2012年01月

ここでは、2012年01月 に関する情報を紹介しています。
■社長を座らせるトーク

「何それ?」
保険営業パーソンが社長からまず引き出さないといけないのは
この類の言葉ではないか。

多くの人は”保険の話を聞きたいかかどうか”ということを
質問してしまう。

だからいつもいつも社長の答えは「NO」なのだ。

社長が知らない、他の営業パーソンが提案しない投げ掛けを
することが「何それ?」を引き出す方法の1つだ。

「葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる
プランがあります」とアプローチしたら社長からどんな反応が
返ってくるだろうか?

「そのプラン知っているよ」とか「既に加入している」
という答えは少ないはずだ。

実際にこのプランが契約になるかどうかとか
この保険が売れるかどうかは関係ない。

大切なのは社長に大きな関心・興味を持ってもらい
あなたの目の前に話を聞く態勢で座ってもらうことだ。

毎日毎日3人の社長に1時間ずつ話をしても全く成果が
上がらないという営業パーソンは存在しない。
多くの保険営業パーソンが苦戦しているのは、その前の
段階の社長を自分の目の前に座らせることではないか。

多くの勉強会や研修会は目の前に社長が座って話を
聞いてくれることが前提となっている。

もちろんそれも大事だが、保険営業パーソンが今こそ
身につけるべきノウハウは社長を座らせるノウハウではないか。

まだまだある!社長を座らせるノウハウ
それを勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?



■組み合わせ戦略

あなたはアイスコルネットという食べ物を知っているだろうか?

揚げパンの上にソフトクリームがトッピングされているものだ。
浜松の会社が作ったもので原宿にある店舗では1個400円で
1日500個が売れるという。(その会社の年商は1億円以上)

先日ある報道番組で特集されていたのでこれからもっとブームが
くるのかもしれない。

今までにない食べ物であることは間違いないが、よく考えると
ソフトクリームも揚げパンももともと存在したもの。

それらを組み合わせたものにすぎない。

新商品、今までにない商品やサービスを作るというと難しく考える
人が多いが、この「組み合わせ」が差別化・独自化の切り札になる
ことも多いのだ。

例えばマンション。
マンション自体の売上は好調とは言えないが、「組み合わせ」戦術を
使ってうまく差別化したマンションは売れているという。

マンション+レンタカー・・・カーシェアリングの仕組みが付いている
物件やマンション+畑・・・家庭菜園ができる畑が付いているものは
売上が順調だという。

銀行だって単に金利を他行よりよくしたり、サービスをよくするだけが
すべてではない。コーヒーのスターバックスを店舗内に作ることで差別化
を図っているケースもある。
ビデオレンタルの大手TSUTSYAもカーディーラーと組み合わせた店舗を
見たことがある。

これは法人保険営業でも同じなのだ。

今までみんな売っている商品、多くの人が持っている知識
ずっと前から変わっていない法律や税制

これらを組み合わせることで、ライバルと差別化する生保提案をする
ことが可能になるのだ。

平たく言えば、提案のアイデア次第で今まで保険に興味がなかった
社長を振り向かせることができる。

あなたが「お願いします。話を聞いてください」と依頼するのでなく
社長が「お願いします。話を聞かせてください」と懇願する
・・・こんな劇的な変化をあなたは体験できるはずだ。

2012年はもう売り込みたくない!と本気で考えている方は
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?




■契約名義の順番とタイミング

目の前に高級な魚がある。
これを全く同じ道具と調味料を使って味付け料理する。

超一流料亭で腕を振るうベテランの板前と
料理をほとんどしたことのない人では
果たして同じようにおいしい味になるだろうか?

魚も同じ。加える調味料の量まで寸分たがわず一緒。

普通に考えれば、同じ味にあるはずだが・・・・
あなたももう予想がつくとおり、間違いなくベテランの
板前の料理がおいしいものとなるはず。

なぜ違いはでるのか?

調理をする(調味料を入れる)順番とタイミングが大きい
のではないか。

最初からすべての調味料を鍋にぶち込んでただ火にかけるのと
基本を忠実においしくなる順番を守り、タイミングよくいれる
のでは料理の素人の私にでも味に違いがでるのはわかる。

順番とタイミング。
これは料理だけでなくて法人生保の提案でも重要なのだ。

契約者の名義を最初にどうするか?
どのタイミングで名義を変えるのか?

順番とタイミングによって
かかってくる税金そして手にできるお金が変わってくる。

この話をしただけでも多くの社長は関心を持たないだろうか?

同じ商品でも順番とタイミングで最終的に手にできるお金が
変わるのだ。

順番とタイミングでライバルと差別化する提案ノウハウを
勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?



■名義マジックを差別化の武器に!

高額所得者の芸能人が節税のために会社を設立するという
話を聞いたことがあるだろう。

個人所得では税率が高いため、稼いだお金を一旦法人に
入れて、法人から給与または役員報酬をもらう形にすると
節税になる。

明石家さんまさんは、このような法人を所有していることを
テレビで公表しているし、ゴルファーなどのスポーツ選手も
同じことをやっている人は少なくないはずだ。

実は個人が法人を活用しメリットを得るのは税金だけではない。
生命保険も同じようなことができるのだ。

節税ではなく・・・言い方はおかしいが「節保険」

特にオーナー企業、オーナー社長のケースは有効。
個人と法人の関係、税金、報酬、退職金などの関係をうまく活用する。

コストを抑えながら最終的に社長の手取りを増やす保険提案を
可能にするのだ。

節保険をあなたの営業の武器にしてみないか?

不況の影響で節税したい法人は少ない。
退職金積立の話を聞きたいという社長も多くはない。

しかし今回紹介するCDのノウハウがあなたのスキルになれば
個人でがん保険を掛けている社長
個人で葬式代を保険で準備している社長
個人で医療保険に加入している社長など

これらの社長がみんなあなたの見込み客になるのだ。

少しノウハウを知るだけで、あなたが保険を売る見込み社長・法人は
まだまだたくさんいることに気づくはずだ。

まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?






■長友的保険営業

先日会った若い保険代理店の店主に”今こそドクターマーケットに
着手すべきだ”と話すとこんな答えが返ってきた。

「自分はまだそんなことをやるレベルではありません。
今は個人顧客が中心なので、次に中小零細企業マーケットを
手掛けようと考えています」

開拓するマーケットを個人顧客から1段1段アップしていく
つまり自分のスキルも1段1段アップさせるという考えも
もちろん間違いではない。

しかし(あくまで個人的な意見ではあるが)成功する人は
急激にレベルアップする時期があると私は考えている。

サッカー日本代表の長友選手をあなたは知っているだろうか?

彼は現在25歳でイタリアサッカーリーグ・セリエAの
ビッグクラブ・インテルミラノで活躍しているが
何と大学2年の時は試合に出れずにスタンドで応援の太鼓を
たたいていたのだ。

わずか5年で大学の補欠から世界の名だたるサッカーチームの
レギュラーになったことになる。

「きっかけ」次第でこんな奇跡とも思えるシンデレラストリーを
短期間で作ることができるのだ。

もちろんこれは保険営業でも同じだ。

自分にはとてもできない、またそのレベルではない・・・
こう考えて多くの保険営業パーソンはドクターマーケットを
開拓していない。

やり方を知って実践してダメなら仕方がないが
これではもったいないとは思わないか?

「きっかけ」があれば、あなたも長友のようなシンデレラ
ストリーを作ることができるのだ。すなわち今までは
思ってもみなかった大きな契約やコミッションを手にする
ことが可能になる。

さあまずはこちらを読むことからスタートしようでは
ないか。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?





■生保契約を引き寄せる感情マーケティング

先日、不況にもかかわらず大きく業績を伸ばすある住宅販売会社
の存在を知った。

その会社はお客様に出す「見積」に大きな特徴がある。

普通の住宅の見積は標準プランがまず最初にあり、お客様の
希望によりオプションを足していくというものがほとんど。

一方この会社の見積は最初の見積に、考えられるすべての
オプションが付けられている。

そしてお客様が不要と考えてものを削っていくのだ。

理屈だけで考えれば「足していく」か「引いていくか」
の違いはあるがどちらも結果は同じになる。

客の好みや予算、必要か不要かが「足していく」か
「引いていくか」で変わるとは理屈では考えられない。

しかしこれは大きな間違いだと私は断言する。

お客様は「理屈」だけでは判断しない。
「心理」「気持ち」「感情」も伴って判断を下すのだ!!

感情を考慮して利益が上がる仕組みを作ることは重要なこと。

これはドクターマーケットの新規開拓でも同じなのだ。

理屈から考えれば、一番保険料が安く、解約返戻率が高く
保障が充実している保険を提案すればドクターは喜び契約
してくれるはず。
理屈から考えれば、資産家でたくさん稼いでいるドクターの
生命保険のニーズは高いはず。

しかしドクターは理屈だけでは判断しない。
いやむしろ理屈は後回しと言っていいかもしれない。

ドクターの感情を味方にすることが成功への近道だ。

もちろん飲みに行ったり何かをプレゼントすることを
勧めているわけではない。

もっと有効でもっとドクターの感情をがっちりつかめる
方法が存在するのだ。

お金はいらない。ほんの少しのノウハウと行動があれば
道は拓けるのだ。

ドクターの感情を掴む営業テクニックを勉強したい方は
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?




■特化保険マーケティング

ライバルより頭一つ抜け出すための1つの戦術が「特化」ではないか。

巨大な日本の生命保険会社が独占する市場に風穴を開け、業績を伸ばした
外資系生保会社もがん保険や医療保険に「特化」したからこそいい結果が
得られたのではないか。

終身保険も定期保険も何でもやります!では差別化は難しかったはずだ。

少し前上場したペット保険の会社も大手が手を出さない保険に「特化」
したから業績を伸ばせたのだろう。

これは保険会社だけではなく営業パーソンでも同じ。

みんなと同じことを続けていても違う結果を出すことは難しいもの。
今こそ「特化」する戦術が必要なのではないか。

と言っても何でもかんでも「特化」すればいいというものではない。
大きな市場もしくはこれから伸びる市場に「特化」すべきだ。

がん保険もペット保険も大きく伸びる市場だからこそ「特化」が
有効だったのだ。

あなたのすぐ横には今も拡大を続けている分野があるのだ。

ここ20年で日本人の資産は1.5倍になったという話を聞いたことが
ある。先行き不安や震災の影響もあって、お金を使うよりは貯めるという
傾向が今後ますます強くなるとは思わないか?

そう今こそ1,500兆円あると言われる日本人の資産に保険営業
パーソンは目を向けるべきだ。

年齢に関係なく
健康状態にも左右されない

これからますます大きくなることが確実な「資産運用」の分野で
保険を売ることをあなたの武器の1つにしないか?

資産運用を切り口に保険契約を撮り続けるノウハウを知りたいなら
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう



インタビューCDの内容の一部を挙げると

・なぜ保険より資産運用にチャンスがあるのか?

・お客様が殺到するセミナー集客の仕組みとは?

・なぜセミナー参加者の9割がコンサルティングを受けたいと言うのか?

・売上の秘密はセミナーのアンケートにある!

・実際にセミナーで話す内容について

・1万円の本当の価値を説明するとお客様は身を乗り出す

・国債はこう説明しろ

・日本の財政を知ればお客様の目の色は変わる

・インフレ・長期金利・資産の分散がキーワード

・商品を勧めない個別コンサルティングで話していることとは?

・最終的に売れてしまう商品とは?

・死亡保険や医療保険を取り扱わない理由とは?

・有料の会員組織のお客様が集まる秘密とは?

さあまずは知ることから。

あなたの営業の切り口は「万が一」だけだろうか?
資産運用を切り口に新しい道を作ってはどうだろう?

■秋元康から盗む法人保険開拓ノウハウ


先日テレビに出演したAKB48のプロデューサー秋元康さんが
ヒットを生み出す上で1番大切なことは「予定調和を崩すこと」
だと話していた。

例えばAKBと言えば、こんな歌を唄うんじゃないかという
ファンの期待や予想をいい意味で毎回裏切るような曲をリリース
するようにするのだ。

「予定調和を崩すこと」でヒットした例はAKB以外でもある。

例えば今売上を伸ばしている羽なし扇風機などはその典型では
ないか。

扇風機=羽根が回って風が起こるという予定調和を見事に崩す
ことで、多くの人の関心を集めヒットに繋がったと言える。

もちろん「予定調和を崩すこと」は保険営業特に法人工作でも
大切だ。

「がんになった時に困らないための専用の保険があります。」
と社長に投げかけて「え!そんな保険があったのか!」と驚く
ケースはほとんどない。

これは保険の見直しやリストラでも全く同じだろう。

社長が考えていたこと、常識だと思っていたこと、当たり前だと
感じていたことを裏切る、全く逆の提案を我々はしなければ
厳しい競争には勝てないのではないか。

「何それ?詳しく知りたい」
「そんなことできるの?資料が欲しい」
こんな言葉が社長の口からでるような提案をするべきなのだ。


1.支払保険料が全額損金で計上出来て出口で課税されない保険提案
2.会社の売上をアップさせる保険提案

あなたはこの2つの提案プランを聞いてどのように感じたろうか?

「そんなプラン前から知っている!」「もう既に何十回も提案してきた」
あなたがこのように感じたのであれば、これから紹介するCDは
全く役に立たないはず。

しかしもしも「何それ?」「どんなプランなのか?」と疑問に思ったなら
CDの内容はこれから法人工作をする上で最高の武器になるだろう。

保険のプロであるあなたが「何それ?」なのだから、普通の社長は
あなたの以上に「何それ??」ではないか。

まさに社長の予定調和を崩すことができるのだ。

社長の予定調和を崩す提案ノウハウについて勉強したい方は
はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!



CDで内容の一部を挙げると

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。


■所得税UPで法人生保は売れる

「政府は社会保障・税一体改革に伴う消費税率引き上げに併せ所得税の
最高税率を現在の40%から45%に引き上げる方向で検討に入った。」
こんなニュースを先日読んだ。

税金のことは、自分には関係ないと考える保険営業パーソンは
大きなチャンスを逃してしまう。

なぜなら新規の法人を開拓する最高のチャンスが訪れているからだ。

一般的に社長の所得は高い。最高税率というケースも少なくない。
それが上がってしまうのだから、社長は大きな関心を持つはず。

簡単に言えば会社から同じ報酬をもらっても手取りが減って
しまうわけだから、関心を持たないわけない。

この話題を「大変ですね」「政府に何とかしてもらいたいですね」
と単なる世間話で終わらせてしまうのはもったいない。

積極的に「提案」をすべきだ。

もちろんそれは生命保険を活用して社長の手取りを増やす「提案」だ。

今の時期にこんな提案ができたら、興味を示さない社長が果たして
いるだろうか?

しかも1つの提案ではなく、複数・・・他の営業パーソンがしない
選択肢を提示できれば、あなたの信頼度は格段にアップし契約に
近づくはず。

社長の手取りを増やす提案のバリエーションを増やしたいなら
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?


CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?



■「少し違った形」戦術

一部の温泉旅館で0泊2食プランが流行っているのをご存じだろうか?

宿泊せず温泉に入りながら昼食と夕食を楽しみプランが一般的だ。

温泉旅館というと温泉+食事+宿泊の3つがセットになっているのが
常識だが宿泊を削ることで、お客様は通常よりも安い値段で利用でき
旅館側も忙しくて1泊はできない新しい客層の掘り起こしに成功した
と言えるだろう。

商品やサービスを安く売ること全く新しい商品を売ることはは決して
間違った戦術ではない。

しかし今回紹介した温泉旅館のように、今まで提供していた商品や
サービスを「少し違った形」でお客様に届けるだけで売上がアップする
戦術があることに気づいて欲しい。

もちろんこれは保険営業でも同じだ。

「商品力がないから売れない」「返戻率が悪いから売れない」
こんな声をよく保険営業パーソンから耳にする。

それは確かに事実かもしれないが・・・今までとは「少し違った形」で
今自分が売れる保険を提案すると現況を打破できるのだ。

今までと同じではなく「少し違った形」で。

社長が「何それ?」「話を聞きたい」と思わず口にしてしまう
ような「少し違った形」の法人生保提案ノウハウを勉強したいなら
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?





■成功より行動を学べ!

ドクターマーケットに特化して年間2億円以上のコミッション
を稼ぎ、今までに500軒以上の開業医を顧客にしてきた
トップセールスパーソンのやり方を真似しようというと
多くの保険営業パーソンはこう思う。

「とても自分にはできない」
確かにこの金額や数字を一気に残そうとすれば難しいかもしれない。

しかし大切なことは金額や数字を真似するのではなく「行動」を
真似することなのだ。

すごい契約や数字を残すトップセールスパーソンであっても
実は魔法のような誰もできないテクニックを駆使して契約を
獲っているわけではない。

小さな行動をコツコツ積み重ねて契約に辿り着いている。
最初は話も聞いてくれない状態から行動を重ね契約に結びつけているのだ。


野球選手がイチローのヒット数(3000本以上)を目指す!!
というのも決して悪いことではない。

しかしよく考えてみると、イチローも短期間でこの数字を一気に
達成したわけではない。1本1本のヒットの積み重ねの結果が
この数字なのだ。

だからイチローのようになりたければ、3000本ヒットを
打つことよりも、どうしたらヒットが打てるのかすなわち
バッティングのやり方、バットの振り方を学ばなければ
ならないはずだ。

保険営業、ドクターマーケットも同じ。

どうしたら2億円稼げるかということも重要だが
保険営業パーソンがまず真似すべきは「行動」のはずだ。

今回紹介するCDではそんな「行動」に焦点を当てている。

成功も学べるが、それ以上に成功するための「行動」の仕方を
学べるのだ。

コネもない、実績もない、お金もない
こんな逆境だとしても成功に繋がる「行動」はあるのだ。

トップセールスの「行動」を解剖したのがこのCDと言って
いいかもしれない。

さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。

成功より行動を学ぶたいなら
まずはこちら↓を読むで学ぶことから始めて欲しい。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?





■これを聞けば交渉が進む

自動車保険を販売していた頃、いきなり自分が売る保険のメリットや
特徴を説明しても契約を奪取できることはなかなかできなかった。

保険の内容や比較よりもまずやることは、お客様の満期日を聞きだす
ことではないか。

満期日がわかれば、いつどんなタイミングで提案すればよいかが
わかり効率的かつチャンスが広がる。

保険営業において交渉が先にすすむ「きっかけ」というものが
存在する。

自動車保険の場合は満期日だ。

もちろんこれはドクターマーケットの新規開拓でも存在する。
つまりこれを聞きだせば、話が先に進む「きっかけ」になるものが
あるのだ。

それは・・・


メールアドレス。

実はドクターのメールアドレスを聞きだすことができれば
効率的に話を進めるチャンスが広がるのだ。

電話でもFAXでもなくメルアドの獲得があなたに大きな
コミッションをもたらすのだ。

「忙しくてなかなか時間をもらえない」「いつ訪問しても会えない」
ドクターマーケットを開拓した保険営業パーソンがよく言う。

メルアドをゲットできれば、もうこんな非効率な訪問をしなくていい。

極端な言い方かもしれないが、保険を売りにいくとか話を聞いてもらう
ことを訪問の目的にしなくてもいいのかもしれない。第一歩はメルアドを
獲得するために訪問するという感覚でもいい。

メルアドをどう獲得しそれをどうやってチャンスに繋げるのか
詳しく勉強したい方はこちら↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?




■心理を先回りして面談率をアップさせる方法

神田昌典氏の本にこんなことが書かれていた。
ほとんど同じ“お店に来たお客様に掛ける言葉”でも
以下の2つでお客様が抱く感情はまるで変わってくる。

「いらっしゃいませ!」

「あっ、いらっしゃいませ!」

誰が見ても明らかだが、2つの言葉で違う部分は「あっ」
だけだ。

しかしこの「あっ」が大きい。

お客様によって「あっ」の意味が違ってくるが、ある場面
では「いつもありがとうございます」になったり、別の場面
では「あなたのことをちゃんと覚えていますよ」ということ
になるのではないか。

「あっ」と言われた時のお客様の心理や感情を考えて欲しい。

店の人が自分の存在をわかってくれている、覚えていて
くれると感じるのは、それだけでうれしい。

こう感じてくれれば、当然リピーターになってくれて
結果的に店の売上が伸びるのではないか。

これは保険営業、ドクターマーケットの新規開拓でも同じだ。

特別有利でスペシャルな保険提案をしないとドクターから
契約を獲ることは難しいと考えている営業パーソンは多い。

しかし特にアプローチの段階では重要なのはドクターの
「心理」だ。

ドクターはどんな感情を持っていてどんなことに悩んでいるのか?
どんな営業パーソンなら話を聞きたいと思うのか?などなど
ドクターの心理を先読みした営業ノウハウを勉強したいなら
こちら↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?




アイブライト(有)
内田拓男
■説得より納得

多くのトップセールスの人はお客様を説得しようとはしない。
お客様が納得するように「質問」をするもの。

トップセールスは無口だという話しを聞いたことはないか。
それは単に寡黙ということではなくて質問しお客様がしゃべっている
時間が長いからしゃべる必要がないということなのだ。

例えば燃費がよく減税対象のコンパクトカーを売る場合売れない
営業パーソンは「燃費もよくて小回りもきいて減税にもなります。
絶対この車を買った方がいいですよ。お勧めです」と説得する。

一方トップセールスはこんな質問をする。

「エコに関して貢献するお考えはありますか?」
「どんな車がエコに貢献されること思いますか?」
「減税適用期間をご存じですか?それに関してのどのように
感じられますか?」

そしてお客様の口からこんな言葉がでるように導くのだ。
「やっぱり燃費がよく小回りがきく車が時代にあっているね。
それにどうぜ買うなら減税の適用期間に買うべき!」

売る車自体はなにもかわっていない。
しかし「質問」の仕方によって結果は全く変わってくる。

お客様を説得するか
お客様が自ら納得するか

多くの保険営業パーソンはお客様を説得しようとするから
うまくいかない。

説得ではなく質問でお客様に納得してもらうのだ。

では納得してもらうにはどんな質問をすればいいのか?

その答えはここにある↓
2枚組セミナーDVD「魔法の質問力実践セミナー」



■質問で売上をアップさせる方法


日本で少子高齢化が今後ますます進むことは確実だ。

多くの20代~40代の人たちは公的年金だけで豊かな老後を
暮らせると考えていない。

そのためには自分で何とかしないといけないとみんなうすうす
気づいている。

ここで考えてもらいたい。

こんな状況の中であなたが公的年金で足らない部分を賄うための
積立式の保険を20代~40代に売るとしたどうやって売るだろうか?

売れない営業パーソンはこう言って保険を勧める。

「公的年金では豊かな生活をするのに足りません。
 この保険で貯めましょう。」

一方トップセールスはこんな質問をする。

「公的年金はいつからどのくらいもらえるかご存知ですか?」

「豊かな生活を送るのにいくら必要かご存知ですか?」

「最終的に公的年金ではどのくらい足らないですか?」

トップセールスは答えを言うのではなく、質問することで
お客様に答えを言わせる。

「60歳までに2000万円貯めないとまずい」
お客様の口からこんな言葉が出たら、保険を売るのは楽勝だ。

人に勧められたか・・・自分で気づいたか
結果は大きく変わるのだ。

売り込みや押し付けではなく「質問」。

セールスだけの話だけではなく、不況で成熟社会の日本で
成功するためにはこの質問する力がこれからますます重要になる。

質問力をあなたのビジネスにどう活かせばいいのか?
どんな質問をすればうまくいくのか?

それら答えはすべてこちら↓の中にある。
2枚組セミナーDVD「魔法の質問力実践セミナー」


■税理士を集客マシーンに変える方法

少し前になるがクイズ番組「雑学王」でこんな問題が
出されていた。

「江戸時代に川の土手に桜を植えたのはどんな理由からか?」

思い返してみると川の土手に桜が植えられている場所は多い。

きれいでみんなが楽しめるためという理由もあるらしいが
みんなが桜を見にきて土手を歩く、歩くことで土手が踏まれて
固くなる・・・固くなることで強い土手ができて水害などを
防ぐことができる・・・これが正解。

土手の桜には水害を防ぐ仕組みがあったわけだ。

工事をして土手を強くする方法も悪くはないが
仕組みを作ることでもっと楽に簡単に目的を達成することが
できるのだ。

これは税理士の先生から紹介をもらう時も同じ。

「先生、利益の出ている会社を紹介してください」
「保険の見直しを希望する社長がいたら繋いでください」

こうプッシュしてもなかなか紹介はもらえない。

しかし先生が紹介をしてしまう仕組みがあれば
もっと楽にしかも継続的にお客様を繋いでもらえるのだ。

あなたが独自で開拓する方法とは別に、もう1つ税理士の
先生という大きな味方が増えたら、あなたの成績は今以上に
安定するのではないか?

紹介が継続的に出る仕組みを勉強したい方は
まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方

・なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?


CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



■緊急性を切り口に法人保険を売る裏ワザ

駅の古い公衆トイレによくあるティッシュの販売機を知って
いるだろうか?

私は断言する。あの販売機は絶対に儲かっている!!

なぜか?

何の変哲もない普通のポケットティッシュが100円もするからだ。
街を歩けばタダでもらえるティッシュを100円で売るのだから
儲からないはずがない。

冷静に考えると高いティッシュであっても1秒でも早くトイレに
駆け込みたい人は買ってしまうわけだ。

同じような切り口のビジネスでカッパを販売して成功
している人がいる。

もちろん普通に店頭に並べて売っているわけではない。

スポーツイベントやコンサートで急に雨が降り出した時に
彼はカッパを持って出掛けるのだ。

突然の雨で困っている人は、少々高いカッパでも手に入れたいと
考えるわけだ。ちなみにカッパは中国製で原価は数十円。原価の
数十倍で売っても飛ぶように売れるという。

いかがだろうか?

今回紹介した2つの例は保険営業とくにインターネットで法人客を
獲得することに応用できる。

法人が入る保険はじっくり検討するものだ
と決めつけてしまうのは大きなチャンスを見逃すことになる。

「すぐに保険に入らないといけない!」
「どうすればいいかわからないからネットで探してみよう」
こう考える社長は少なからずいる。

ティッシュやカッパのケースと同じでこんな社長は100%すぐに
保険に加入することは間違いない。

チャンスがあるとは考えられないか?

どんな場面でどんな保険が緊急で必要になる場合があるのか?など
緊急性を切り口にネットから法人客を獲得するノウハウを
勉強したいならまずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!




CDで内容の一部を挙げると

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。


■71.5%をこう攻めろ!社長の手取りを増やす保険提案


生命保険を活用して税金対策を提案してもすぐに反応する
社長は今は多くない。

平成20年度分の会社標本調査によると約259万の法人うち
黒字法人数が約74万社、赤字法人数は約185万社。

赤字会社の割合はナント71.5%。
不況や円高などの影響で7割以上の法人が赤字なのだ。

こんな状況で「節税しませんか?」的なアプローチ一本やりは
危険すぎるとは思わないか?

悪いというわけではないが、赤字法人の社長でも響く提案
ノウハウを武器の1つとして持ちたいものだ。

お勧めは”社長の手取りを増やす提案”だ。

法人の税金対策は利益が出ている会社しか必要はないが
これならどんな会社の社長でも興味を持ってくれる。

「できれば手取りをどんどん減らしたい。」という社長を
探す方が難しいと言えるかもしれない。

給与を減らして、減らした分を退職金の積立に替える
という多くの営業パーソンが今までに提案したきたやり方
以外にも方法はあるのだ。

そのノウハウをあなたのスキルにしてみないか?

多くの保険営業パーソンが集まる黒字法人で戦いを
挑むこともいい。しかしその横にはライバルが少ない
ガラ空きの市場があることに気づいて欲しい。

不況だから保険が売れないと嘆くのはあまりにも寂しい。

不況でも法人に売れる提案ノウハウがここにある。
詳しくやり方はこちらにある↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?


CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?



■比較で勝つ保険戦術とは?

法人を工作していると、ライバルの保険営業パーソンが出した
提案書と比較されることがあるはずだ。

ネットで誰でもいつでもどこでも簡単に見積が取れる時代なので
ますます比べられるライバルは増える傾向にあることは間違いない。

あなたは今度も続く、この厳しい競争にどのような戦術を
考えているだろうか?

どこよりも安く、解約返戻率が高い保険を提案する!
これも間違いではないが、別の方法があることに気づいて欲しい。

それは提案で差別化する方法だ。

例えば、社長が将来の年金の不足分を何とかしたいという
要望があったとする。

個人契約の年金保険を提案したり
ある程度経費になる保険を法人で契約して解約返戻金を社長の
退職金に充てる・・・こんな提案をする保険営業パーソンが多いだろう。

一方、今回紹介するCDを聴けば、あなたはこんなライバルとは
一味違う提案ができるようになるはずだ。

・終身保険を法人で契約して社長の年金を確保しながら
 最終的に経費で落とす方法

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案


みんなと同じでは生き残ることはできないのだ。
普通の提案ならネットで調べれば誰でも情報を入手することができる。

知恵と知識を駆使してプロならではの提案ノウハウを
あなたのスキルにしないか?

まずはこちらを読むことから↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?

■ギャップで稼ぐ法人生保開拓術

私が自動車保険を販売していた頃、初めて保険を契約した以降
1度も年齢条件を変更していないという客が時々いた。

もう40歳を過ぎていて若い人が運転する確率が極めて低いのに
20年以上「全年齢担保」で契約し続けた客もいた。

こんな場合は現在の年齢や運転状況に合わせた提案をすると
すぐに私に自動車保険を切り替えてくれた。

「現状とのギャップ」(今回の例で言えば現在の年齢と
契約している年齢条件との相違)を見つけそれを埋めることが
できれば、客は喜びビジネスにも繋がるのだ。

これは法人のオフィス・店舗の賃料でも同じ。

通常、賃貸契約は短くて2年。
ほぼ同じ条件で繰り返し更新されている場合が多い。
中にはバブルの頃から同じ内容・同じ賃料で契約され続けている
こともある。

つまり現在の不況や不動産価格下落の「現状」との
ギャップが賃料は生まれやすいのだ。

コンピュータを2年前の値段で売っている量販店はない。
ライバルとの価格や経済状況を踏まえて「現状」に合った
価格で売るはず。

この他のビジネスでは当たり前との言える「現況とのギャップ」を
埋める行為がされいないケースが多いのが賃料なのだ。

だからこそチャンスがあるのだ!

月額104万円の賃料が減額請求によってナント54万円になった
例もある。

その差額は月々50万円。年間600万円。

賃料が年額600万円安くなった
すなわち600万円のお金が手元にある法人に
生命保険を提案し契約をもらうことは難しいことだろうか?

お金がない!!という何度も何度も聞いた断り文句は無くなる
はずだ。

保険の設計書を持って新規法人を工作するのももちろん悪くない。
しかし別の切り口で社長に感謝されながら工作していく方法を
あなたのスキルにしてみないか?

賃料削減を切り口にした法人工作を知りたいなら
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
法人工作の武器はこれだ!
~社長に感謝されながら法人保険契約を獲る方法~







■年払100万円の生保契約を獲るノウハウ

あるコンサルタントの方に教えてもらったのだが
一般的な製造業の売上に対する利益率は3%程度だという。
つまり売上1億円なら利益は300万円ということだ。

逆に考えると利益を100万円増やそうと思えば売上を
おおよそ3,000万円アップさせなければならない。

不況やデフレ、円高の影響で、ただでさえ売上が伸びない時期に
売上3,000円アップはかなり困難だとは思わないか?

一方でわずかな手間を掛けただけで、年間利益120万円と同じ
恩恵を受けたA社がある。

A社は売上は全く伸びていない、むしろ微減だ。

実はA社が行ったのはオフィス賃料削減請求。
ビルのオーナーに賃料を下げてくれるように請求しただけなのだ。

賃料を下げるべき根拠を持って訪問した所、わずか1回の訪問で
月額75万円の賃料が10万円下がったのだ。年間120万円のマイナス。

利益率が3%の業種だとすれば一瞬で4,000万円の売上を伸ばした
ことと同じ効果。

賃料は会社の経費に占める部分が大きい割に何年も同じという
ケースが少なくない。
また例え賃貸契約中でも(契約更新時期でなくても)オーナーに
賃料削減が請求できることさえも一般的に知られていない。

だからこそ下がるチャンスがあるのだ!!

今回紹介した賃料削減請求をあなたの法人工作の武器にできるのだ。

まだ取引がない法人にいきなり保険の設計書を出して果たして
社長からいい返事がもらえるだろうか?

「ちょうど保険加入を考えていた!」なんていう答えがもらえるのは
天文学的低い確率だ。

だったら賃料削減を切り口にしてはいかがだろうか?


「保険の提案をさせてください」「1度保険の話を聞いてください」
というトークに対していい反応はまず返ってこない。

「もう十分保険は入っている」「保険に入るお金がない」という
断り文句を浴びせられるのが落ち。

一方、賃料削減を法人工作の切り口にしたらどうだろうか?

「うちは高い家賃が好きなんだ」「高い賃料がお気に入り」と
答える社長はまずいない。不況で経費を1円でも削りたい法人が多い
のだから、きっと関心を持ってくれるはずだ。

さらに例えば今回の例のように年間の賃料が120万円浮いたら
全額とは言わないまでもその一部を新しい保険契約の原資にする
提案は有効だとは思わないだろうか?

賃料削減を切り口にした法人工作を知りたいなら
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
法人工作の武器はこれだ!
~社長に感謝されながら法人保険契約を獲る方法~


合計1時間31分の大ボリュームのCDゼミナールの
一部を紹介すると

・賃料を安くすることは本当にできるのか?

・なぜ賃料を安くすることができるのか?

・法人が賃料削減依頼をしていない理由とは?

・具体的な賃料を安くする手順とは?

・賃料削減依頼の際、大家さんともめることはないのか?

・賃料削減の成功例とは?

・工作する法人の見つけ方とは?

・保険営業パーソンとの提携の中身とは?

・保険営業パーソンとの提携での成功事例とは?

・賃料削減以外のこれからブレイクする法人工作の切り口とは?

CDゼミナール
法人工作の武器はこれだ!
~社長に感謝されながら法人保険契約を獲る方法~



■お金がない法人から大型生保契約を獲る方法

「発想の転換」
100年に一度と言われる不況を乗り切るためには今までの枠に
とらわれない考え方が絶対に必要だと思わないか?

“前例の通り”“昨年のように”“今まで通り”例え役人であっても
このような発想では厳しい競争に生き残っていくのは難しいかもしれない。

先日会ったある運送会社は企業から依頼される荷物が激減したという。

しかしこの社長は景気がよくなるのをただ待っているだけではない。

企業から頼まれて荷物を運ぶという発想を転換したのだ。

待ちではなく攻め。こちらから行動を始めたのだ。

現在はリストラや経費削減のため工場や事務所を集約するような提案を
始めたのだ。

工場・オフィスの移転や廃止が決まれば当然、引っ越しなどの荷物を
運ぶ機会が増え・・・仕事が発生する。

荷物を依頼されて運ぶではなく運ぶ荷物を自らが作る!という
発想の転換。

徐々に結果が出つつあるという。

そういえば、デル(DELL)のコンピュータの組立は
ある航空会社がやっていると聞いたことがある。

競争が激化する航空業界では、客や荷物待っているだけの会社は
淘汰されるのではないか。

「コンピュータ飛行機で運びます」ではなくて運ぶもの自体を自分で
作ってしまうのだ

まさにこの航空会社にも「発想の転換」があったと予想できる。

このような「発想の転換」は法人生保工作でも重要だ。

「保険には入りたいけどお金がないよ」
「不景気で先立つものがないからいい提案だけど契約は無理」
あなたはきっと断り文句を1度や2度社長から言われているはずだ。

お金に余裕がある法人を探すとか儲かっている法人と付き合い
という考えも決して悪くはない。

しかしこんな企業に対する営業は競争率が高い。

だからこそ法人生保工作でも「発想の転換」が大切なのだ。

お金を持っている法人から生保契約を獲るだけではなく
「生保に入るお金をあなたが作る」

法人の売上をアップさせなくていいし決して高度なテクニックが
必要なわけではない。

法人が年間多額のコストを掛けている”ある部分”を削減し
保険契約の原資を生み出すのだ。

法人の手元にはキャッシュが残り・・・そしてあなたのチャンスが
大きく大きく広がる!!こんなノウハウをあなたのものにしてみないか。

詳しくはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
法人工作の武器はこれだ!
~社長に感謝されながら法人保険契約を獲る方法~






■年金を切り口に法人生保を獲るノウハウ

将来の自分の公的年金がどうなるのか??と不安を持つ人は
多い。20代の若者に貯金する理由を聞くと”老後のため”と
答えるケースが少なくないそうだ。

こんな思いは社長であっても同じだ。

できれば将来のために備えたい
公的年金を補てんする準備をしたい
こう考えている社長は少なくない。

一般の人はとにかく自分で貯めるしかないが、オーナー社長の
場合は、もう1つの選択肢が存在する。

それは自分の会社を活用しながら、自分の老後資産を確保する
ことだ。

しかも単なる積立ではなく、税的メリットを受けながら
これを実行できる方法が存在するのだ。

既に個人で準備をスタートさせている社長には会社をもっと
活用することを提案すればいい。

まだ準備をしていない社長にはまず公的年金でもらえる額を
はっきりさせてから、同じような提案をするのがいいだろう。

詳しくやり方はこちらにある↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?


CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?



■どこにでもある提案を輝かせるノウハウ

やきそばや大判焼き・たいやきなどを売る店を経営する知人がいる。

デフレや不景気の影響で激安・割引が当たり前となった中
彼の店は値上げによって売上を上げることに成功した。

しかも商品自体の味や量、品質は全くそのままで。

彼は以前からセットメニューを売ることに力を入れていたのだ。
やきそばとドリンクのセット550円。
(単品で買うとやきそば400円、カップで売るドリンク180円
なのでセットで購入すると30円程お得になる計算になる)

実はドリンクの利益率はものすごくいい。だからセットメニューを
売りたかったのだが・・・思ったような結果を得ることはできな
かったのだ。

あなたがこの店の経営者でセットメニューを数多く販売するためには
どんな戦術をとるだろうか?

多くの人はまず値引きを考えてしまうだろう。550円の料金をもっと
下げることを努力する。価格を下げるのだから、たくさん売ること
経費や原価を下げることに躍起になってしまうかもしれない。

一方この経営者がやったことは値上げだ。
値上げと言ってもセットメニューの価格はそのままにして
単品の価格をアップさせたのだ。

やきそば420円、ドリンク210円。

つまりセットにすると80円得をするという形に変えたのだ。
(以前はセットにすると30円のお得)

これでセットの注文が30%以上も増えて、トータルの店の売上も
増加したのだ。

全く同じ商品であってもお客様への届け方・提案の仕方によって
売上は大きく変化するのだ。

これは法人生保営業でも同じ。

みんなと同じ、多くの人が既に扱っている商品であっても
お客様への提案、届け方によってお客様の反応を変えることが
できるのだ。

「解約返戻率100%です」とただ単に事実を言うだけの場合と

「あなたのお金を一旦別口座に預け、保障を得ながら最終的には
最終的にそのすべてが自分の口座に戻る資産保全のプランです」

と例えるのではお客様の受ける印象が違うのではないか。

社長に対して「契約者貸付制度が付いています」と言うのと

「低金利固定で使用使途が問われないで○日以内に振り込まれる
 資金調達方法があったいかがですか?」

と問いかけるのでは社長の反応は大きく変わるのではないか。

「商品力がないから」「保険料が高いから」「返戻率が悪いから」
「特約がよくないから」
思ったような成果を出せない理由をこう話す保険営業パーソンが少なくない。

確かにそれらの理由がゼロとはいえないが・・・私はやり方を知らないだけ
だと考えている。

既にあなたが売っている商品や何年も前から提案しているプランでも
「輝せ方」「スポットライトの当て方」次第なのだ。

どこにでもある保険、既にたくさんの人が提案しているプランを
光り輝かせる方法を勉強したいならぜひこちら↓を読んで欲しい。
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?







■絶対NOと言われない質問

詳しい保険の話をする前に、お客様から断られてしまうと
嘆く保険営業パーソンは多い。

毎日3人のお客様と1時間ずつ話をしているのに保険が
全く売れないという人に私は会ったことがない。

多くの人は面談のテーブルに着くチャンスを得ることが
できないのだ。

ではお客様特に社長にすんなり話を聞いてもらうには
どうすればいいのか?

1つの方法として絶対にNOと言われない質問をすることだ。

「保険の話を聞いていただけますか?」という質問だから
お客様は「NO」なのだ。

必ず「YES」となる質問を投げ掛けてアプローチする。

その質問のヒントとなるのが、今回紹介するCDの
「葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案」
の部分だ。

この提案ノウハウがあなたのスキルになれば、ほとんどの
社長はYESと答えるとは考えられないか?

「いいえ、私は高い保険料をどんどん払うことが大好きです」
という社長の答えは私は想像できない。

いかがだろうか。

必ずYESともらえる質問はまだまだある。

もっと詳しく勉強したい方はまずはこちら↓を読んで欲しい。
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?



■社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる方法

先日スーパーで「きざみのり」という商品を見つけた。

説明するまでもないが、細かく刻んだ「のり」だ。
あなたもよく知っているはずのそばを食べる時などに
上にのせる「のり」。

こんな商品があるんだ~と気になったので、販売している
メーカーのホームページを調べてみると、この会社は
普通の「のり」は売っていない。

「きざみのり」だけで勝負しているのだ。

おそらく「のり」の市場は大手または老舗のメーカーが
席巻しているはず。

そんな中まともに参入するのではなく「きざみのり」で
切り込んでいくこのメーカーの戦術は参考にならないか?

しかも何か特別な商品を開発したのではなく元来ある商品である
「のり」を細かく刻んだけという部分に注目すべきだ。

何か特別な商品やサービスを作ったり発明しないと競争に勝てない
と考えているビジネスパーソンは多い。

しかし今回紹介した「きざみのり」のように少し形を変えるだけ
新しい市場が生まれ、そこで1人勝ちできるのだ

これは法人生保営業でも同じ。

新商品や新特約がなくても、お客様への提案の仕方次第で
競争に勝てることができるのだ。「きざみのり」と同じで
新しい市場を作ることもできる。

例えば今まで個人で掛けることが当たり前と思われていた
保険を法人にすることを提案するだけで、大きなチャンスを
手にすることもできる。

ほんの少しのアイデア、ほんの少しの変化で、あなたの
保険提案を社長から「話を聞かせて欲しい」と言わせる
ものに変えることができるのだ。

既にあなたは武器を持っている。その武器をどう使うか
つまり戦術・・・提案ノウハウで何かが変わるはず。

まずはこちらを読むことから↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?








■37か月の生保提案

1つのビジネスモデルの寿命は短くなってきていると言われている。
ある成功者は3年だと以前断言していた。

一旦成功したとしてもそれが何年も続くとは限らないわけだ。

こんな状況の中で、例えば30代の社長に30年後の退職金の
原資を生命保険で確保しましょうという提案は果たして有効
だろうか?

もちろん間違いではないし30年後の計画をしっかり立てている
経営者もいる。

しかし時代のスポードがどんどん速くなり先が見えない時期だから
こそ先の見える、短いタームで考えられる提案も受け入れられる
のではないか。

今回紹介するCDの中で語られている
支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案は
最短で37か月。

契約から完結まで最短で3年1カ月ということになる。
これならば社長もイメージしやすいはずだ。

とは言っても今年保険料が払えても来年どうかわからないと
心配する社長もいるはず。

しかしこのプランは仮に2年目以降に法人に支払うキャッシュが
ない場合、社長個人がキャッシュを工面しても、まだなおメリットが
あるプランなのだ。

社長が会社にお金を貸す、私募債を発行する、増資するなどなど
社長個人のキャッシュを法人に入れるやり方はさまざまあって
実際にこれらを実行しているケースも多々あるという。

30年後の世界は予想がつかないが、3年後なら話は別。

さああなたの提案をもう1度見直そう。

詳しい提案ノウハウについてはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!






■繰り返し売れる法人生命保険プランとは?

損保は1度契約してしまえば更改があるので繰り返し売る
チャンスがあるが、生命保険はそうはいかないとよく言われる。

損保営業を農耕型、生保営業を狩猟型と表現されることもある。

生命保険は1度獲ってしまえばそれで終わりで、また別のお客様を
見つけなくてはならない!・・・これが常識ではないか。

しかし今回紹介するCDの中で語られている「支払保険料が
損金で計上出来て出口で課税されない提案プラン」を知れば
この常識をぶり破ることができるのだ。

法人に対して生命保険を繰り返し売ることが可能になるのだ。

このプランは入り口から出口まで長くて5年。
5年後プランの有効性を強く感じた社長は再度契約するという。

先が見えない時代と言われる。

何十年先の解約返戻金の使い道をアドバイスしてもなかなか
実感がわかないという社長も多いだろう。

一方、長くても5年ならどうだろうか?

10年20年先の予測は経たなくても3~5年なら話は別だ。

そんな社長のニーズを満たしながら、あなたは繰り返し法人生保を
売ることができるのだ。

さあ一歩を踏み出そう。

生保営業を農耕型に変える革命的提案プランを勉強したいなら
まずこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!





■決算日後に決算対策保険が売れるノウハウ

先日テニスの専門家と話す機会があり、教えてもらったことがある。

伊達公子がすごいのはボールを打つタイミングだというのだ。
普通の選手は相手が売ってワンバウンドしたボールが下がってきた
タイミングで打ち返す。

一方伊達選手の場合はボールが上がってくるタイミングで打ち返すのだ。
(これをライジングショットというらしい)
秒数にすれば0.0何秒のごく僅かな違いだが、このタイミングの違いが
40歳を超えても世界で戦える要因の1つだというのだ。

タイミング・・・これは法人向け保険営業でも最高に重要なのだ。

例えば決算対策保険を売る場合。

普通は決算日の前が最高のタイミングと考えられている。
決算日前に提案し決算日前に契約する。

もちろんこれは正しいが、あなたも経験したことがあると思うが
そこにはほぼ確実に厳しい競争が存在する。
何社も同じような決算対策保険の見積を出すわけだ。

一方でこのタイミングを伊達選手のようにずらす方法が
保険営業でもあるのだ。

1つ例を挙げれば決算後数カ月経った企業などはどうだろうか?

説明するまでもないが、このタイミングで決算対策保険を売りに来る
営業パーソンはまずいない。言い方は極端だがあなたの独壇場となるはずだ。

もちろん普通の、多くの営業パーソンと同じ提案をしても意味がない。

とっておきの武器を使うのだ。

それが今回のインタビューCDで詳しく解説されている
「支払保険料が全額損金で計上出来て出口で課税されない提案」なのだ。

決算対策保険を決算のタイミングで売るのではなく
既契約をひっくり返すのだ!

新規開拓をする1つの有効な方法だとは思わないか?

CDを聴けば・・・みんなしないタイミングをあなたが保険を売る
絶妙のタイミングに変える提案ノウハウを勉強できる。

こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!



■なぜ25万円のセミナーが満員になるのか?

先日、ニュース番組で飲食店のねずみを駆除する業者が特集
されていた。外が寒くなる時期には暖かい店内にねずみが集まる
ようになり駆除依頼が急増するという。

店の営業が終わってから粘着性の高い罠を置いてビデオカメラを
まわすと・・・何十匹ものねずみがその映像に映し出された。

数匹は捕獲できたものの、罠の存在に気づいていて罠にかからない
ねずみも多かった。また粘着性の罠にはかからないねずみの種類が
生息することもわかったのだ。

業者はねずみの全滅を目指し別の罠や作戦を立て続けるという
VTRだった。

1度やった作戦がダメなら、うまくいくように次の作戦を考える!

ねずみの捕獲でも重要だが、これはドクターマーケットを
開拓する場合も同じ。

「何度訪問してもドクターに会えない」と嘆く保険営業パーソンは
多い。

詳しく話を聞くと、1度目も2度目も3度目もほぼ同じやり方で
訪問している。これはねずみがかからない罠を使い続け嘆くことと
同じだ。

大切なことは「考えること」だ。

いつ行けば面談のチャンスの確率が上がるのか、診療時間や
休診日そして他の業者の動きを考えれば自然に答えはでてくるもの。

「ドクターに会えてもなかなか話を聞いてくれない」という
保険営業パーソンの悩みも同じく「考えること」で突破口は
見つかるはずだ。

ドクターはどんな話に興味があるのかを考えれば、保険の設計書を
いきなり広げることはしなくなるだろう。

今回紹介するCDはドクターマーケット開拓のテクニックを
学べることは間違いない。それと同時にトップセールスパーソンの
「考え方」を学べるまたとないチャンスなのだ。

「考え方」がわかれば自分でも応用がきく。つまりドクターマーケット
以外でも使えるということだ。

単に小手先のテクニックの伝達だけでないからこそ、インタビュー
をした鈴木氏が講師を務めるセミナーの参加費は25万でも人が
殺到するのだ。

「やり方」と同時に「考え方」を学ぼうではないか。

まずはこちら↓を読むで学ぶことから始めて欲しい。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?




■仕組みで契約は自然に増える

エコへの取り組み、経費削減のため社内で使う紙を極力使わない
(ペーパーレス化)試みを目標とした会社があった。

あなたが社長なら、どうやってそれを社員に徹底させるだろうか?

コピー用紙を裏表使うように注意する。メモやノートで記録を残す
のではなく、すべて必要なことはコンピュータに入れるように指導する。
とにかくペーパーレス化が進むように部下に指示し続ける。

普通の社長ならこんなことを考えるだろう。

しかしこの会社の社長は違ったのだ。

ナントすべての机の引き出しを捨ててしまったのだ!!

引き出しがなければ、ノートや紙をしまう場所がない。だから結果的に
すべての記録や仕事をPCで行うようになり、ペーパーレス化は
短期間で進み、その会社は今それが当たり前になった。

いかがだろうか。

目的達成のためにがんばることは大切なことだ。
しかし今回紹介したような「仕組み」があれば、より簡単で楽で
しかも短時間で目的に辿り着くことができるのだ。

これは保険営業、ドクターマーケットでも同じ。

設計書を片手にうまいトークで保険を一生懸命売り込むだけが
すべてではない。

保険が売れる、保険が売れてしまう「仕組み」が存在するのだ。

無理に売り込まなくても、がんばって高い保険を勧めなくても
保険が最終的に売れてしまう「仕組み」を作ろうではないか。

売り込まないから断れることはない。ストレスもない。
あなたは自分が作った「仕組み」の通りに話を進めればいいだけ。

ドクターからベルトコンベア的に保険が獲れる「仕組み」を
作りたいならこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?







■ココリコから学ぶソリューション営業

お笑芸人ココリコの遠藤章造さんは吉本興業に入る前
コピー機販売の仕事をしていてトップセールスマンだったという。

合コンをして仲良くなった女の子が勤める会社にコピー機を
売ることが得意だったのだが、注目すべきはそのやり方だ。

真面目な営業パーソンは女の子から上司を紹介してもらって
普通にパンフレットや見積を持って訪問し売り込むだろう。

一方、遠藤さんの場合は全く違う。

女の子が勤める会社の近くまで行くと、彼女に連絡する。
→彼女はコピー機で作業をする。
→すぐにコピーが動かなくなって、このままでは困ると上司に訴える
→上司は大概機械に疎いから困る
→そこに飛び込み営業をしている遠藤さんが登場してコピーを修理する
→上司は大喜びして遠藤さんを気にいる

コピーが動かなくなるのは彼女の演技なので、こんなことを
やっていいかどうかは別問題として・・・

遠藤さんがやっていたのは単なる売り込みではない。
ソリューション営業だ。

コピー機が動かないという大問題を即座に解決する・・・
そうすることでチャンスを掴むという営業スタイルだ。

いかがだろうか。あなたの保険営業スタイルもソリューション型に
ほんの少し変えてみないか。

保険の営業を掛けられたい人はまずいない。
しかし自分が抱える問題や悩みを解決・解消して欲しい人はたくさんいる。

いや問題や悩みを抱えていない人を探す方が難しい。

もちろんそれは開業医も同じだ。

経営者はよく孤独だと言われるが、実は開業医も孤独。
大きな病院で頼れる仲間がいれば話は別だが、実は
様々な悩みを持ってるドクターは多いものだ。

それを解決することを第一の目的にして訪問するのだ。

具体的なノウハウを詳しく勉強したい方はまずは
こちら↓を読むことから始めて欲しい。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?






■決算日後に決算対策保険が売れるノウハウ

先日テニスの専門家と話す機会があり、教えてもらったことがある。

伊達公子がすごいのはボールを打つタイミングだというのだ。

普通の選手は相手が売ってワンバウンドしたボールが下がってきた
タイミングで打ち返す。

一方伊達選手の場合はボールが上がってくるタイミングで打ち返すのだ。
(これをライジングショットというらしい)

秒数にすれば0.0何秒のごく僅かな違いだが、このタイミングの違いが
40歳を超えても世界で戦える要因の1つだというのだ。

タイミング・・・これは法人向け保険営業でも最高に重要なのだ。

例えば決算対策保険を売る場合。

普通は決算日の前が最高のタイミングと考えられている。
決算日前に提案し決算日前に契約する。

もちろんこれは正しいが、あなたも経験したことがあると思うが
そこにはほぼ確実に厳しい競争が存在する。
何社も同じような決算対策保険の見積を出すわけだ。

一方でこのタイミングを伊達選手のようにずらす方法が
保険営業でもあるのだ。

1つ例を挙げれば決算後数カ月経った企業などはどうだろうか?

説明するまでもないが、このタイミングで決算対策保険を売りに来る
営業パーソンはまずいない。言い方は極端だがあなたの独壇場となるはずだ。

もちろん普通の、多くの営業パーソンと同じ提案をしても意味がない。

とっておきの武器を使うのだ。

それが今回のインタビューCDで詳しく解説されている
「支払保険料が全額損金で計上出来て出口で課税されない提案」なのだ。

決算対策保険を決算のタイミングで売るのではなく
既契約をひっくり返すのだ!

新規開拓をする1つの有効な方法だとは思わないか?

CDを聴けば・・・みんなしないタイミングをあなたが保険を売る
絶妙のタイミングに変える提案ノウハウを勉強できる。

こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!


CDで内容の一部を挙げると

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。


■保険解約で差別化し契約を獲るノウハウ

がん保険や医療保険を中心に販売して「紹介」のみで新規契約を
コンスタントに挙げ続ける代理店がいる。

驚くべきは、1人のお客様がする「紹介」の数。

一般的に優秀な営業パーソンであっても「紹介」をもらえる人数は
2~3人ではないか。

ところがこの代理店の場合は、1人のお客様が10人以上
場合によっては数十人の別のお客様を「紹介」するのだ。

1人の既契約者から数十人の「紹介」を出る場面をあなたは
想像ができるだろうか?

なぜこんな奇跡のようなことが起こるのか?
この代理店はどんなことをしているのか?

多くの保険営業パーソンは紹介をもらおうと契約時に力を入れる。

どうすれば「紹介」がもらえるか?どう言えば「紹介」して
もらえるか?を考え実践する。

決して間違いではないが、この代理店が力を入れているのは
それだけではない。

保険金を支払う時を重視しているのだ。

どんなに大きな契約があってもと大事な会議があっても
お客様から事故(病気)の連絡が入れば、すべての用事を
キャンセルしてそちらを優先する。

ただ保険金の請求の手続きをするだけではなく、病院や
医師そして医療コーディネーターの紹介をしたり、治療方針の
助言もする。(もちろんそれをするための勉強と情報収集など
には相当の時間を掛けている)

こうすることでお客様は感動し、頼まれなくてもその代理店に
どんどん別のお客様を紹介するのだ。

この話は法人工作にも応用できる。

多くの保険営業パーソンは契約時を重視する。

これは当たり前のことなのだが、もっと別の視点を持つべきでは
ないだろうか。

先程の代理店のように保険金を支払う時に力を入れるのも1つだが・・・
もっと差別化できるのは「解約時」を重視することだ。

決算対策で保険を加入してもらっても結局は解約して返戻金を
法人が受け取る時、課税されてしまう。

にもかかわらず、多くのケースは「会社の資金が足らない時に
返戻金を使いましょう」とか「社長の退職金の原資としましょう」
などというかなり乱暴な戦略しかアドバイスしていない。

これがいけないというわけではない。

解約返戻金のピークと会社の資金不足の時期や社長の退職時期が
必ずしも合うとは限らないので、このアドバイスでは足らないのだ。

逆に考えると、こんな形の契約が多いからこそチャンスがあるのだ。

契約のことばかりではなく保険解約時の会社の戦略に絞って
法人の工作をしても契約をひっくり返す突破口になるのではないか。

実際には法人契約の解約返戻金を会社の資金や社長の退職を
絡めなくても課税されない方法は存在する。

解約時を切り口に新規法人工作をしたと考えている方は
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!


CDで内容の一部を挙げると

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。


■BMWとAKBから盗む保険提案スキル

元マイクロソフト日本法人社長の成毛眞さんの本に
BMWは中古車にメーカーの保証をつけて売ることに力を
入れて新車の売上を伸ばしたという話が書いてあった。

常識から考えると中古車が売れれば新車は売れなくなるはずだ。

普通の自動車メーカーは中古車販売をライバル視して
とにかく新車を売ろうとCMや売り込みばかりする。

しかしメーカーの保証が付けば、中古車は高値で取引され
結果として消費者は、BMWなら高く買い取ってもらえると
安心してBMWの新車を購入するようになったのだ。

売りたいものを直接売り込む方法だけがすべてではない。
いや、成熟社会の世の中では売り込めば売り込む程消費者は
逃げるとも言えるのではないか。

厳しい競争に勝つためには、BMWの例のように最終的に(結果的に)
新車が売れてしまうような仕組みを作ることが重要だ。

AKBのCDも宣伝や売り込みだけでは150万枚以上売れなった
だろう。CDに付録としてついている投票券が欲しいと思ったファンが
たくさんいたからこそ結果としてCDが売れたのだ。

これは法人保険営業でも同じ。

「保険の話を聞いてください。」
「保険の提案がしたいのでお時間をください。」
と社長や経営者に投げ掛けて、いい返事がもらえるケースは
ほとんどないと言っていい。

仲のいい、すでに人間関係ができた社長なら可能性が0(ゼロ)
とは限らないが、新規開拓なら時間を取ってもらえることは
ほぼないはずだ。

直接保険を売り込むのではなくて結果として保険が売れて
しまう仕組みを作るのだ。

あなたは「保険屋」ではなく

会社の売上をアップさせる、
会社の戦略をアドバイスする
資金繰りを楽にさせる
税金に関してアドバイスをする
専門家・コンサルタントとしてアプローチするべきだ。

そうすれば社長のあなたに対する評価も大きく変わるはずだ。

そして社長からこんな言葉がでても不思議ではない。
「先生、今回のコンサルティングのフィーはおいくらお支払い
すればよいのでしょうか?」

あなたはこう自信を持って答えればいい。
「フィーは必要ありません。保険のコミッションをいただけますから。」

社長に感謝されながら、あなたは大きなコミッションを受け取る!
こんな場面が夢ではなくなるのだ。

結果的に保険が売れてしまう法人に対するアプローチ方法を勉強したい方は
まずこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!


CDで内容の一部を挙げると

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。



■法人保険が売れる「比較」

少し前になるが電車の広告に非常に参考になるものがあったので
紹介したい。セブン銀行の広告でこんな感じだったと記憶する。

セブン銀行の1日の利用件数は150万件以上。
150万人といえば、どこの人口か?

1.山口県
2.神戸市
3.京都市

正解は1、2、3すべて。3都市の人口はすべて約150万人

私はこの広告を見てセブン銀行は随分たくさんの人に利用されて
いるなあと素直に思ったが、あなたはいかがだろうか??

おそらくあなたもなかなか多いと感じただろう。

しかしよく考えてみると件数が多いことは紛れもない事実だが
広告を見た人・消費者にそれをより強く実感させる比較テクニックが
使われていることに気づく。

「150万」という数字だけを聞いて少ないと感じる方はあまり
いないはず。しかし何に比べて多いかというのは漠然としている。

この広告がうまい所は、比べる対象を工夫している点だ。

広告を見た人に「多い!」と強く感じさせるために150万件という
利用件数と別のものを比較対象に変えている。

普通であれば150万件の利用件数は同じ銀行の利用件数と比べる。

例えば「東京三菱は100万件。一方セブン銀行は150万件」と
いうように。(この場合、セブン銀行の利用件数が圧倒的であれば
広告の効果があるが、他行とあまり変わらないとか少ない場合は
150万件とアピールする価値が薄れてしまう)

一方でこの広告の場合の比較対象は「都市の人口」。
この場合なら他行の利用件数に関係なしに、単純に京都や神戸の
人口と同じとは多い!と感じるのではないか。

冷静に考えると銀行の利用件数と人口を比べること自体意味があるか
どうか判断がつかないが、いずれにせよ、全く種類が別のものを比べる
ことで、お客様の心理や感情をぐっと掴むチャンスが生まれることに
気づいて欲しい

比較と言っても何と比べるか、どうやって比べるか
これらによってお客様が抱く感情は全く変わってしまうのだ。

もちろんこれは法人生保営業でも同じだ。

情報化社会の今、比較をしない社長はいない。

比較をさせないように社長の心をがっちり掴むような営業スタイルを
確立するというのも悪くない。

しかしさらにもう一歩先に行って、比較をさせるまたは比較を
自分の営業の追い風に変えるノウハウをあなたのスキルにしては
いかがだろうか。

比較のやり方次第であなたの営業と成績は大きく左右されるのだ。

まずはこちら↓を読んで欲しい。
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?




■法人生保提案の裏技

多くの大手のレンタカー会社は、最低利用時間が6時間。
つまり2時間利用でも30分利用でも6時間の料金がかかるのだ。

一方先日テレビ番組で紹介されていた業績好調のレンタカー会社は
1時間単位。大手より安く売るわけではないが業績が伸びているという。

コインパーキングでも同じような成功例がある。
10分100円の料金・・・つまり10分ごとに課金すると
いう仕組みを1分10円に変えただけで売上が伸びたという
事例もある。

こちもサービスの内容も値段も全く変えていない。
お客様への提示の仕方を工夫しただけだ。

先日、読んだ本にこんな成功例も載っていた。

1個50円のリンゴをそのまま売るよりも
2個100円または4個200円にした方が売れた!

リンゴ自体は何も変わっていない。値引きもしていない。
しかしお客様への提示・提案次第で売上を伸ばすことができるのだ。

これは法人生保営業でも同じなのだ。

お客様への提案のやり方次第で成績を劇的にアップさせる
ことができるのだ。

あなたは終身保険を積極的に法人に提案したことがあるだろうか?
社長個人のがんの保障を法人契約で提案したことがあるだろうか?
変額保険の運用をわざと失敗することを勧めたことがあるだろうか?
収入保険を法人契約で勧めたことがあるだろうか?

まだまだアイデアがたくさんあるが、今まであなたが何度も
提案してきた保険であっても提案のやり方次第で社長の固い
ガードを突破できるチャンスが広がるのだ。

まずはアイデアを知ることからスタートしないか。
こちらを読むことから↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?




■手段の提案で保険は売れる

売れない保険営業パーソンは保険を売るために「保険の提案」ばかりする。
一方トップセールスは「手段の提案」をする。

例えば新幹線の切符を売る場合。
新幹線がいかに快適か、いかに速く着くか、売ろうとしている切符が
どんなに安いものかを熱心に説明しても出掛ける予定がないお客様には
売れない。

当たり前だ。

では東京に住んでいるお客様が、大好きな歌手のコンサートが大阪で
開かれ一番前で鑑賞するチャンスがあったらどうだろうか?

きっとお客様はどうしても大阪に行ってコンサートを見たいと思うはず。

ここで新幹線の切符を提案すれば簡単に売れてしまう。

大阪でコンサートを見るのが目的、新幹線は手段

保険営業も同じなのだ。

あなたの営業は単なる「保険の提案」になっていないだろうか??

単に保険を提案しても売りにくい時代になったのだ。

お客様の目的、希望、ニーズを満たす「手段」として保険を提案すれば
売り込まなくても説得しなくても簡単に(結果的に)保険は売れて
しまうのだ。

ただしお客様の目的・希望・ニーズは顕在化していない。
多くの場合、お客様自身が気づいていない。

だから保険営業パーソンはそれを引き出すこと、喚起することから
始めなくてはならない。

例を出そう。「死後の整理資金」について。

「葬式代ために300万円の終身保険がオススメです」
これは単なる「保険の提案」になってしまう。

お客様に質問を繰り返しニーズを引き出すのだ。

「亡くなる時は病院に入院した後ということが多くないですか?」
「病院の精算をするお金が必要だとは思いませんか?」

(すべての質問はここでは挙げられないが)こんな質問に答えてもらい最終的に
お客様に「そう考えると○○が必要だね」「葬式代の300万円では足らない。
■■■万円の保障は欲しい」と言ってもらうように導くのだ。

このようにニーズをしっかり引き出したら、それを満たす手段を提案する
すなわり保険の提案となる。

もう1つ例を挙げよう。「老後の生活資金」について。

「老後の生活資金をこの保険で貯めましょう」
これは「保険の提案」。

しつこいようだがニーズを喚起しそれを満たす手段を提案するのだ。

「65歳からの公的年金が月々いくらもらえるかご存じですか?」
「豊かな老後を暮らすためには月々いくら必要ご存じですか?」

(すべての質問はここでは書けないが)こんな質問に答えてもらい
最終的にお客様に「公的年金だけでは▼▼▼▼万円足らない!」と
言ってもらうように導くのだ。

後は同じ。ニーズを満たす手段を提案するだけ、つまりここで保険の
登場となる。

いかがだろうか?

単なる「保険の提案」とニーズを満たすための手段として保険を提案する
違いを実感できただろうか?

さああなたの営業を変えよう。

今回紹介した営業ノウハウをもっと詳しく勉強したい方はこちらを
読んで欲しい



■そうだったのか!保険営業トーク

枕が自分に合っているかどうかで眠りの質は決まるという。

先日テレビに出演していた枕の専門医はこんなことを言っていた。
「1日6時間眠るとしてそれが1年で365日、人生で80年
つまり6時間×356日×80年で人生の20年は睡眠です。
それでも眠る環境を気にしませんか?」

私は思わずなるほど!その通りと言ってしまい、自分の枕を見直そう
と決めた。

もしもこの先生がいきなりこんな枕がいいです!オススメです!
という話からしていたら私は関心を持たなかっただろう。

「人生20年以上も睡眠?!」という驚き、気づきからスタートしたからこそ
枕を見直す気になったのだ。


子供の頃、親から「勉強しなさい」と注意されて素直に勉強しただろうか?

「うるさいな」「今やろうとしたところなのに」ときっと反発したに
違いない。

人から言われても注意されても強く勧められても子供は普通勉強しない。
自分で「勉強しないといけない」と気づくまでは。

これは保険営業でも同じなのだ。

「この保険が絶対お得です」
「このプランがオススメです」
「この設計が有利です」

こんなことをいきなり保険営業パーソンに言われてもお客様の心には
響かないのだ。

「なるほど!」「言われてもみればその通り」「それは絶対必要!」
とお客様が気づいて初めて保険の提案を理解し受け入れるのだ。

多くの保険営業パーソンはこれをする前に売り込むからうまくいかないのだ。

あなたがやることは安くてお得なプランの提案書を印刷することではない。

お客様から「なるほど」「そうだったのか!」「それ必要」という
言葉をもらうことだ。

どうすればそんな言葉がもらえるのか?
その言葉をもらった後どうすればいいのか?

その答えはすべてここにある
■反応がいいアプローチトークとは?

「新商品が発売されたのですが・・・」
「○○保険について少しお話したいのですがよろしいですか?」
「▼▼保険にはお入りですか?」

こんなトークで「ちょうどその保険に入りたかった!」という
お客様の答えを得るのは奇跡といって程稀だ。

ほとんどの場合「結構です」の一言で終わってしまうのではないか。

一方でお客様が身を乗り出すようなアプローチトークも存在するのだ。

例えばお客様が年配者の場合。

あなたはご年配の方どうしの会話を聞いたことがあるだろうか?

趣味の話、旅行の話、家族の話・・・話題はいろいろあるだろうが
ダントツの一番の共通の話題は「健康」について。

血圧が~~血糖値が・・・血圧が○○、ウコンは体にいい・・・などなど。

こんな話題は本当に多い。

保険営業パーソンにとって残念なことかもしれないが「保険」に対する
関心は低い。

ある程度のお歳の方は「保険」ではなくて「健康」に興味があるのだ。

1.どうしたら病気にならないか?

2.仮になったとしたら、どうしたらそれを早く見つけられるか?

3.仮になったとしたら、どうすれば完治できるか?

大雑把に分けるとこの3つに集約されると言っていいかもしれない。

この部分をアプローチトークにするのだ!!

「保険」の話題ではなく「健康」。

これで年配者の気持ちはぐっとつかむことができる。

もちろん最終的に健康に関する「問題点」「不安」を解消する手段として
「保険」が不可欠であることを年配者に納得してもらうような話の展開も
重要だ。

いかがだろうか。

アプローチトークによってあなたの営業の成果は大きく変わるのだ。

もっとアプローチトークを勉強したいならこちらを読んで欲しい。

現役トップ生命保険営業マンがあなただけに教える
これだけ話せば「契約が挙がる」生命保険営業トーク!


トップセールスの生命保険営業トークをまとめた89ページマニュアルだ。

マニュアルの中で特にマネできると思った部分を挙げると

・絶対してはいけないこと!まさか初めて会ったお客様に○○を聞いていませんよね?
 その○○とは?

・ トーク効果倍増!これは必ず見せてもらいましょう!そのアイテムの○○とは?

・ 初回アプローチでお客様が聞いて、感じている、ただ一つの○○とは?

・お客様が自分では気づかない、保険の故障を見つける?その方法とは?

・フロントトーク30分で99%契約ゲットする、恐るべきトークとは?

・映画やレストランのように、良い内容ならば身内や友人に必ず話したくなる
 幻の初対面トークとは?

まずはそのままマネをしよう。

詳しくはこちらを読んで欲しい↓
現役トップ生命保険営業マンがあなただけに教える
これだけ話せば「契約が挙がる」生命保険営業トーク!






■池上彰型セールス

相変わらず続く超円高。

先日会った保険営業パーソンは円高だからお客様に
外貨建ての変額年金をがんばって売りたいと話していた。

もちろんこの考えは間違いではない。
これで大きな成果がでるかもしれない。

しかし2012年以降大きくライバルに差をつけ
巨額なコミッションを稼ぐ保険営業パーソンは
円高を活用して保険を勧めるのではなく

円高とは一体どんなことなのか?
円高の後、どんなことが起こるのか?
ということをお客様がわかりやすいように説明できる人
だと確信している。

「円高だからこの保険がお勧めです」ではなく
円高を詳しくお客様に理解してもらい、お客様自身に
判断してもらうのだ。

「そう考えてくると外貨建ての保険に今入った方が
いいですね」とお客様に言ってもらう流れを作るのだ。

売り込むのではなくお客様が自分で選択するのだ。

自分で決めれば満足は大きい。人に勧められるより自分で
判断し自分の意志で選んだ方が満足度は高い。

満足度が高ければ人に話したくなる。つまり紹介に繋がる。

こう表現できるかもしれない。
売り込み型のセールスではなく
池上彰型のセールスに大きなチャンスがある。

池上彰型セールスがあなたのスキルになれば、あなたは
無理に売り込み必要はない。売れなくてストレスで
胃がキリキリ痛む心配ももうない。

お客様が自分で喜んで保険を選んでしまうのだ。

ほんの少しの差で大きく結果が変わることに気づいて欲しい。

池上彰型セールスをあなたのスキルにしたいなら
まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう



インタビューCDの内容の一部を挙げると

・なぜ保険より資産運用にチャンスがあるのか?

・お客様が殺到するセミナー集客の仕組みとは?

・なぜセミナー参加者の9割がコンサルティングを受けたいと言うのか?

・売上の秘密はセミナーのアンケートにある!

・実際にセミナーで話す内容について

・1万円の本当の価値を説明するとお客様は身を乗り出す

・国債はこう説明しろ

・日本の財政を知ればお客様の目の色は変わる

・インフレ・長期金利・資産の分散がキーワード

・商品を勧めない個別コンサルティングで話していることとは?

・最終的に売れてしまう商品とは?

・死亡保険や医療保険を取り扱わない理由とは?

・有料の会員組織のお客様が集まる秘密とは?

さあまずは知ることから。
あなたの営業の切り口は「万が一」だけだろうか?
資産運用を切り口に新しい道を作ってはどうだろう?



■セールス不要の問題解決型保険営業術

あるスーパーの話。

さんまを1匹まるまる(そのままの状態で)売っていた魚売り場の
担当者が、夕方にさんまをおろして(はらわたなどを取って
すぐ食べられるようにして)店頭に並べたという。

そうすると通常の3倍さんまが売れたのだ。

仕事を持っていて忙しい主婦や魚をおろすのが苦手な人に受けた
と考えられるのだが・・・

さんま自体、別に品質がよくなったわけではない。値段も変えて
いない。販売する人がいつもより声を枯らして売ったわけでない。

しかし売上3倍になるのだ。

商品自体の質や値段を変えなくても「売り方」を変えるだけで
売上アップさせることも可能になるのだ。

もちろんこれは保険営業でも同じ。

「万が一のために」
お客様にこう言って、できるだけ安く有利な保険を売り込むことは
決して悪いことではない。

しかしネット販売やテレビ通販の影響でますます競争が激化する中
さらに少子高齢化でマーケットが縮小する中で
今までと同じ「売り方」が有効でなくなってきているとは感じないか?

保険営業パーソンは”みんなと同じ”ではなく新しい「売り方」を
していかなければ生き残っていくのは難しい時代が来たと言って
いいかもしれない。

では新しい、今まではとは一味違う保険の「売り方」とは?

1つは「資産運用」を切り口にすることだ。

言い方はおかしいが「万が一」のことを話題にするのではなく
「万が9999」のことを中心に話をするのだ。

1500兆円と言われる日本人の資産。ここで勝負するのだ。

お金を持っている年配の方は自分のお金をどこに預ければいいのか
迷っているし、若者は自分の将来の年金に大きな不安を抱えている。

チャンスがあるとは思えないか?

もちろん終身保険や年金保険の設計書を持って保険を説明しても
うまくはいかない。

そんなことはしなくていい。

年配者そして若者が持っている不安を取り除いてあげるだけでいいのだ。
彼らが抱えている問題を解決すればいいだけなのだ。

売り込みはいらない。
不安を取り除き問題を解決すれば保険は売れてしまうのだ。

さああなたも1500兆円という巨大なマーケットで暴れて
みないか?

「資産運用」を切り口の問題解決型、不安解消式保険営業ノウハウを
勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう






■ドクターにこう言わせれば保険は獲れる


ドクターマーケットを新規開拓する時、ドクターにこう言わせば
面識がない場合でも面談できるチャンスが大きく広がる言葉がある
と今回インタビューした鈴木氏は言う。

それは・・・

「何であなたがこんなことするの?」

保険の営業パーソンが普通に保険の案内をすれば、間違いなく
この言葉は出てこない

ドクターが持っている問題や悩みを解決・解消すること
すなわちソリューション営業をアピールするからこそ
こんな返答があるのだ。

もちろん、お役立ちだけで終わりではない。
「私のビジネスは保険を売ることですが、お客様から信頼を
得なければ何も始まりません。ですからこう言ったサービスを
提供しているのですよ」
とソリューション営業をする意味と保険販売をしてお金を稼いで
いることをはっきり伝えることも重要なのだ。

年間2億円以上稼ぎ続ける鈴木氏が売る保険は何か特別なプランや
裏技満載の提案が多いように思われるが、実は最終的に獲れる
保険の内容は特別なものはない。

誰もが1度や2度提案した経験がある、相続対策プランや
退職金準備プラン、節税プラン、ドクター個人の保障などだ。

多くの人はその結果ばかりを真似しようとする。

どうやって契約単価をアップさせたのか?どうやってうまく保険を
説明したのか?ばかりを追い求める。

しかしこれでは鈴木氏と同じ結果を出すことはできない。

結果ではなくプロセスを真似すべきだ。

石川遼選手のようなゴルファーになりたければ、スイングを真似
するだけでは同じようなスコアはでない。
練習やトレーニングからつまりプロセスを勉強しなければ
ならない。

保険営業、ドクターマーケットも同じなのだ。

我々が学ぶべきプロセスの1つがドクターからのあの言葉なわけだ。

さあトップセールスマンのプロセスを学ぼう。

本人がダイレクトに話すCDだからこそ本質を学ぶことが
できるのだ。本などの紙では伝わらない独特の雰囲気を感じ取れる。

詳しく勉強したい方はまずはこちら↓を読むことから始めて欲しい。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?






■保険にたくさん入っている人がチャンス!

少し郊外に行くと、24時間営業の無人のコインランドリー
の新店舗を最近よく見かける。

コインランドリー=洗濯機を持っていない人のためのもの
としか発想できない人は注意が必要だ。

不況でも売上を伸ばせる、成功できるビジネスパーソンは
家に洗濯機を既に持っている人にコインランドリーを使わ
せることも同時に考えるはず。

例えばランドリーにこんな貼り紙をしたらどうだろうか。
「家では洗うのが難しい大きなカーテンや毛布が洗えます」

店の前を通りかかった人に「そういえばカーテンもう何年も
洗えてないな。」「言われてみれば、他の洗濯物があるから
毛布はいつも後回しになっていた!こんな方法があったか!」
と気付かせることが可能になるだろう。

新しい利用法に気付かせる・・・すなわち眠っていたニーズを
掘り起こせば、家に洗濯機がある人にコインランドリーを
使わせることもできるのではないか。

ライバルに勝つためには、商品やサービスを欲していない人
正確にいえば、自分が欲しいことにまだ気づいていない人の
ニーズを喚起し行動させるスキルがますます不可欠になると
私は確信している。

これはドクターマーケットの新規開拓でも同じ。

保険に全く入っていないドクターはまずいない。
多くのドクターは普通の人よりも多く加入していると言っていい。

それにもかかわらず、保険の設計書を持って訪問することは
家に洗濯機がある主婦にコインランドリーを使って欲しいと
ただ単にお願いすることと同じだ。

訪問の目的を変えるべきなのだ。

保険を売ろう!ではなくて、ドクターがどんなニーズや悩みを
持っているか探しに行く!・・・こんなスタンスなら全く別の
アプローチになるはずだ。

アプローチが変われば、相手つまりドクターの反応も変わる。

反応が変われば面談のチャンスが大きく広がる。

「5分でいいですから話を聞いてください」と保険営業パーソンが
言っている間は成功しない。

ドクターに「話を聞かせて欲しい」と言わせるのだ。

詳しいノウハウをあなたのスキルにしたいならこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?









■がん保険からの法人生保新規開拓

今回紹介するCDのインタビューの中で特に私が感動した提案をここで1つ
挙げるなら、社長個人のがんに対する保障としてがん保険を法人契約で
提案するアイデアだ。

がん保険を節税で利用する場合は除き、法人契約は意味がないと私は
考えてた。しかし実は保障目的のがん保険でも法人契約は有効なのだ。

単に法人で契約するのではなく、契約者と受取人をある条件の元に社長
個人に変えるのだ。1度変えて終わりではなく、状況によってまた戻す。

これをナント何度でも繰り返す。

多くの社長は自分のがん保険を個人契約している。仮に月払5万円の
保険料を払っているとすれば、それは会社から社長に支払われた役員
報酬から負担するわけだ。

役員報酬には所得税や住民税そして社会保険料や年金の費用などがかかる。
一般的に社長は所得が高く、それに比例して税率も高いケースが多いから
社長が5万円の手にするためには、会社はその倍額に近い役員報酬を
支払わないといけない。

一方がん保険を法人契約の場合は法人の負担は5万円で済み、保険料は
経費となる。ただし法人契約の場合は万が一の場合の保険金も法人に
支払われてしまう。

そこで一工夫が必要になる。契約者と受取人を一定のルールのもとに
社長個人に変えて・・・保険料は会社経費で負担し、保険金は個人が
受け取ることができるように提案するのだ。

こんなおいしい、一石二鳥とも言える提案を受け入れない社長が
果たして存在するだろうか?

このノウハウ1つを知っただけでもあなたはきっと新規契約の
獲得のアイデアがいくつも浮かんだはずだ。

あなたの既契約者の中で、個人でがん保険を契約している社長は
いるだろうか?

おそらくほとんどの社長が個人でがん保険を契約しているはず。
すべてが契約になるとは限らないが、この提案ノウハウでテーブル
につく(話を聞いてもらえる)チャンスを引き寄せる確率が上がる
のではないか。

もちろんがん保険を獲ることだけが目的ではない。これをきっかけ
にしてもっと大きな契約を狙えばいい。

がん保険を切り口にセミナーやDMをやってみるのもいい
アイデアかもしれない。

税理士へのアプローチするのもいいでしょう。がん保険を損金で
落としながら保険金は個人で受け取れるプランに関心を持つ税理士
の先生は少なくないでしょう。 クライアントを紹介してもらっても
いいし、税理士との提携のきっかけになるかもしれない。

たった1つの提案ノウハウだけで、アプローチの幅、新規法人開拓の
選択肢が広がる。もうあの何度も何度繰り返した、反応が良くない
保険のリストラや見直しを嫌な顔を社長に提案しなくていいのだ。

がん保険の提案は亀甲氏がお話いただいたもののごくごく一部。

まだまだ法人を開拓できる生保の提案アイデアはたくさんある。

そのアイデアをあなたのスキルにしたいなら
まずはこちら↓を読んで欲しい。
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?





■返戻金のピークを先に延すウルトラC

「解約する時期と社長の退職する時期を合わせればいいのです」
以前私が節税プランで逓増定期を販売する際よく言ったトークだ。

解約返戻金のピークと社長の退職時期を合わせる

言葉で表現するのは簡単だが、実際にやってみるとこれって
非常に難しい。

不況や円高その他予測できない事態が会社に起こり
予定していた時期に退職できないという社長が多い
つまり退職を先に延ばすというケースが増えているのではないか。

近い将来解約返戻金はピークを迎えるが社長はその時期に退職できない
こんなアンマッチが全国で今たくさん起こっていることが予想できる。

ここに保険営業パーソンは大きなチャンスがあることに
気づかなければならない。

返戻金のピークを先に延す提案ができれば大きな武器になる
のではないか。

しかも会社の負担は変わらず、平たく言えば損しない形の
提案ができれば、他社の契約をひっくり返す大きな転機となるはずだ。

詳しくは今回紹介するインタビューCDの
「逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!」という
部分を聴いて欲しい。

多くの営業パーソンは保険に加入する時は熱心だが
今回のようないわゆる”出口戦略”のガードは甘いものだ。

返戻金のピークを先に延す提案ノウハウがあれば
「もう既に加入しているよ」という今までは聞きたくもなかった
社長の断り文句が、天使の言葉に変わるのだ。

逓増定期などに加入していない法人ターゲットを探そうとするから
なかなかうまくいかない。

今回のノウハウがあなたのスキルになれば、既に入っている法人が
完全にターゲットになる。

いかがだろうか。

あなたの発想、ターゲットを大転換させる提案ノウハウを勉強したいなら
まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?