が連鎖すれば、今月の契約や来月の見込みにもう

苦しむことはない。

さらばハードクロージング、もう保険契約を勧めるのはやめよう!
~プッシュせずにお客様から「ありがとう」と感謝される営業手法





生保、損保の新規・紹介契約を増やすためのセールスノウハウ
を支援。保険営業の答えがすべてここにある!




●クロージングまで30日待て!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「検討します」

「もう少し考えさせてください」



自分が生保を提案した後に、こう言ったお客様が

後日契約していただく確率は果たしてどのくらいだろうか??



私の場合・・決して確率は高くなかった。


そして提案から時間が経てば経つほど、その確率はさらに

どんどん下がっていった。



こんな経験を繰り返すうちに・・・

お客様に提案した、そのすぐ後に、強めのクロージングを掛ける

ようになっていったのだ!!


強めのクロージング・・・押し・・・執拗な説得・・・

提案したその日に決めてもらうためにしたことが、ますますお客様

の気持ちを遠ざけ・・・さらに苦戦を強いられたのだった・・・


こんな苦戦が続く中、私はあるトップセールスマンの衝撃の言葉

を聞いたのだ。



「クロージングまで1ヶ月待つこともあります。

 それでも契約していただけることが多いですよ」




1ヶ月待っても契約が決まる????


話を伺うと・・・

すべてのお客様にこうしているわけではないという。



お客様のタイプによって

すぐにクロージングをした方がいい方

待った方が言い人

クロージングをしないほうがよい方などなど様々に分かれる

という。



そう・・・

重要なことは

クロージングを早くすることでも待つことでもない。

お客様のタイプによって、それを柔軟に変化させることだったのだ!!




ではお客様のタイプをどうやって判断するのか?

どんなお客様のタイプが存在するのか?

タイプによってどんな営業スタイルをとればいいのか?



その答えはすべてDVDゼミナール
購入心理学を適用するだけで、生命保険契約・紹介は湧き出る!
~現役トップセールスマンが多くの失敗から掴んだ誰でも今すぐ
できるノウハウとは?~

の中にある。




この手法をゲットすれば

契約をいただく前に(検討している間に)

別のお客様を紹介していただけることもあるという。


実際に、契約する前に(検討している段階で)4人のお客様の

紹介をいただいたケースもあるという。



あなたは想像できるだろうか??
自分の保険の提案に対して

「検討します」「考えさせてください」

と言ったお客様が自分の契約をする前に、他の人を紹介してくれる

姿を!!


こんな奇跡のようなことが

タイプ別営業スタイルを確立することで可能になるのだ!!!

購入心理学を適用するだけで、生命保険契約・紹介は湧き出る!
~現役トップセールスマンが多くの失敗から掴んだ誰でも今すぐ
できるノウハウとは?~



なんだか難しく聞こえるかもしれないが・・・

そんなことはない。



野球に例えていれば

いつでもど真ん中のストレート勝負すれば

たとえダルビッシュや松坂大輔でもホームランを打たれてしまう

だろう。


打者によって、好きな球種やコース、狙い球はまちまち。

それを見極め、研究して、投手は投球を組み立てる。



保険営業も同じなのだ。


誰に対しても全く同じ営業スタイル、クロージングは

ど真ん中に直球を投げ続けることと同じ。



相手の打者を研究し、投球スタイルを打者によって変えるように

お客様のタイプによって、あなたの営業スタイルを変えなければ

ならない。


さあほんの少しの変革を起こそう。

その小さな変化が

大きな成果になることは間違いない。


あなたが既に自然にやっていることを、もう少し体系立てて

知るだけでいいのだから・・・


購入心理学を適用するだけで、生命保険契約・紹介は湧き出る!
~現役トップセールスマンが多くの失敗から掴んだ誰でも今すぐ
できるノウハウとは?~





生保、損保の新規・紹介契約を増やすためのセールスノウハウを支援。
保険営業の答えがすべてここにある!




●今年いける!これが節税プランの売り方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



もうすぐ1年間で一番決算が多い時期となる。


我々保険販売者にとって大きなチャンスが訪れる。



言うまでもないが、決算対策、節税対策で保険を

販売できるチャンスが広がるわけだ。




しかし、よく考えてほしい。



保険を活用した節税プランを提案して



社長が

「こんなやり方は知らなかった!!すぐ契約したい」


と言ってくれて無条件で年間数百万円の契約に入ってくれる

確率はどのくらいだろうか?




今時、こんなおめでたい社長と会うのは、宝くじに当たるくらい

難しいのではないか??




利益の出ている会社は、まず99%税理士が顧問にいて

節税をアドバイスしているし・・・

まず間違いなく、保険の販売者も会社に出入りしていると

言っていい。



こんな状況の中、あなたが選ばれる、ライバルに勝つためには・・・




単に節税プランを説明し、解約返戻金や実質返戻率を詳しく語るだけ

では不十分だとは思わないか??




自分が儲かる、自分メリットがある節税プランばかりを説明して

いては並みいるライバルを打ち負かすことはできない。




“保険に入ってください→そうすれば節税できます”




という、私も長い間続けてきた営業スタイルを変えなければ

ならない。




そうではなく



“節税にはこんな方法もあんなやり方もあります
→その中の一つとして保険を活用したプランがあります“



という営業スタイルにするべきなのだ。





あなたが保険を獲るための提案をしても、社長は喜ばない。

節税できる方法を提案すれば、社長は納得する。



ポイントは・・・



保険も含めて、その会社、状況にあった節税プランをいかに提案できるか?


普通の税理士や保険販売者が知らないようなものをいかに多く提案できるか??







とにかく保険の節税を勧める営業パーソン


保険も含めて50以上の節税プランを織り込んだプランを勧める営業パーソン





どちらが社長に選ばれるか・・・言うまでもない。






保険以外の有効な節税とはどんなものがあるのか?


それにはどんな特徴があって、どのくらいの効果があるのか?


税理士もあまり使いたがらない節税プランとは??



その答えはすべてここにある↓





ここには節税の裏技が77も解説してある。


私の知っている税理士の著書で内容は間違いない。


もちろん、これらの77の裏技は単に机上の空論ではなく

すべて現場で試したきたものばかり。


安心だ。






想像して欲しい。


あなたが節税のプロとして、ほかの保険販売者といはちょっと違う

プランを提案した時のあなたの姿を!!!




今までは考えられないような社長からの信頼を勝ち取ることが

できるのではないか。


そして今までは考えられなかった報酬も期待できるのではないか。


さらに同じように利益の出ている社長を紹介してもらえることも

想像できるのではないか。


さあ急ごう。



ほんの少しの投資で、あなたは節税のスペシャリストになれるのだ。








生保、損保の新規・紹介契約を増やすためのセールスノウハウ
を支援。保険営業の答えがすべてここにある!



●生保に興味のない客は切り捨てて月100件の契約を獲る方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




“生命保険”“保険”という言葉を出しただけで

拒否反応を示す客は少なくない。


保険業界に入ることを親戚や友人に話した時

何となく嫌な顔をされたのを今でもよく覚えている。



こちらが最初から売り込むつもりはなくても

保険の話をしようとしただけで、NOと言われ

随分落ち込んだこともあった。



あなたも一度や二度こんな経験はないだろうか??



しかし、そんな風に思われて当然!!

そんな思いを捨てさせ、最初は全く興味も関心も

ないお客様から契約を獲ってこそ営業パーソン冥利に

尽きるとずっと考えていた。




もちろん、これ自体は間違いではない。

だが・・・

もっと楽に、もっと効率よく生保契約を獲り続ける

方法があったのだ!!




そう、例えるなら・・・

エスキモーに氷を売ること自体は間違いではない。


でも考えてほしい。


いつでもある氷があるエスキモーに氷を

売ることは非常に難しいことではないか。


自分が売ろうとして氷がいかにエスキモーの身の回りに

あるものとどんなに違うか?いかに優れているか??

などを説明し、説得しなければならない。




一方、砂漠でのどが渇いている人に氷を売る場合は

どうだろうか??


氷のことなんか全く説明する必要はなくなる。

普通に売っている氷よりも高い値段であっても

喉がカラカラに渇いている人は氷を手に入れようとするだろう。




保険、生保も同じなのだ。




あなたはエスキモーに氷を売るのと同じくらい

難しい営業ばかりを目指していることはないだろうか??


1件でも多く生保を売るためには

砂漠で喉が渇いた人を探すように

保険の必要性を感じている人

保険に興味や関心がある人を効率的に探せばいいのだ。




そのやり方を詳しく説明したものが
CDゼミナール
“テレアポ”だけで、1ヶ月50軒の生保を獲る方法
~今からでもできる電話帳・新規契約獲得術とは?~

なのだ。


保険に入りたいと思っている人が目の前にいたら

保険を見直したいと考えている人と毎日5人会えたら??


あなたの営業は劇的に変化しないだろうか。


そうそんな保険の見込み客をあなたの目の前に座らせる

ノウハウがCDゼミナール
“テレアポ”だけで、1ヶ月50軒の生保を獲る方法
~今からでもできる電話帳・新規契約獲得術とは?~

の中には詰まっているのだ!!


さあ、スタートしようではないか。


月に10、20件の生保契約なんて夢のまた夢と考えてきた

ことが、嘘のように思えるはず。


難しいトークもいらない

高度な知識もいらない。

保険を買いたいと思っているお客様を効率的に見つけられれば

あなたはほんの少しの説明と申込書を差し出せばいいだけなの

だから。


まだエスキモーに氷を売ろうと努力しますか???

生保、損保の新規・紹介契約を増やすためのセールスノウハウ
を支援。保険営業の答えがすべてここにある!




●もう保険だけでは信頼されない・・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


お客様にこんな話題・情報を届けてみてはいかがですか?





お客様と会って、契約更改、事故処理、車両入替などだけで
    
終わってしまうことは、非常にもったいないと感じないだろうか?




ほんの数分でいいから、お客様から「なるほど」「へえ~」と
    
言われる情報をお話することで、お客様からあなたへの
    
信頼感は上がり、次の契約に結びつくはずだ。



もちろん我々は保険でプロであることは間違いない。



しかし、お客様はいつでも保険の話を聞きたいとは限らない。


いやむしろ、それ以外のケースも少なくない。




保険という枠をもう少し広げて、金融のプロとして、お金に関して

の話題が豊富になることで絶対に損はしないと私は断言する。


特に「お金は増える」という話題には皆敏感だ。


何かを売り込む必要は全くない。


お客様が聞いてよかったと思えるような情報を提供できればいいのだ。




単なる売り込みでなく・・・こんな内容を話してみてはいかがでしょうか??





「-50%の投資でもお金が増える方法があるのをご存知ですか??」

または

「私の友人が-70%のファンドに投資して儲けています」





こうあなたが言った後に


お客様が「何で???」「それ教えて!!」とあなたに言っている

場面が想像できないだろうか???


あなたはこの先に書いてある文章どおりに話せばいいだけ。








「なぜ-50%の投資で利益がでるのか?」









あなたは以下の2つのファンドがあったら、どちらに投資をする
だろうか?




・年間0.3%のパフォーマンスのファンド

・年間-50%のパフォーマンスのファンド




「バカ言ってんじゃない!!自分のお金でわざわざマイナスの
 ファンドに投資するヤツはいない」

と思うかもしれない。


しかし・・・

-50%のファンドに投資をして0.3%のものよりもはるかに
利益を出すケースもあるのだ!


「ドルコスト平均法」という方法を使えば!!!




この方法を私の言葉でわかりやすく言えば、分散して
投資をする(分散してファンドを買っていく)やり方だ。


例えば120万円を投資するとする。


1回で120万円を-50%のファンドに投資すれば
1年後お金は60万円になる。


当たり前だ。


しかし・・・120万円を毎月10万円ずつ12回に分けて
投資する。

このファンドは1年間で-50%の結果だが・・・・


問題はその過程・経緯なのだ。


仮に1ヶ月目に-90%だったとする。


これを大変に思ったこのファンドの運営者が2ヶ月目以降
がんばって、2ヶ月目~12ヶ月目で+40%に改善したとする。

結果は年間-50%だが

毎月10万円ずつ買ったファンドの2ヶ月目以降の部分は
すべてプラス。


つまり、お金が増えているということになる!!!



買い方ひとつで、マイナスのファンドを買っても結果的に
資産が増えることがあるのだ!!


これが、ドルコスト平均法。


いかがだろうか?


投資をする際、お金をドバッと一回で入れてしまう方法もいいが
リスクヘッジの1つとして、検討する価値はあるとは思わないか?


このドルコスト平均法を使った投資で今私が注目しているのが
「金」への投資だ。


先程説明した通り、月々少しずつ買っていくことで、リスク
ヘッジをすることができる他のこの投資のメリットの一部を上げれば






・預貯金はインフレによって価値が目減りすることもあるし
 株や債券は紙くずになる可能性もある。
 それに対して金は、通貨そのものとして長く利用されてきた
 歴史があり どこの国でも通用する。


・政治や経済の情勢が変化し、国の通貨に対する信用度が
 低下しても、 金の価格は上昇してきた歴史がある。


・金はインフレにも強い資産。


・韓国などでは、資産を金で持つ人が非常に多い 。


・月々3,000円からスタートできる 。




いかがだろうか?




まずはやるやらないではなくドルコスト平均法の知識を深める
1つとして無料の資料を申んではどうか。


初心者でもわかりやすい資料が今なら無料でもらえる。

無料資料はこちら↓
純金積立プラン 商品紹介


一生懸命、働いてお金を貯めれば、銀行が増やしてくれる!

国が守ってくれる時代は終わりを告げたと私が思う。

自己責任とよく言われるが

まさに

汗水たらして、作り上げたあなたの資産を守るのは・・・・

あなたなのだ!!


そのためにはまず、知識、選択肢を増やすことから始めないか?



無料で送られてくる資料には、金投資の仕組みや決まり、そして

メリット・デメリットもわかりやすく解説してある。


単なる売込みだけのパンフレットとは一線を画すと私は感じた。


投資自体を全くしたことがない人、金融はちょっと苦手な人でも
すんなりわずかな時間で読める資料なのだ。

知っていて悪いことは何もない。


まずは、投資をやるとかやらないでなくて、あなたの知識の資産を
増やすために無料で資料を請求してみてはいかがだろうか?


なお、私も無料資料で勉強したので、わかるのだが、資料請求後に
しつこく不快な勧誘はない。

あなたの資産を守るために、第一歩を踏み出そうではないか??


無料資料はこちら↓
純金積立プラン 商品紹介