2012年06月

ここでは、2012年06月 に関する情報を紹介しています。
■すぐできる新規法人開拓術

今回紹介するCDの中で語られている
「支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されないプラン」
を切り口に法人を新規開拓する方法を考えてみたい。

1つのやり方としてセミナー営業は有効ではないか。

集客は企業情報から評点が高く近年利益が出ていてかつ決算月が
近い法人をピックアップして社長向けにDMを送る。

もちろんセミナーの講師は保険営業パーソンがやるのではなく
税理士の先生にお願いする。保険を売るためのセミナーでは
DMの反応がよくないのは明らかなので、あくまで決算対策や
節税の裏技を教える切り口にする。

セミナーではいくつかある決算対策・節税方法を紹介しながら
その中の1つとして「支払保険料が損金で計上出来て出口で
課税されないプラン」を説明してもらうのだ。

そしてセミナー終了後、保険営業パーソンが各法人をフォロー
するという形だ。

ポイントは保険を売るためのセミナーではなく、決算対策の
法人の問題点・不安を解決・解消する手段として保険が使える
ことを専門家である先生に訴えてもらうことだ。

いかがだろうか。

DM送付やセミナー会場には費用がかかるが、1保険営業
パーソンや1代理店での負担が難しければ、何人か仲間が
集まりお金を出し合ってもいい。

また税理士の先生とセミナーを主催してもいいのではないか。
セミナーをきっかけに税理士の先生は顧問先を増やすきっかけに
なる可能性があるから、話にのる先生も少なくないはず。

保険会社の協力を得てもいい。保険会社主催でしかも
税理士の先生が講師なら、さらにセミナーの信用力は増して
集客が楽になるはずだ。

まだまだやり方はいろいろ考えられる。

ある代理店はDMやメールで決算に関してのアンケートを送り
返信があった法人を工作している。

別の保険営業パーソンはまず税理士の先生にアプローチして
「支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されないプラン」に
ついての意見を聞いて回っている。いきなり顧問先の紹介をお願い
するのではなく、あくまで専門家としての見解を指導してもらう
という立場で訪問するのだ。そして意見を伺いながら、このプラン
に共感を得た先生の顧問先を紹介してもらうということをしている。

大切なことは知るだけではなく行動することだ。

CDを聴いて行動を起こした保険営業パーソンからは
契約が獲れた知らせが早くもいくつか寄せられている。

次に契約を獲るのはあなただ!

スタートはこちらを読むことから↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!




■出口戦略を制すれば法人保険を制す

決算対策で保険を提案する場合、どのくらい損金で計上されるか
という部分にどうしても注目が集まる。

これは提案をする営業パーソンだけではなく提案される社長も
同じくその部分に関心を示す。

もちろん大事な部分ではあるが、私はそれと同じくらい
決算対策保険の後々の処理・・・いわゆる出口戦略が重要だと
考える。

一定期間を経て保険を解約した場合、解約返戻金は当然会社の
雑収入となり課税対象となってしまう。

私は契約時に
「社長の退職金の原資として利用しましょう」とか
「赤字の時や資金が必要になった時に活用しましょう」などと
言うことが多かったのだが・・・

このような出口戦略は、言い方は極端かもしれないが無責任な
アドバイスになりかねない。

中小企業の多くは社長がいわば4番でエースの場合が少なくない。
つまり簡単には退職できないし、決算対策プランの解約返戻金の
ピークが社長の対策時期にピッタリ合うとは限らない。

これは赤字や資金が必要になった場合も同じで、一番有利な
解約時期と企業の資金ニーズ時期が合わない確率の方が高い
のではないか。

多くの保険営業パーソンは「入口」に殺到し厳しい競争を繰り広げる。

しかしもう少し視野を広げると、競争率が低く大きな法人契約を
ひっくり返すチャンスがあるのだ。

それが「出口」ということになる。

社長の退職時期や企業の資金ニーズに左右されない
決算対策保険の出口戦略を法人工作の切り口にしてはどうだろうか?

詳しいノウハウを勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!




■37か月の奇跡の提案

1つのビジネスモデルの寿命は短くなってきていると言われている。
ある成功者は3年だと以前断言していた。

一旦成功したとしてもそれが何年も続くとは限らないわけだ。

こんな状況の中で、例えば30代の社長に30年後の退職金の
原資を生命保険で確保しましょうという提案は果たして有効
だろうか?

もちろん間違いではないし30年後の計画をしっかり立てている
経営者もいる。

しかし時代のスポードがどんどん速くなり先が見えない時期だから
こそ先の見える、短いタームで考えられる提案も受け入れられる
のではないか。

今回紹介するCDの中で語られている
支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案は
最短で37か月。

契約から完結まで最短で3年1カ月ということになる。
これならば社長もイメージしやすいはずだ。

とは言っても今年保険料が払えても来年どうかわからないと
心配する社長もいるはず。

しかしこのプランは仮に2年目以降に法人に支払うキャッシュが
ない場合、社長個人がキャッシュを工面しても、まだなおメリットが
あるプランなのだ。

社長が会社にお金を貸す、私募債を発行する、増資するなどなど
社長個人のキャッシュを法人に入れるやり方はさまざまあって
実際にこれらを実行しているケースも多々あるという。

30年後の世界は予想がつかないが、3年後なら話は別。

さああなたの提案をもう1度見直そう。

詳しい提案ノウハウについてはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!




CDで内容の一部を挙げると

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。



■決算日後に決算対策保険が売れるノウハウ

先日テニスの専門家と話す機会があり、教えてもらったことがある。

伊達公子がすごいのはボールを打つタイミングだというのだ。

普通の選手は相手が売ってワンバウンドしたボールが下がってきた
タイミングで打ち返す。

一方伊達選手の場合はボールが上がってくるタイミングで打ち返すのだ。
(これをライジングショットというらしい)

秒数にすれば0.0何秒のごく僅かな違いだが、このタイミングの違いが
40歳を超えても世界で戦える要因の1つだというのだ。

タイミング・・・これは法人向け保険営業でも最高に重要なのだ。

例えば決算対策保険を売る場合。

普通は決算日の前が最高のタイミングと考えられている。
決算日前に提案し決算日前に契約する。

もちろんこれは正しいが、あなたも経験したことがあると思うが
そこにはほぼ確実に厳しい競争が存在する。
何社も同じような決算対策保険の見積を出すわけだ。

一方でこのタイミングを伊達選手のようにずらす方法が
保険営業でもあるのだ。

1つ例を挙げれば決算後数カ月経った企業などはどうだろうか?

説明するまでもないが、このタイミングで決算対策保険を売りに来る
営業パーソンはまずいない。言い方は極端だがあなたの独壇場となるはずだ。

もちろん普通の、多くの営業パーソンと同じ提案をしても意味がない。

とっておきの武器を使うのだ。

それが今回のインタビューCDで詳しく解説されている
「支払保険料が全額損金で計上出来て出口で課税されない提案」なのだ。

決算対策保険を決算のタイミングで売るのではなく
既契約をひっくり返すのだ!

新規開拓をする1つの有効な方法だとは思わないか?

CDを聴けば・・・みんなしないタイミングをあなたが保険を売る
絶妙のタイミングに変える提案ノウハウを勉強できる。

こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!





■これで解約は防げる

決算対策保険を提案した際、社長の一番心配事は
「今期は利益が出て保険料が支払えるけど来期以降継続していけるか
どうなるかわからない」というものではないか。

この部分がネックになってなかなか契約にならないケースも
少なくない。

確かに時代のスポードがますます速くなり不況や円高・
震災などの影響で数年先でさえ見通しが立たないというのは
理解できる。

一方今回紹介するCDの中で語られている
「支払保険料が全額損金で計上出来て出口で課税されないプラン」
なら話は別になる。

まずこのプラン自体が契約から完結まで最短で37カ月。
3年と1カ月であれば、保険料が払える見込みが立ちやすいはず。

またこのプランを採用した多くの社長は仮に保険料が法人で払えなく
なったとしても社長個人が会社に資金提供してプランを継続することを
了承しているという。

逆に言うと、そうしてまでもプランを続けるメリットがあることになる。

これは保険営業パーソンから見ても契約から短期間での「解約」で
コミッションの払い戻しをするリスクをヘッジできることになる。

期間が短いこと、仮に法人で保険料の支払いが困難になった場合でも
メリットがある方法があることを社長に理解いただければ
契約のハードルはぐっと低くなるに違いない。

プランについて詳しく勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!




■圧倒的選択肢で保険契約は獲れる

保険営業で今後も成功を続けるポイントの1つは、売り込むとか
勧めるのではなく「選ばせる」ことだと私は確信している。

保険営業パーソンが最高だと考える提案プランを説得して売り込む
スタイルは時代遅れとも言える。

売り込んだり勧めるのではなく、お客様自身に「選ばせる」のだ。

営業パーソンに売り込まれて契約した場合と
お客様が自らの意志で選んだ場合では
どちらが満足度が高くなるか、どちらが紹介を得やすいか
説明の必要もない。

ではお客様に「選ばせる」ポイントは?

それは圧倒的な選択肢を与えることだ。

例えば結婚したい女性に男性を紹介する場合。
「貧乏だけどやさしい人」と「金持ちだけど性格が悪い人」
どちらがいい?と聞くから女性は迷うしなかなか選べない。

もし「金持ちでやさしい人」と「貧乏で性格が悪い人」なら
ほとんどの女性は即答するはず。

これは保険営業でも同じだ。

法人を開拓する場合、今までと似通った提案だから社長は
選択できない。

圧倒的な選択肢を示せば社長はすぐに動くに違いない。

保険料は最大半額しか損金にならないでしかも解約時に課税されると
考えている社長に全額損金しかも出口で課税されない選択肢を提示したら
どんな反応が返ってくるだろうか?

保険はとにかく無駄で1円でも多く入りたくないと思っている社長に
保険に入ることで会社の売上がアップする選択肢を提案したら
社長は大きな興味を示すのではないか?

新規法人開拓において圧倒的選択肢を与えることができる保険営業
ノウハウを勉強したい方はまずこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!




■秋元康から盗む法人保険開拓ノウハウ

先日テレビに出演したAKB48のプロデューサー秋元康さんが
ヒットを生み出す上で1番大切なことは「予定調和を崩すこと」
だと話していた。

例えばAKBと言えば、こんな歌を唄うんじゃないかという
ファンの期待や予想をいい意味で毎回裏切るような曲をリリース
するようにするのだ。

「予定調和を崩すこと」でヒットした例はAKB以外でもある。

例えば今売上を伸ばしている羽なし扇風機などはその典型では
ないか。

扇風機=羽根が回って風が起こるという予定調和を見事に崩す
ことで、多くの人の関心を集めヒットに繋がったと言える。

もちろん「予定調和を崩すこと」は保険営業特に法人工作でも
大切だ。

「がんになった時に困らないための専用の保険があります。」
と社長に投げかけて「え!そんな保険があったのか!」と驚く
ケースはほとんどない。

これは保険の見直しやリストラでも全く同じだろう。

社長が考えていたこと、常識だと思っていたこと、当たり前だと
感じていたことを裏切る、全く逆の提案を我々はしなければ
厳しい競争には勝てないのではないか。

「何それ?詳しく知りたい」
「そんなことできるの?資料が欲しい」
こんな言葉が社長の口からでるような提案をするべきなのだ。

1.支払保険料が全額損金で計上出来て出口で課税されない保険提案
2.会社の売上をアップさせる保険提案
あなたはこの2つの提案プランを聞いてどのように感じたろうか?

「そんなプラン前から知っている!」「もう既に何十回も提案してきた」
あなたがこのように感じたのであれば、これから紹介するCDは
全く役に立たないはず。

しかしもしも「何それ?」「どんなプランなのか?」と疑問に思ったなら
CDの内容はこれから法人工作をする上で最高の武器になるだろう。

保険のプロであるあなたが「何それ?」なのだから、普通の社長は
あなたの以上に「何それ??」ではないか。

まさに社長の予定調和を崩すことができるのだ。

社長の予定調和を崩す提案ノウハウについて勉強したい方は
はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!



CDで内容の一部を挙げると

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。
■ ホームページにはこんな情報を載せろ!

ホームページを持っている多くの保険代理店、保険営業パーソンは少なくない。

ただしそれをうまく活用し切れている人はかなり少ないのが現実だ。

なぜうまくいかないか?
大きな理由の1つに「情報の出し方」が挙げられる。

商品を自社で作っているメーカーなら自社独占の情報を持っていることは
あるかもしれない。
一方保険営業の場合、自分しか知り得ない情報というのはないと言って
いいかもしれない。たとえ新商品であっても売っているのはあなただけでは
ないはず。だいたいどこの保険会社でも同じような商品を売っている。

だから見たこともない情報を出して差別化するのは極めて困難だと私は
考えている。

ではどうすればいいのか??

「情報の出し方」が勝負となる。

みんなと同じようにプロフィールと取り扱っている商品などの情報を
出しても永久に集客するのは難しいだろう。

ポイントはいくつかあるが今日は3つだけ紹介したい。

1つ目は自分に不利な条件であっても紹介することだ。

例えば海外旅行保険をあなたが売っているとしよう。

「とにかく自分で契約して欲しい」とだけアピールするだけでは
ホームページからの集客は難しい。

最近の消費者・お客様は非常に頭がいい。
とにかくみんなよく調べるし情報を持っている。

だから・・・
ネットからダイレクトに申し込む方法があることも隠さず教えることも
必要だろう。

さらにカード無料で付いている海外旅行保険についても触れるべきでは。

「そんなことしたら海外旅行保険に入る人がいなくなってしまうのでは?」
という声が聞こえてきそうだが、だからこそ公表する価値があるわけだ。

自分に不利なことをしっかり伝えるだけで確実に信用は高まる。

もちろんただ単にカードに付いている海外旅行保険で十分だ勧める
必要はない。

当然そこには一長一短あるはず。

お客様はそこを知りたいわけだ。

今回は海外旅行保険について語っているわけではないからこの辺に
しておくが、カードに付いている海外旅行保険は旅行代金や交通費などを
カードで支払わないと適用にならないケースも少なくないし、補償額や
補償範囲が限定されていることもある・・・・

「情報の出し方」ポイントの2つ目。

狭く深く情報を出すこと。

持っている情報は同じでもスポットライトの当て方によって差別化は
可能になると考えいる。

自動車保険の掛け方を説明するホームページは星の数ほどある。

しかし対物賠償だけを詳しく説明してあるサイトはそれほど多くないはず。

生命保険なら保障額の決め方はどこのホームページにも載っているが
契約者貸付や保険料支払免除に関して何ページもスペースをとっている
ケースを私は見たことがない。

ポイントの3つ目。

コラボレーションをうまく活用して情報を出すこと。

コンプライアンスの関係でどうしても保険営業の人は情報の出し方が
制限される。しかしこの情報を伝えればお客様は喜ぶというものは
少なからずある。

そんな情報は全く保険を扱わない方とコラボして出すというのはどう
だろうか。

例えば保険営業なら言えなくて税理士なら言えることはある。

自分のページでリスクを冒すよりもコラボ相手のページに載せてもらうのだ。

もちろんただコラボになる相手に「載せてください」「あなたのページに
来た客を紹介してください」とお願いするだけではコラボはうまくいかない。

コラボ相手にもメリットのある提案をすればいいだけだ。
ホームページをこちらで作り本業の売上が上がるような仕組みを提案する
なんていうのもいいかもしれない。

いかがだろうか。

持っている情報はみんな同じでもその出し方次第で変わることに
気づいて欲しい。

ホームページでの集客がうまくいっている人が少ない今だからこそチャンスなのだ!

ネットマーケティングで成功したい方はこちらをじっくり読んで欲しい↓
CDゼミナール
メール1通で保険が売れる!非常識なメールノウハウとネット集客法



CDの内容の1部を挙げると

・なぜ10パターンの見積をメールで送ると成約率がアップするのか?

・メールを送る時間でライバルと差別化できる

・大手に勝つための一番簡単なネット戦略とは?

・お客様のメールアドレスは情報の泉

・100%契約が獲れないメールの文面とは?

・成約率を極端にアップさせるメールとは?

・保険の相談や質問メールにはこんな文章を返信せよ

・契約を近づけるメール「改行」テクニックとは?

・メールで成功したければ電話を使え?

・間違いだらけのフォローメール

・しつこくならない、失敗しない絶妙のメール頻度とは?

・複数サイトから見積をとっているお客様から選ばれるメールテクニック

・返信のないお客様のニーズを復活させる裏技とは?

・契約にならなかったお客様へのメールこそが大きな契約を生む

・会う時=契約時にする超効率メールの出し方とは?

・メールの送り方次第でネットから法人保険は簡単に売れる!

・紹介を確実に契約に繋げるメール「CC」の使い方とは?

・ネット経由のお客様との面談で成功するためのポイントとは?

・こうすればホームページで見込み客を集めることができる

・なぜホームページで資料請求が集まらないのか?

・競争しない、1人勝ちできるネット広告の出し方とは?

・ジョイントベンチャーでネットから保険契約を獲る方法とは?

・もう見込み客を集めるな!見込み客を買う戦略で全国展開する方法

・ポスティングとミニコミ誌でホームページに見込み客は集まる!

CDゼミナール
メール1通で保険が売れる!非常識なメールノウハウとネット集客法




■見込み客が集まる文章の書き方

ホームページやネットで見込み客を集める場合
商品やサービスの品質や価格で差別化することも重要だが、
それ以上に”どんな文章を書くか”ということが大切だ!

例えばここに無料請求できるFXの資料がある。
あなたならどんな表現や文章を書くだろうか?

価格は誰が紹介しても0円。請求して届く資料も誰が紹介しても同じ。

つまり紹介する文章で差別化するしかないわけだ。

「無料の資料だから勉強のために請求してください。」という感じの
トーンで文章を書いてもおそらく余程読者がたくさんいるメルマガや
ブログかアクセスが死ぬほど多いサイトに載せない限り多くの
資料請求は期待できないだろう。

私だったらこんな感じにする。

「今の銀行金利で満足ですか??私の友人には毎月90万円の利息を
 ゲットしています。しかも元手はわずか○○万円だけで。FX取引の
 スワップポイントとレバレッジという仕組みをうまく使えばこんな
 ことが可能です。まずは無料の資料でスワップポイントと
 レバレッジのからくりを勉強してみませんか?」

スペースの関係で詳しくは書けないが、なんとなくイメージは
わいただろうか。

要するに私の文章は単に無料請求を勧めるのではなく金利が低くて
それだけでは十分な資産形成ができないという
「問題点」を「解決する手段」の一つとして無料資料を読んだらどうか!
という提案になっている。

反応率を高める文章の書き方の一つのパータンとして
「問題」→「解決」というのが挙げられる。

0円、無料といくら強調してもそれだけでは読者の心には響かないのだ。

自分がもっといる問題点、普段は気づいていない問題を引き出し
(炙り出し)それを解決するような提案として無料でもらえる資料を
演出できれば、驚くような反応率を得ることができるのだ。

これは保険の見込み客を集める場合でも同じだ。

「無料資料を請求してください。」といくらアピールしても
それだけではうまくいかない。

「問題」→「解決」というパターンで1度文章を考えてみては
いかがだろうか?

ネット・ホームページ・メールで成功するコツはこれ以外にも
たくさんある!

それらを勉強したい方はをじっくり読んで欲しい↓
CDゼミナール
メール1通で保険が売れる!非常識なメールノウハウとネット集客法



CDの内容の1部を挙げると

・なぜ10パターンの見積をメールで送ると成約率がアップするのか?

・メールを送る時間でライバルと差別化できる

・大手に勝つための一番簡単なネット戦略とは?

・お客様のメールアドレスは情報の泉

・100%契約が獲れないメールの文面とは?

・成約率を極端にアップさせるメールとは?

・保険の相談や質問メールにはこんな文章を返信せよ

・契約を近づけるメール「改行」テクニックとは?

・メールで成功したければ電話を使え?

・間違いだらけのフォローメール

・しつこくならない、失敗しない絶妙のメール頻度とは?

・複数サイトから見積をとっているお客様から選ばれるメールテクニック

・返信のないお客様のニーズを復活させる裏技とは?

・契約にならなかったお客様へのメールこそが大きな契約を生む

・会う時=契約時にする超効率メールの出し方とは?

・メールの送り方次第でネットから法人保険は簡単に売れる!

・紹介を確実に契約に繋げるメール「CC」の使い方とは?

・ネット経由のお客様との面談で成功するためのポイントとは?

・こうすればホームページで見込み客を集めることができる

・なぜホームページで資料請求が集まらないのか?

・競争しない、1人勝ちできるネット広告の出し方とは?

・ジョイントベンチャーでネットから保険契約を獲る方法とは?

・もう見込み客を集めるな!見込み客を買う戦略で全国展開する方法

・ポスティングとミニコミ誌でホームページに見込み客は集まる!

CDゼミナール
メール1通で保険が売れる!非常識なメールノウハウとネット集客法

■売り込むな!教育しろ

「なぜ日本人は銀行と郵便局ばかりに資産を預けるのか?」
ある保険代理店に質問するとこんな答えが返ってきた。

「リスクがないからですよ。」

おそらく多くの人は同じような答えをするだろう。

では本当にリスクはないのだろうか?

勘違いして欲しくないのは銀行や郵便局の財務内容が危ないことを
アピールして保険を獲ることを勧めているわけではない。

FP、保険営業パーソンがやるべきことは、商品をうまく説明する
ことではなく、日本の金融とか経済をわかりやすくお客様に伝える
ことではないか。

売り込みや説得ではなく「教育」。

契約が獲れることはもちろん重要だが、まずはお客様に正しい本当の
知識や情報を得てもらうことが第一歩のはずだ。

正しい情報や知識が伝わっていないから正しい判断ができない。

足し算と引き算がわかっていない人にどんなに熱心に因数分解を教えても
理解してもらえない。日本の状況もそれと似ているのではないか。

郵便局はみんなが預けた貯金の8割を使って国債を買っている。
では国債とはどんなものなのか?どのくらい発行されているものなのか?
日銀とは一体どんな役目なのか?日銀と政府の関係は?

こんな金融や経済の基礎の基礎とも言える事をわかりやすく説明するだけで
多くのお客様は真っ青になるはずだ。

難しいことはない。今日本で当たり前に行われていることを誰でも
わかるように説明するだけでいい。

売り込みではない。教育なのだ。

正しい知識と情報を得れば、お客様が正しい判断をするに違いない。

結果としてあなたの保険契約は黙っていても増える。

こんな教育型保険営業スタイルをあなたのスキルにしてみないか。

いいことばかりを並べて自分の売る商品を売り込まなくてもいいのだ。

まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう




■「何を」より「どう」で保険は売れる

保険を販売し始めた頃、先輩のトップセールスの方の営業に何度か
同行させてもらったことがある。

コンスタントに契約を獲り続け、羨ましいくらい稼いでいる先輩
だったので、どんな特別なことをお客様に話しているのか期待した
のだが・・・実際にお客様にしている話は自分と変わりなかったのだ。


実はトップセールスの人も特別なことを伝えていることは少ない。
お客様に話している内容はみんなと同じ。

違うのは・・・伝え方。

多くの保険営業パーソンは「何を」伝えるかばかりを知ろうとする。
しかし大切なのは「どう」伝えるかなのだ!

少し前までテレビで見ない日はなかった池上彰さん。

池上さんしか知り得ないニュースや事実、何かスペシャルなことを
話しているわけではない。誰もが知ってそうで実は詳しく理解していない
ことをわかりやすく話しているだけではないか。

しかし彼は人気者になり出演する番組は軒並み高視聴率になったわけだ。

保険営業も同じなのだ。

プロでないと知り得ない、特別な情報なんてインターネットの発達で
なくなったといいのではないか。素人でも調べる気になれば検索
エンジンや質問サイトでかなりの情報を手に入れることはできる。

つまり情報だけで差別化は難しくなりつつあると言っていいはず。

では何で差がつくのか?

それが「伝え方」なのだ。

お客様が身を乗り出し「なるほど」と感心する「伝え方」を
あなたのスキルにしてみないか。

このスキルを身につければあなたは営業パーソンでなくなる。
自分の理解できなかったことをわかりやすく教えてくれる「先生」
になれるのだ。

「伝え方」で差別化するノウハウを勉強したいなら
まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう



インタビューCDの内容の一部を挙げると

・なぜ保険より資産運用にチャンスがあるのか?

・お客様が殺到するセミナー集客の仕組みとは?

・なぜセミナー参加者の9割がコンサルティングを受けたいと言うのか?

・売上の秘密はセミナーのアンケートにある!

・実際にセミナーで話す内容について

・1万円の本当の価値を説明するとお客様は身を乗り出す

・国債はこう説明しろ

・日本の財政を知ればお客様の目の色は変わる

・インフレ・長期金利・資産の分散がキーワード

・商品を勧めない個別コンサルティングで話していることとは?

・最終的に売れてしまう商品とは?

・死亡保険や医療保険を取り扱わない理由とは?

・有料の会員組織のお客様が集まる秘密とは?

さあまずは知ることから。

あなたの営業の切り口は「万が一」だけだろうか?
資産運用を切り口に新しい道を作ってはどうだろう?

こちらを読んでヒントを得て欲しい↓

CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう

■労使問題で保険が売れる

保険提案でアプローチするのではなく問題解決を切り口に
ドクターマーケットを開拓することに成功し続ける鈴木氏。

以前契約者となったドクターから聞きだした問題は保険とは
全く関係のないものだった。

それは・・・辞めたスタッフが今頃になって給与の未払いが
あるとして文書で抗議してきたがどうすれば良いか?という
ものだった。

自分は保険を売るのだから、こんな事は関係ないと考える方は
大きなチャンスを逃してしまう。

鈴木氏はこんなアドバイスをした。

・規定を労働基準監督署等で確認し矛盾点について
 若しくは不当な扱いとして抗議してきたのだ予想できること。

・素早い対処が必要なこと

・至急規定および辞めた理由も確認する必要があること

・労使紛争に発展すればほとんど経営側が負けてしまうので
 経営者としての観点から規定を読みこなす必要があること

・専門的なことは社労士と共にアドバイスすること

アドバイスは保険とは関係ないものばかりだ。ドクターが抱える
問題を解決する手段をわかりやすく提示するだけ。

しかしこれが次に繋がるのだ。焦る必要は全くない。

1つの問題が解決できれば、ドクターは保険営業パーソンを信頼し
必ず次も相談してくる。

もちろんその相談も保険とは関係ないかもしれない。しかし
1つ1つこつこつ解決策を提案し続けるべきなのだ。

「問題や悩みを聞いていくと、必ずお金の問題に辿り着く」
こう鈴木氏は断言する。

もちろんお金の問題に対してもスタンスは変わらない。
問題を解決するための手段を提案するだけだ。
その手段としてどうしても生命保険が必要になってしまうのだ!

生命保険をがんばってうまく売るという感覚はそこには
全くない。問題を解決するという意図しかないのだ。

いかがだろうか。

保険を説得して販売するというのも決して悪いことではないが
もう1つの武器を持ってみてはいかがだろうか?

ちなみに今回例で挙げた労使問題を解決する際、どうしても
病院の「規定」の話になることが多い。場合によっては現在の
「規定」を見直す必要があるという。すると退職金規定などに話が
及び、比較的短期間で退職金対策保険に辿り着くケースもあるのだ。

問題解決型ドクターマーケット新規開拓術を詳しく勉強したいなら
こちらを読んで欲しい。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?




■ドクターに相続対策保険を売るノウハウ

相続対策保険のニーズは高齢化社会ではますます高まっていることは
間違いない。仮に契約が獲ればその保険料も高くなるので保険営業
パーソンは喉から手が出るほど欲しい保険と言っていいはず。

特に資産を多く持つ開業医の相続対策のニーズは高い。

多くの保険営業パーソンはドクターに「保険で相続対策をしましょう」
「納税資金を保険で準備しましょう」とアプローチしてしまう。

結局、保険提案の売り込みや説得であるためうまくいかない。
話も聞いてもらえない。アポイントもとれない。

ではどうすればうまくいくのか?

「保険を売るのではなくソリューションを売るのだ!」
と今回インタビューした鈴木氏は言い切る。

保険を売り込むよりもドクターの悩みや問題点を引き出すのだ。

例えばあるドクターからはこんな質問があったという。
「子供は三人、うち一人が医師になり、将来は継いでほしいと
考えている。何か今から対策しておくことは?」

鈴木氏は
・医療法人の場合、医院の価値を正確に把握しておく必要があること

・医師にならない2人の子供に資産を等分に調整をする場合、価値に
 相当する現金等での分配に備える必要があること。

・後を継がない子供が相続を放棄する場合でも跡継ぎの方が支払う納税
 資金が必要になること

・病医院の現在価値が高く、現金資産が少ない場合は早急に対策を
 スタートさせるべきであること
などをアドバイスした。

決して保険を勧めてはいない。保険の「ほ」の字もない。
問題解決を提案するのだ。

しかし想像して欲しい。
鈴木氏のアドバイスに「なるほど」と思ったドクターはもっと具体的な
方法を知りたいと考えるはず。

ここで始めて手段の話になる。問題解決、ソリューションを実行する
ための手段だ。

説明するまでもないが、手段として生命保険がどうしても必要に
なってしまうのだ。

無理に保険を売り込まなくてもドクターの問題を引き出し
それを解決する手段を提供するだけで、保険は嫌でも売れてしまう
ことになる。

いかがだろうか?

全く面識がないドクターから問題を引き出しその解決策を
提供するソリューション営業のノウハウをもっと詳しく
勉強したい方はまずはこちら↓を読むことから始めて欲しい。

長い文章だが読むだけでもヒントを掴むことができるだろう。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?





■初回訪問でドクターが身を乗り出すツールとは?

「相続対策についてお話させていただきたいことがございます。」
「保険の見直しの1度お話を聞いていただけないでしょうか?」

こんなアプローチではまず忙しいドクターは話を聞いてくれない。

理由は簡単。保険が切り口だからだ。

保険の話を1度も聞いたことがないドクターはまずいない。
現実はその全く逆で、嫌と言うほど話を聞いたという方が多いはずだ。

こんな状況にもかかわらず保険を切り口に訪問する
すなわち保険を売り込むからうまくいかないのだ。

パンフレットや設計書を手に訪問するのはドクターの新規開拓に
関しては特に意味がない。

ではどうすればいいのか?

ドクターマーケットでの成功者で今回インタビューした鈴木氏は
最初に使うツールは自己紹介とソリューションメニューだ。

自己紹介は説明するまでもない。自分がどんな人間なのかを知って
もらう必要がある。

ソリューションメニューとは自分ができる問題解決を紹介したものだ。

金融に限らず、経営、事業継承、人材教育・採用などドクターが
抱える様々な問題を解決に導くことができることをわかってもらう。

特別なケースは除いて、これらのソリューションを原則無料で
提供する。


欲しくもない商品を売り込まれたら、誰だっていい気持ちはしない。

しかし想像して欲しい。あなたが悩んでいることを解決してくれる人が
目の前に現れたら、話を聞いてみようとは思わないか?

例えばあなたはここ数カ月会社の部下の扱いに困っていたとする。
遅刻はするし約束は守らない部下に何度注意しても改善の気配がない。

こんな時に部下の意識を変える方法を教えてくれる人がいたら
きっと喜んで話を聞くはずだ。さらにそれを無料でしてくれる
というなら、その人に感謝するしかない。

ドクターマーケットの新規開拓も同じ。

保険を一旦わすれ、ソリューションを切り口にアプローチして
みないか?

ソリューションでアプローチすれば、紹介なしでも知り合いが
いなくても、お金を掛けなくてもドクターマーケットを開拓できるのだ。

「問題・悩みをコツコツ解決・解消していけば・・・嫌でも
どんなドクターのケースでも間違いなくお金の話に辿り着きます。
お金の問題の解決の手段として生命保険は必須なのです。
つまり契約は獲れてしまうのです。」こう鈴木氏は断言する。

もっと詳しくアプローチ方法を勉強したい方はまずはこちら↓を読んで欲しい。

長い文章だが読むだけでもヒントを掴むことができるだろう。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?



CDで語られた内容の1部を紹介すると

・保険営業で成功できない人の見込み客の考え方とは?

・ドクターマーケットを開拓する前に準備するべきこととは?

・最低限知らなくてはならない知識・法律とは?

・工作ターゲットの決め方とは?

・初回訪問のやり方

・継続訪問では何をすればいいのか?

・工作中止する判断基準とは?

・ドクターを面談に導くテクニックとは?

・契約に繋がる「未来話法」とは?

・「保険は税理士に任せている!」と言われたらなぜ大きなチャンスなのか?

・ドクターに共通する悩みとそれを解消する提案方法

・私が病院の時計の位置をアドバイスする理由

・看護師の私語にチャンスあり

・これで信頼を掴める!人材に関するソリューション営業とは?

・保険を売り込むな!保険の話に嫌でも繋がる話題とは?

・口下手でも開拓できる魔法のツールとは?

・医師の組合で現在開催しているセミナーの内容とその成果とは?

年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?




■この法人に今大型生保が売れる

先日テレビを見ていると、知る人ぞ知る狭い・ニッチな業界の
ナンバー1企業が紹介されていた。

その中の1つは立体駐車場ビジネスでシェア1位の小さな法人だった。

といっても立体駐車場を作ったり運営しているわけではない。

ナント立体駐車場によくある車の方向を転換させる
丸い鉄のターンテーブルだけを作り続けているのだ。

以前は様々な仕事をしていたのだが、ターンテーブルだけに
ターゲットを絞り成功をおさめたのだ。

ターゲットを絞る!

これは保険の法人工作でも重要なのだ。

例えばあなたが法人の新規開拓のためにDMを出すとする。

どんな企業をターゲットとするだろうか?

人数や売上規模で絞る
業種で絞る
所在地で絞る
企業情報会社の評点で絞る

さまざまなやり方があるだろう。

ではもしあなたが「支払保険料が全額損金で計上出来て
出口で課税されない提案」ノウハウを持っていたとしたら?

もちろん今期利益が出ている法人にDMを送るのも有効だろう。
しかしこんな法人にはたくさんの業者がアプローチして競争は
厳しいはずだ。

何のコネも人脈もない場合は社長にたどり着かない場合も多い
かもしれない。

では昨年もしくは2年前、3年前に利益が上がっていた企業なら
どうだろうか?

競争率はそれ程でもないはずだ。

しかも保険で既に決算対策を行っていたとしたらチャンスがあるとは
考えられないか?

2分の1しか損金に算入されていなくて、解約時には雑収入として
課税対象になってしまうようなプランを契約していたら?

さあ行動を起こそう。

あなたの提案ノウハウの選択肢を広げることで
法人のターゲットを絞りやすくなるのだ。

大切なのでもう1度書きたい

あなたの提案ノウハウの選択肢を広げることで
法人のターゲットを絞りやすくなるのだ。

詳しい提案ノウハウについてはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!




■保険料の支払い方法で差別化する

大きな法人契約を獲るためには、実は小さなノウハウの積み重ねが
不可欠だ。

「なんだそんなこと」「みんなが知っているよ」と思えるような
事柄をしっかりと社長に伝えることが成果を生むのだ。

例えば保険料の支払い方法。

決算対策でできるだけ大きい金額を損金にしたいなら年払いで
提案するのが一般的だ。

単に年払いを勧めるだけでなく、もし保険料の支払いが困難になった
場合には月払いなどに支払い方法を変更できること

そして解約時期には(保険会社によって条件は違うものの)
年払いを月払いに変更し、1カ月目を支払った段階で解約した方が
有利になるケースがあることなどをしっかり伝えることが重要だ。

何が有利でどれが得ということも大切だが、ポイントは支払い方法を
コントロールできることを社長に理解してもらうことだ。

もちろん支払い方法以外にも差別化するポイントはある。

小さなノウハウで差別化したいならまずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!





■法人損保を一度に自分の契約に変えるノウハウ

損保の満期管理や契約更改を面倒だと思ったことは
ないだろうか?

1件1件を大事にしていくことで、それが大きな契約や
お客様からの信頼に繋がっていくことは間違いない。

しかし書類を満期ごとに送り、訪問してしっかり説明を
するのは時間や手間がかかるものだ。


では法人のすべての損保契約の満期日を合わせるノウハウが
あったらどうだろうか?

しかも保険営業パーソンの単なる都合ではなくて
法人のお客様に大きな大きなメリットがあったら?

日にちが飛び飛びに満期が来て、契約更改をその都度行う
のではなく、すべての契約が同じ満期日だったらおそらく
あなたの営業の戦術自体が変わるかもしれない。

手続き(更改)は年に1回行けばいいのだから
自分の営業範囲を広げられないか?

例えば(極端な例からもしれないが)東京の保険営業
パーソンが、沖縄の法人の損保契約をとって毎月現地に
行くことは余程大きな契約でない限り、手数料より交通費が
大きくなるだろう。

しかし年1回訪問すればよいなら・・・話は別なはずだ。

満期日が1つなら管理も簡単。付保漏れなんていうことは
まず起こらない。

いかがだろうか?

お客様が喜びながら、法人満期日を合わせチャンスを広げる
ノウハウを知りたいならまずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!



CDで内容の一部を挙げると

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。

CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!




■終身保険を経費にする裏ワザ

「社長が万が一の時に安心な保険があります」

決して悪いアプローチではないが、果たして社長は興味を示す
だろうか?

「ぜひ話を聞きたい」こんな言葉が社長の口からでてくる確率は
限りなくゼロに近いはずだ。

社長に話を聞いてもらう、また興味を抱いてもらうには
常識的なアプローチでは差別化できないし厳しい競争を
生き残ることは難しいだろう。

今までの常識とは違うつまり非常識な投げ掛けをして
社長の関心を引き付けることが重要ではないか。

こんな話をしたら社長はどんな反応をするだろうか?

・終身保険は法人で契約すべきだ

・個人契約を法人契約に変えることで
 1億円以上の保険料がリストラできた例がある

・終身保険は全く経費にならないと言われているが
 実はそれは嘘

常識とは全く逆の話ばかりなので、おそらく話くらいは
聞いてみようと考える社長が少なくないだろう。

社長を交渉のテーブルにつかせる
社長に目の前に座ってもらう

不況の世の中で一番難しいノウハウであり
かつ契約を獲得するためには最も大切なテクニックだ。

その1つが法人への終身保険の提案ノウハウなのだ。

社長が終身保険を個人契約しているケースはどのくらいあるだろうか?

というよりも終身保険を法人契約している会社を見つける方が難しい。

私を含めて終身保険は個人で契約するものというのが常識だ。
もちろんこれは保険営業パーソンにとっても常識。

だからこそ、それをぶち破る提案ができれば大きなチャンスが
広がるのだ。

今回紹介するCDでは「終身保険の契約者を法人に変え1億
2443万円のリストラできた成功事例とは?」という部分で
詳しいノウハウが語られている。


想像して欲しい。
このノウハウを知れば、個人で終身保険を契約している社長が
あなたの工作ターゲットとなるのだ。

どうのくらいの数になるだろうか?

訪問場所がないなんていう悩みはたった1つの提案ノウハウだけで
解消されてしまうかもしれない。

既契約者にアプローチするのもいいし、セミナーやDMも有効
かもしれない。税理士と提携するきっかけにもなるだろう。

さあまずは知ることから。学ぶことから何かが変わるのだ。

まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?




■返戻金のピークを先に延すウルトラC

「解約する時期と社長の退職する時期を合わせればいいのです」
以前私が節税プランで逓増定期を販売する際よく言ったトークだ。

解約返戻金のピークと社長の退職時期を合わせる

言葉で表現するのは簡単だが、実際にやってみるとこれって
非常に難しい。

不況や円高その他予測できない事態が会社に起こり
予定していた時期に退職できないという社長が多い
つまり退職を先に延ばすというケースが増えているのではないか。

近い将来解約返戻金はピークを迎えるが社長はその時期に退職できない
こんなアンマッチが全国で今たくさん起こっていることが予想できる。

ここに保険営業パーソンは大きなチャンスがあることに
気づかなければならない。

返戻金のピークを先に延す提案ができれば大きな武器になる
のではないか。

しかも会社の負担は変わらず、平たく言えば損しない形の
提案ができれば、他社の契約をひっくり返す大きな転機となるはずだ。

詳しくは今回紹介するインタビューCDの
「逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!」という
部分を聴いて欲しい。

多くの営業パーソンは保険に加入する時は熱心だが
今回のようないわゆる”出口戦略”のガードは甘いものだ。

返戻金のピークを先に延す提案ノウハウがあれば
「もう既に加入しているよ」という今までは聞きたくもなかった
社長の断り文句が、天使の言葉に変わるのだ。

逓増定期などに加入していない法人ターゲットを探そうとするから
なかなかうまくいかない。

今回のノウハウがあなたのスキルになれば、既に入っている法人が
完全にターゲットになる。

いかがだろうか。

あなたの発想、ターゲットを大転換させる提案ノウハウを勉強したいなら
まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?




■所得税アップを生保契約に繋げる方法とは?

「政府は社会保障・税一体改革に伴う消費税率引き上げに併せ所得税の
最高税率を現在の40%から45%に引き上げる方向で検討に入った。」
こんなニュースを先日読んだ。

税金のことは、自分には関係ないと考える保険営業パーソンは
大きなチャンスを逃してしまう。

なぜなら新規の法人を開拓する最高のチャンスが訪れているからだ。

一般的に社長の所得は高い。最高税率というケースも少なくない。
それが上がってしまうのだから、社長は大きな関心を持つはず。

簡単に言えば会社から同じ報酬をもらっても手取りが減って
しまうわけだから、関心を持たないわけない。

この話題を「大変ですね」「政府に何とかしてもらいたいですね」
と単なる世間話で終わらせてしまうのはもったいない。

積極的に「提案」をすべきだ。

もちろんそれは生命保険を活用して社長の手取りを増やす「提案」だ。

今の時期にこんな提案ができたら、興味を示さない社長が果たして
いるだろうか?

しかも1つの提案ではなく、複数・・・他の営業パーソンがしない
選択肢を提示できれば、あなたの信頼度は格段にアップし契約に
近づくはず。

社長の手取りを増やす提案のバリエーションを増やしたいなら
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方

・なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?


CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?

■借入の話を保険に繋げるテクニック

会社の資金繰りに心配を全く持っていない社長はいないと
断言していい。

多くの社長はたくさんの支払いが集中する月末の資金が
不足しないか胃がキリキリ痛む思いをしている。
また不況の影響もあって金融機関が方針を変えて会社への
資金提供をストップしてしまうのではないかと常に心配している。

おそらく多くの保険営業パーソンは雑談の中では、資金繰りや
借入の話題を出しているはずだ。社長が関心を持っている話題
なのだから当然話が弾む。

しかし「大変ですよね。」という言葉だけで終わってしまう
ケースが少なくないのではないか。

これは非常にもったいないことをしていると私は考えている。
実は資金繰りや借り入れの話題を利用して保険に繋げることは
できるのだ。

もちろん金利の低く、審査の通りやすい金融機関をあなたが
社長に紹介することを勧めているわけではない。

保険に繋がるやり方があるのだ。

社長が資金繰りや借り入れで困る理由は・・・
思ったような利益がでていないからということが大きな理由なのだが
それと同じくらい大きな要因があることに社長に気づいてもらうのだ。

それは利益の平準化だ。

毎年毎年、同じような業績を上げることは難しいものだ。
いい年もあれば悪い年もある。

1年目10億円の利益を出してもで2年目3年目に大きな赤字を
出せば、金融機関は借入を渋るはず。

一方同じ10億円の利益を出すのでも1年目2年目で3億ずつ
そして3年目で4億円出した方が借り入れはスムーズになるだろう。

利益を平準化する1つの手段のとして保険を使うことを
提案するわけだ。

目的は平準化、手段は保険。

こんな流れが作れれば社長は関心を持たないだろうか?

目的は平準化でも、保険には言うまでもないが保障の機能もある。
また利益が順調なら、保険で準備できた資金を社長個人の退職金や
年金などに転用も可能だ。

社長に「万が一の時のために・・・」と繰り返しアプローチする
だけがすべてではない。

社長が関心を持っている話題から切り込んでいくことを私は
強烈にお勧めする。

ヒントはここにある。まずはこちらを読むことからスタートして
欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?





■この質問で新規法人に切り込め

多くのトップセールスの人はお客様を説得しようとはしない。
お客様が納得するように「質問」をするもの。

トップセールスは無口だという話しを聞いたことはないか。
それは単に寡黙ということではなくて質問しお客様がしゃべっている
時間が長いからしゃべる必要がないということなのだ。

例えば燃費がよく減税対象のコンパクトカーを売る場合売れない
営業パーソンは「燃費もよくて小回りもきいて減税にもなります。
絶対この車を買った方がいいですよ。お勧めです」と説得する。

一方トップセールスはこんな質問をする。

「エコに関して貢献するお考えはありますか?」
「どんな車がエコに貢献されること思いますか?」
「減税適用期間をご存じですか?それに関してのどのように
感じられますか?」

そしてお客様の口からこんな言葉がでるように導くのだ。
「やっぱり燃費がよく小回りがきく車が時代にあっているね。
それにどうぜ買うなら減税の適用期間に買うべき!」

売る車自体はなにもかわっていない。
しかし「質問」の仕方によって結果は全く変わってくる。

お客様を説得するか
お客様が自ら納得するか

これは法人生保営業でも同じことが言える。

多くの保険営業パーソンは社長を説得しようとするから
うまくいかない。

説得ではなく社長に納得してもらうのだ。

では納得してもらうにはどんな質問をすればいいのか?

情報ソースはここに↓ある。
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?



■即決で大型生保契約が獲れる秘密

「少し検討します」
保険営業パーソンが最も聞きたくないお客様の言葉ではないか。

特に保険料が高額になる法人契約の場合、即決で契約が決まる
ことは極めて少ない。

これが今までの保険業界の常識だ。

しかし一方で初回訪問でクロージングできるノウハウも存在する。

検討のしようのない提案ができれば、社長はその場で判断する。
「ほかにもっといいプランがあるかもしれない」という社長の
思いを完全に無くすことができれば、年払数百万円の保険料の
契約であっても即決してもらうことも夢でなくなる。

訪問回数が減れば、効率的な営業ができることは言うまでもない。

効率的な営業つまり初回クロージングができれば、逆に商圏を
広げることも可能になる。普通、東京の営業パーソンが沖縄の
法人に何度も訪問することは経費的にも時間的にも難しい。

しかし成約までの時間を短縮するノウハウがあれば、遠方地の
法人であっても完全にターゲットになるわけだ。

あなたの保険営業を超効率化する初回クロージングノウハウは
こちら↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?

■営業効率を劇的にアップさせる方法

「忙しくて新しい仕掛けができない」
「休みがなかなか取れない」
こう言う保険営業パーソンは多いものだ。

確かに紹介中心の営業活動なら必然的にテリトリーは広がる。
広がれば移動時間が増える。それに加えて保全や相談業務、
会議・打ち合わせや研修などがあれば、ますます時間は無くなり
忙しくなる。

忙しいスケジュールを効率よくこなす努力も重要だが
そもそもの営業戦略を見直し、劇的に効率をアップさせる
方法があるのだ。

それがセミナーを活用した戦略だ。

セミナーをあなたの保険営業に取り入れることで
移動時間を減らすことができる。あなたが遠方のお客様の所に
出向く機会は減るはずだ。

あなたが行くのではなくあなたの指定した場所に、お客様に
来てもらうことが可能になる。

また今まではあなたがアポイントを取ってお客様の都合に
合わせて訪問していたが・・・それが減る。
予定・時間をコントロールできるようになる。

少し極端な言い方かもしれないが、お願いして頭を下げて
お客様に時間を取ってもらうことはなくなる。

お客様から相談を受けたいと依頼されるのだ。

そんな状況を作り出すのがセミナーだ。

商談を相談に変えるとも表現できるだろう。
「営業パーソン」から「先生」に変わる方法と言っていい
かもしれない。

もちろんセミナーを単に開き、いい情報を話せばいいという
ものではない。

お客様が相談したくなるセミナーが存在するのだ。

営業効率を劇的にアップさせるセミナー営業戦略を
勉強したいなら
まずこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ



CDの内容の1部を挙げると

・なぜ今、セミナーで保険が売れるのか?

・5名集客すれば契約が獲れる秘密とは?

・こんなセミナーの内容が契約に直結する!

・もうお客様の所に訪問するな!セミナー参加者を自分の事務所に
 呼び寄せる魔法のテクニックとは?

・なぜ保険のことを話さないセミナーで保険が売れるのか?

・寝ながらセミナー参加者を集める裏技とは?

・お客様との「関係性」を変えれば契約獲得は簡単になる

・セミナー参加者を行動させる2つのポイントとは?

・8割のお客様が個別相談を懇願する奇跡のセミナーテクニックとは?

・なぜいい情報を提供しても保険契約に繋がらないのか?

・97%の参加者がアンケートに答える秘密とは?

・簡単に全国ナンバー1になって自分ブランドを構築するノウハウ

・経営者を対象にしたセミナー成功事例

・ドクターを対象にしたセミナー成功事例

・契約に繋がるセミナーの題名とは?

・お客様が殺到する個別面談への誘導方法

・なぜ多くのお客様が「お願います」と言って個別面談を申込むのか?

CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ




■契約する理由

「提案しても検討中と言われるケースが増えた」
ある保険営業パーソンは嘆いた。

ネットや通販、来店型店舗そして銀行の窓口などお客様の
保険加入の選択肢が増えたから、こんな結果になってしまう
という意見がある。

私はこの考え方に少し違和感を感じる。

選択肢が増えたのではなくて、提案した保険営業パーソンと
契約する理由が明確でないから、決まらないのではないか。

あなたが親や兄弟に保険を提案した時、「検討」となる確率は
低い。というよりもほぼない。

説明するまでもないが、あなたと契約する理由が明確だからだ。

この理由がないまま、または作り出す前に設計書を広げて
保険を売り込んでしまうから、「検討」されてしまうのだ。

あなたと契約する理由

これを作り出す有効な手段の1つがセミナーだ。

セミナーは保険を売る場でもうまく説明する機会でもない。
あなたと契約する理由を明確にするチャンスなのだ。

ではどんなセミナーを開き誰を集め
どんな話をすればいいのか?
そして最終的に契約に結びつけるにはどうすればいいのか?

詳しく勉強したい方は
まずこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ



CDの内容の1部を挙げると

・なぜ今、セミナーで保険が売れるのか?

・5名集客すれば契約が獲れる秘密とは?

・こんなセミナーの内容が契約に直結する!

・もうお客様の所に訪問するな!セミナー参加者を自分の事務所に
 呼び寄せる魔法のテクニックとは?

・なぜ保険のことを話さないセミナーで保険が売れるのか?

・寝ながらセミナー参加者を集める裏技とは?

・お客様との「関係性」を変えれば契約獲得は簡単になる

・セミナー参加者を行動させる2つのポイントとは?

・8割のお客様が個別相談を懇願する奇跡のセミナーテクニックとは?

・なぜいい情報を提供しても保険契約に繋がらないのか?

・97%の参加者がアンケートに答える秘密とは?

・簡単に全国ナンバー1になって自分ブランドを構築するノウハウ

・経営者を対象にしたセミナー成功事例

・ドクターを対象にしたセミナー成功事例

・契約に繋がるセミナーの題名とは?

・お客様が殺到する個別面談への誘導方法

・なぜ多くのお客様が「お願います」と言って個別面談を申込むのか?

CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ





■見つけるのではなく作りだす戦略

見込み客を継続的に獲得する!
保険営業パーソンの永遠のテーマではないか。

明日も明後日も1カ月先もあなたの話を聞きたいという
見込み客がいれば、夜も安心して眠れる。
契約が獲れなくて胃がキリキリ痛むこともなくなるだろう。

しかし現実は難しい。多くの保険営業パーソンは紹介や
ネットなど・・・見込み客を獲得する手段を求め努力して
いるが、なかなかうまくいかないのが現状ではないか。

保険に関心のある見込み客を獲得する方法を追い求めることも
悪くはないが、私は全く別の発想も重要だと考えている。

見込み客を見つけるのではなく
見込み客を自らが作り出すのだ。

保険に関心がない、見直しなんて考えていない、保障も
心配していない・・・こんなお客様をあなたの見込み客に
変える方法があるのだ。

よく考えてみると、保険のことに興味を示している見込み客
を獲得する競争は厳しい。通販・ネット、来店型店舗の台頭で
今後もますますその競争は厳しさを増すことは間違いない。

一方、見込み客を自らが作り出す方法をあなたのスキルに
すれば、競争とは無縁になる。

では保険に全く関心のない人をどうやって見込み客に変えれば
いいのか?

その手段がセミナーなのだ。

セミナーというフィルターを通すことで、あなたが売り込まなくても
あなたを「先生」と呼びながら、保険のことを相談してくる見込み客を
作り出すことができるのだ。

もちろん最初は保険の事を全く考えていないのだから、見直しや
得な入り方の話をセミナーでしても無駄だ。

保険の話ではなく次の行動に繋がる話がある。

詳しく勉強したい方は
まずこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ


CDの内容の1部を挙げると

・なぜ今、セミナーで保険が売れるのか?

・5名集客すれば契約が獲れる秘密とは?

・こんなセミナーの内容が契約に直結する!

・もうお客様の所に訪問するな!セミナー参加者を自分の事務所に
 呼び寄せる魔法のテクニックとは?

・なぜ保険のことを話さないセミナーで保険が売れるのか?

・寝ながらセミナー参加者を集める裏技とは?

・お客様との「関係性」を変えれば契約獲得は簡単になる

・セミナー参加者を行動させる2つのポイントとは?

・8割のお客様が個別相談を懇願する奇跡のセミナーテクニックとは?

・なぜいい情報を提供しても保険契約に繋がらないのか?

・97%の参加者がアンケートに答える秘密とは?

・簡単に全国ナンバー1になって自分ブランドを構築するノウハウ

・経営者を対象にしたセミナー成功事例

・ドクターを対象にしたセミナー成功事例

・契約に繋がるセミナーの題名とは?

・お客様が殺到する個別面談への誘導方法

・なぜ多くのお客様が「お願います」と言って個別面談を申込むのか?

CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ





■保険が簡単に売れるプレゼンとは?

生命保険営業におけるプレゼンテーション。

あなたはプレゼンをどう考えているか??

私は設計書を使った提案する保険の説明と捉え
それを実行してきた。

お客様がわかりやすいものが一番と考え、きれいな紙に
見やすいグラフや表が印刷された設計書を使い
わかりやすい言葉で説明をした。

しかしこれが間違いなのだ!

プレゼン=設計書を使った商品説明としている間は
自分の思ったような成果・成績を出すことは難しいのだ。

では契約が獲れるプレゼンとはどんなものなのか?

プレゼンとは・・・
掘り起こされたお客様のニーズがどういう保険設計で
解決されるか説明でなければならない。

医者に例える。

医者は病気の患者に対してまずやることは病名を特定し
どうやったら治るかを指し示すことだ!!

「あなたの病気はインフルエンザです。抗生物質を薬で
投与すれば治るでしょう」という感じで。

これをしてから初めて投与する薬に関して説明する。
どんな薬で1日何回飲めばいいか?など。

我々保険営業パーソンも同じ。

病名を特定しどうすれば治すかを指し示すように
営業パーソンがするべきことはお客様のニーズがどういう
保険設計で解決されるか説明することなのだ!!

いきなり設計書を使って商品説明をすることは病名も
治療法も説明する前に薬の成分や値段、飲み方を熱心に
話すことと同じなのだ!

いかがだろうか?

さああなたのプレゼンテーションを変えよう。

プレゼンが変わればお客様の反応は変わる。
そしてあなたの成績・成果がみるみる変わるのだ。

プレゼンノウハウをもっと詳しく勉強したいという方は
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
FP資格は「収入源ならず収入減」になる?
~さようなら、間違いだらけの生保コンサルティング~



■警告「終身保険を300万円で提案するな」


私はお客様に自分が作った提案書を見せながらよくこんな
説明をした。

「終身保険を300万円で設計しました。
これは葬儀代をカバーするものです」

何の疑いもなく、これがベストだとずっとずっと信じていた。
ある大きな間違いに気づくまでは・・・

実は終身保険=葬儀代=300万円というのは極端に
販売者側の論理であるに気づく。

終身保険をいつか必ず起こりうるリスクに対する備えとして
活用するのは間違いではない。

しかし「いつか必ず起こりうるリスク」=葬儀代と
決め付けてしまうのは、かなり疑問だ。

「いつか必ず起こりうるリスク」=「死後の整理資金」というのが
正しいであろう。

「死後の整理資金」という葬儀代だけではない。

例えば、入院して病院で亡くなるケースが多いと考えると・・・
「死後の整理資金」は葬儀代だけではなく、亡くなった時に病院に
払う精算金もあるとは考えられないだろうか??

「死後の整理資金」=葬儀代=300万円と勝手に決め付けるのではなく
このことを伝えただけではお客様の反応や選択は違ってくる
かもしれないのだ。

つまりお客様が300万円では「死後の整理資金」が足らないと
考えられれば、当然もっと大きな保障となり、結果的に(営業的に
見れば)単価は上がってしまうことになる。

販売側、保険会社側の論理で
保険プランに終身保険300万円程度を設計しないといけないから
300万円=葬儀代としよう!!というような後付的発想が
あったのではないだろか?

そこにはお客様の希望やニーズはない。

「安ければお客様は満足する」
「保険料を削減すれば契約はもらえる」
という世間一般にまかり通っている偏ったFP的視点が
結果的に我々自身の首を絞めていることに早く気づいてほしいのだ。

もちろんこんな例は終身保険=300万以外にもこういった
例はたくさんある。

どんな例があるのか??
どんな部分が問題なのか?
何をどう変えればいいのか?

答えはすべてCDゼミナール
FP資格は「収入源ならず収入減」になる?
~さようなら、間違いだらけの生保コンサルティング~

の中にある。

安くすればお客様は喜び契約が獲れるというのは
全くの幻想であることにこのCDを聴けば気づくであろう。

がんばってお客様からたくさんの保険をいただこうとするのではなく
偏ったFP的視点を捨てて、お客様のニーズに応えていくと・・・
たくさん保険がもらえてしまう、単価が上がってしまう事実も
あなたは知ることになる。







■無料音声セミナープレゼント

保険料の安い通販やネット販売に勝つためには
保険営業パーソンはこうすればいい!
厳しい競争に勝ち生き残っていくためのヒントが満載

無料音声セミナー
保険営業で勝ち残るための差別化戦略(58分)


■相続対策保険を獲る一番のポイント

法律や税制の改正点を切り口に保険の販売に繋げていく!

保険営業パーソンとしては必要なことだ。

特に様々な部分で変化があった「相続」に関してはチャンスがある
と感じている方も多いだろう。

では法律や税制の変更点に詳しくなれば相続対策保険は獲れる
ようになるのか?

私はNOだと考えている。

どんなに勉強しても税理士よりも詳しくなっても変更点を紙を
見ないですらすら言えるようになってもそれだけでは契約は増えない。

一番大切なことは、お客様・相手に強烈な興味を抱かせること
ではないか。

「ぜひ詳しく押して欲しい」「絶対知りたい」
「今度必ず資料を持ってきて!」

相続に関してこんな言葉をお客様が発したら、その後の展開は楽に
なるとは思わないか?

保険を売り込むのではなくお客様からの強い要望で説明する!

大切なのでもう1度書きたい。

保険を売り込むのではなくお客様からの強い要望で説明する!

こんなシチュエーションを作り出すことが最高に重要なのだ。

興味を持っていないお客様に設計書を出して説明をしてしまうから
うまくいかないのだ。

もちろんお客様が強い興味を示しあなたの話を聞く態勢ができたら
法律や税制の知識は不可欠になる。

いかがだろうか。

相続対策保険が売れるか売れないかは営業の導入の部分で決まると
私は確信している。

詳しいノウハウを勉強したいならこちら↓
CDゼミナール
目指せ収益10倍!相続対策保険に宝の山あり
~難しいといってあきらめていたら、こんなにもったいないものはない!~



CDは2005年に録音されたものだから、ノウハウが古すぎるのでは
ないかと思う方もいるかもしれない。

確かに法律などは変わっている点がある。それは否めない。

しかしCDで語られている最も大切なノウハウは相続対策保険を
売る導入の部分。だからこそ6年経った今でも語られたノウハウは
使えると私は考えている。







■なぜ相続対策保険は獲るのが難しいのか?

「○○さん、万が一の時の相続対策は既にお考えですか?」
と言って私が保険の提案書を取り出した。

そしてすかさずこう付け加えた。

「納税対策資金の確保や財産分与の対策として
 この保険は有効です」

私の提案したプランは
契約者、被保険者は資産家の○○さん。
保険金受取人は○○さんの息子さん。

終身保険で保障額1億円、月払い50数万円のプランだ。

私の提案は聞いてくれたが、○○さんの反応はイマイチ。

説明が終って「いかがでしょうか??」と私が質問すると
○○さんはこう言った。

「検討してみます」

今まで私が相続対策を提案した際はだいたいこのパターンだ。

もちろん後で電話したり訪問してもいい結果は得られなかった。

提案が悪いかのか??
説明の仕方が悪いのか??
トークがよくないのか?
いろいろ考えたが、答えが見つからず・・・
いつしか相続保険は獲れない、難しいと考えるようになっていた。

ある間違いに気づくまでは。

なぜ、相続対策保険は獲れないのか?難しいのか?

財産分与や法律や税金が絡むので難しい・・・と思われがち
なのだが、大きな要因は実はもっと別の所にあるのだ。

まず私がいつも使っていたトークを思い出してほしい。

「○○さん、万が一のとき・・・」

通常、相続対策保険を提案する相手は、ある程度年配の方。

その人に「万が一の時・・・」と言った場合の相手の感情を
考えてもらいたい。

「万が一・・・」つまり「あなたが死んだら・・・」

「俺が死ぬのが前提の話かよ??!!」という感情になることが
少なくないのでは???

しかも誰のために加入するかというと息子のため。

さらに、仮に私が提案した1億円の終身保険の保険金が下りた場合
確かにキャッシュは手元に入ることは間違いないが・・・保険金自体も
みなし相続財産となり、課税対象になるわけだ。

自分の死ぬことが前提でしかも自分のためにならない。
それでいて相続対策保険に入ることで増税!

「入るわけないだろ!」
とう言葉が返ってきてもおかしくない。

勘のいいあなたなら、どうすればいいかもう見当がつくかもしれない。

やることは、提案書をきれいにつくって、気の利いた説明や
トークを考えることではない。

法律や税金に詳しくなることでもない。
(もちろんある程度の知識は不可欠だが)

「そんなやり方あるの??」
「そんな方法あるの、知りたい??」
と言わせること・・・すなわち相手のニーズを喚起することなのだ。

と言っても「1億円節税できます。知りたいですか??」
と唐突に言ってもだめ。

あなたが質問をしながら、相手(お客様)がどんなニーズ・
希望・欲求があるかを炙り出さないといけない。

口に出すことで、自分自身のニーズに気づくことも多い。

十分ニーズを引き出した上で・・そのニーズを満たすような
言葉をあなたが掛ければいい。

「もし~~できたら、いかがでしょうか??」

ニーズが喚起されていれば
ほぼ間違いなく、いい反応が返ってくるはず。

そうなれば半分以上は成功したと同じ。

あなたは保険を売るために提案をさせていただくのではない。

相手(お客様)が知りたい、教えて欲しいと言ったから
問題の解決策をお持ちするだけなのだ!

誰だって大きな契約を獲りたい。
早く契約を決めたい。
たくさんの手数料をもらいたい。
今月中に契約を成立させたい。

あなたにいろいろな思いがあるかもしれないが・・・
そこをぐっと押さえ、相手のニーズをしっかりと喚起する
ことが相続対策保険獲得の大きなポイントなのだ。

まだまだ相続対策保険獲得のためのポイントはたくさんあるが
今回はここまで。

*もっと人より早く相続対策保険のスキルをゲットしたい人はこちらをクリック


■税制や保険会社に左右されないノウハウ

ジャパネットタカタを知らない人はいないはずだ。

この会社がどんな業種なのか一言で表すなら
「家電の通販」と私なら表現する。

しかし先日見たテレビ通販では全く家電ではない
”腹筋ができる座椅子”を販売していた。

つまり家電通販でスタートしたのだが全く別のものを売っているわけだ。

家電で培われた、見ている人に注目させ買いたいと思わせるノウハウは
別のカテゴリーの商品にも応用可能なわけだ。

1つのやり方で成功してもそれをうまく応用できなければ
この先生き残っていくのは難しいと私は考えている。

もちろんこれは保険営業でも同じだ。

もう何年も前になるが、いわゆる生保の節税プランで大きな契約を
連発した保険代理店がいた。

その時は大きなコミッションを得たのだが、税制の改正や保険商品が
変わり、同じような結果を出せなくなってしまったのだ。

節税プランがいけないというわけではなく、応用することができない
ことが問題ではないか。

ここに応用可能なノウハウな法人工作のノウハウがある。

DMでセミナー参加者を集め、その後フォローし契約に繋げるという
方法だ。

これから紹介するCDではセミナーの切り口は「退職金」だ。
もちろん今でもこのやり方をそっくり真似しても結果はでるはず。

しかし時間が立って状況が変わればこの切り口が有効でなくなる
かもしれない。

その時にこのノウハウは応用が可能だ。

極端な言い方をすると、たとえこの世に保険がなくなったとしても
DMで法人を集客しセミナーを行いフォローするノウハウがあれば
生き残っていけると私は確信している。

税制や保険会社に左右されない応用可能なノウハウを勉強したなら
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間39分)
今こそ白地開拓!セミナー営業で法人生保契約を獲得する方法





■質問だけでMDRT

先日、新幹線の中のワゴン販売で驚異的な成績を残し続ける
カリスマ販売員が書いた本を読んだ。

その中でなるほど~と感心した内容があったので紹介したい。

お弁当の売上をアップさせたい著者はお弁当をその場で
食べるものだけではなくお土産としても売ることを思いついたという。

一人のお客様がお弁当を一度に何個も買うことは少ないが
確かにお土産なら複数売るチャンスが生まれる。

あなたが販売員ならどんな方法で売るだろうか??

お弁当を買ってくれたお客様に「お土産としてももう一ついかがですか?」
と私なら勧めてしまうだろう。

しかしこのカリスマ販売員はこんな売り込みはしない。
お弁当を一つ買ってくれたお客様にこんな質問をするのだ。

「こちらのお弁当はお土産ですか?」

売り込みでなく質問。

こうすることで、自分で食べるだけではなくお土産にもいいな~ということに
お客様が気づき複数購入するケースが増えたという。

生命保険トップセールスマンからも同じような話を聞いたことがある。

普通の営業パーソンはお客様にこう売り込む。

「老後の公的年金はあてになりません。この保険で年金を貯めましょう」

一方トップセールスマンは売り込まず質問を繰り返す。

「日本の老後の年金についてどう思いますか?」
「いくらぐらいもらえるかご存じですか?」
「豊かな生活をするのにどのくらい足らないと思いますか?」

質問することでお客様は自分で自分の老後はなんとかしないと
まずいことに気付き、保険でお金を貯めたいと実感するという。

同じ保険会社、同じ提案、同じ保険料でも「質問」で
お客様の感情や心理は変化し大きく大きく結果も変わってしまうのだ。

保険料や解約返戻率などの「理屈」だけで保険営業パーソンは
生き残れる思うだろうか?

iPadやiPhoneのヒットによりますますネット利用頻度が上がることは確実。
いつでもどこでも誰でも保険に関する情報はゲットできるようになったと
言っていい。

つまり得で有利な保険や掛け方は誰でもすぐに手に入れられるのだ。

こんな時代だからこそ「理屈」だけではなく「心理」や「感情」の
部分が保険営業でも重要になってくると私は確信している。

保険のリストラや条件をよくすることも大切だが、お客様の心理を
切り口に質問や戦略・戦術を見直してみてはいかがか。

そのヒントはここにある↓
音声セミナー68分
脳科学と心理学を活用した保険営業ノウハウ



音声セミナーでお話させていただいた内容の一部を紹介すると

・営業をしないでMDRT基準を達成する方法とは

・詐欺師から学ぶあの心理テクニック

・言葉を発しない保険営業ノウハウとは

・売り込み、説得は止めよ!●●してもらえばいいだけだ!

・保険営業に使える定価のビールが売れる酒屋の秘密

・保険の理想プランを捨てればあなたは成功する

・カツオから学ぶ感情操作術

・なぜプロのバッターがどうみてもボールの球を空振りするのか?

・ホストから学ぶ!頼まなくても客が紹介・追加契約をしてしまう方法

・検討中の客から電話を掛けさせる一言とは?

さああなたの保険営業に革命を起こそう。

音声セミナー68分
脳科学と心理学を活用した保険営業ノウハウ







■損保大増収ノウハウ

「今は損保より生保!」
「損保では差別化しにくい。」
「損保の新規契約はなかなか獲れない」

保険営業パーソンと話すとこんな声をよく耳にする。

実際に私も同じような思いを持っていたのだが
今回、奥田氏の話を聞いてそれが大きな間違いであることに
気づいた。

こう私は断言したい。
今こそ損保を増収するチャンスだ!!

もちろん今まで通りのやり方だけでは思ったような成果を
出すのは難しいだろう。

ほんの少し損保の提案の仕方を変えるのだ。

保険を販売していた時、とにかく損保の「満期日」を聞きだして
それが近づいていくと、提案書を出して既契約と比べてもらう
ということを繰り返した。

これ自体が損保契約獲得の王道であることは間違いないのだが
もっと別の視点があることに気づいて欲しいのだ。

「満期日」だけではなく「決算日」に大きな損保獲得の
チャンスがあるのだ。

こんな2つのノウハウがあなたのスキルになったら
営業が変わらないか?損保の増収が可能にならないか?

・「決算日」を切り口に既契約を奪取する提案ノウハウ

・「決算日」を切り口に新規損保契約を獲る提案ノウハウ


詳しい提案ノウハウを勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!




■会社の売上をアップさせる保険提案とは?

「会社の保険のリストラをしませんか?」
「保険料の削減をしましょう」

今時、こんな投げかけをして「ちょうどよかった。そうしたかった!」
というおめでたい社長はほとんどいないに違いない。

保障の見直し、保険のリストラ・・・保険を切り口にしたアプローチは
何回、場合によっては何十回も社長は受けている。

では社長の関心を向けるため、社長に「何それ?教えて!」と言わせる
ためにはどうすればいいのか?

ズバリ社長が強烈に興味を抱く部分を切り口にすればいい。

その1つが「売上」ではないか。

わざわざ説明するまでもないが自社の「売上」に関心のない社長はいない。
どうすれば「売上」を伸ばせるか、日々頭を悩ませていると言っていい。

ここを切り口にするのだ。

といってもターゲットとなる会社を商品をあなたが売り歩くことを
勧めているわけではない。

実は「会社の売上をアップさせる保険提案とは?」というノウハウが
あるのだ。

保険を売ることを目的にするから社長は逃げるのだ。保険営業パーソンの
話を聞きたがらないのだ。

目的を「売上」アップにするのだ。

「売上」アップのための1つの手段として保険がある・・・
こんな流れが作れたら、話を聞かない社長が果たしているだろうか?

「うちの会社は売上をアップさせなくていいから」という社長は
この世に存在するだろうか?

さああなたのアプローチ、そして保険提案の選択肢を増やそう。

詳しくはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!



■決算日後に決算対策保険が売れるノウハウ

先日テニスの専門家と話す機会があり、教えてもらったことがある。

伊達公子がすごいのはボールを打つタイミングだというのだ。

普通の選手は相手が売ってワンバウンドしたボールが下がってきた
タイミングで打ち返す。

一方伊達選手の場合はボールが上がってくるタイミングで打ち返すのだ。
(これをライジングショットというらしい)

秒数にすれば0.0何秒のごく僅かな違いだが、このタイミングの違いが
40歳を超えても世界で戦える要因の1つだというのだ。

タイミング・・・これは法人向け保険営業でも最高に重要なのだ。

例えば決算対策保険を売る場合。

普通は決算日の前が最高のタイミングと考えられている。
決算日前に提案し決算日前に契約する。

もちろんこれは正しいが、あなたも経験したことがあると思うが
そこにはほぼ確実に厳しい競争が存在する。
何社も同じような決算対策保険の見積を出すわけだ。

一方でこのタイミングを伊達選手のようにずらす方法が
保険営業でもあるのだ。

1つ例を挙げれば決算後数カ月経った企業などはどうだろうか?

説明するまでもないが、このタイミングで決算対策保険を売りに来る
営業パーソンはまずいない。言い方は極端だがあなたの独壇場となるはずだ。

もちろん普通の、多くの営業パーソンと同じ提案をしても意味がない。

とっておきの武器を使うのだ。

それが今回のインタビューCDで詳しく解説されている
「支払保険料が全額損金で計上出来て出口で課税されない提案」なのだ。

決算対策保険を決算のタイミングで売るのではなく
既契約をひっくり返すのだ!

新規開拓をする1つの有効な方法だとは思わないか?

CDを聴けば・・・みんなしないタイミングをあなたが保険を売る
絶妙のタイミングに変える提案ノウハウを勉強できる。

こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!



CDで内容の一部を挙げると

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。



■こんな話がお客様の心に響く

セミナーを活用した新規開拓を勧めた営業パーソンから
こんな答えが返ってきた。

「セミナーで何を話せば契約が獲れるかわからない」
「自分は知識と経験がないからとても講師はできない」

セミナー講師というと高度で誰も知らない情報や知識を
話さなければ参加者を喜ばすことはできないと勘違いしている
ケースが本当に多い。

今回インタビューした遠藤氏がセミナーで話す内容は
驚くほど基本の基本だ。

例えば保険には3つの種類があってその3つの組合せで
できていること。
保険業界に入ってすぐに習う終身保険と定期保険と養老保険
の3つの説明だ。

また複利とは何か?金利とは何か?という類の話もする
こともあるという。

ファイナンシャルプランナーのテキストの1ページ目に載って
いるような話ばかりで、高度で複雑なものは1つもないのだ。

実はこれでOKなのだ。この程度の話で契約に繋がるのだ。

どんな話をどうやってしてどうすれば契約に繋がるのか
詳しく勉強したい方は
まずこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ



CDの内容の1部を挙げると

・なぜ今、セミナーで保険が売れるのか?

・5名集客すれば契約が獲れる秘密とは?

・こんなセミナーの内容が契約に直結する!

・もうお客様の所に訪問するな!セミナー参加者を自分の事務所に
 呼び寄せる魔法のテクニックとは?

・なぜ保険のことを話さないセミナーで保険が売れるのか?

・寝ながらセミナー参加者を集める裏技とは?

・お客様との「関係性」を変えれば契約獲得は簡単になる

・セミナー参加者を行動させる2つのポイントとは?

・8割のお客様が個別相談を懇願する奇跡のセミナーテクニックとは?

・なぜいい情報を提供しても保険契約に繋がらないのか?

・97%の参加者がアンケートに答える秘密とは?

・簡単に全国ナンバー1になって自分ブランドを構築するノウハウ

・経営者を対象にしたセミナー成功事例

・ドクターを対象にしたセミナー成功事例

・契約に繋がるセミナーの題名とは?

・お客様が殺到する個別面談への誘導方法

・なぜ多くのお客様が「お願います」と言って個別面談を申込むのか?

CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ



■丁寧な保険営業スタイルとは?

iPadやiPhoneなどのヒットの影響もあってますます多くの人が
いつでもどこでもネットに接続できる環境が整備される。

こんな状況の中、テレビ通販CMも含めて人を介さないで
顧客が保険を購買する機会はますます増えるに違いない。

保険営業パーソンはこの厳しい環境の中どうしたら生き残っていけるのか?

いろいろ申し上げたいことはあるが、私は「丁寧な営業」を
すべきだと言いたい。

「丁寧な営業」とはどんなことなのか例を挙げて説明したい。

例えば小さな子供を持つ専業主婦に保険を提案するとする。

あなたならどんな内容を提案するだろうか?

以前の私ならこう言っていただろう。
「奥様に万が一のことが起こった時もご主人様がいらっしゃいますから
奥様には大きな保障は必要ありません。お葬式代300万円程度の保障で
よいでしょう」

これは「丁寧な営業」とは言えない。かなり乱暴・・アバウトだ。
こんな営業スタイルでは勝ち残っていけない。

どうすればいいのか?

よく考えてみると見過ごされているリスクやニーズがある。

奥様が亡くなった場合本当に経済的リスクは発生しないだろうか?

今までやっていた家事は誰がやるのか?子育ては??料理は??
それらをやるヘルパーやお手伝いさんを雇う必要があるかもしれない。
そうなればもちろんお金がかかる。

仮にそれらをすべてご主人様がやるとする。
そうなれば今までと同じ給与がもらえるだろうか?
残業代がなくなったり昇進が遅くなり結果的に経済的リスクが
発生することは考えらないか??

また奥様が亡くなった場合にかかるのは本当に葬儀代だけだろうか?

亡くなる場合病院での入院を経る場合が多いから、死後に病院代を精算する
お金の準備は必要ないだろうか?


大切なことはリスクやニーズに気づかせてあげることだ。

「そうね!それも必要ですね」「そうそうそんな準備もしておきたい」
こんな言葉をお客様の口から出るように導くことが重要だ。

もちろんリスクやニーズにお客様が気づいてもすべてを保険でカバー
できるとは限らない。

そんな時はどの部分を準備が大切なのか優先順位を一緒に考えることも
大切なのだ。

お客様が気づいていないニーズやリスクに気づかせたり、それらをカバー
するための優先順位をつけたりする・・・これがまさに丁寧な営業。

これをコツコツ繰り返す!!

私が知る限りではコンピュータや通販はこんな営業スタイルはできない。

だからこそ保険営業パーソンは絶対必要だし今後も生き残っていけるのだ!

またこんなスタイルで営業をすれば結果的に契約単価もアップし紹介も
出やすい傾向がある。

これは営業パーソン冥利に尽きるのでは。

いかがだろうか?

さああなたの営業スタイルをほんの少し変えよう。

ほんの少しでいい。少しの変化が大きな成果をもたらすのだから。

丁寧な保険営業スタイルを勉強したい方



■ がんばらない保険営業術

先日、お会いしたある保険営業の方はこんなことを言っていた。

「お客様と保険(生保)のことを話すことはできるのだが
 なかなか成約までいかない・・・」

私は以前、読んだ本に書いてあったことをふと思い出しその話をその方にした。
(本のタイトルは記憶にないのだが・・・)

アメリカで伝説のセールスパーソンといわれた方とあるインタビュアとの会話。


インタビュア
「あなたは伝説のセールスパーソンと言われていて、自分に売れないものはない
とおっしゃっているそうですね」

伝説のセールスパーソン
「はい、そうです」

インタビュア
「では私の目の前にある、何の変哲もない、どこにでもある灰皿を私に
売り込んでください」

伝説のセールスパーソン
「はい。この灰皿、いくらなら、あなたは買いますか?」

インタビュア
「300円なら・・・」

伝説のセールスパーソン
「その値段でどうぞ!!!」

なんとこれで・・・販売成立。

我々はそもそも保険セールス・営業というものを難しく考えすぎではないか?

かっこよく気の利いた言葉や難しい専門用語やプロとしての考えを話して
お客様を説得、説き伏せることがセールス・営業の真髄だとは考えていないだろうか?

私はずっとこう勘違いしてきた。

でも、この考え自体が、我々営業パーソンの可能性や技術の発展を邪魔している
のであろう。

一番大切なことは・・・
灰皿を難なく販売した伝説の営業パーソンのように
「お客様の希望・要望」に沿った商品やサービスを提供することなのだ

それは押し付けでもない。押し売りでもない。

お客様が何を望んでいるのか?何が欲しいのか?を
自分で実感するように誘導する(導く)だけなのだ!

灰皿と違って、特に保険はニーズ喚起型商品と言われお客様自身が
自分のニーズや希望・要望に気づいていないケースがほとんど。

だから保険販売は、誘導の仕方が灰皿と比べて少し難しいだけなのだ。

保険が他の商品やサービスより販売するのが難しいと言われるのは
こんなことに由来する。

「誘導の仕方、導き方」をあなたは習ったことがあるだろうか?

私は10年以上保険業界にいたが、1分も習っていない。

商品の内容、提案の仕方、見積のプリント出し方は嫌というほど研修があった。

しかしお客様が自分で自分のニーズに気づき、保険商品を必要だと誘導する
方法のセミナーや勉強会なんて一度もなかった。

あなたが知らなくてもしょうがない。

だからそれを理解し今から実践すればいいだけなのだ。

誘導の仕方を詳しく解説したものが
CDゼミナール
月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術


CDの題名に「単価アップ」とあるが、勘違いしてほしくないのはあなたが
がんばってこれをすることではないこと。

がんばって高い見積を作っても提案する終身保険の金額を上げても
単価はアップした契約はいただけない。

あなたががんばってするものではないのだ!!

お客様を導くことで・・・お客様が要望する保険を提案すると
結果的に今までより単価がアップしてしまうだけなのだ!!!

説得もいらない。
しつこい勧誘もいらない。
ハードなクロージングもいらない。

選んだのは、お客様なのだから・・・・

さああなたの保険営業を変えよう。


■1万円を説明すれば保険が売れる

少し考えて欲しい。

あなたは動脈硬化を予防する非常に優れたサプリメントを開発した。
これを飲めばまず動脈硬化にはならない。さらにライバルと比べて
値段も高くない。

これをまだ病気にかかっていない元気な人に
あなたならどのように売るだろうか?

サプリメントを手にこのサプリメントがどんなよくて安いもの
なのか声を枯らして熱心に説明しても元気な人はおそらく買わない
だろう。

サプリメントよりも動脈硬化はどんなものなのか?それにかかると
どんなリスクがあるのか?どうしてなるのか?どうすれば防げるのか?
という話をしなければならないはずだ。

お客様がこれらを理解した上で初めて動脈硬化を予防するサプリメントの
話が有効になる。

動脈硬化全体をお客様が理解する前に、一部分であるサプリメントを
売り込むからうまくいかない。

これは保険営業でも同じだ。

金融全体をお客様が理解する前にその一部分である保険を売り込んで
しまうから売れないのだ。

遠回りなようでも実は金融全体を理解してもらえば
保険は黙っていても売れてしまうのだ。

保険だけをぐいぐい売り込んで売れる時代は終わったともいえる。
お客様が求めているのは保険の説明ではない。

金利とは何か?日本銀行の役目とは?1万円の意味は?
郵便局に預けたお金はどう使われているか?
池上彰さんが説明する内容を話せば、結果的に保険が付いてくる。

こんな保険の販売ノウハウを勉強したい方は
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう


インタビューCDの内容の一部を挙げると

・なぜ保険より資産運用にチャンスがあるのか?

・お客様が殺到するセミナー集客の仕組みとは?

・なぜセミナー参加者の9割がコンサルティングを受けたいと言うのか?

・売上の秘密はセミナーのアンケートにある!

・実際にセミナーで話す内容について

・1万円の本当の価値を説明するとお客様は身を乗り出す

・国債はこう説明しろ

・日本の財政を知ればお客様の目の色は変わる

・インフレ・長期金利・資産の分散がキーワード

・商品を勧めない個別コンサルティングで話していることとは?

・最終的に売れてしまう商品とは?

・死亡保険や医療保険を取り扱わない理由とは?

・有料の会員組織のお客様が集まる秘密とは?

さあまずは知ることから。

あなたの営業の切り口は「万が一」だけだろうか?
資産運用を切り口に新しい道を作ってはどうだろう。



■契約が獲れる保険提案ノウハウ

先日学生時代の友人たちと久々にお酒を飲んだ。

ある企業で部長を務めるその中の一人が来月部下の結婚式で初めて
挨拶をする。

事前にスピーチを考えることは比較的容易にできる。
しかしそれを暗記し緊張の中でうまく話す自信が全くないという。

スピーチを書いた紙を見ながらやれば??と思ったのが
それはやりたくないらしい。

確かに結構役職が高い人がカンペを読んで挨拶をしているのを
目にするが見ていてあまりいい印象を受けないのは事実だ。

どうすればいいのか???と悩んでいると別の友人が
こうアドバイスした。

「そんなの簡単だよ。今日は○○君のために手紙を書いてきましたので
読みたいと思いますと言って堂々とカンペを読めばいいだけだよ」

なるほど!書いてきた手紙を読むという行為はテレビ番組などの
影響もあってかなり普通のことになっている。

手紙という一言で、聴いている人の印象は「カンペを読んでいる」から
「手紙を読んでいる」に完全に変化する。

同じ事柄を伝えるのでも、その伝え方で相手の印象は大きく変わるのだ。

これは法人保険営業でも同じことが言える。

「社長、契約者貸付制度は便利ですよ。万が一お金が必要になった時
解約返戻金の○割お金が借りられます。」

私は契約者貸付制度をこんな風に提案することが多かった。

一方こんな提案の仕方をしたら社長の反応はどうだろうか?

「申し込めば○日以内に振り込まれて、使用使途を問われない
低金利固定の資金調達方法がもしあったらいかがですか?」

社長の受ける印象は変わるはずだ。

提案のやり方1つであなたの営業そしてあなたの成績を大きく変える
ことが可能なのだ。

では一体社長が興味を持つ提案とはどんなものがあるのか?

詳しいノウハウを勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!



CDで内容の一部を挙げると

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。




■この保険を契約すれば会社の売上が伸びる!

先日聞いた神田昌典さんのCDでテレビ会議を高価な
テレビ会議システムではなく”あるもの”で代用している
会社の社長がインタビューされていた。

あなたはこの”あるもの”の予想がつくだろうか?

実は・・プレイステーション。

何十万円場合によっては100万円以上する高いシステムを
買わなくてもこれで十分だという。

プレイステーションを売る側から考えると単なるゲーム機
として宣伝するだけではなく、テレビ会議ができるものとして
アピールすれば、また別の需要が期待できるということではないか。

商品自体の特徴や値段をアピールするのは決して悪くないが
大きな差別化がしにくくなった時期には「使い方」の
提案で新しい需要を掘り起こすことが可能になるはず。

以前ジャパネットタカタは声を録音できるボイスレコーダーを
テレビで販売していた。

普通の販売者ならボイスレコーダーの音質がいいとか録音時間が
長いとか軽くて便利とか安いことだけをアピールする。

しかしジャパネットは性能や値段に加えて
ある家庭のお母さんと子供の「使い方」を映像で紹介していた。

その映像は・・・子供が帰宅するとテーブルの上にボイス
レコーダーが置かれている。そして再生ボタンを子供が押すと
お母さんの声で「おやつのケーキが冷蔵庫に入っています。
今日は5時ごろ帰りますので食べて待っていてね」という
メッセージが流れるというものだった。

普通ボイスレコーダーというと記者が取材相手の声を録音するとか
会議を録音するというようなビジネス利用がほとんどだろう。

しかしジャパネットが流した映像で、ボイスレコーダーを使う
なんて今まで想像もしていなかった多くのお母さんが「こんな
使い方いい」「そうそう、こんな商品が欲しかった!」と
なったはずだ。

みんなが気付いていない「使い方」を提案することで需要を
掘り起こし成功した1つの例ではないか。

これは法人に対する保険提案でも同じなのだ。

保険を単に「万が一の時の保障(補償)」として提案するのは
決して間違いではない。

しかし別の「使い方」を提案することで、数多くいるライバルと
差別化できるチャンスが広げるのではないか。

保険を常識より効率がいい決済対策の武器として提案する
保険を会社の売上アップの手段として提案する

こんな「使い方」を社長に提案できたら何かが変わるとは
思わないか?

契約がすぐに獲れるかどうかは別として、あなたの大きな存在感は
増すのではないか。

さあ一歩を踏み出そう。まずは知ることから。

詳しい提案ノウハウについてはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!





■がん保険を100%ひっくり返すノウハウ

新規法人を開拓する場合、節税や退職金、相続などの話をしない
といけないと決めつけている保険営業パーソンは少なくない。

しかし実はもっと簡単な保険で突破口を見つけることができるのだ。

その1つが社長個人のがん保険。

節税のために加入しているがん保険プランを除いて多くの社長は
自分の保障のために加入しているがん保険は個人契約だ。

ここに大きなチャンスがある。

これを法人契約で提案するのだ。

契約者を法人、被保険者を社長。

この形式なら、保険料は基本的に費用となる。一方個人契約の場合は
社長の役員報酬から支払うわけだから、社長は所得税や住民税などの
税金を払った上で、残ったお金から保険料を支払わなければならない。

例えば月5万円の保険料であれば法人であれば5万円の負担で済むが
個人契約ならば、報酬が多額で税率が高いケースならその倍のお金が
法人から出ていくことになる。

一言で表すなら法人契約を選択することで負担が半分になる
こともあるのだ。

ただしこれでは万が一がんになった時に支払われる保険金も法人に
入ってしまう。つまり法人の益金となる。

ここにノウハウがある。
あるやり方をすれば保険金は社長個人に振り込まれるのだ。

保険料は法人で・・・保険金は個人でという
とても都合のいいプランができるのだ。

もちろんがん保険だけを獲ることが目的ではない。
この提案をすることで、社長をあなたの前に座らせることができ
別の保険を売るチャンスが生まれるのだ。

「社長がなかなか話を聞いてくれない」と嘆く保険営業パーソンが
多いが、その原因の1つはみんなと同じ提案ばかりしているから
ではないか?

「そんな都合のいい保険あるの?」こんな言葉を社長に言わせる
提案ができれば道は拓けるはずだ。

まだまだたくさん新規法人を突破するノウハウはある。

まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方

・なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?

■繰り返し戦術

「将来がとても不安」
「今後も契約が獲れるか心配」
こんな声をよく保険営業パーソンから聞く。

保険のマーケット自体は少子高齢化の影響で縮小傾向にある
ことは間違いない。それでいて市場の参入者は増え続けていて
競争はますます激化することが予想される。

小さくなっている池で魚は減っているにもかかわらず
釣り人ばかりが増える状況とも例えられるので保険営業
パーソンが不安を抱くのはよく理解できる。

将来の契約獲得の心配を和らげるには、繰り返すことができる
パターンを持つことだと私は考えている。

契約を獲るまでのプロセスを単純化するのだ。

どんな状況になっても、もっと不景気になっても、法律が
変わっても、ライバルが増えても、安売り業者が現れても・・・

同じことを繰り返せば、最終的に契約に辿り着けるという
パターンを持っていたら、夜も安心して眠れるとは思わないか?

セミナーを開いて、同じことを話せば個別面談に繋がり
契約に行きつく・・・こんなパターンをあなたのスキルにする
チャンスがある。

お客様毎のニーズを見極めてお客様毎に戦略・戦術を考える
ことももちろん重要だが、契約に至るプロセスは実は単純化でき
繰り返すことも可能なのだ。

まずこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ



CDの内容の1部を挙げると

・なぜ今、セミナーで保険が売れるのか?

・5名集客すれば契約が獲れる秘密とは?

・こんなセミナーの内容が契約に直結する!

・もうお客様の所に訪問するな!セミナー参加者を自分の事務所に
 呼び寄せる魔法のテクニックとは?

・なぜ保険のことを話さないセミナーで保険が売れるのか?

・寝ながらセミナー参加者を集める裏技とは?

・お客様との「関係性」を変えれば契約獲得は簡単になる

・セミナー参加者を行動させる2つのポイントとは?

・8割のお客様が個別相談を懇願する奇跡のセミナーテクニックとは?

・なぜいい情報を提供しても保険契約に繋がらないのか?

・97%の参加者がアンケートに答える秘密とは?

・簡単に全国ナンバー1になって自分ブランドを構築するノウハウ

・経営者を対象にしたセミナー成功事例

・ドクターを対象にしたセミナー成功事例

・契約に繋がるセミナーの題名とは?

・お客様が殺到する個別面談への誘導方法

・なぜ多くのお客様が「お願います」と言って個別面談を申込むのか?

CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ



■お客様にこう言わせれば契約は獲れる


昨日、あるテレビ番組で高学歴でも低収入に苦しむ30代の
2人が特集されていた。

いずれも大学院を卒業していて1人は修士、もう1人は博士。

修士を持つ人は現在手取りが十万円台で奥様と共働きでないと
食べていけない状況で、このままでは子供を作ることができないと
嘆いていた。

博士の人は塾の講師のバイトだけでは生活できずトラックの
運転手を掛け持ちしていた。

いい大学を出れば高収入、高学歴ならハッピーになれるという
今までの常識を覆す内容だった。

就職活動中の大学生やこれから大学進学を目出す高校生
そしてその親たちがもしこの番組をも見ていたら
こんな言葉を発するだろう。

「一体どうすればいいのか???」

番組の内容はともかく「一体どうすればいいのか?」という
言葉・声は保険営業でも重要だと私は考えている。

お客様に「一体どうすればいいのか?」と言わせればまたは
思わせれば、大きく契約に近づくからだ。

この言葉の裏には自分ではどうしようもない、解決できない
誰か手助け・アドバイスして欲しいという意味があるからだ。

この言葉をお客様からもらえれば
あなたが売り込んだり説得する必要はなくなる。

お客様の不安や問題を解消・解決すればいいだけだ。

説明するまでもないが解消・解決する手段として保険が
必要となってしまう。


あなたが売りたい商品をどうやってうまく説明・説得すれば
いいのか?ばかりを考えている保険営業パーソンは多い。

発想を変えて「一体どうすればいいのか?」と言わせるため
にはどうすればいいのかを考えてみれはいかがだろうか。

そのヒントはここにある。
まずこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ



CDの内容の1部を挙げると

・なぜ今、セミナーで保険が売れるのか?

・5名集客すれば契約が獲れる秘密とは?

・こんなセミナーの内容が契約に直結する!

・もうお客様の所に訪問するな!セミナー参加者を自分の事務所に
 呼び寄せる魔法のテクニックとは?

・なぜ保険のことを話さないセミナーで保険が売れるのか?

・寝ながらセミナー参加者を集める裏技とは?

・お客様との「関係性」を変えれば契約獲得は簡単になる

・セミナー参加者を行動させる2つのポイントとは?

・8割のお客様が個別相談を懇願する奇跡のセミナーテクニックとは?

・なぜいい情報を提供しても保険契約に繋がらないのか?

・97%の参加者がアンケートに答える秘密とは?

・簡単に全国ナンバー1になって自分ブランドを構築するノウハウ

・経営者を対象にしたセミナー成功事例

・ドクターを対象にしたセミナー成功事例

・契約に繋がるセミナーの題名とは?

・お客様が殺到する個別面談への誘導方法

・なぜ多くのお客様が「お願います」と言って個別面談を申込むのか?

CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ





■8割のお客様が個別相談を懇願する奇跡のセミナーテクニックとは?


裏技、最新の知識、プロしか知り得ない方法

こんなことをセミナーで話せば、お客様は喜び契約に
繋がると私は信じていた。

確かにお客様は喜ぶかもしれない。納得するかもしれない。

しかしそれが必ずしも行動に繋がらないことに気づかなければ
ならない。

「いい情報を伝えること=契約」ではないのだ。

単にいい情報ではなくてお客様が行動したくなる情報を
保険営業パーソンは伝えるべきなのだ。

大切なのでもう1度書きたい。いい情報より行動したくなる
情報を話せばいい。

では行動したくなる情報とは何か?

今回インタビューした遠藤氏は人が行動を起こすきっかけは
大きく分けて2つあるという。

1つは快楽を得ようとする場合。もう1つは苦しみを無くすため。

後者の方がより行動を起こす原動力になるのだ。

苦しみを無くす・・・つまり自ら抱えている問題を解決したいと
強く願う時行動を起こす。


セミナー営業で保険契約を獲る第一歩は、お客様が抱えている
問題をはっきりさせることなのだ。

自分の問題がはっきりすれば、お客様はそれを解決したいと
自ら行動に移す。あなたは保険を無理に売り込まなくても
お客様が相談したいとお願いしてくるようになるわけだ。

セミナーを活用して継続的に契約を獲得するノウハウを勉強したいなら
まずこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ



CDの内容の1部を挙げると

・なぜ今、セミナーで保険が売れるのか?

・5名集客すれば契約が獲れる秘密とは?

・こんなセミナーの内容が契約に直結する!

・もうお客様の所に訪問するな!セミナー参加者を自分の事務所に
 呼び寄せる魔法のテクニックとは?

・なぜ保険のことを話さないセミナーで保険が売れるのか?

・寝ながらセミナー参加者を集める裏技とは?

・お客様との「関係性」を変えれば契約獲得は簡単になる

・セミナー参加者を行動させる2つのポイントとは?

・8割のお客様が個別相談を懇願する奇跡のセミナーテクニックとは?

・なぜいい情報を提供しても保険契約に繋がらないのか?

・97%の参加者がアンケートに答える秘密とは?

・簡単に全国ナンバー1になって自分ブランドを構築するノウハウ

・経営者を対象にしたセミナー成功事例

・ドクターを対象にしたセミナー成功事例

・契約に繋がるセミナーの題名とは?

・お客様が殺到する個別面談への誘導方法

・なぜ多くのお客様が「お願います」と言って個別面談を申込むのか?

CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ





■診療点数改訂を契約に変えるノウハウ

少し変な言い方かもしれないが・・・
保険を売ることが最大の目的ではドクターマーケットを開拓することは
難しい。最終的に大きな成果・コミッションを得ることも困難だ。

最大の目的はドクターの悩みや問題を解消・解決することで、その手段
・道具として生命保険が必要不可欠になってしまう流れを作ることが
重要だ。

例えば診療点数の改訂で収益が減ることに悩んでいるドクターがいた
とする。この手の悩みは多くのドクターが抱えているケースが多い。

あなたならどうするだろうか?

今までの多くの保険営業パーソンは自分には関係ない話題だと
気にも留めないだろう。

一方、今回紹介するCDでインタビューした鈴木氏は最高のチャンスと
捉え、解決策をアドバイスする。

こんな流れだ。

まず収益改善の方法は2つあることを示す。1つは経費削減
もう1つは患者を増やすこと。
       ↓
安易な経費削減、一番手っ取り早い人員のリストラはサービス低下や
スタッフの士気低下を招き得策でないことを理解してもらう。
       ↓
患者を増やす有効な手段として、スタッフの再教育も含めた
増患の為の対策を全員で話し合うということを提案。
       ↓
話し合いのやり方も助言
       ↓
就業規程をしっかり作り、服務規定を皆で読み解く勉強会を
ドクターも参加し実施する事を提案。



はっきり言うと保険とはまるで関係ない助言や提案、アドバイス
ばかりだ。

しかしこんな流れを作ると100%次の展開があると言う。
次の展開には3つの主なパターンがある。

1つは別の悩みや問題を新たに相談がある。この場合、また解決策を
提案する。これを繰り返すことで・・・最終的にはお金の相談になり
黙っていても生命保険を解決の道具として使わざるを得ない状況になる。

2つ目は勉強会を実施する際、就業規則を見直しした際、退職金規定
などに不備が見つかり、それを解決していくと退職金プランの契約に
繋がるパターンだ。

3つ目は一連の患者増加方法のアドバイスに感激し、ドウター自ら
保険の話題を出すパターンだ。

いかがだろうか。

保険に関係ない提案、アドバイス。一見遠回りに見えるかもしれないが
実は最高に近道なのだ。

設計書を片手に保険を売り込んでいる営業パーソンを無視して
あなたも新しい営業の流れを作ってみないか。

ライバルは驚く程少ない。ドクターに保険を売り込む人は星の数ほど
いるが、患者増加のアドバイスをする保険営業パーソンは少ないはずだ。

ライバルと違うことをすれば差別化できる。差別化できれば競争に
楽々勝てる。非常に明確な論理だ。

ソリューション営業でドクターマーケットを新規開拓するノウハウを
あなたの一生のスキルにしたいならまずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?




■増患を切り口にドクターにアプローチする方法

「1人でも多くのお客様を集客したい」
ビジネスをやっている人なら誰でも願うことではないか。

これは病院でも同じなのだ。

多くのドクターは来院する患者を増やしたいと考えている。
それをどうやったらできるのか悩んでいるケースも少なくない。

ここに大きなチャンスがあることに気づいて欲しい。

お得な保険の話は聞きたくないが、患者を増やす方法についての
話ならドクターは聞きたい。

患者を増やす・・増患を切り口にドクターにアプローチするのだ。

実際に増患に関してどんなアドバイスをすればいいのか?

一番身近なものとしてホームページに関してのアドバイスが
挙げられる。

あなたは初めて行く病院について何で情報収集するだろうか?

おそらくホームページのはずだ。

多くの患者さんはホームページに初めにアクセスするにもかかわらず
病院の住所と診療科目と地図程度しか載っていないケースが少なくない。

一言で表すなら、ホームページ上の病院情報が不足していることが
多いのだ。

例えば医師の情報。どんな経歴で何が専門なのか、どんな方針で
診察をするのかできるだけ詳しく伝えることは重要だ。また医師の
写真を載せることも大切。写真を載せることで患者さんの不安や
警戒心のハードルをぐっと下げることができる。

いかがだろうか。

最終的に保険を売ってコミッションを稼ぐことが保険営業パーソンの
本業であることは間違いない。

しかしドクターの信頼度や満足度を上げてから、保険の話をしても
遅くはないのだ。

ドクターの問題や悩みを聞いて解決・解消していけば必ずお金の話に
辿り着く。これは間違いない。

さあ勇気を持ってほんの少し営業のやり方を工夫してみないか。

特別はいらない。まずは真似からスタートしよう。

詳しいやり方を勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?





■速効ノウハウ

先日、会った保険営業パーソンは地域の名士や起業家が多く参加する
ある団体に入会したという。

社会や地域に貢献したいという思いがある半面、ここで人脈を作り
営業に活かすことを目論んでいる。

やろうとしていることは正しい。

しかしすぐに契約が欲しいという人にはこのやり方は向いていない。
それなりの時間がかかるからだ。長期の戦略と言っていいだろう。

一方、知ればすぐに行動が起こせるノウハウがここにある。

インタビューCDで語られているノウハウは聴けば、誰でもすぐに
実行が可能だ。

「紹介営業」なのだが、今までの人脈は必要ない。友人や知人が
少なくても大丈夫。極端な話、知り合いが1人もいない場所でも
すぐに行動を起こせるノウハウなのだ。

長期の戦略ももちろん重要だ。しかし保険営業パーソンにとって
大切なのは長期と短期の戦略のバランスだ。要するに日々の契約を
獲りながら長期的成功のためにも動いていくことが大切なのだ。

すぐ結果が欲しい、短期的営業戦略に興味がある方は
こちら↓を読むことからスタートして欲しい

CDゼミナール
1か月に97人紹介を入手するノウハウ 
こうすれば紹介だけでMDRTを獲得できる




■紹介営業ノウハウ

対面したお客様から、どうしたら契約が獲れるかを考えることは
保険営業パーソンにとって非常に重要なことだ。

それ以上に面談する相手を如何に確保するか・・・
すなわち見込み客の獲得も重要。

あなたはその手段をいくつ持っているだろうか?

今回インタビューした杉山氏は「営業の分母が成功の鍵だ」と
強調する。

保険業界に入りたての新人の頃を思い出して欲しい。
営業スキルや商品知識や周辺業界の情報など今と比べれば
はるかに劣るにもかかわらず、きっとあなたは契約が獲れたはずだ。

契約の要因は分母・・・つまりそれなりの数のお客様に会っていた
ということに他ならない。

何人のお客様と会えるか?
会うお客様を作り出す仕組みを持っているか?
もう1度考え直すことが成功への近道ではないか。

ネットがどんなに進化しても来店型ショップがどんなに増えても
紹介営業はなくならない。

もっとも原始的かつ未来永劫使えるノウハウだとは感じないか?

今まで私が勉強してきた紹介ノウハウは「しっかり依頼すること」
「お客様の満足度を上げること」的なものが多かった。

もちろんこれらが正解であることに疑いはない。

しかし誰でもすぐに行動を起こるもとは言いにくいのも事実だ。

今回紹介するCDで語られているノウハウは聴き終った瞬間
行動を起こせるものばかりだ。

そのまま忠実に真似すればいいだけ。

あなたも1カ月97人の紹介入手を実践してみないか?

まずはこちら↓をじっくり読むことからスタートして欲しい。
CDゼミナール
1か月に97人紹介を入手するノウハウ 
こうすれば紹介だけでMDRTを獲得できる


CDの内容の一部を紹介すると

・こうすれば1カ月で97人の紹介を入手できる

・紹介が出やすいお客様のタイプとは?

・感動セールスはもうするな!

・満足=紹介に繋がらない大きな理由とは?

・驚愕!契約者以外から紹介をもらうテクニックとは?

・このトークで1度に20人の紹介をゲットした!

・紹介を誘導する魔法のメールノウハウ

・紹介されたお客様に喜ばれるテレアポテクニックとは?

・最初の1人を見つけたければこんな行動をしろ

・アフターフォローを全くしないで追加契約の依頼を殺到させる方法

・なぜ無保険者に大きなチャンスがあるのか?

・年収300万円の若者から月払い10万円の大型契約を獲るノウハウ

・顧客フォローなしでも満足度を上げる裏技

・モチベーションを上げ続けるために私がやっていること

・紹介だけでMDRTになる方法

CDゼミナール
1か月に97人紹介を入手するノウハウ 
こうすれば紹介だけでMDRTを獲得できる

■売り込みの匂いを消す戦術

がんばって売り込む
うまく売り込む

決して悪いことだとは思わないが、経済が低迷して少子高齢化で
マーケット自体も縮小している中ではだんだん有効なやり方では
なくなるのではないか。

売り込みの匂いを消しながら・・・お客様の満足度を上げて
最終的に売れてしまう戦術が今後伸びると私は考えている。

様々な企業がこんなやり方を既に始めている。

例えば車のディーラー。安くするとかデザインがかっこいい
というだけではなかなかお店にお客様は足を運んでくれない。
無料の試乗会の宣伝に力を入れて、ある会社のCMでは買う気が
なくても試乗するのはOKだとしている。

また本でお客様に絶対商品を売らない日を決めている宝石店の
存在を目にしたことがある。その日は宝石を見るだけの日なのだ。
お客様が買いたいと言っても絶対に売れない。逆にお客様は売り
込まれないから安心して宝石を見に行けるわけだ。

保険営業において売り込みの匂いを消す戦術の1つが
セミナー営業だ。

もちろんただ単に売らないだけでは保険営業パーソンにとっては
意味がない。

お客様の満足を上げながら・・・最終的には保険が売れる
いや売れてしまうやり方があるのだ。

お客様のご機嫌を取りながら、何とか自分の売りたい商品を
売り込むという考えはもはや時代遅れと言っていいかもしれない。

先生と尊敬されながら、またお客様から感謝されながら
自然に保険が売れてしまう状況をセミナーを活用すれば
作り出すことが可能だ。

売り込まないで売れるセミナー営業のノウハウを勉強したいなら
まずこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ



CDの内容の1部を挙げると

・なぜ今、セミナーで保険が売れるのか?

・5名集客すれば契約が獲れる秘密とは?

・こんなセミナーの内容が契約に直結する!

・もうお客様の所に訪問するな!セミナー参加者を自分の事務所に
 呼び寄せる魔法のテクニックとは?

・なぜ保険のことを話さないセミナーで保険が売れるのか?

・寝ながらセミナー参加者を集める裏技とは?

・お客様との「関係性」を変えれば契約獲得は簡単になる

・セミナー参加者を行動させる2つのポイントとは?

・8割のお客様が個別相談を懇願する奇跡のセミナーテクニックとは?

・なぜいい情報を提供しても保険契約に繋がらないのか?

・97%の参加者がアンケートに答える秘密とは?

・簡単に全国ナンバー1になって自分ブランドを構築するノウハウ

・経営者を対象にしたセミナー成功事例

・ドクターを対象にしたセミナー成功事例

・契約に繋がるセミナーの題名とは?

・お客様が殺到する個別面談への誘導方法

・なぜ多くのお客様が「お願います」と言って個別面談を申込むのか?

CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ



■ブランディングで保険は売れる

東北地方のリンゴ農家がある年台風で大きな被害を受けた
という。

ほとんどのりんごは木から落ちてしまい売り物にならない。
また木に残ったりんごもキズが付いていて商品にならない。

あなたがこの農家ならどうするか?

今年はあきらめる・・・きっとこんな人が多いだろう。

一方この農家は落ちなかったりんごを「落ちないりんご」として
受験生向けの縁起物で売りだしたのだ。

結果は大ヒットして農家の危機を救ったのだ。

売りものにならないリンゴをブランディング次第で
入手困難になるほど人気のリンゴに変えることができるのだ。

ブランディングが重要なのは保険営業でも同じだ。

一目おかれる存在になれば今回紹介するセミナー営業で成功する
可能性は大きく上がる。

セミナーを共同開催する企業・団体を見つけやすくなるし
セミナーの講師としてお客様からの信頼も受けやすい。

自分には目立った実績がないから・・・
自分はトップセールスではないし・・・
こう考えるかもしれないが、それは正しい保険営業における
ブランディングのやり方を知らないだけだ。

MDRTでなくても1週間で3件の契約を獲り続けていなくても
あなたは先生と呼ばれながら、成功することはできるのだ。

「先生」ブランディングで企業とジョイントできる確率
そして保険の成約率は劇的にアップすることは間違いない。

詳しくブランディングを学びたいなら
まずこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ



CDの内容の1部を挙げると

・なぜ今、セミナーで保険が売れるのか?

・5名集客すれば契約が獲れる秘密とは?

・こんなセミナーの内容が契約に直結する!

・もうお客様の所に訪問するな!セミナー参加者を自分の事務所に
 呼び寄せる魔法のテクニックとは?

・なぜ保険のことを話さないセミナーで保険が売れるのか?

・寝ながらセミナー参加者を集める裏技とは?

・お客様との「関係性」を変えれば契約獲得は簡単になる

・セミナー参加者を行動させる2つのポイントとは?

・8割のお客様が個別相談を懇願する奇跡のセミナーテクニックとは?

・なぜいい情報を提供しても保険契約に繋がらないのか?

・97%の参加者がアンケートに答える秘密とは?

・簡単に全国ナンバー1になって自分ブランドを構築するノウハウ

・経営者を対象にしたセミナー成功事例

・ドクターを対象にしたセミナー成功事例

・契約に繋がるセミナーの題名とは?

・お客様が殺到する個別面談への誘導方法

・なぜ多くのお客様が「お願います」と言って個別面談を申込むのか?

CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ

■今すぐこの行動を起こそう!

「具体的にどんな行動を起こせばいいのかわからない」
こんな迷いを口にする保険営業パーソンは少なくない。

営業のノウハウやスキルを勉強してもそれをどうやって
現場で活かせばいいのか、まず何からスタートすれば
いいのかがはっきりしないのだ。

今回紹介するCDを聴けば、あなたは明日からいや今日から
行動を起こせるはずだ。

セミナーを活用した新規開拓のアイデアがあふれでて
チャレンジしたくなると私は確信している。

CDの中には自分の契約者としたいお客様を抱える
団体・企業と組んで共同でセミナーを開催するノウハウが
語られている。

もし私が今保険を販売していたら・・・
まず結婚式場やホテルと組むことを考えるだろう。

説明するまでもないが、結婚を機に保険を考えるケースは
少なくないし、子供ができれば保険のニーズも高まることは
確実だ。

一方で、少子化の影響もあって結婚式場やホテルはライバル
との顧客獲得競争が激化していることは間違いない。
値段や式の演出・サービス以外での差別化の武器を探している
ことも多いのではないか。

単なる保険のセミナーを開くのではなく、新規の顧客を
獲得するお手伝いができる、または他社と差別化するための
マネーセミナーを提案のはどうだろう。

結婚する際はどうしてもお金が必要になる。また今後も
独身時代よりはお金が必要になる人生のイベントが待ち
構えているため、お金に関する興味はあることが予測できる。

結婚式場やホテルもいい、そして参加するお客様(この場合は
結婚するまたは予定するカップル)もいい

こんな両方がいいと感じるセミナーの提案ができれば
果たして無下に断られることはあるだろうか?

もちろん結婚式場やお客様だけではなく最終的には
セミナーをやる保険営業パーソンのあなたにもおいしいことは
間違いない。

さあ行動を起こそう。

セミナーを活用すれば新規開拓のチャンスはまだまだ
あるのだ。

まずこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ



CDの内容の1部を挙げると

・なぜ今、セミナーで保険が売れるのか?

・5名集客すれば契約が獲れる秘密とは?

・こんなセミナーの内容が契約に直結する!

・もうお客様の所に訪問するな!セミナー参加者を自分の事務所に
 呼び寄せる魔法のテクニックとは?

・なぜ保険のことを話さないセミナーで保険が売れるのか?

・寝ながらセミナー参加者を集める裏技とは?

・お客様との「関係性」を変えれば契約獲得は簡単になる

・セミナー参加者を行動させる2つのポイントとは?

・8割のお客様が個別相談を懇願する奇跡のセミナーテクニックとは?

・なぜいい情報を提供しても保険契約に繋がらないのか?

・97%の参加者がアンケートに答える秘密とは?

・簡単に全国ナンバー1になって自分ブランドを構築するノウハウ

・経営者を対象にしたセミナー成功事例

・ドクターを対象にしたセミナー成功事例

・契約に繋がるセミナーの題名とは?

・お客様が殺到する個別面談への誘導方法

・なぜ多くのお客様が「お願います」と言って個別面談を申込むのか?

CDゼミナール
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ