2009年08月

ここでは、2009年08月 に関する情報を紹介しています。
ネットから見込み客を集客して、継続的に月200万円以上を
売り上げる保険代理店と方と話す機会があったので

こんな質問を投げかけてみた。

「ネットから生保を獲るための一番のコツは何ですか?」


あなたはどんな答えを予想するだろうか??


その代理店の方の答えには少々驚かされた。

「すぐにレスポンスするだけです」

問い合わせのメールが来てから、回答や見積もりを送るまでの
時間をできるだけ短くするだけと言うのだ。

もっと高度で、テクニック的なコツがあるのかとずっと考えて
いたのだが・・・

答えは意外に簡単なところにあったのだ!!

そういえば、ネットの勝ち組企業の楽天もお客様から問い合わせや
資料請求をもらってから、資料を送り、確認の電話を掛けるまでの
時間の目標を「5分以内」としているらしい。

今後の保険販売でネットを無視することは難しいはず。

そんな状況の中で、勝ち残っていくためのコツは誰にでもできるが
みんなが気づいていないことを確実に実行することかもしれない。

ネットを保険営業の武器にしたい方↓
新発売!音声セミナー
保険営業パーソンのためのホームページアイデア




■無料で聴ける!ポッドキャスト

保険営業成功ノウハウ

只今無料配信中。
iTunes Storeで「保険営業」と検索してください!

マニュフェストで「年金問題」や「老後の不安」の
解消を入れていない政党はないのではないか。

それだけ多くの人が関心があるとう裏返し。

実は保険営業でもこの大きな流れは活用できるのだ。

皆様の不安や心配を解決しながら・・・
皆様に喜ばれながら・・・

あなたの成績も上がっていく方法があったら知りたくない
ですか??

無料動画セミナー
保険代理店成功ノウハウ~老後の不安を追い風に~

今回の選挙でもうひとつ話題になっているのが政党が
作っているCM。

以前はテレビで流すのが常識だったのだが、今は
ネット専用のCMも登場したのだ。

現時点ではネットを活用した選挙活動はかなり制限
されているが、近い将来、必ず自由化になるはず。

いわゆる”どぶ板選挙”とネットの融合が勝つためには
必須になるだろう。

もちろん保険営業も。

訪問したり、面談する行為自体はなくならない。

大切なことは新しい流れと融合することではないか。

ネットを訪問営業の武器にするノウハウを知りたいなら
こちら↓

新発売!音声セミナー
保険営業パーソンのためのホームページアイデア




■無料で聴ける!ポッドキャスト

保険営業成功ノウハウ

只今無料配信中。
iTunes Storeで「保険営業」と検索してください!




あるベテラン保険代理店がこう言った。

「お客様と話すチャンスさえあれば、俺はもっと契約を
 獲ることができる。」

確かにそれは事実かもしれない。

少し想像してもらいたい。

毎日、毎日”保険の話が聞きたい”というお客様が
3人いたら、あなたは契約に困るだろうか??

あなたが事務所に帰ると、明日話が聞きたいお客様の
リストが机に毎日置かれていたら、成績に悩み、来月の
契約見込みに胃をキリキリさせられることがあるだろうか?

普通はない。いや絶対ないはずだ。

お客様にあってどんな話をするか、どんなトークを使うか
どんな提案をするかも、もちろん大切だ。

しかしもっと大切なことは、話しを聞いてくれるお客様を
継続的に見つけることだと思わないか??

自分は大丈夫!3年先も5年先もずっと見込み客や訪問先
を確保することが簡単に黙っていてもできるという方はいい。

だが、もしもこの部分に不安を感じているのであれば
ここで少し考えて欲しい。

競争がますます激化することが確実な保険業界の中で
あなたは今後どうやって、継続的に見込み客や訪問先を
見つけ続けるのだろうか??

とにかく「紹介」・・・とてもいい保険営業パーソンの
理想かもしれない。

「テレアポ」・・・まだまだ有効な方法だ。

まだまだやり方はたくさんあるが、ネット・ホームページ
を活用して見込み客や訪問先を確保する方法を避けては
通れないはずだ。

といっても大手保険会社とまったく同じ内容を自分の
ページに載せても効果は薄い。

また星の数ほどいる保険代理店や保険営業パーソンと
似たような情報を載せても、あなたのサイトが競争に
勝つことは難しい。

では、どんな情報をどうやって載せればいいのか?

どうすれば見込み客や訪問先をゲットすることが
できるのか??

そのノウハウを話したものがこちら↓
(読むだけでいくつかのヒントを得られる内容なので
ぜひこちらのページを見て欲しい)

新発売!音声セミナー
保険営業パーソンのためのホームページアイデア


今の状況を変えたい、自分の営業に変革を起こしたい
ホームページ・ネットを見込み客・契約獲得の武器に
したいという方は、大きな気づきを得るはずだ。

さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。


読むだけでいくつかのヒントを得られる内容なので
ぜひこちらのページを見て欲しい

新発売!音声セミナー
保険営業パーソンのためのホームページアイデア





■無料で聴ける!ポッドキャスト

保険営業成功ノウハウ

只今無料配信中。
iTunes Storeで「保険営業」と検索してください!




#

「万が一」

この言葉を使わないで保険のセールスをするのは
不可能だろう。

しかし人間は「万が一」のことばかり考えて生活
していない。

いやむしろ普通は気にもしない。

だからこそ「万が一」だけではなく
言い方は変かもしれないが、残りの「万が9999」
を切り口にするというのも一つではないか。

以前目にした3年ごにに15万円の生存給付金がもらえる
医療保険のネット広告にはこんな言葉が並んでいたように
記憶する。

3年後 30歳は15万円を自分のごほうびに
6年後 33歳は15万円を海外旅行に
9年後 36歳は15万円を教育資金に

普通は「万が一」の入院のために医療保険に入りましょう
というアプローチが普通だが、この広告でアピールされている
のは違う。

15万円を自分のため、夫婦のため、家族のために貯めて使い
ましょう!・・・しかも医療の保障もゲットしながらという
アプローチではないか。

したいこと、やりたいことのニーズをうまく引き出しながら
すなわち「万が9999」の部分を満たしながら、なおかつ
「万が一」の保険を売るノウハウだと言っていい。

コンプラに注意が必要だが
保険のセールスの現場のみならず、あなたのホームページ
のアイデアとして、検討してみてはいかがだろうか。

別の成功例の話。

積立の特徴がある保険を販売する時、お客様の関心は
どれだけ増えるか??ということにいくことが多い。

どうしても保険の利率は銀行の積立や投資信託などの
商品に劣ることが多く・・・・

最終的に「保障は掛け捨てで、資産運用は別で」という
提案になってしまうことも多いのではないか。

しかし、これもやり方次第。

1つの突破口として、比べる対象を変えるという方法がある。

保険と銀行や投資信託を比べるから、負けてしまうのだ。

そうではなく例えば「無駄遣い」「知らないうちになくって
しまうお金」と比べたらどうだろうか??

自動車保険の割引が上がり、月々5000円安くなるという
ことは珍しくない。

しかしその5000円が貯まるかというとそうではない。

あればあったで使ってしまうことが多いのではないか。

この部分と保険を比べるのだ!!

どれだけ増えるかというのではなく、どうやって貯めるかに
関心をシフトすると言っていいかもしれない。

「使ったつもりで、こちらの保険を選んではいかがですか」

知らないうちに使ってしまうことが多いと感じるお客様に
対しては、こんな投げかけは有効ではないか。

もちろん、これらのアプローチは現場だけではなくホーム
ページ・ネットのアイデアとしてもおもしろい。

最後にもう一つ。

信用金庫などでやっている旅行資金を貯めるための積立
商品があるのを知っているだろうか?

月々2万円を積立てて、2年で48万円貯めて夫婦で
豪華な国内旅行に行きましょう!というような内容だ。

2年後予定が悪くなって旅行に行かないことになれば
お金は全額返金される仕組み。

何を隠そう、私の両親はずいぶんこの商品で国内旅行に
出かけている。

以前その旅行のパンフレットを見せてもらい私は驚いた。

その旅行代金の高さに!

同じグレードの旅行をネットで探せば、おそらく3~4割は
安いツアーが見つかるはずだ。

しかし旅行に行く本人たちは満足なのだ。

一方、ビジネス的にみても信用金庫にとってこの商品は
おいしいのではないか。

積立をしてくれて、さらに旅行まで行ってくれる。

詳しいことは知らないが、おそらく旅行会社からの手数料が
支払われるはずだ。

いかがだろうか。

だから同じようなことを保険でやろうと言っているわけでは
ない。

一見、全く別のものを「組み合わせる」ことで、みんなが
ハッピーになる仕組みが作れることがあることに気づいて
欲しいのだ。

銀行と旅行・・・普通は関係ないようなことでも、「組み合わせる」
ことで、お客様もハッピー、そして銀行もハッピー、もちろん
旅行会社もハッピーになるのだ。

保険営業パーソンも「組み合わせる」アイデアを考えてみては
どうか。

もっと新しいアイデアで現状を打破したいと考えている方は
こちらを読んで欲しい↓

新発売!音声セミナー
保険営業パーソンのためのホームページアイデア
http://1eye.co.jp/hoken/homepageidea.html

今の状況を変えたい、自分の営業に変革を起こしたい
ホームページ・ネットを見込み客・契約獲得の武器に
したいという方は、大きな気づきを得るはずだ。

さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。

新発売!音声セミナー
保険営業パーソンのためのホームページアイデア




■無料で聴ける!ポッドキャスト

保険営業成功ノウハウ

只今無料配信中。
iTunes Storeで「保険営業」と検索してください!

あなたは保険営業におけるインターネットの必要性を
どのように考えていますか?

保険のネット販売は営業パーソンにとってライバル!!

こんな考え方に偏るのは非常に危険です。

できる保険営業パーソンは融合をスタートさせて
います。

ネットとリアルの訪問営業の融合!!

見込み客をネットで集客し、訪問営業に繋げていく・・・
こんなパターンが多いでしょうか。

まずはネットの活用した集客の仕組みを無料で勉強する
ことからスタートしてはいかがでしょうか?

送料980円を支払うとアメリカのトップネットマーケッター
のインタビューCDが無料でプレゼントされます。

CDの中で特に参考になる点は

・“パブリックドメイン”の情報を利用して1文字も書かずに、
  今すぐあなたの情報商材を作る方法!

・他人の情報を“合法的”に盗んで、自分の商品にする方法!

・インターネット上で無料で手に入る情報を7万円以上の
 値段をつけて販売した方法!

保険営業パーソンがネットで集客をしようとした場合
ホームページをスタートしようとした時、

一番大きな障害となるのが、どんな情報をどうやって出すのか??

普通に考えると、あなた一人しか知らない情報というのは
特に保険業界にはあまり存在しない。

誰もが手を伸ばせば知りえる情報をいかに価値のある情報
として出すことができるのか??

そのポイントを無料のCDで勉強できる。

さあまずは知識をつけることからスタートしないか??

★★無料CDプレゼント
ダイレクトマーケティングの第一人者ジェフポール
のインタビューCDプレゼントはこちら
























このトークを話し、お客様からこの反応が得られれば
がん保険は売れる!

毎月7件のがん保険を確実に獲る方法NO4
毎月7件のがん保険を確実に獲る方法NO4[アメーバビジョン]


今時「がん保険はいかがですか??」
といきなり言って、簡単に契約が獲れることは非常に珍しい。

それを自覚していた以前の私のトークは・・・

「日本人の死因は3人に1人がんです」
     ↓
「がんの治療ではお金がかかります」
     ↓
「だからがん保険に入りましょう」

という流れだった。

あなたが、がん保険を販売する時、第三分野の成績を上げたい
時の営業トークはどんなものだろうか?

私がやっていたようなトークで現在大きな成果を出すことは
難しくなってきたと言っていいだろう。

ある程度、がん保険が広まり・・・不景気で・・・誰もが
少しでも余計な保険は削りたいと考えている世の中では・・・

ではどうすればいいのか??

「日本人は死因の1位はがんで、治療にお金がかかる
 だから・・・がん保険に入りましょう!」

という「説得」を止めることだ!!

「説得」ではなく「実感」させるのだ!!

似ているようだが、これは大きく違う。


大切なのでもう一度書きたい。

あなたが「がん保険が必要」と説得するのでなく
お客様が「がん保険が必要」と実感させるのだ!


先日、今シーズン2勝目を上げたプロゴルファー
石川遼。

彼は一生懸命英語の勉強をしている。

おそらく学校の先生から言われて・・・または
親に注意されて英語の学習をスタートさせたわけではない。

アメリカなどの海外などの試合に行って、ゴルフで勝つ
ためには「英語が絶対必要だ!」と実感したからこそ
勉強するのだ。

英語を話す人が何億人いて、英語が話せるとどれだけ便利かを
どんなに熱く語っても、普通は伝わらない。

本人が実感するまでは。

第三分野やがん保険の営業も同じなのだ。

では「実感」させる方法とは?

「実感」させる営業トークとは?

そのヒントがこちらの無料動画にある↓

無料動画セミナー
毎月7件のがん保険を確実に獲る方法


さあああなたの営業スタイルを
「説得」から
「実感」に変えよう!!!