2012年02月

ここでは、2012年02月 に関する情報を紹介しています。
■万が一と言わない営業トーク

少し考えて欲しい。あなたが自動車を売る場合
自動車をどのように「定義」して販売するだろうか?

自動車をごくごく一般的に「移動するための手段」と
定義した場合、移動の少ない人には売れにくい。また同じ
移動手段である電車やバスとの競争になる。

もちろんこう定義してがんばって売ることも悪くはないが
全く別の定義することで大きなチャンスが生まれてくることに
気づいて欲しい。

例えば自動車を「女性にもてるための道具」と定義したら
どうだろう。いい車で、もてるとは一昔前のことかもしれないが
こう定義することで、移動がない男性にも売るチャンスは
広がるし、バスや電車との競争にはならない。

少し頭を使えば定義の仕方はまだまだある。
「キャンプで寝るための施設」「自分がお金持ちであることを
誇示する道具」「ドライブでストレスを発散するもの」など
いかがだろうか?

きっとそれぞれの定義のやり方次第で販売するチャンスが
生まれるはずだ。

大切なことは自動車=移動手段と決めつけないことだ。

これは法人保険営業でも同じ。

「保険=万が一の時の備え」とだけ定義したら、とてつもない
競争に巻き込まれることは間違いない。

この定義の仕方を工夫することが重要なのだ。

「簿外に資産を作る道具」「税制のメリットを受けながら
社長の年金の原資を作れるもの」「法人から個人に効率的に
資産を移動させる手段」などなど定義の仕方はいろいろ
あるはずだ。

単なる万が一の備えという捉え方ではなく
法人に大きなメリットを与える高度な金融商品の1つとして
提案できれば、ライバルの保険営業パーソンと差別化できるのだ。

そんな提案方法を勉強したいなら
まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



■安さより使い方

先日聞いた神田昌典さんのCDでテレビ会議を
高価なテレビ会議システムではなく”あるもの”で
代用している会社の社長がインタビューされていた。

あなたはこの”あるもの”の予想がつくだろうか?

実はプレイステーション。

何十万円場合によっては100万円以上する高いシステムを
買わなくてもこれで十分だという。

プレイステーションを売る側から考えると単なるゲーム機
として宣伝するだけではなく、テレビ会議ができるものとして
アピールすれば、また別の需要が期待できるということではないか。

商品自体の性能や値段をアピールするのは決して悪くないが
大きな差別化がしにくくなった時期には「使い方」の
提案で新しい需要を掘り起こすことが可能になるはず。

以前ジャパネットタカタは声を録音できるボイスレコーダーを
テレビで販売していた。

普通の販売者ならボイスレコーダーの音質がいいとか録音時間が
長いとか軽くて便利とか安いことだけをアピールする。

しかしジャパネットは性能や値段に加えて
ある家庭のお母さんと子供の「使い方」を映像で紹介していた。

その映像は・・・子供が帰宅するとテーブルの上にボイス
レコーダーが置かれている。そして再生ボタンを子供が押すと
お母さんの声で「おやつのケーキが冷蔵庫に入っています。
今日は5時ごろ帰りますので食べて待っていてね」という
メッセージが流れるというものだった。

普通ボイスレコーダーというと記者が取材相手の声を録音するとか
会議を録音するというようなビジネス利用がほとんどだろう。

しかしジャパネットが流した映像で、ボイスレコーダーを使う
なんて今まで想像もしていなかった多くのお母さんが「こんな
使い方いい」「そうそう、こんな商品が欲しかった!」と
なったはずだ。

みんなが気付いていない「使い方」を提案することで需要を
掘り起こし成功した1つの例ではないか。

さああなたの保険営業でも今までしていなかった、みんなが
気付いていない「使い方」を提案しよう。

ライバルと差別化できる法人生保の提案ノウハウ
を学びたいならこちらを↓読んで欲しい。
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?

■これで赤字法人に保険が売れる

「不況の影響で生命保険に加入する余裕がない法人が多い!」
「保険の話を出した途端に社長に断られてしまう」
こう言う保険営業パーソンは非常に多い。

確かに事実かもしれない。明日食う米がない社長や従業員の給与の
支払いに困る企業に法人プランを提案しても可能性はないだろう。

しかし保険営業パーソンは気づかなければならない。
儲かって利益がでている法人だけに保険を販売するチャンスがある
わけではない。

実は赤字や利益がでていない法人であっても”やり方次第”で
保険は売れるのだ。

例えば今回紹介するCDの中で語られている「社長のがん保険は
法人契約を提案せよ! ~名義書き換えマジックで差別化する方法~」
という提案手法。

この提案ノウハウを使えば、個人でがん保険に加入している社長が
あなたの大きな工作ターゲットになることは間違いない。

よく考えて欲しい。ほとんど社長が自分の保障のために入る
がん保険は個人契約ではないか。節税目的を除けば、保障のために
法人契約している社長を見つける方がよっぽど難しい。

法人自体に利益が出ているとかどうかは関係ない。
このプランを提案できるターゲットは無限と言っていい。

たった1つの提案ノウハウをあなたのスキルにするだけで
工作先を広げることが可能になるのだ。

「不況でも保険営業パーソンはとにかく行動すれば結果がでる」
という人がいる。

私はこの意見に反対だ。何も武器を持たなければどこをどうやって
攻めればいいか、わからない。アイデアも浮かばない。

しかし優れた武器や戦術を持てば話は変わってくる。自然に
開拓する先やアイデアがわき出てくるのではないか。

さああなたも可能性を広げる法人生保提案ノウハウを勉強しよう。

まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?





■社長にこの質問をしろ

多くのトップセールスの人はお客様を説得しようとはしない。
お客様が納得するように「質問」をするもの。

トップセールスは無口だという話しを聞いたことはないか。
それは単に寡黙ということではなくて質問しお客様がしゃべっている
時間が長いからしゃべる必要がないということなのだ。

例えば燃費がよく減税対象のコンパクトカーを売る場合売れない
営業パーソンは「燃費もよくて小回りもきいて減税にもなります。
絶対この車を買った方がいいですよ。お勧めです」と説得する。

一方トップセールスはこんな質問をする。

「エコに関して貢献するお考えはありますか?」
「どんな車がエコに貢献されること思いますか?」
「減税適用期間をご存じですか?それに関してのどのように
感じられますか?」

そしてお客様の口からこんな言葉がでるように導くのだ。
「やっぱり燃費がよく小回りがきく車が時代にあっているね。
それにどうぜ買うなら減税の適用期間に買うべき!」

売る車自体はなにもかわっていない。
しかし「質問」の仕方によって結果は全く変わってくる。

お客様を説得するか
お客様が自ら納得するか

これは法人生保営業でも同じことが言える。

多くの保険営業パーソンは社長を説得しようとするから
うまくいかない。

説得ではなく社長に納得してもらうのだ。

では納得してもらうにはどんな質問をすればいいのか?

情報ソースはここに↓ある。
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?


CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?





■設計書なしで社長に即決させる技術

「そんな都合のいいものあるの?」
こう社長に言わせれば詳しいプランを説明する前でも
80%の確率で契約は獲れると私は確信している。

さらに
「では本当にこんなことができれば契約していただけますか?」
と突っ込めば、社長からこの時点でYESつまり契約の意思を
もらえるケースもある。

普通、契約をもらう設計書を使ってプレゼンテーションして
クロージングするのが常識。

しかし会話の展開次第では設計書を見せる前に、ある意味
予約をとる、契約の意思を確認できるのだ。

もちろんすべては社長の「そんな都合のいいものあるの?」
とか「そんなこと本当にできるの?」というある種、驚きの
言葉を引き出すことからスタートする。

「終身保険は保障が一生続きます。」では社長は驚かない。

常識とは違う、社長が大きなメリットを感じる投げ掛けで
なければならない。

社長が驚く投げ掛けをして設計書を見せる前に予約をとる
ノウハウを勉強したいならまずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!



CDで内容の一部を挙げると

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。



■無料動画セミナー

CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!
の一部を公開

こちらをクリック(約4分間)



■取材を申し込めば法人生保は売れる!

法人開拓において有利なプランがあれば、社長が必ず話を
聞いてくれるかというと世の中そんなに甘くはない。

目の前に社長が座りプランをじっくり見てくれれば道は開けるはず。

では有利なプランを使って社長を目の前に座らせる方法とは?

1つは・・・売り込みではなく「相談」をするのだ。

売り込みをしたいから時間をくださいとお願いするのを
止める。

有利なプランを考えたから経営のプロであって信頼できる
社長の意見を聞きたい!教えて欲しいと言うのだ。

頼られたり相談されて嫌になる人は少ないもの。
アポイントが取れる確率がぐっと上がるはずだ。

特に「教えて欲しい」「勉強させて欲しい」という
言葉は相手の心に響く。

またなぜ意見を聞きたいのか理由を明確にするとなおいい。

「このプランで新規の法人を開拓するプロジェクトがあります。
果たしてこのプランが実際に経営者の方が必要とするものなのか
経営センスに優れている社長様の意見を聞いて検討しようと
いうことになりました。・・・」こんな感じだ。

売り込みより相談・・・もっと極端に言えば取材に近い
感覚でアプローチすればきっと社長の反応は変わるはずだ。

もちろん社長に見せるプランが「なんだ、そんなの知っているよ。」
と言われるものでは元も子もない。

有利なプラン、社長が知らないプランをあなたが持っている
ことが前提になる。

有利なプランを詳しく勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!



■少子高齢化で売れる保険とは?

富士フィルムという会社をおそらくあなたは知っているはずだ。

この会社名を聞けば「写真用のフィルム」を思い浮かべるだろう。

今更説明するまでもないが、フィルムを使った写真はデジカメの
普及で一部のマニアやプロを除いて激減している。

では富士フィルム自体が売上が大幅に下がっているか?

実は全く逆で2010年の決算は好調で利益も配当も出している。

様々な理由が考えられるが写真のフィルムから需要拡大が見込める、
フィルムとは全く別の「健康食品」や「化粧品」に進出したという
のが大きな要因の1つではないか。

市場が小さくなれば別の分野で勝負する!
富士フィルムに限らずこれはビジネス成功の鉄則に違いない。

これは保険営業でも同じ。

少子高齢化で日本の保険のマーケットは小さくなることは確実だ。
さらにネット販売やテレビ通販などの影響で保険料が安くなって
いるのも間違いないのではないか。

保険に入る人自体が減り、入る金額も小さくなる

それでもあなたはここの分野だけで勝負を続けるのか?

もちろんだからと言ってがん保険や終身保険を今すぐに売るのを
止めてしまうことを勧めているわけではない。

富士フィルムのように別の部分に目を向けることが厳しい競争を
勝ち抜くためには大切なのでは?

あなたのすぐ横には今も拡大を続けている分野があるのだ。

ここ20年で日本人の資産は1.5倍になったという話を聞いたことが
ある。先行き不安や震災の影響もあって、お金を使うよりは貯めるという
傾向が今後ますます強くなるとは思わないか?

そう今こそ1,500兆円あると言われる日本人の資産に保険営業
パーソンは目を向けるべきだ。

年齢に関係なく
健康状態にも左右されない

これからますます大きくなることが確実な「資産運用」の分野で
保険を売ることをあなたの武器の1つにしないか?

資産運用を切り口に保険契約を撮り続けるノウハウを知りたいなら
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう


インタビューCDの内容の一部を挙げると

・なぜ保険より資産運用にチャンスがあるのか?

・お客様が殺到するセミナー集客の仕組みとは?

・なぜセミナー参加者の9割がコンサルティングを受けたいと言うのか?

・売上の秘密はセミナーのアンケートにある!

・実際にセミナーで話す内容について

・1万円の本当の価値を説明するとお客様は身を乗り出す

・国債はこう説明しろ

・日本の財政を知ればお客様の目の色は変わる

・インフレ・長期金利・資産の分散がキーワード

・商品を勧めない個別コンサルティングで話していることとは?

・最終的に売れてしまう商品とは?

・死亡保険や医療保険を取り扱わない理由とは?

・有料の会員組織のお客様が集まる秘密とは?

さあまずは知ることから。

あなたの営業の切り口は「万が一」だけだろうか?
資産運用を切り口に新しい道を作ってはどうだろう?




■クロージングの選択肢を増やせ

多くの保険営業パーソンはお客様と面談し保険の話をすると
最終的には(当たり前だが)契約するかしないかの二者択一
をせまる。

決して間違いではない。営業パーソンとしては常識だ。

一方、今回インタビューした松井氏の場合は違う。

お客様に提供する選択肢が多いのだ。

セミナーに参加し松井氏の話を聞いたお客様は契約を
するかしないかだけではなく
・個別に話を聞く
・またセミナーに参加する
・有料の会員組織に加わる
などなど多くの選択肢を与えられるのだ。

中にはセミナーに10回参加してから個別のコンサルティングを
申込むお客様もいるし、有料の会員組織に参加して十分情報を得て
から契約する方もいるという。

すぐに結果を求めない、長期の視点を持つとも言えるが
あなたの保険営業でも「選択肢」の部分を工夫してみないか?

よく考えてみるとお客様にはいろいろなタイプがいる。

話を聞いていいと思ったらすぐに購入したい方
じっくり納得のいくまで考えたい方
他の情報も得てから決めたい方

お客様には様々なタイプがいるのに、営業パーソンの都合だけで
選択肢をせばめてしまうのは考え直す価値があるとは思わないか?

お客様の選択肢を増やしお客様のペースで契約まで進める
営業ノウハウを勉強したい方はまずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう

■社長と話せる魔法のキーワード

”週1回の出社で年収8000万円の社長”が書いた本を
先日思わず買ってしまった。

同じ経営者として、どんな仕事をどんなやり方でやっている
のか非常に興味を持ったので、予定外の買い物をしたわけだ。

もし”24時間休みなしで働き稼ぐ社長”の本なら私は
購入しなかっただろう。

「週1回で8000万」という常識とはかけ離れた、
予想を超えるキャッチコピーに反応し行動を起こしたわけだ。

多くの社長、経営者は「非常識、予想外」に興味を持つのだ。

これは法人保険営業でも同じ。

常識通りの今までの保険営業パーソンが繰り返ししてきた提案を
しても社長が関心を示す確率は低い。

一方、今回のCDで語られている
「変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案」なら
どうだろうか?

簡単に言えば「変額保険の運用をわざと失敗しましょう・・・
そうすればいいことがありますよ。」と提案するのだ。

「そんなバカな!」「なにそれ??」という社長の言葉が
予想できないだろうか?

この提案を何としても売ることが最終目的ではない。

社長に興味を持ってもらい、あなたの目の前に座ってもらうことが
目的なのだ。

毎日、毎日、あなたの話を真剣に聞いてくれる社長がいたら
あなたの成績はどうなるだろうか??

さあ現状を打破しよう。小さなきっかけが大きな成果を生み出すのだ。

まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



■ベンチャー企業にはこの提案

先日顧問先を順調に増やしている税理士の先生と話す機会があった。

不況や円高の厳しい状況の中、利益を出しているのは設立して
数年でスタッフ数名、しかも社長が比較的若い小規模の法人が
多いと言う。

「若い社長と社長の奥様そして数名のスタッフで利益が出ている法人」

こんな法人に保険を提案する機会があったら、あなたはどんな
ことを考えるだろうか?

とにかく保険料ができるだけ損金になるようなプランを考え
返戻率のピークで解約して、解約金を社長の退職金原資とする!

こんな提案も悪くないだろう。しかし会社設立間もない若い社長は
自分の退職の時期を決めていないケースも多いし、社長に就任して
日が浅い場合は退職金として認められる金額も少ない。つまり税の
メリットを受けにくい。

このプランがいけないというわけではなく、大切なことは
いくつものアイデア・提案ができるかということではないか。

「これがお勧めです」と1つのプランを売り込むだけではなく
「こんなプランもあります」「こんな方法もできます」と
社長に複数の選択肢を与えられることができれば厳しい競争に
勝てるし、ライバルと差別化できるはずだ。

今回紹介するCDではそんな選択肢を増やすことができるのだ。

例えば今回のケースなら法人契約で収入保障保険を勧めることが
有効なプランであることにあなたは気づくだろう。
社長に万が一のことがあった場合、退職金とは別に社長の奥様が
毎月役員報酬として一定の金額を受け取る仕組みを作ることが
できるのだ。

詳しい提案方法を知りたい方、法人への提案の選択肢を
増やしたい方はまずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?


CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?
■年収3,000万円の人に保険を売れ!

先日、ある新聞で修習期間を終えた弁護士がいきなり独立するケースが
増えているとの記事を読んだ。志を持って独立するのではなく、就職先
が見つからず独立せざるを得ない事情があるという。

就職できない弁護士とは・・・まさに驚きです。

さらに驚いたのは先日インターネットで目にした弁護士の年収。
以前より減少傾向にあり平均年収はナント680万円だそうだ。

合格までに短くても数年、場合によっては10年を要する人もいる
超難関の試験を突破した上でのこの数字を少ないと感じるのは
私だけだろうか?

一方医師の平均年収は、開業医3,000万円。
勤務医でも1,250万円といわれている。

この事実だけを考えてもドクターマーケットを開拓する価値があるとは
思わないでしょうか?

医師免許保有者数は250,000人
診療所(病床数0~19床)いわゆる開業医は全国で約96,000軒
病院(病床数20床以上)は全国で約9,000軒

あなたの目の前にはこんな巨大なマーケットが広がっている。

昔より増えたと言われるコンビニでも3万店。10万以上の軒数
25万人の医師そしてどんな職業よりもダントツで高い年収・・・
それでもあなたは一歩を踏み出さないだろうか?

ここで説明するまでもないが、当然ドクターからもらえる契約の
単価は一般のお客様よりもはるかに高くなるはず。

“既契約よりも月々5千円高くなるから払えない”なんていう
よくあるお客様からの断り文句とは無縁の世界だ。また保険料の
支払いができなくなるケースもほとんどないでしょうし、財政的な
理由の解約も稀なことは確実だ。

一度契約をいただければ紹介してもらえるお客様も同じドクターか
またはそれ相応の方であることは間違いない。

生命保険だけではなく多種目の販売でもドクターマーケットは
チャンスがあるとは思わないか?

ドクターの乗っている車を考えて欲しい。
ドクターの自宅を想像して欲しい。
自動車保険、火災保険・・・契約を増やすチャンスは無限だ。

しかもドクターマーケット開拓に成功している営業パーソンは
まだまだ少数。最高にいいマーケットが荒らされていないわけだ。

さあ勇気を持って行動を起こしましょう。

まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?



CDで語られた内容の1部を紹介すると

・保険営業で成功できない人の見込み客の考え方とは?

・ドクターマーケットを開拓する前に準備するべきこととは?

・最低限知らなくてはならない知識・法律とは?

・工作ターゲットの決め方とは?

・初回訪問のやり方

・継続訪問では何をすればいいのか?

・工作中止する判断基準とは?

・ドクターを面談に導くテクニックとは?

・契約に繋がる「未来話法」とは?

・「保険は税理士に任せている!」と言われたらなぜ大きなチャンスなのか?

・ドクターに共通する悩みとそれを解消する提案方法

・私が病院の時計の位置をアドバイスする理由

・看護師の私語にチャンスあり

・これで信頼を掴める!人材に関するソリューション営業とは?

・保険を売り込むな!保険の話に嫌でも繋がる話題とは?

・口下手でも開拓できる魔法のツールとは?

・医師の組合で現在開催しているセミナーの内容とその成果とは?




■診療点数改訂を保険契約に繋げるノウハウ

少し変な言い方かもしれないが・・・
保険を売ることが最大の目的ではドクターマーケットを開拓することは
難しい。最終的に大きな成果・コミッションを得ることも困難だ。

最大の目的はドクターの悩みや問題を解消・解決することで、その手段
・道具として生命保険が必要不可欠になってしまう流れを作ることが
重要だ。

例えば診療点数の改訂で収益が減ることに悩んでいるドクターがいた
とする。この手の悩みは多くのドクターが抱えているケースが多い。

あなたならどうするだろうか?

今までの多くの保険営業パーソンは自分には関係ない話題だと
気にも留めないだろう。

一方、今回紹介するCDでインタビューした鈴木氏は最高のチャンスと
捉え、解決策をアドバイスする。

こんな流れだ。

まず収益改善の方法は2つあることを示す。1つは経費削減
もう1つは患者を増やすこと。
       ↓
安易な経費削減、一番手っ取り早い人員のリストラはサービス低下や
スタッフの士気低下を招き得策でないことを理解してもらう。
       ↓
患者を増やす有効な手段として、スタッフの再教育も含めた
増患の為の対策を全員で話し合うということを提案。
       ↓
話し合いのやり方も助言
       ↓
就業規程をしっかり作り、服務規定を皆で読み解く勉強会を
ドクターも参加し実施する事を提案。

はっきり言うと保険とはまるで関係ない助言や提案、アドバイス
ばかりだ。

しかしこんな流れを作ると100%次の展開があると言う。
次の展開には3つの主なパターンがある。

1つは別の悩みや問題を新たに相談がある。この場合、また解決策を
提案する。これを繰り返すことで・・・最終的にはお金の相談になり
黙っていても生命保険を解決の道具として使わざるを得ない状況になる。

2つ目は勉強会を実施する際、就業規則を見直しした際、退職金規定
などに不備が見つかり、それを解決していくと退職金プランの契約に
繋がるパターンだ。

3つ目は一連の患者増加方法のアドバイスに感激し、ドクター自ら
保険の話題を出すパターンだ。

いかがだろうか。

保険に関係ない提案、アドバイス。一見遠回りに見えるかもしれないが
実は最高に近道なのだ。

設計書を片手に保険を売り込んでいる営業パーソンを無視して
あなたも新しい営業の流れを作ってみないか。

ライバルは驚く程少ない。ドクターに保険を売り込む人は星の数ほど
いるが、患者増加のアドバイスをする保険営業パーソンは少ないはずだ。

ライバルと違うことをすれば差別化できる。差別化できれば競争に
楽々勝てる。非常に明確な論理だ。

ソリューション営業でドクターマーケットを新規開拓するノウハウを
あなたの一生のスキルにしたいならまずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?

■「ね」と「か」の違いで保険は売れる

FPである自分がいい生保のプランを作ってお客様にうまく提案する!
ずっと私がやってきた営業スタイルだ。

これで思った通りの成績が残せるなら何も変える必要はない。

しかしもしもあなたがもっと成果を出したいとか今の結果に100%
満足していないなら、こう考えてみてはいかがか?

「お客様と一緒にプランを練り上げていくことが提案だ」

車販売で例えるなら・・・

完成された車をお客様の目の前に出して、その性能や燃費の良さを説明し
買うか買わないかをお客様に問ううのではなく

タイヤはどうするか、エンジンはどんなものが好みか?ボディーは?
ブレーキは?と一つ一つお客様の希望や要望を確認しYESと言った
部品で一緒に車を作り上げるイメージだ。

すべての部品にYES、OKと言った車が目の前にあったら
わざわざお客様に「買いますか?」と質問する必要がなくなる。

つまりクロージングが不要になるのだ。

保険営業でも同じ。

自分がいいと思ったプランを説明し、最後にクロージングというパターン
を止めて、すべての部分で小さなYESをとり、小さなYESを積み上げて
お客様と一緒にプランを練り上げる方法を試してみてはいかがか。

すべての部分でYESをとったプランはクロージングが不要になり
100%契約になると言っていい。

ただし小さなYESをもらう時3つ注意することがある。

1つ目は「ここまでよろしいですかか?」と投げかけて、質問・反論が
お客様から出ればきちんと処理してから次にいくこと。

2つ目は「例えば、AとBではどちらがよろしいですか?」と質問し
はっきりとした「意思表示(返答)」を得てから次にいくこと。

3つ目は決して「よろしいですね?」と聞かないこと。
この聞き方では効果がない。
これは営業パーソンの意見に相槌を打っているに過ぎない。

「よろしいですか?」の質問の後は、沈黙して相手に必ず回答させることが重要。

「よろしいですね」と「よろしいですか?」は「ね」と「か」の一文字しか
違わないが結果は大きく変わってくる。

さああなたの保険営業を変えよう。

もっと提案方法、クロージングに関して勉強したい方はこちらをクリック


■これでできる紹介連鎖

「なんと言えば生保の紹介をもらえるのか?」
「どんなタイミングで紹介を依頼すればいいのか?」
「たくさんの紹介をもらうためにはどうすればいいのか?」

以前の私はいつもこんなことを考えていた。

保険営業パーソンにとって「紹介」は継続的に成績を上げていく
上で最も大切なものと言っていいと思う。

だから多くの紹介を効率的にもうらうためにはどうすればいいのか?
を考えることは当たり前のことだと信じていた。

ある真実を知るまでは・・
私は自分の考えの大きな間違いに気づいたのだ。

「紹介」は契約後にうまいトークや気の利いた依頼でもらえるもの
ではないのだ。

あなたがおいしいラーメンを食べたときのことを思い出してほしい。

今までにないくらいおいしいラーメンを食べて感動した
あなたはおそらく家族や友人や知人にそのラーメンのことを話すのでないか?

別にラーメン屋の店主に「おいしかったら紹介してください」とか
「あなた知人でラーメン好きな人を3人紹介してください」と言われなくても。

紹介をもらう秘訣はどう言うか?とか何を話すか?という小手先の
テクニックではない。

いかにお客様を感動させるが勝負となる。

感動させる???

なんとなく抽象的で難しそうに聞こえるかもしれないが要するにお客様に
「あ~そうだったんだ!」「なるほど!非常にいいことを聞いた!」と
言わせればいいのだ。

勘のいい方はもうおわかりだと思うが・・・
お客様を感動させるのは契約時でも契約後でもない。

プレゼン・提案時なのだ!

つまり紹介をもらえるかどうかのターニングポイントは「プレゼン・提案」
にあるのだ!!

その方法のすべては
CDゼミナール(約1時間20分)
さらばハードクロージング、もう保険契約を勧めるのはやめよう!
プッシュせずにお客様から「ありがとう」と感謝される営業手法


CDの内容を紹介すると

・なぜクロージングをかけると契約は遠のくのか?

・マニュアル通りのクロージングをしなくても新規契約を早くいただく方法とは?

・ハードクロージングをやめればお客様は高い保険料のプランを選ぶ??

・売られたか?自ら入ったか?の違いとは?

・え!!放って置くことがクロージングになる?

・なぜクロージングをかけなくても「紹介」がいただけるのか?

・相続案件も無理にクロージングをかけない??

・私が「こちらをおすすめします」と言わないわけとは?

・プレゼンテーションがクロージング???

・追加契約のお客様から「悪いね!!」と言われる???

・お客様から「ありがとう」と言われながら楽しく営業をするには?


あなたは今までに「紹介」を意識しながら「プレゼン・提案」を
したことがあるだろうか??

私はなかった。
プレゼン・提案の最中は契約のことしか頭になかった。

でもこれが大きな間違いであり思ったような成果が出せなかった原因だったのだ。

さあ今度はあなたの番だ!!

このCDであなたの保険営業を変えようではないか。
そして紹介の連鎖を体験し安心で余裕の保険営業を楽しもうではないか。

■社長の手取りを増やす提案

「社長になかなか話を聞いてもらない」
こう嘆く保険営業パーソンは本当に多い。

嘆くだけではなく、社長が話を聞かない理由を考えると
打開策が見えてくる。

”忙しいから”というのが大きな理由の1つであることは
間違いない。

しかし私はそれ以上に”同じような話を過去にも
聞いているから”という部分が強いと感じている。

生まれて1度も保険の話を聞いたことがない社長なんてまず
存在しない。現実はその逆で嫌と言うほど話をされ売り
込まれているのだ。

それにもかかわらず、同じような保険の話題でアプローチ
するのは得策ではないと考えられないか?

「保険の話よりお金の話」
社長に話を聞いてもらう有効な話題の1つだと確信している。

しかも他の保険営業パーソンとは一味違うアプローチをすれば
話を聞いてもらう確率はぐんとアップするはずだ。

例えば税金の話。

多くの保険営業パーソンは税金の話題でアプローチする場合
法人の税金の話ばかりだ。

あなたはそれを社長個人が払う税金の話に変えるのだ。

法人を活用して・・・
個人の税金を節税しながら合法的に社長の手取りを増やす方法

こんな切り口で関心を全く示さない社長はどれだけいるだろうか?

しかもこの方法は個人の税金だけではなく最終的に法人にも
大きな税的恩恵が受けられる方法だとしたら、どうだろうか?

既に契約をもらっている社長はもちろん、新規開拓の際にも
有効なアプローチ方法であることは間違いない。

一生懸命訪問すれば成果がでる時代は終わったと言っていいかも
しれない。

知恵を絞り、ライバルと差別化することが大きな成果に
繋がるのではないか?

法人生保獲得のアイデア、知恵をあなたのスキルにしたいなら
まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



■5年前に利益が出た法人にアプローチせよ

「解約返戻金は社長の退職金の原資として活用しましょう」
私は代理店の時、法人から生命保険契約を獲る時、この言葉を
繰り返した。

もちろん解約返戻率のピークと社長の退職時期がぴったり
合えばそれはそれでいい。

しかしなかなか予定通りにいかないというのが中小企業だろう。

特にオーナー企業はいわば4番でエースという社長がほとんど。
不景気や円高、震災などの影響で当初予定していた時期に
会社の大黒柱の社長が退職できないというケースは少なくないはず。

ここに大きな大きなチャンスがあることに気づいて欲しい。

こんな退職時期と返戻率ピークの不具合を起こしている法人に
アプローチするのだ。

多くの保険営業パーソンは契約時いわゆる「入口」のガードは
固い。一生懸命営業する。説明も熱心にする。

しかし「出口」はノーガードというケースは多いのだ。

しかも現在契約をただ単に否定するのではなく、現契約を
活用しながら、返戻率のピークを遅らせる(社長の退職時期に
ずらせる)提案ができれば契約の可能性は高くなるとは思わないか?

さらに今までの保険料負担と変わらないプランだったら?

詳しくは今回紹介するCDの
「逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる」という部分を
よく聴いて欲しい。

多くの保険営業パーソンは”今利益がでている法人”に殺到して
アプローチする。

しかし今回紹介した提案ノウハウがあれば5年前とか10年前に
利益が出て何らかの生命保険契約をした法人がターゲットになるのだ。

競争が少ない隠れたマーケット
ライバルがいないガラ空きのマーケットをあなたのものにしないか?

まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?


CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?


CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?





■これでドクターに好かれる

「外を毎日掃除すること」

実は今回インタビューした鈴木氏がドクターの奥様に
アドバイスしたことだ。

奥様が毎日毎日掃除を継続することで、近所から評判になり
結果として、病院の患者が増えたという。

もちろん、奥様やドクターからの鈴木氏への信頼度は高まり
保険契約に繋がったのだ。

掃除と保険

全く関係ない。しかし長い目で見ると繋がるのだ。

「電柱の看板は意味がない」
「病院の時計の位置が悪い」
「看護師の私語はやめるべきだ」

こんな助言をして経験もあるという。

いかがだろうか。

こう考えると、ドクターを新規開拓する切り口はいくらでも
あることに気づいて欲しい。

保険、保険と売り込むことしか頭にないからうまくいかない
のだ。

気づいたこと、ここを変えればもっとよくなることを
きっかけにすれば、少なくてもドクターとの面談の成功率は
上がるのではないか。

保険営業パーソンにとって残念なことではあるが、保険の
ことを年中考えているドクターはいない。

しかしスタッフのこと、増患のこと、経営のことなどに
頭を悩めているドクターはたくさんいるのだ。

いやほとんど全てのドクターは何らかの問題を抱えている
と言ってもいいはずだ。

さああなたのドクターマーケットへのアプローチを変えて
みないか。

こちらを読むことからスタートして欲しい。
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?



CDで語られた内容の1部を紹介すると

・保険営業で成功できない人の見込み客の考え方とは?

・ドクターマーケットを開拓する前に準備するべきこととは?

・最低限知らなくてはならない知識・法律とは?

・工作ターゲットの決め方とは?

・初回訪問のやり方

・継続訪問では何をすればいいのか?

・工作中止する判断基準とは?

・ドクターを面談に導くテクニックとは?

・契約に繋がる「未来話法」とは?

・「保険は税理士に任せている!」と言われたらなぜ大きなチャンスなのか?

・ドクターに共通する悩みとそれを解消する提案方法

・私が病院の時計の位置をアドバイスする理由

・看護師の私語にチャンスあり

・これで信頼を掴める!人材に関するソリューション営業とは?

・保険を売り込むな!保険の話に嫌でも繋がる話題とは?

・口下手でも開拓できる魔法のツールとは?

・医師の組合で現在開催しているセミナーの内容とその成果とは?



■もう設計書はいらない

歯を白くする歯磨き粉があったとする。

あなたならどうやって売るだろうか?

「歯がものすごく白くなります。いかがですか?」という切り口で
まともに売り込んでもなかなかうまくいかないはずだ。

商品自体をアピールすることも決して悪くないが、成熟社会でしかも
不況の世の中では商品自体を売り込むのではなく、問題解決を売る方が
うまくいくのではないか。

例えば思ったような成績が残せていない営業パーソンに対して
第一印象で80%が決まることを理解してもらい・・・
第一印象をよくするためには、白い歯が武器になることを納得してもらう。

こうすれば無理のない形で歯を白くする歯磨き粉が売れるとは
考えられないだろか?

成績をアップさせるという問題解決がメインで、それを実行するための
手段が歯を白くする歯磨き粉という流れを作ればチャンスは広がるのだ。

これはドクターマーケット新規開拓も同じ。

多くの保険営業パーソンは最初から設計書をドクターの目の前に出して
保険を提案するからうまくいかない。

保険を売るのではなく、問題解決を売るべきだ。

あなたが最初にすべきことは設計プランを考えることでも綺麗で
かっこいいプレゼン資料を印刷でもない。

ドクターの問題を炙り出し、その問題を解決することだ!

ここで説明するまでもないが問題を解決する手段として生命保険が
必要となってしまう流れを作ることが重要。

問題解決型ノウハウをあなたが身につければ、怖いものは何もない。

もっと詳しく勉強したいかたはこちらを読むことからスタート
して欲しい↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?
■がんばらない保険営業術


先日、お会いしたある保険営業の方はこんなことを言っていた。

「お客様と保険(生保)のことを話すことはできるのだが
 なかなか成約までいかない・・・」

私は以前、読んだ本に書いてあったことをふと思い出しその話をその方にした。
(本のタイトルは記憶にないのだが・・・)

アメリカで伝説のセールスパーソンといわれた方とあるインタビュアとの会話。


インタビュア
「あなたは伝説のセールスパーソンと言われていて、自分に売れないものはない
とおっしゃっているそうですね」

伝説のセールスパーソン
「はい、そうです」

インタビュア
「では私の目の前にある、何の変哲もない、どこにでもある灰皿を私に
売り込んでください」

伝説のセールスパーソン
「はい。この灰皿、いくらなら、あなたは買いますか?」

インタビュア
「300円なら・・・」

伝説のセールスパーソン
「その値段でどうぞ!!!」

なんとこれで・・・販売成立。

我々はそもそも保険セールス・営業というものを難しく考えすぎではないか?

かっこよく気の利いた言葉や難しい専門用語やプロとしての考えを話して
お客様を説得、説き伏せることがセールス・営業の真髄だとは考えていないだろうか?

私はずっとこう勘違いしてきた。

でも、この考え自体が、我々営業パーソンの可能性や技術の発展を邪魔している
のであろう。

一番大切なことは・・・
灰皿を難なく販売した伝説の営業パーソンのように
「お客様の希望・要望」に沿った商品やサービスを提供することなのだ

それは押し付けでもない。押し売りでもない。

お客様が何を望んでいるのか?何が欲しいのか?を
自分で実感するように誘導する(導く)だけなのだ!

灰皿と違って、特に保険はニーズ喚起型商品と言われお客様自身が
自分のニーズや希望・要望に気づいていないケースがほとんど。

だから保険販売は、誘導の仕方が灰皿と比べて少し難しいだけなのだ。

保険が他の商品やサービスより販売するのが難しいと言われるのは
こんなことに由来する。

「誘導の仕方、導き方」をあなたは習ったことがあるだろうか?

私は10年以上保険業界にいたが、1分も習っていない。

商品の内容、提案の仕方、見積のプリント出し方は嫌というほど研修があった。

しかしお客様が自分で自分のニーズに気づき、保険商品を必要だと誘導する
方法のセミナーや勉強会なんて一度もなかった。

あなたが知らなくてもしょうがない。

だからそれを理解し今から実践すればいいだけなのだ。

誘導の仕方を詳しく解説したものが
CDゼミナール
月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術

だ。

CDの題名に「単価アップ」とあるが、勘違いしてほしくないのはあなたが
がんばってこれをすることではないこと。

がんばって高い見積を作っても提案する終身保険の金額を上げても
単価はアップした契約はいただけない。

あなたががんばってするものではないのだ!!

お客様を導くことで・・・お客様が要望する保険を提案すると
結果的に今までより単価がアップしてしまうだけなのだ!!!

説得もいらない。
しつこい勧誘もいらない。
ハードなクロージングもいらない。

選んだのは、お客様なのだから・・・・

さああなたの保険営業を変えよう。



■ 意識付け→ニーズ喚起→選択で保険契約は爆発的に獲れる

できるだけたくさんのお客様から
できるだけ高い保険契約をいただきたい!

これは保険営業パーソンの切なる願いではないか。

成約率を上げて、契約単価を上げるポイントは
「意識付け→ニーズ喚起→選択」と私はこの短い3つの
言葉で表現できると考えている。

この3つができれば間違いなくあなたの営業は変わるはず。

わかりやすく説明するために例を出そう。

あなたがお客様の昼食に”天ぷらうどん”を売ろうとしている。

その天ぷらうどんが、どんなにおいしく、珍しく、他の店とは
違うかを説明する、説得する。
これが今までの一般的な営業スタイルだろう!!

これを変えるのだ。
「意識付け→ニーズ喚起→選択」を意識しながら。

意識付け・・・これは売り込みではない。後々の選択の判断基準
となるように、知識を提供するのだ。

うどんはどのくらい消化がいいのか、カロリーが低いのか。
ごぼうはどんな栄養があってどんな体がいいのか。
ニンジンはどんな病気を予防するか。など

これらを意識付けしたら、次にニーズの喚起。

お客様の昼食のニーズを質問して引き出す!

「昼食で食べるなら、消化のいいものとそうでないものなら
 どちらがよろしいですか」

「カロリーが低いものと高いものならどちらがよろしいでしょうか?」

そしてこんな答えが返ってくるように質問・誘導する。
「最近、自分はメタボだから、昼食はカロリーを抑えるように
 言われているだよ。消化のいいものならさらにいいね」

さらにこんな質問でたたみかける。
「カロリーが低く消化がよくてさらに栄養があって、ある病気の
 発症を抑える昼食があったら、どうですか?」

「そんな都合のいい昼食があるの?」とお客様が言ったら
こう答えるのだ!!

「あなたのご希望にぴったりなのがごぼう、ニンジン天ぷらが
 のったうどんです」
・・・これが選択。
意識付けで話した内容をここでもう一度確認してもいい。

いかがだろうか。

天ぷらうどんを売るなんてことはないと思うが
ここでは「意識付け→ニーズ喚起→選択」を理解して
もらうために1つの例として挙げた。

保険営業でも同じなのだ。

例えば終身保険を売る場合。

言うまでもないが、終身保険が売れれば契約単価は上がるし
手数料もいい。

しかし、終身保険を厚くしたプランを提案してお客様を説得しても
うまくいかないことが多い。

まずは「意識付け」から。

終身保険はどんな特徴があり、どんな優れている部分があるのかを
しっかり理解してもらう、意識付けする。
ここでは決して売り込みをしてはいけない。

次に「ニーズの喚起」

お客様がどんな資産形成をしたいのか?どんなことにお金を
使いたいのか?質問にする。

自分のニーズに気づいてもらうのだ。

そしてこんな答えがお客様の口から出るように質問・誘導をするのだ
・・・これが選択。

「終身保険で用意しないと困る」
「この部分は終身保険で用意しないと意味がない」
最終的にこんな言葉をお客様に言わせるのだ!

売り込み、説得ではない。
お客様が自分で選択できるようにしっかりと意識付けをしてニーズを
喚起するのだ!

これで間違いなく、単価は上がるし、成約率も上がるのではないか。

もっと詳しく勉強したいという方はこちらを読んでほしい。
CDゼミナール
月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術
~こうすればあなたの営業が変わる!人生が変わる!~





■ 乾電池式保険営業

私の個人的な意見だが、お客様が欲しいものを売っているだけでは
厳しい競争に勝ち不況を突破するのは難しいと考えている。

一昔前ならお客様の要望、ニーズに合ったビジネスをすれば成功しただろう。

しかしデフレやネット販売の台頭で状況が変わったと言えるのではないか。

あなたが海外旅行に行くとする。

いきなり街の旅行代理店に行き、ツアーを決めるという人は少ないはずだ。

できるだけお得で条件がよく安いツアーがないかネットの検索機能を
使って調べるはずだ。

薄型テレビを買う場合も同じで、いきなり電器屋さんに電話を掛けて
「32型のテレビをください」とはしないだろう。

大型家電量販店を何軒も訪問したり、ネットの価格比較サイトに
アクセスしていろいろ比較するに違いない。

お客様が既に欲しいものは厳しいとてつもない競争にさらされるわけだ。

しかしその一方で比較的競争が緩い分野もある。

それはお客様が欲しいものを売るのではなく
お客様が本当は欲しいのに気づいていない(ある意味わすれていた)
ものを売るというビジネスだ。

難しく聞こえるかもしれないが・・・
スーパーのレジの横にある「乾電池」を思い出して欲しい。

あれは最初から電池を買いに来た人、電池が欲しかった人に売ろうと
しているわけではない。

レジを待っている時「ああ、そういえばあそこの電池が切れていた!」
と気づいた人に売ろうとしているのだ。

私が知る限りでは、もう何年もレジの横には電池が売られているし
そうしている店が多いので、それなりの利益が出ているのだろう。

また次回スーパーに行ったらレジの横の乾電池の値段にも注目して欲しい。

明らかに高いのだ!私が見た限りでは100円ショップで、100円で
売られている電池が200~300円するのは当たり前なのだ。

いかがだろうか?

最初から電池が欲しい人はできるだけ得で安い電池を探す。
片や「そういえば電池が欲しかっただ~」と気づかされた人は
高い値段の電池でも買ってしまうのだ。

だから電池を売ろうと言いたいわけではない。
あなたの保険営業でも同じようなことができるのでないかと私は訴えたいのだ。

顕在化したニーズにこたえるだけではなく潜在化したニーズ
を掘り起こすノウハウをあなたの保険営業でも取り入れよう。

潜在化したニーズを掘り起こすノウハウについて勉強したい方は
まずはこちらを読んで欲しい↓
月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術

■医師組合・団体の新規開拓ノウハウ

ドクターを1軒1軒訪問して開拓していく方法ももちろん
今の時代でも有効なやり方だ。

一方で開拓のスピードを上げる方法の1つとして多くのドクターが
所属する組合や団体を工作することも無視できない。

今回インタビューした鈴木氏ももちろん個別工作とは別に
医師の組合・団体工作を手掛け大きな成果を残している。

組合・団体の工作。多くの保険営業パーソンは契約して仲良くなった
ドクターから組合・団体の役員などを紹介してもらい訪問する
・・・私を含め多くの保険営業パーソンはこんなことを考えるだろう。

鈴木氏の場合は全く違う行動をする。

飛び込み。

コネも知り合いも全くない状態で組合・団体に飛び込むのだ。

ではどうやって飛び込むのか?

実は個別に病院を新規開拓する場合とやり方は全く同じなのだ。

ソリューション営業。

組合・団体またはその役員などが抱えている問題を聞きだし
それを解決する策を提案するだけなのだ。

問題が保険やその後の団体契約に関係するかどうかは全く
関係ない。とにかくソリューション営業に集中するのだ。

ある組合の工作のきっかけになったのが、組合代表の方が
その時抱えていた不動産の問題を解決する策を提案したことだ。

不動産の問題解決が直接保険契約に繋がったわけではない。

問題解決によって鈴木氏に対する信頼度が短期間のうちに
劇的にアップして話が前に進んだのだ。

保険を売る前に信頼を売る。
短期間で成果を上げたいなら、その手段として最適なのが
ソリューション営業なのだ。

組合や団体を工作した後のあなたの姿を想像して欲しい。

訪問する先に困ることはもうない。しかも訪問先はドクター
ばかりだ。組合の紹介となれば話を聞かないドクターは稀の
はずだ。

どう考えても保険が売れないシナリオは描けない。

さあ現状を変えてみないか。

こちらを読むことからスタートして欲しい。

年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?



CDで語られた内容の1部を紹介すると

・保険営業で成功できない人の見込み客の考え方とは?

・ドクターマーケットを開拓する前に準備するべきこととは?

・最低限知らなくてはならない知識・法律とは?

・工作ターゲットの決め方とは?

・初回訪問のやり方

・継続訪問では何をすればいいのか?

・工作中止する判断基準とは?

・ドクターを面談に導くテクニックとは?

・契約に繋がる「未来話法」とは?

・「保険は税理士に任せている!」と言われたらなぜ大きなチャンスなのか?

・ドクターに共通する悩みとそれを解消する提案方法

・私が病院の時計の位置をアドバイスする理由

・看護師の私語にチャンスあり

・これで信頼を掴める!人材に関するソリューション営業とは?

・保険を売り込むな!保険の話に嫌でも繋がる話題とは?

・口下手でも開拓できる魔法のツールとは?

・医師の組合で現在開催しているセミナーの内容とその成果とは?



■残業問題は保険を売るチャンスだ

保険提案でアプローチするのではなく問題解決を切り口に
ドクターマーケットを開拓することに成功し続ける鈴木氏。

以前契約者となったドクターから聞きだした問題は保険とは
全く関係のないものだった。

それは・・・辞めたスタッフが今頃になって給与の未払いが
あるとして文書で抗議してきたがどうすれば良いか?という
ものだった。

自分は保険を売るのだから、こんな事は関係ないと考える方は
大きなチャンスを逃してしまう。

鈴木氏はこんなアドバイスをした。

・規定を労働基準監督署等で確認し矛盾点について
 若しくは不当な扱いとして抗議してきたのだ予想できること。

・素早い対処が必要なこと

・至急規定および辞めた理由も確認する必要があること

・労使紛争に発展すればほとんど経営側が負けてしまうので
 経営者としての観点から規定を読みこなす必要があること

・専門的なことは社労士と共にアドバイスすること

アドバイスは保険とは関係ないものばかりだ。ドクターが抱える
問題を解決する手段をわかりやすく提示するだけ。

しかしこれが次に繋がるのだ。焦る必要は全くない。

1つの問題が解決できれば、ドクターは保険営業パーソンを信頼し
必ず次も相談してくる。

もちろんその相談も保険とは関係ないかもしれない。しかし
1つ1つこつこつ解決策を提案し続けるべきなのだ。

「問題や悩みを聞いていくと、必ずお金の問題に辿り着く」
こう鈴木氏は断言する。

もちろんお金の問題に対してもスタンスは変わらない。
問題を解決するための手段を提案するだけだ。
その手段としてどうしても生命保険が必要になってしまうのだ!

生命保険をがんばってうまく売るという感覚はそこには
全くない。問題を解決するという意図しかないのだ。

いかがだろうか。

保険を説得して販売するというのも決して悪いことではないが
もう1つの武器を持ってみてはいかがだろうか?

ちなみに今回例で挙げた労使問題を解決する際、どうしても
病院の「規定」の話になることが多い。場合によっては現在の
「規定」を見直す必要があるという。すると退職金規定などに話が
及び、比較的短期間で退職金対策保険に辿り着くケースもあるのだ。

問題解決型ドクターマーケット新規開拓術を詳しく勉強したいなら
こちらを読んで欲しい。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?








■財務を切り口にしたトーク

私の知人の経営者は経費で落とせるものを落とさず
無理矢理黒字決算をする予定だと言う。

本来であれば赤字。税金を払う必要はない。

しかし銀行は赤字の会社にお金を貸さない傾向にあるため
こんなことをしているのだ。

これがいいとか悪いという問題は別として
多くの社長が資金繰り、会社の財務に頭を悩めていることに
気づいて欲しいのだ。

会社の財務や資金繰りに社長の関心やニーズがあり
これら部分に保険営業パーソンはチャンスを見出すべきだ。

「保険のリストラ」や「保障の見直し」で法人が新規開拓できた
時代はもう終わったと言ってもいい。

「本業が赤字であっても益出しできる、無視せず黒字にできる
仕組みができたらいかがですか?」

「大きな黒字が出た場合、大きな経費を作れる方法をご存じですか?」

「納税時期をある程度選べる仕組みには興味はないですか?」

こんな財務に関しての投げ掛けに全く関心を示さない
社長が果たしてどれだけ存在するだろうか?

保険より財務・・・

ほんの少し発想を変えるだけで、まだまだ社長に話せる提案はたくさん
あるのだ。

知っているか知らないかで大きな差がつくと言っていい。

まずは知ることからスタートしないか。

やって損することはたくさんあるが、知って損することは何もない
のだから。

こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?




■社長が関心を示すアプローチトークとは?

先日、学生時代の友人たちと久々にお酒を飲んだ。
ある企業で部長を務めるその中の一人が、来月部下の結婚式で
初めて挨拶をする。

事前にスピーチを考えることは比較的容易にできる。
しかしそれを暗記し緊張の中でうまく話す自信が全くないという。

スピーチを書いた紙を見ながらやれば??と思ったのが
それはやりたくないらしい。

確かに結構役職が高い人が、カンペを読んで挨拶をしているのを
目にするが、見ていてあまりいい印象を受けないのは事実だ。

どうすればいいのか?と悩んでいると別の友人が
こうアドバイスした。

「そんなの簡単だよ。今日は○○君のために手紙を書いてきましたので
読みたいと思いますと言って堂々とカンペを読めばいいだけだよ」

なるほど!書いてきた手紙を読むという行為はテレビ番組などの
影響もあって、かなり普通のことになっている。

手紙という一言で、聴いている人の印象は「カンペを読んでいる」から
「手紙を読んでいる」に完全に変化する。

伝え方次第で相手の受ける印象・感情を変えることもできるのだ!

これは法人生保営業でも同じだ。

「万が一の時の保障を見直しませんか?」
「保険料のリストラをしませんか?」

こんな提案では社長の心には何も響かない。

結果的には保障の見直しかもしれないし保険料のリストラ
かもしれないが、全く別の伝え方、提案をするべきなのだ。

説得したり売り込むのではない。
社長自身に「もっと話を聞きたい」と言わせる提案を
投げ掛けるのだ。

社長の関心や感情を変える提案ノウハウを勉強したいなら
まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?


CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?


CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?

■貯金を保険に変えるノウハウ

私の友人の保険代理店は不況にもかかわらずお客様からの紹介だけで
大きな成果を上げ続けている。

特別な新規開拓や売り込み、無理な紹介依頼は一切しない。

やっているのは「がん保険」の販売だけなのだ。

といっても設計書やパンフレットを広げての説明がうまいわけではない。
がんに関しての情報を徹底的に収集しお客様に提供しているのだ。

例えばがんの検査。今一番正確でがんを発見しやすい検査はどんなもの
なのか?それがどのくらいの費用がかかり、どんなものなのか?情報を
集めるだけではなく、自分で体験しそれをお客様に伝えている。
(時には数十万円する検査も受けるという)

がんの治療法についても同じ。がんで保険金を支払うお客様に対しては
治療法の情報や医療コーディネーターや医師の紹介まで行う。

保険の販売者でありながら、がんに関しての最新事情を直接医師へ
インタビューしてそれをお客様に提供もしているのだ

特にがんで保険金を支払ったお客様からの紹介は尋常ではないくらいの
数が来るという。

がん保険を売っている保険営業パーソンは星の数ほどたくさんいる。
しかしここまでがんの情報に特化して提供している人はほとんどいないと
言っていいのではないか。

売っている商品がよくないから、保険料が安くないなら、解約返戻率が
高くないから売れないという方がよくいる。

確かにそれも間違いではないが、他の保険営業パーソンと差別化し
頭一つ抜け出すためには別の方法があることに気づいて欲しい。

その1つが「特化」「選択と集中」だ。

終身保険もがん保険も自動車保険も・・・何でも売ります!何でも
得意です!という戦略も決して悪いわけではない。

しかし数十万人いる保険営業パーソンの中からあなたが選ばれるためには
得意な分野や種目を選択し集中することも重要ではないか。

今回紹介した保険代理店のように「がん」というのももちろんいい。

他にチャンスが大きい分野は???

それが「資産運用」だと私は確信している。

1500兆円を超える日本人の資産。つまりあなたの目の前には
巨大なマーケットが広がっているのだ。

それでいて多くの人はそれらをどこに預ければいいのか迷っている。
そして自分の老後に大きな不安を抱えている若者があふれている。

こんな事実を考えただけでも「資産運用」にチャンスがあると
想像できないか?

と言っても、終身保険や年金保険の設計書やパンフレットを片手に
提案してもおそらくうまくいかない。

そこにはあるコツ・ノウハウが不可欠なのだ。

うまく売り込んだり説得してもうまくはいかない。

大切なことは、お客様のニーズを満たしながら一歩一歩階段を
上ってもらうことだ。

売るのではなく、売れてしまう!

こんな流れを作ることができれば、1500兆という莫大な資産を
保険契約に徐々に変えることが可能になるはずだ。

資産や貯蓄を保険に変えるステップを一から勉強したいなら
まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう



インタビューCDの内容の一部を挙げると

・なぜ保険より資産運用にチャンスがあるのか?

・お客様が殺到するセミナー集客の仕組みとは?

・なぜセミナー参加者の9割がコンサルティングを受けたいと言うのか?

・売上の秘密はセミナーのアンケートにある!

・実際にセミナーで話す内容について

・1万円の本当の価値を説明するとお客様は身を乗り出す

・国債はこう説明しろ

・日本の財政を知ればお客様の目の色は変わる

・インフレ・長期金利・資産の分散がキーワード

・商品を勧めない個別コンサルティングで話していることとは?

・最終的に売れてしまう商品とは?

・死亡保険や医療保険を取り扱わない理由とは?

・有料の会員組織のお客様が集まる秘密とは?

さあまずは知ることから。

あなたの営業の切り口は「万が一」だけだろうか?

資産運用を切り口に新しい道を作ってはどうだろう?


■KARA的保険営業スタイル

K-popと言われる「少女時代」や「KARA」に代表される
韓国人アーティストがここ数年続々日本に進出し人気を集めている。

なぜここまで多くの韓国人アーティストが日本に来るのか?

大きな理由の1つがマーケットの大きさが挙げられるだろう。

日本の人口は約1億2770万人。一方韓国は約4,830人。
その差は約2.6倍。

単純にはいかないが、同じCDを出して同じ人気になったら
韓国の2.6倍日本では売れることになる。

同じことをやるなら、より大きなマーケットそしてより成長している
マーケットを選ぶ!これはビジネスの成功鉄則の1つではないか。

もちろんこれは保険営業でも同じだ。

大手の保険会社が中国やインドで保険を売ることに力を入れている
ように、あなたも視点をほんの少し変えてみてはどうだろうか?

少子高齢化の影響でいわゆる「保障」のマーケットが今後ますます
小さくなっていくことは確実だ。

もちろんだから「保障」売りを止めることを勧めているわけではない。

あなたのすぐ横には大きな大きな手つかずのマーケットがあることに
気づいて欲しいのだ。

それが「資産運用」のマーケットだ。

震災や不景気の影響もあって多くの若者はお金を使わずにせっせと
お金を貯めている。
年配者も年金や介護の問題などの先行きの不安からお金を持って
いながら、その預け先に困っているのだ。

ここに大きなビジネスチャンスがあるとは思わないか?

「保障」売りだとどうしても健康状態や年齢が関係してくる。
しかし「資産運用」はそれが関係なくなる。

いつでも誰でもがターゲットになるわけだ。

日本人が貯めた資産は1500兆円。
多くの人はそれを銀行か郵便局に眠らせているのだ。

もちろん終身保険や年金保険のパンフレットや設計書を片手に
売り込みをすることを勧めているわけではない。

実はそんなことをしなくてもいい。

日本の現状、日本の金融、経済の仕組みをわかりやすく噛み砕いて
説明するだけでいい。売り込みは一切いらないのだ。

「資産運用」マーケットを開拓し保険契約を連発させるノウハウを
学びたいなら、まずはこちらを読んで欲しい↓

CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう





■財務を切り口にした法人生保工作

時間を掛けて作った提案書を社長が真剣に検討してくれない!
こんな思いをしたことがないだろうか?

「今忙しいからそこに置いて」と言われ、社長の机に置いた
提案書がその次に訪問した際もそのまま放置されていた!

こんな経験を私はよくした。

訪問回数を多くしても社長と仲良くなっても状況は改善されなかった。

なぜ社長は保険営業パーソンが会社または社長には絶対必要だと
考えた提案を真剣に考えてくれないのか?

実は答えは簡単。経営上の大問題ではないからだ。

残念ながら年がら年中保険のことを考えている社長は少ない。
残念ながら「万が一」のことばかりを心配している社長は少ない。

もしも3日後の手形決済のお金が足らなければ、社長は血眼になって
お金を調達するに違いない。後でとは言わない。社長は今すぐ行動を
起こす。

それは会社にとって大問題だからだ。

だから保険営業パーソンが法人から大型契約を獲りたければ
「経営上の大問題」を切り口にしなければならない。

経営上の大問題の1つが「お金」に関してだ。

といっても会社がお金を借りる金融機関を紹介することを勧めているわけでは
ない。

「お金」の問題=財務を切り口にするのだ。

社長が誰にも相談できない、場合によっては気づいていない財務の問題点
を指摘し、それを解決する手段を提案する。

最終的にその問題点が解決されれば・・・自然と保険が獲れてしまう
こんな流れを作るのだ。

「財務」を切り口にした法人工作をあなたのノウハウにしたいなら
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間39分)
今こそ白地開拓!セミナー営業で法人生保契約を獲得する方法



CDの内容を挙げると

・セミナー会場を満員にする究極の集客方法とは?

・集客のためのDMはどんなターゲットに何通送り何%の確率で

・集客できるのか?

・DMの驚くべき内容とは?

・成功するDMの封筒、色、送付時期とは?

・人が殺到するセミナー会場、日時の選び方とは?

・今までどんな内容のセミナーを開いたのか?

・今後集客できるセミナーの内容はこれだ!

・講師はこう決めろ!

・セミナー参加者のアフターフォローのノウハウとは?

・セミナー開催から法人生保獲得までの流れとは?

・どんな提案をしてどうやって話を進めるのか?

・自然に多種目販売に繋がる仕組みとは?

・現在までの実績は?

・今後の目標とは?

人脈や紹介営業に加えて、あなたもセミナー営業を考えてみないか。

白地からいつでもどこでも法人見込み客を獲得できるノウハウが
あなたのものになったら、あなたの営業は変わらないか?

訪問する所がない、話を聞いてくれる社長・経営者がいない
こんな悩みとはオサラバできるチャンスがここにあるのだ。

詳しくはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間39分)
今こそ白地開拓!セミナー営業で法人生保契約を獲得する方法



■ あなたの保険営業を差別化する「あの」武器

「厳しい競争を生き残るためには差別化が必要だ」
「ライバルの保険営業に勝つためには差別化が重要」

私はこんなことをよく言われてきた。
確かにそのとおりだと思う。

同じ業種の保険営業で勝ち抜ける、生き続けるためには
他の保険営業と「違い」を出さなくてはならない。

しかし実際に現場で営業してみると保険の内容も保険料も大して
変わらない状況で差別化をするのは意外に難しかった。

提案内容で口で言ってはいたけれど・・・
結局は「人柄」とか「まめさ」とか「訪問回数」で
他の保険営業と「違い」を見せて、「差別化」するしかなかった。

そうせざるを得ないと考えていた。
ある方法を知るまでは・・・

ズバリ言う。

特に法人営業においては「財務」の知識、ノウハウが大きな差別化に
なるのだ!!

この分野にはライバルは少ない。

「財務」というと税理士や会計士の先生の顔が思い浮かぶかもしれないが
彼らがプロ・専門としていることは「税務」なのだ。

「財務」・・・社長が一番悩む分野で、ありながら相談できる専門家が少ない。

だからこそチャンスがある。

その分野の問題点を喚起しその解決策を提案する
これができれば嫌でも保険は付いてくる。

保険を獲ろうとしてなくてもいいのだ。

財務の分野の問題点を指摘しその解決策を提示するだけでいい。

その解決策の1つとして保険が必要になる。

この分野が大きな大きな差別化になり他の保険営業との「違い」に
なるはずだ。

ではその具体的方法は???
財務の問題的とは?その解決策とは??
解決策に保険を使うとはどういうことなのか?

その答えはここにある↓
CDゼミナール(1時間39分)
今こそ白地開拓!セミナー営業で法人生保契約を獲得する方法



実は財務の問題点は、会社や社長にとって大きな問題でありながら
発見が遅くなる一面もあるのだ。

だから社長は悩むことが多いし残念ながら手遅れになることもある。
そう病気のがんと同じように。

あなたは単なる保険契約を獲るだけが役目ではない!!!

専門家として問題点をいち早く察知し、指摘して会社を救うという
社会的に非常に有意義な役目もあるのだ。

まさにがんを早期発見し、手術によってがん細胞を取り除く医師のように・・・

結果としてあなたに大きな成果とコミッション
そして社会的地位と大きな大きな差別化をもたらすことは間違いない。


■円ニュースを保険営業に活かすノウハウ

円が1ドル80円になったというのニュースが報道されている。
お客様の為替への関心も高くなっていることは間違いない。

営業の話題やきっかけとするのはいいことではないか。

しかし「円高だからこの商品がお勧めです。」とストレートな
営業方法では長い期間成績を挙げ続けるのは難しいと私は
考えている。

円高に強い保険を売り込むのではなく
そもそも円高とはどんなことなのか?なぜ円高になるのか?
今後はどんなことが予想できるか?をお客様がよく理解できる
ように説明・解説する保険営業手法が長期の成功をあなたに
もたらすはずだ。

小手先のテクニックではなく、金融全体のルールを教えるのだ。
こうとも言える。単なるクイズの答えを発表するのではなく
答えの背景にあるものを池上彰的に解説をするのだ。

円高の仕組みを理解できれば、お客様は黙っていても行動を
起こすはず。すなわち必要と感じれば契約がしたいと望むのだ。

「売り込み」よりも「導くこと」が大切だ。

あなたがうまい説明をして保険を売り込むスタイルは昔の
スタイル。
そうではなく、お客様が正しい判断ができるように導くことが
重要なのだ。

といっても特別な金融の知識はいらない。
高度な情報も必要ない。資格さえいらない。

あなたはお客様が知ってそうで知らないことを
話せばいいだけなのだから。

円高を追い風に変える保険営業ノウハウを
もっと詳しく勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう



インタビューCDの内容の一部を挙げると

・なぜ保険より資産運用にチャンスがあるのか?

・お客様が殺到するセミナー集客の仕組みとは?

・なぜセミナー参加者の9割がコンサルティングを受けたいと言うのか?

・売上の秘密はセミナーのアンケートにある!

・実際にセミナーで話す内容について

・1万円の本当の価値を説明するとお客様は身を乗り出す

・国債はこう説明しろ

・日本の財政を知ればお客様の目の色は変わる

・インフレ・長期金利・資産の分散がキーワード

・商品を勧めない個別コンサルティングで話していることとは?

・最終的に売れてしまう商品とは?

・死亡保険や医療保険を取り扱わない理由とは?

・有料の会員組織のお客様が集まる秘密とは?

さあまずは知ることから。

あなたの営業の切り口は「万が一」だけだろうか?
資産運用を切り口に新しい道を作ってはどうだろう。


■初対面の客の9割が動く保険営業ノウハウ

私が保険代理店の頃、何度か保険の見直しに関するセミナーを
開催したことがあった。

ちょうどその頃、保険のリストラがある種ブームだったので
地域誌や新聞、そしてポスティングなどで宣伝すると、そこそこの
人が集まったのだ。

知り合いのコンサルタントに講師を頼みセミナーを実施。
セミナーは大好評で参加者からは喜びの声をアンケートで多数
もらった。

セミナーの成功でかなりの保険契約を見込んだのだが・・・
結果は大惨敗に終わったのだ。

ほとんどの参加者は個別のコンサルティングや提案に至ることは
なかったのだ。

セミナーの内容が悪いのかと考え、何度かテーマを変えて開催したが
結果はさほど変わらなかった。

セミナーまたは営業の現場で、お客様が「うん、うん」と関心を
示している様子にもかかわらず、次の個別のコンサルや提案に進まない
という経験をあなたはしたことがないだろうか?

私は伝える内容が悪いのかと考え、より新しくタイムリーな話題や
プロしか知り得ないネタなどを話すように工夫もしたが、結果は
変わらなかった。

実はお客様に伝える内容ではなく、伝え方の方がはるかに重要なのだ。
一言で表すなら「次に繋がる伝え方」が存在する。

トップセールスパーソンと言われる人の営業に同行したことがあるが
伝えている内容は特別なことは少ない。みんなとほぼ同じ内容が多い。

違いは伝え方、次のステップにお客様が動いてしまう伝え方を
しているのだ。

よい情報、新しい情報、プロしか知らない内容を話すことも間違いではないが
あなたもトップセールスの伝え方、お客様が自ら次のステップに進んでしまう
伝え方を自分のスキルにしてみないか。

初対面のお客様にわずか90分のセミナーで90%の方に
「個別のコンサルティングをぜひ受けたい」と言わせる伝え方・ノウハウ
をあなたは勉強できる。

これはもちろんセミナーだけではなく、日々の営業の現場でも使える
伝え方だ。

まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう






■明るい営業パーソンが売れない理由

「明るくハキハキ話す見るからに元気な保険営業パーソン」

あなたはこれがトップセールスパーソンのイメージでは
ないだろうか?

当然私もこう考えていた。

しかし今回インタビューした鈴木氏はこんな営業パーソンは
ドクターマーケットを開拓するには向いていないと言う。

大切なことは・・・

自分ができることを淡々と伝えること!なのだ。

特にアプローチの段階では自分がドクターの問題解決のために
どんなことができるのかを淡々と話すべきなのだ。

そしてドクターに質問を投げ掛ける。

この質問の仕方もポイントがある。

ドクターが答えを考え自分の言葉で伝えなければならない
質問ではなく、簡単に選択できる質問にするのだ。

「○○はどうですか?」ではなく「どれが~ですか?」

テストで言えば、自分の言葉で答えを考える解答式ではなく
正解を選ぶマークシート式だ。

いかがだろうか?

アプローチのちょっとした差が大きな結果の違いを生み出す
ことに気づいて欲しい。

もっとドクターマーケットの新規開拓ノウハウを勉強したい方は
こちらを読むことからスタートして欲しい。

年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?



CDで語られた内容の1部を紹介すると

・保険営業で成功できない人の見込み客の考え方とは?

・ドクターマーケットを開拓する前に準備するべきこととは?

・最低限知らなくてはならない知識・法律とは?

・工作ターゲットの決め方とは?

・初回訪問のやり方

・継続訪問では何をすればいいのか?

・工作中止する判断基準とは?

・ドクターを面談に導くテクニックとは?

・契約に繋がる「未来話法」とは?

・「保険は税理士に任せている!」と言われたらなぜ大きなチャンスなのか?

・ドクターに共通する悩みとそれを解消する提案方法

・私が病院の時計の位置をアドバイスする理由

・看護師の私語にチャンスあり

・これで信頼を掴める!人材に関するソリューション営業とは?

・保険を売り込むな!保険の話に嫌でも繋がる話題とは?

・口下手でも開拓できる魔法のツールとは?

・医師の組合で現在開催しているセミナーの内容とその成果とは?



■結果ではなくプロセスを真似せよ

ドクターマーケットに特化して年間2億円以上のコミッション
を稼ぎ、今までに500軒以上の開業医を顧客にしてきた
トップセールスパーソンのやり方を真似しようというと
多くの保険営業パーソンはこう思う。

「とても自分にはできない」
確かにこの金額や数字を一気に残そうとすれば難しいかもしれない。

しかし大切なことは金額や数字を真似するのではなく「行動」を
真似することなのだ。

すごい契約や数字を残すトップセールスパーソンであっても
実は魔法のような誰もできないテクニックを駆使して契約を
獲っているわけではない。

小さな行動をコツコツ積み重ねて契約に辿り着いている。
最初は話も聞いてくれない状態から行動を重ね契約に結びつけているのだ。

野球選手がイチローのヒット数(3000本以上)を目指す!!
というのも決して悪いことではない。

しかしよく考えてみると、イチローも短期間でこの数字を一気に
達成したわけではない。1本1本のヒットの積み重ねの結果が
この数字なのだ。

だからイチローのようになりたければ、3000本ヒットを
打つことよりも、どうしたらヒットが打てるのかすなわち
バッティングのやり方、バットの振り方を学ばなければ
ならないはずだ。

保険営業、ドクターマーケットも同じ。

どうしたら2億円稼げるかということも重要だが
保険営業パーソンがまず真似すべきは「行動」のはずだ。

今回紹介するCDではそんな「行動」に焦点を当てている。

成功も学べるが、それ以上に成功するための「行動」の仕方を
学べるのだ。

コネもない、実績もない、お金もない
こんな逆境だとしても成功に繋がる「行動」はあるのだ。

トップセールスの「行動」を解剖したのがこのCDと言って
いいかもしれない。

さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。

成功より行動を学ぶたいなら
まずはこちら↓を読むで学ぶことから始めて欲しい。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?



■設計書なしのアプローチ

歯を白くする歯磨き粉があったとする。

あなたならどうやって売るだろうか?

「歯がものすごく白くなります。いかがですか?」という切り口で
まともに売り込んでもなかなかうまくいかないはずだ。

商品自体をアピールすることも決して悪くないが、成熟社会でしかも
不況の世の中では商品自体を売り込むのではなく、問題解決を売る方が
うまくいくのではないか。

例えば思ったような成績が残せていない営業パーソンに対して
第一印象で80%が決まることを理解してもらい・・・
第一印象をよくするためには、白い歯が武器になることを納得してもらう。

こうすれば無理のない形で歯を白くする歯磨き粉が売れるとは
考えられないだろか?

成績をアップさせるという問題解決がメインで、それを実行するための
手段が歯を白くする歯磨き粉という流れを作ればチャンスは広がるのだ。

これはドクターマーケット新規開拓も同じ。

多くの保険営業パーソンは最初から設計書をドクターの目の前に出して
保険を提案するからうまくいかない。

保険を売るのではなく問題解決を売るべきだ。

あなたが最初にすべきことは設計プランを考えることでも綺麗で
かっこいいプレゼン資料を印刷でもない。

ドクターの問題を炙り出しその問題を解決することだ!

ここで説明するまでもないが問題を解決する手段として生命保険が
必要となってしまう流れを作ることが重要。

問題解決型ノウハウをあなたが身につければ、怖いものは何もない。

もっと詳しく勉強したいかたはこちらを読むことからスタート
して欲しい↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?


■社長のニーズを掘り起こす方法

少し郊外に行くと、24時間営業の無人のコインランドリーの
新店舗を最近よく見かける。

コインランドリー=洗濯機を持っていない人のためのもの
としか発想できない人は注意が必要だ。

不況でも売上を伸ばせる、成功できるビジネスパーソンは
家に洗濯機を既に持っている人にコインランドリーを使わ
せることも同時に考えるはず。

例えばランドリーにこんな貼り紙をしたらどうだろうか。

「家では洗うのが難しい大きなカーテンや毛布が洗えます」

店の前を通りかかった人に「そういえばカーテンもう何年も
洗えてないな。」「言われてみれば、他の洗濯物があるから
毛布はいつも後回しになっていた!こんな方法があったか!」
と気付かせることが可能になるだろう。

新しい利用法に気付かせる・・・すなわち眠っていたニーズを
掘り起こせば、家に洗濯機がある人にコインランドリーを
使わせることもできるのではないか。

これは法人生保営業でも同じだ。

ライバルと同じ提案では差別化することは難しい。
要するに今まで話した保険営業パーソンと同じようなことを
提案しても社長は興味を持たない。

生命保険の新しい利用法に気づかせる
斬新な提案で眠っていたニーズを掘り起こすことが重要だ。

ライバルがしない斬新な提案方法を勉強したい方は
まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?





■社長が感謝する短期払いマジック

ビジネスをカードゲームに例えるなら、常に新しいカードをゲットして
より強い手を考えることがすべてではない。あなたが既に持っている
カードでも出し方やタイミング次第で十分強い手になるものだ。

例えば「朝聴くCD」というのがある。
既に別のCDとしてリリースされた曲で朝に聴くこくことがふさわしい
ものをセレクトして新しいCDとして発売されている。

結構売れているという。

他人の楽曲を唄い大ヒットさせた徳永英明も同じような成功例だろう。

料理に関しても同じ。

目新しく高級な素材を用意することだけがおいしい料理を作る条件
ではない。

全く同じ素材であっても料理人次第で・・・調理の仕方次第で・・・
調味料の使い方次第で、おいしいものにもなるし今までにない料理にも
変身するものである。

これはあなたの保険営業でも同じことが言える。

常に新しいものを追い求めるだけがすべてではない。

“カードの出し方やタイミング”次第でいくらでも差別化・独自化は
可能になるのだ

他人と同じ、ライバルと一緒では競争に勝つのは難しい。

カードの出し方すなわち提案次第であなたの保険営業を差別化
してみないか。

まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?


CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



■社長が嫌がる提案、喜ぶ提案

健康食品”やずや”のCMをテレビでよく見る。

ほぼすべての商品のCMに言えることだが、商品自体の売り込みは
ほとんどしない。無料のお試しセットをアピールしている。

同じように男性用かつらのCMも何十万円もする商品をCMで
売り込むようなことは絶対しない。
”無料診断”や”お試し~”を視聴者に勧める。

いきなり”売り込み”ではなくお客様が反応しやすい提案をして
心理的ハードルを下げる!

これは法人工作でも同じなのだ。

「社長、保険のリストラをしませんか?」
「保障の見直しをしましょう」
こう言っていい返事をする社長は残念ながら天然記念物的存在だ。

社長の心理的ハードルを下げるために大切なことは3つある。

1つ目は社長が関心がある提案をすること。これをしなければ社長は
見向きもしない。

2つ目は社長・法人にリスクや負担がなるべくない提案をすること。
いくら関心がある提案でもいきなり100万円の費用が必要では
話が先に進まない。

3つ目は・・・社長が関心があってリスクがなくても最終的に保険の
契約に繋がらなければ意味がないので、保険契約に繋がる提案であること。

以上3つを満たした法人に対する提案をあなたのスキルにしたいなら
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
法人工作の武器はこれだ!
~社長に感謝されながら法人保険契約を獲る方法~


合計1時間31分の大ボリュームのCDゼミナールの
一部を紹介すると

・賃料を安くすることは本当にできるのか?

・なぜ賃料を安くすることができるのか?

・法人が賃料削減依頼をしていない理由とは?

・具体的な賃料を安くする手順とは?

・賃料削減依頼の際、大家さんともめることはないのか?

・賃料削減の成功例とは?

・工作する法人の見つけ方とは?

・保険営業パーソンとの提携の中身とは?

・保険営業パーソンとの提携での成功事例とは?

・賃料削減以外のこれからブレイクする法人工作の切り口とは?

CDゼミナール
法人工作の武器はこれだ!
~社長に感謝されながら法人保険契約を獲る方法~


■医師組合セミナーの驚きの内容とは?

今まで500軒以上の病院を新規開拓することに成功して
毎年2億円以上のコミッションをドクターマーケットに
特化して稼ぎ続ける鈴木氏。

彼は医師の組合などと提携してセミナーを開催している。

先日開いたセミナーはどんな人を対象にしてどんな内容のものか
あなたは予想がつくだろうか?

ドクターを対象に保険の見直しや保障に関するもの
または資産運用や相続対策について。

多くの人はこんなことを考えるのではないか。

実は全く違う。ドクターの奥様を対象にセミナーを開いたのだ。

しかも保険を全面に前に出した内容ではない。

病院経営や病院のスタッフ育成のために奥様はどうやって
ドクターをフォローしていくかというものなのだ。

セミナー終了後、個別の相談の依頼が奥様から殺到したという。

保険営業パーソンには残念なことだが、保険の話を聞きたい
というドクターやその奥様はほとんどいない。

一方、経営や人材に関しては大きな悩みを抱え
誰にも相談できずに困っているのだ。

ここにチャンスがあることに気づいて欲しい。

もちろん鈴木氏は相談を受けて終わりではない。最終的には
大型契約に繋げているのだ。

どんなセミナーが効果的ないのか?セミナーを開くには
どうすればいいのか?ドクターや奥様が今悩んでいることは
何なのか?悩みの相談からどうすれば保険契約に繋がるのか?

すべてはここにある↓
こちらを読むことからスタートして欲しい。
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?


CDで語られた内容の1部を紹介すると

・保険営業で成功できない人の見込み客の考え方とは?

・ドクターマーケットを開拓する前に準備するべきこととは?

・最低限知らなくてはならない知識・法律とは?

・工作ターゲットの決め方とは?

・初回訪問のやり方

・継続訪問では何をすればいいのか?

・工作中止する判断基準とは?

・ドクターを面談に導くテクニックとは?

・契約に繋がる「未来話法」とは?

・「保険は税理士に任せている!」と言われたらなぜ大きなチャンスなのか?

・ドクターに共通する悩みとそれを解消する提案方法

・私が病院の時計の位置をアドバイスする理由

・看護師の私語にチャンスあり

・これで信頼を掴める!人材に関するソリューション営業とは?

・保険を売り込むな!保険の話に嫌でも繋がる話題とは?

・口下手でも開拓できる魔法のツールとは?

・医師の組合で現在開催しているセミナーの内容とその成果とは?



■ありがとうと言われながら巨額のコミッションを稼ぐ方法

売れない保険営業パーソンは保険を売るために「保険の提案」
ばかりする。

一方トップセールスは問題を解決するためのまたは目的を
達成するための「手段の提案」をする。

例えば新幹線の切符を売る場合。
新幹線がいかに快適か、いかに速く着くか、売ろうとしている切符が
どんなに安いものかを熱心に説明しても出掛ける予定がないお客様には
売れない。

当たり前だ。

では東京に住んでいるお客様が、大好きな歌手のコンサートが大阪で
開かれ、一番前で鑑賞するチャンスがあったらどうだろうか?

きっとお客様はどうしても大阪に行ってコンサートを見たいと思うはず。

ここで新幹線の切符を提案すれば簡単に売れてしまう。

大阪でコンサートを見るのが目的、新幹線は手段。

これはドクターマーケットの新規開拓でも同じなのだ。

1度も保険の話を聞いたことがないドクターはまずいない。
みんな耳にタコができるくらい何度も聞いているはずだ。

こんな状況にもかかわらず、保険の提案をすればうまくいかないのは
明らかだ。

保険の提案をするのではなく、手段を提案するのだ。

ドクターが抱えている問題や悩みを解決・解消する手段を提示する。
その手段の1つが生命保険という流れを作るのだ。

こうなればドクターは保険を買ってやったという感覚は
まるでない。保険を買ったのではなく問題解決を買ったのだ。

保険営業パーソンが「保険を契約していただきありがとうございました」
と言わなくてもよくなる。ドクターが「ありがとう」と言うように
なるのだ。

こんな劇的な変化をあなたも体験してみないか?

決して難しいことではない。勇気を持って一歩を踏み出そう。

こちらを読むことから成功の第一歩は始まる↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?





■ロンドンハーツから学ぶ契約獲得術

ホームページやネットから資料請求や問い合わせがあり
メールに見積を添付して送ってみたものの、お客様から
何の返信・レスポンスがないという経験をしたことがないだろうか?

私は嫌と言うほどした。
まだ代理店をしていた頃、ある見積サイトからの見込み客を
1件○○○○円という形で買い、フォローして契約に結び付ける
というプロジェクトに参加していた。
1日数件、1カ月で数十件の見込み客をメールでフォローしたが
全く返信はなかった。

ネットで資料請求するお客様はいろいろ比較し、とにかく安い
保険料の会社を選ぶから、保険営業パーソンはやっても無理と
勝手に結論付けていたのをよく覚えている。

しかしこの考えは大きな間違いなのだ。

やり方を知らないだけ、もっと言えば「メールの送り方」を
知らないだけなのだと、今回インタビューした奥田氏は言う。

資料請求や問い合わせがあったお客様に普通に見積を添付して
メールを送る・・・実はこれでは思ったような契約を挙げることは
できない。

「契約を目的にする」のではなく「お客様のレスポンスを目的にする」
メールを送れば可能性は断然上がるのだ。

多くの保険営業パーソンは最初から契約を獲ろうとするメールを
送るからうまくいかない。そうではなく、どうすればお客様がメールを
返信してくれるかを考えるのだ。
返信があれば、もっと詳しいお客様の条件やニーズを引き出すことが
でき、契約は驚く程近づくことになる。

詳しくは今回のCDインタビューの中で明らかになっている。

前回のCDでは法人保険提案のスペシャリストとして登場した
奥田まさや氏。

実は現在の新規契約のほどんどすべてはネット経由なのだ。

個人の医療保険やがん保険だけの話ではない。法人保険も
そして決算対策保険もネット経由なのだ。

その成功の秘密がズバリ「メールノウハウ」なのだ。

ロンドンハーツという番組で共演したアイドルから若手芸人に
気があるようなメールを送って騙すというドッキリ企画がある。

実際にはロンドンブーツ淳がアイドルになりすましメールを送るのだが
いきなり「あなたが好きです。」なんていうベタなメールは送らない。
仮にこんなメールが来たら、いたずらかどっきりか若手芸人は疑うはずだ。

アイドルがその友達に本来送るつもりのメールを間違って若手芸人に
送ってしまうという設定にするのだ。

メールの内容は、アイドルが共演した若手芸人を好きになってしまった
ことを、友達に伝えるものだ。

多くの若手芸人はうれしくなって思わず返信してしまい、どっきりに
かかってしまう。

これはあくまでバラエティー番組のメールの話だが
メールの送り方次第で相手の反応が変わることに気づいて欲しい。

これは保険営業でも同じなのだ。

今やほとんどの日本人が使いこなすメール。
メールを使わない人を探すほうが難しいと言ってもいい。

こんな状況にもかかわらず、保険業界でメールノウハウに
ついて語られることはほとんどなかったのではないか。

今回のCDではズバリ保険契約に繋がるメールノウハウを
思う存分語ってもらった。

ネットでは他社より保険料が安く条件がよくないと契約が
獲れないという常識が、CDを聴けば間違っていたことに
気づくはずだ。

まずは読むだけでもメールノウハウの一部が勉強できる
こちらを今すぐクリック↓

CDゼミナール
メール1通で保険が売れる!非常識なメールノウハウとネット集客法



■無料公開

CDゼミナール
「メール1通で保険が売れる!非常識なメールノウハウとネット集客法」
の冒頭10分を無料で大公開

こちらをクリック



■反応が劇的アップしたDMの秘密

私が保険を販売していた頃、法人の新規開拓をするために
DMを出したことがあった。

いきなり保険を売り込んでもダメだと考え、DMの内容は
関心がある社長に資料を請求してもらうものだった。

結果は・・・レスポンスを期待したが0(ゼロ)だった。

次にある部分を変えて私は再びDMにチャレンジした。
するとレスうポンスは跳ね上がり私は1度に多くの
見込み法人を獲得することに成功したのだ。

何を変えたかあなたは予想がつくだろうか?

実はDMの切り口も送る資料も最終的に勧める商品も
全く変えていない。ほとんど同じ内容のDMを送ったのだ。

変えた部分はただ1つ。

「資料を請求してください。」という部分を「資料をご覧いただき
経営者にとって果たして有効なものかご意見を教えてください。」
に変えただけなのだ。

「請求してください」か「教えてください」か
たったこれだけのことでレスポンスは大きく変わるのだ。

もちろんこれはDMだけでなくメールでも同じ。

伝えようとする内容はほぼ同じであってもメールの書き方や
ほんのわずかな差で結果は大きく変わるのだ。

例えばあなたはお客様にメールを送る時、文章の「改行」を
気にしたことがあるだろうか?

コンピュータから送られたメールを携帯電話で受け取ると
「改行」がめちゃくちゃで読みにくいという経験は1度や
2度したことがあるだろう。

たったこれだけのことで、選ばれるか選ばれないかが
決まるのだ。

ネットや見積サイトの発達でお客様は1度に複数の商品を
比較できるようになった。
それと同時に複数の営業パーソンも比較できるようになった
と言える。

保険料や商品の特徴だけでは勝負は決まらないと私は断言する。

わずかなメールノウハウであなたは選ばれる存在になることが
できるのだ。

個人保険から決算対策保険まで新規契約のほぼすべてを
ネット経由で獲得している奥田氏の他では手に入れられない
メールノウハウを勉強したいならこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
メール1通で保険が売れる!非常識なメールノウハウとネット集客法



CDの内容の1部を挙げると

・なぜ10パターンの見積をメールで送ると成約率がアップするのか?

・メールを送る時間でライバルと差別化できる

・大手に勝つための一番簡単なネット戦略とは?

・お客様のメールアドレスは情報の泉

・100%契約が獲れないメールの文面とは?

・成約率を極端にアップさせるメールとは?

・保険の相談や質問メールにはこんな文章を返信せよ

・契約を近づけるメール「改行」テクニックとは?

・メールで成功したければ電話を使え?

・間違いだらけのフォローメール

・しつこくならない、失敗しない絶妙のメール頻度とは?

・複数サイトから見積をとっているお客様から選ばれるメールテクニック

・返信のないお客様のニーズを復活させる裏技とは?

・契約にならなかったお客様へのメールこそが大きな契約を生む

・会う時=契約時にする超効率メールの出し方とは?

・メールの送り方次第でネットから法人保険は簡単に売れる!

・紹介を確実に契約に繋げるメール「CC」の使い方とは?

・ネット経由のお客様との面談で成功するためのポイントとは?

・こうすればホームページで見込み客を集めることができる

・なぜホームページで資料請求が集まらないのか?

・競争しない、1人勝ちできるネット広告の出し方とは?

・ジョイントベンチャーでネットから保険契約を獲る方法とは?

・もう見込み客を集めるな!見込み客を買う戦略で全国展開する方法

・ポスティングとミニコミ誌でホームページに見込み客は集まる!

CDゼミナール
メール1通で保険が売れる!非常識なメールノウハウとネット集客法


■変額保険で法人から個人に資金をシフトする方法

ファッション性の高い中古の洋服を仕入れ販売している店を経営
している知人がいる。
自分の店のことをリサイクルショップではなくユーズドショップ
だと言う。

この2つの意味はほとんど同じだろうが呼び名や店名1つで
集まってくる客層が変わるのだ。

リサイクルというと主婦を中心とした年配の人が多く集まり
ユーズドというと若者が中心。

売る商品やサービスばかりに目を向けることは悪いことではないが
会社やお店そして製品の名前1つで差別化できることもあるのだ!!

ガリバーも自社の業務のことを車の「下取り」とは言わない。
「下取り」ではなく「買取り」なのだ。
下取りをする業者がたくさんあった中、後発にもかかわらずガリバーが
大成長できたのは少なからず「買取り」としたところが勝因の1つに
違いない。

「サラリーマン金融」が「消費者金融」に変わって成長を遂げたのも
同じような例ではないか。

商品自体の本質は変えなくてもお客様への届け方、伝え方次第で
ビジネスは大きく発展するのだ。

これは保険営業も同じだ。

例えば終身保険を「積立型の保険です」とただ表現するのは
あまりにも芸がない。
自分で終わりの期間を決められる保険、一生涯の保障を年金や介護の
資金に変換できる保険なんていうのはどうだろうか?

お客様への提案次第で、お客様の反応は変わり・・・最終的に
あなたの営業、コミッションも変化するはずだ。

「変額保険で運用してお金を増やしましょう」と提案するのも
もちろん悪くない。

しかし会社の資金を合法的かつ効率的にシフトさせる保険として
変額保険を提案したら・・・社長の保険へのイメージを大きく変える
ことができ、契約を近づけることができるのではないか?

あなたの提案を変えたいならこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?





■オーナー社長にこの提案

高額所得者の芸能人が節税のために会社を設立するという
話を聞いたことがあるだろう。

個人所得では税率が高いため、稼いだお金を一旦法人に
入れて、法人から給与または役員報酬をもらう形にすると
節税になる。

明石家さんまさんは、このような法人を所有していることを
テレビで公表しているし、ゴルファーなどのスポーツ選手も
同じことをやっている人は少なくないはずだ。

実は個人が法人を活用しメリットを得るのは税金だけではない。
生命保険も同じようなことができるのだ。

節税ではなく・・・言い方はおかしいが「節保険」

特にオーナー企業、オーナー社長のケースは有効。
個人と法人の関係、税金、報酬、退職金などの関係をうまく活用する。

コストを抑えながら最終的に社長の手取りを増やす保険提案を
可能にするのだ。

節保険をあなたの営業の武器にしてみないか?

不況の影響で節税したい法人は少ない。
退職金積立の話を聞きたいという社長も多くはない。

しかし今回紹介するCDのノウハウがあなたのスキルになれば
個人でがん保険を掛けている社長
個人で葬式代を保険で準備している社長
個人で医療保険に加入している社長など

これらの社長がみんなあなたの見込み客になるのだ。

少しノウハウを知るだけで、あなたが保険を売る見込み社長・法人は
まだまだたくさんいることに気づくはずだ。

まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?


CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?