2017年04月

ここでは、2017年04月 に関する情報を紹介しています。
■人材教育を語るだけで法人保険が売れる!

先日、新しくきれいなレンタル
スペースを見かけました。

会議室やセミナーできる部屋

料理教室ができる設備が整った
スペース

ガーデンパーティーできる場所

など非常に魅力的な施設です。

しかもレンタル料金が1時間
500~800円前後と激安。

実はここを経営しているのは
地場の工務店です。

レンタルスペースの利用者が
増えれば

この工務店を認知して
「家を建てるなら、ここに頼もう」
となる人が自然に増えると予想
できませんか?

「新築住宅を建てませんか?」

「4000万円の一戸建ては
いかがでしょうか?」

こんな直接的なアピールも悪くは
ありませんが
結果が出にくくなったはずです。

家を売りたいから
家をアピールことも間違いでは
ありませんが

レンタルスペースを作って
家の販売に繋げるような

「自然に自社の顧客となる仕組み」が
今後有効になるのではないでしょうか。



「野球はおもしろいです!」
「ぜひ試合を見に来てください。」

こう子供にアピールして
球場に来てもらう方法も
悪くはありません。

しかしアメリカの球団は
発想が違います。

メリーゴーランドや観覧車が
ある球場があります。

蒸気機関車が走っていたり
エイが泳ぐ巨大な水槽がある
球場もあります。

野球が全くわからない子供でも
楽しめるようになっているのです。

楽しい球場に子供が何度も
通うことで

自然に野球、球団のファンに
なっていくに違いありません。

これも
「自然に自社の顧客となる仕組み」
と言っていいでしょう。



これら2つの話は保険営業に
通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

「自然に自社の顧客となる仕組み」
を作り

法人を効率的に新規開拓して
います。

多くの保険営業パーソンは
保険をうまく売り込もうとします。

大田氏はこの感覚が全くありません。

面談する社長も売り込まれている
感覚が全くありません。


秘密は雑談にあります。


例えば
CDで語られている
人材教育に関しての雑談。

社長にとっては単なる雑談ですが

実は「自然に自社の顧客となる仕組み」
の1つなのです。

この雑談をしていくと

無理に売り込まずに

自然に

法人契約にたどり着いてしまいます。

あなたはこんな雑談の仕方があるのを
ご存知ですか??

売り込もう!
契約を獲ろう!とするから

お客様は逃げるのです。

雑談で保険が売れたら
あなたの営業は変わるはずです。

それでもまだ
がんばって売ろうとしますか?

それとも人材教育の雑談で
法人契約を手にしますか?

詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法



・社長が強烈な関心を示す「マイナンバー」
雑談とは

・「トランプ」を語れば社長の個人資産を
丸裸にできる

・「パナマ文書」雑談で法人保険が売れる

・このオリンピックの雑談をしないと大損します

・銀行の振込手数料の高さを嘆けば
法人保険のチャンスが訪れます

・設備投資、人材教育の雑談で
法人保険を売る方法

・この雑談で外貨建て保険が売れます

CDゼミナール
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法



■ドクターを訪問する際のゴールデンタイムとは?

ある美容室が
売上をアップさせました。

値段もサービスも従業員の教育も
全く以前のままで売上が伸びたのです。

変えた点はただ1点だけ。


それは何かあなたは想像がつきますか?


実は・・・営業時間を変えただけ。

今までは夜7時に閉店していた。

これを1時間遅くしたのです。

会社帰りに寄りたいという声を
反映させた結果です。

変えたのは
「時間」だけです。



少し前ですが、夕方から朝まで営業する
調剤薬局がテレビで取材されていました。

仕事帰りや急な病気のために
夜中に訪れる人が
たくさんいることに驚きました。

この薬局は商品やサービスで差別化
しているわけではありません。

普通の調剤薬局が閉まっている時間に
営業することで違いを出しています。

「時間」で差別化しています。


これら2つの話はドクターマーケットの
新規開拓に通じます。


今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

飛込み訪問から

次々ドクターマーケットの新規開拓を
成功させています。

成功の鍵の1つは
初回訪問する「時間」です。

「時間」が絶妙なので
飛込みでいきなり訪問しても

何と面談率はほぼ100%なのです。

ドクターとほぼ100%会えても
あなたはドクターマーケットが開拓できませんか?

研修や勉強会で学べることは
ドクターに「何を話すか?」が中心です。

間違いではありませんが
いつなら会えるか?という
「時間」のテクニックが重要なのです。

知っているか知らないかで
大きな差がつくのが
「時間」のテクニック。

これを知らずに
ドクターを訪問し続けますか?

詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!






■富裕層にはこの雑談から始めよ!

ピッチャーの投げた球でバッターのバットが
へし折られる。

普通のバッターは屈辱的な負けと
感じるはずです。

一方、メジャーリーガーのイチローは

投球を体の近くまで引き付ける
ことができたので
次のヒットの可能性が上がる!

と考えるそうです。

確かに
どんなにいいスイングをしても
ボールが来る前に振ってしまっては
永久にヒットは打てません。

「引き付ける事」が重要なのです。



ボクシングでも
5mも6mも相手と距離を
取っていたら

パンチは絶対に当たりません。

一撃で倒すパンチ力があっても

「相手との距離を縮める事」
「相手を引き付ける事」ができなければ

宝の持ち腐れです。


これら2つの話は保険営業に
通じます。


多くの保険営業パーソンは
セミナーなどで提案や営業トークを
学びます。

正しいことですが

これは

パンチ力やスイングの速さを
磨くことに似ています。

パンチ力やスイングの速さを
活かすためには

「相手を引き付ける事」
「相手との距離を縮める事」が
不可欠です。

保険営業も同じです。

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

この達人なのです。

武器は雑談。

計算された雑談であっという間に
お客様との距離を縮めてしまいます。


例えばCDで語られている
富裕層との雑談は必聴です。

相続、事業継承、子供など
保険に直結するような話題は
出しません。

するのは

孫に関してのある雑談です。

孫がいる方であれば
絶対に話したくなってしまう雑談から
スタートさせます。

もちろんこの雑談は計算されたもの
ですから

最後には保険契約に着地します。


提案や営業トークではなく
トップセールスパーソンの雑談理論を
学んだことがありますか?

お客様との距離が縮まる前に
大ぶりのパンチを打ち続けている
ということはありませんか?


詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法


・社長が強烈な関心を示す「マイナンバー」
雑談とは

・「トランプ」を語れば社長の個人資産を
丸裸にできる

・「パナマ文書」雑談で法人保険が売れる

・このオリンピックの雑談をしないと大損します

・銀行の振込手数料の高さを嘆けば
法人保険のチャンスが訪れます

・設備投資、人材教育の雑談で
法人保険を売る方法

・この雑談で外貨建て保険が売れます

CDゼミナール
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法






■名刺を変えれば人生が変わる

野球をやってもサッカーをやっても
まるでダメ。

ドッチボールをやると、一番最初に
狙われる子が

クラスに一人か二人はいたと
記憶しています。

運動が全くできない

普通はあまりプラスのイメージは
ありません。

しかしあるバラエティ番組では
「運動神経悪い芸人」という
人気企画があります。

極端に運動ができない
お笑い芸人を集めて

いろいろなスポーツに
チャレンジさせるものです。

何度見てもおもしろくて
笑えます。

運動ができない事でさえも

演出の仕方次第では
お笑い芸人のブランディングの
1つになってしまうわけです。



人気ホステスは美人。

これが常識ですが
以前テレビに取材されていたのは

通称「ブスママ」。

大人気のクラブのママです。

まさにブスが売り物です。

これも演出次第で
ブランディングに成功した例と
言えます。


これら2つの話は保険営業に
通じます。

今回紹介するCDでインタビューした
杉山氏は

ブランディングのプロです。

保険を詳しく語る前に

自分自身をブランディングして

お客様に「ぜひあなたと契約したい」
と言わせてしまいます。

といってもブランディングの武器は
特別ではありません。

演出が特別なのです。

私が特に驚いたのは
名刺に記載する情報で
ブランディングしてしまう点です。

また保険金の支払いの支払いを
語るだけで

ブランディングしてしまうノウハウも
必見です。

名刺
保険金の支払い

誰でもできて話せることです。

しかし演出の仕方次第で
強烈な武器になるのです。

知っているか知らないかだけで
最終的に手にするコミッションは
大きく変わると私は考えます。

研修やセミナーで学べるのは
大抵、売れる人の提案やトーク
ばかりです。

トップセールスパーソンの
ブランディングを学んだことが
ありますか?


詳しくは↓
この行動を繰り返すだけで
10年間生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!


■トランプを語ればこの保険が売れます!

デートが楽しくて時間をわすれ・・・
終電を逃した女性が

相手の男性にこう言う場面を
ドラマで見た記憶があります。

「終電行っちゃったどうしよう・・・」

男性は
「うちに来れば!」と答えます。


「終電行っちゃったどうしよう・・・」
という言葉は

「泊まりに行ってもいいですか?」


”別表現”

ではないでしょうか。

ストレートに宿泊の許可を得る
ような言葉では、何となく興ざめです。



ある通販会社はCMで

「全部使い切った後でも返品OKです!」
とアピールしていました。

このフレーズは
「商品には絶対の自信があります!」の

”別表現”だと私は考えます。

”別表現”をすることで
消費者に強烈な印象を残すことが
できたと言っていいでしょう。



これら2つの話は保険営業に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は”別表現”の達人です。

保険契約の獲得に不可欠な

営業トークを

雑談に

見事に”別表現”して成果を出しています。


大田氏のテクニックは

雑談=営業トークなのです。


別表現していますから

お客様は

売り込まれている、営業を掛けられている

感覚は全く持ちません。

だから成約率が高くなるのです。


何かと話題のアメリカの
トランプ大統領。

間違いなく訪問先の社長と
雑談できる話題でしょう。

普通の保険営業パーソンは
単なる雑談ですが

大田氏の場合は

実はこれを話すだけで
保険契約に繋げてしまうのです。

トランプ大統領も営業トークの
別表現の1つということになります。

あなたはこんなトークテクニックを
ご存知ですか?

セミナーや研修などでは
どう売るか?を学べます。

しかし

今回勉強できるのは
売り込まないで
売るための別表現です。

詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法



・社長が強烈な関心を示す「マイナンバー」
雑談とは

・「トランプ」を語れば社長の個人資産を
丸裸にできる

・「パナマ文書」雑談で法人保険が売れる

・このオリンピックの雑談をしないと大損します

・銀行の振込手数料の高さを嘆けば
法人保険のチャンスが訪れます

・設備投資、人材教育の雑談で
法人保険を売る方法

・この雑談で外貨建て保険が売れます

CDゼミナール
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法





■メルマガで紹介を殺到させる方法

スーパーや小売店のコンサルティングを
する方から以前教えてもらった話です。

多くのスーパーは入口近くの売り場は
野菜です。

それはなぜか?と質問されました。

思い返してみると

確かに私が行ったことが
あるスーパーでは

店に入ってすぐに野菜売り場がありましたが
答えは見当がつきませんでした。


大きな理由の1つは

スーパーの一番のお得意様である主婦は
旬のものが多い野菜から献立を考える
ケースが多いから。

例えば・・・
安くて新鮮な茄子がスーパーに入ってすぐに
売っていれば

今晩のおかずは麻婆豆腐にしようと考え

茄子に加えて
肉や調味料を茄子と一緒に売れる!

つまりスーパーの単価、売上がアップ
します。

こんな主婦の「行動」から売り場の
レイアウトを考えているそうです。


商品やサービスだけではなく
「行動」から考える!


この話は保険営業に通じます。

今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏は

メルマガを送るだけで紹介を獲得する
ノウハウを確立しています。

といっても

メルマガで

紹介を依頼するわけではありません。

「紹介」という文字すら書かない
のです。


竹下氏が書いているのでは

読んだ人が「行動」を起こしたくなる
内容です。


紹介から考えるのではなく
「行動」から考え

メルマガを書いています。


あなたはこんなメルマガの書き方を
ご存知ですか?

セミナーや研修などで学べるのは
紹介を依頼するノウハウが中心です。

これも間違いではありませんが

竹下氏は全く依頼やお願いを
しないで

メルマガを送るだけで紹介を獲得
してしまいます。

これがあなたのスキルになっても
営業は変わりませんか?

詳しくは↓
メルマガで紹介を殺到させる方法












■社会保険の雑談で法人保険が売れる

昼休みに急いで銀行のATMに行くと
長蛇の列!

15分以上も待って他の銀行に
振り込みをすると

600円以上の手数料がかかった
という昔の記憶があります。

今は・・・

振込みはすべてネット銀行で
済ませます。

外出は不要。
手続きは1分程度で終わります。

さらに私が使っている銀行は
条件によりますが、月に決められた
回数の振込は手数料が無料です。

ネットなどの技術の進歩で
振込は大幅に「簡略化」されたと
言っていいのではないでしょうか。



先日テレビ番組で紹介されていた
会社は

700人分のアンケートを集計するのに
スタッフが丸2日掛けていたそうです。

しかしこれが

今は

何と

10分で出来てしまいます。

秘密はあるソフトウェアを導入した事。

2日が10分。

まさにこれも技術の進歩で
「簡略化」した一例です。



これら2つの話は保険営業に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

法人新規開拓の

「簡略化」に成功し、驚く程の成果を
出し続けています。

振込とソフトウェアの話と似ていて

「簡略化」を実現させたのは
技術の進歩です。

実は・・・

雑談技術の進歩で

法人開拓

特に初回面談を簡単にして
しまいます。



例えばCDで語られている
社会保険料に関しての社長との雑談。

社会保険料の負担は大きい
ことに関する雑談は
成立しやすい話題です。

多くの保険営業パーソンも
雑談として使っているでしょう。

大田氏のノウハウが
秀逸なのは、

この雑談の展開力です。

社会保険の話題が
アッと言う間に法人保険に
たどり着いてしまいます。

まさに法人新規開拓の
「簡略化」です。


トップセールスパーソンの技術は
進歩しています。

提案やプレゼンを学ぶことも
いいのですが

もっと前の段階である雑談、
保険に繋げる雑談の展開力が

進歩していることを
ご存知でしょうか??

詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法


・社長が強烈な関心を示す「マイナンバー」
雑談とは

・「トランプ」を語れば社長の個人資産を
丸裸にできる

・「パナマ文書」雑談で法人保険が売れる

・このオリンピックの雑談をしないと大損します

・銀行の振込手数料の高さを嘆けば
法人保険のチャンスが訪れます

・設備投資、人材教育の雑談で
法人保険を売る方法

・この雑談で外貨建て保険が売れます

CDゼミナール
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法








■この繰り返しでドクターに保険が売れる

春にしてはとても暑く感じる日が
ありました。

喉が渇いたので・・・

サッカーコートやテニス場、野球グランド
などが併設されている公園の自販機で
水を買おうとすると

何と!冷たい飲み物はすべて
売り切れ。

残っているのは「温かい」コーヒーや
紅茶だけでした。

急に暑くなったことで
運動や遊びに来ていた人が
自販機に殺到したと考えられます。

当たり前のことですが
自販機は飲み物を売り込んだり
しません。

しかし暑く喉が渇くという「場面」が
訪れると

黙っていても飲料水は売れるわけ
です。



北風と太陽が人間の服を脱がせる
競争をする童話があります。

北風は風の力で服を飛ばそうと
しますが、うまくはいきません。

一方、太陽がただ燦燦と照り
つけると・・・

人間は暑くなり自分から服を脱ぎ
太陽の勝ちとなる物語です。

太陽は無理やり服を脱がせる
のではなく

人が服を脱ぐ「場面」を作ったと
言えるのではないでしょうか。


これら2つの話は
ドクターマーケットの新規開拓に
通じます。

今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

保険をうまく売り込む達人ではない
と私は確信しています。


保険を売り込むのではなく

保険が必要になってしまう
「場面」を作り出す達人なのです。

実はこの「場面」を作り出すのに
高度で難解なノウハウは不要なのです。

誰でも

いつからでもできる

「ある事」を繰り返すだけでいいのです。

保険を売るための行動では
ありません。

保険とはほど遠いとも思える
「ある事」が驚く程の成果を導きます。


セミナーや勉強会などで学べるのは
大抵、保険の売り方です。

もちろん間違いではありませんが

トップセールスパーソンは
無理に契約を作り出す努力はしません。

保険がどうしても必要になってしまう
「場面」を作り出します。

「ある事」を繰り返すことで。


あなたはまだ売る努力をしますか?

それとも「場面」を作るために
「ある事」を繰り返ししますか?


詳しくは↓
年2億円稼げた!
ドクターマーケット新規開拓術







■雑談するだけで保険が売れます

知人の経営者はHDDレコーダーで
テレビ番組を毎週30ほど録画
しているといいます。

経済やニュース番組をはじめ
ドラマ、美術やバラエティ・旅番組まで
ジャンルは様々。

忙しい彼は冒頭5分だけチェックして
興味のないものはすぐさま削除しますし

場合によっては倍速で見ることも
あるそうです。

番組中に入る
CMはすべて飛ばします。

「売込みのCMは見る必要がない。」
と言います。

そんな彼ですが

欠かさず見ている刑事ドラマの
主人公が劇中で乗っていた車が
欲しくなり

2台目の車として近々購入予定です。

調べてみると、その車のメーカーは
ドラマのスポンサーであることが
わかりました。

メーカーがドラマで車を提供する
ことは

直接的な売込みではありませんが

間接的な(売込みの匂いを感じ
させない)宣伝なわけです。

売込みとわかる車のCMは飛ばす
彼ですが

売込みと感じさせないドラマの車は
欲しくなってしまうわけです。



洋服を扱う会社が
有名人やモデルに商品を

プレゼントすることがあると
聞いたことがあります。

といってもブランド名や価格など
紹介することをお願いすることを
しません。

提供された側は何の条件もなく
プライベートで気軽に使用できます。

しかしSNSなどで
有名人のプライベートの
私服姿の写真が載ると・・・

ファンの人たちは
着ているものが気になり
自ら探すそうです。

結果的に商品が多くの人に
認知されます。

見え見えの宣伝は敬遠されますが
売込みの匂いを感じさせないもの
には反応すると言っていいかもしれません。



これら2つの話は保険営業に
通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
大田氏の営業スタイルは

車と洋服の例と同じで

営業の匂いを消す
営業と気づかれないものです。


秘密は

雑談です。


雑談は

場を和ますもの

保険を売るための掴み
落語で言えば「枕」と考えるのは
時代遅れです。


大田氏のノウハウは

雑談=本題なのです。


保険をうまく売ろうとするから
難しいですし

ストレスもかかるのです。

雑談をするだけなら
どうでしょうか?

保険を売る相手を見つけようと
するから、訪問先が狭まります。

一方、雑談できる相手なら
どうでしょう。


それでも雑談の後に
保険を売り込みますか?

それとも雑談をするだけで
保険が売れるノウハウを学びますか?

詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法



・社長が強烈な関心を示す「マイナンバー」
雑談とは

・「トランプ」を語れば社長の個人資産を
丸裸にできる

・「パナマ文書」雑談で法人保険が売れる

・このオリンピックの雑談をしないと大損します

・銀行の振込手数料の高さを嘆けば
法人保険のチャンスが訪れます

・設備投資、人材教育の雑談で
法人保険を売る方法

・この雑談で外貨建て保険が売れます

CDゼミナール
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法






■0円でもらえるチラシが飛込みの武器です

自分のアパレルブランドを立ち上げる!

これは一昔前までごくごく限られた
人しかできなかったことではないでしょうか。

しかし今は超簡単にできて
しまうのです。

自分の書いたイラストをアップロード
するだけで

服を生産・販売できるWEB
サービスがあります。

服飾に関しての難しい事は
すべてアウトソーシングでき

あっという間に自分のブランドができて
しまいます。

何でも自分で!ではなく
「他者の力をうまく活用する」ことが

効率的に成功を近づけるのです。



ソフトバンクグループの孫正義社長も
「他者の力をうまく活用する」
達人と言えるでしょう。

グループの中にある
携帯電話会社も電話会社も
一から創業したのではなく
買収した企業です。

「他者の力をうまく活用する」ことで
巨大な企業を一代で作り上げたと
言っていいのではないでしょうか。



これら2つの話は保険営業に
通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

「他者の力をうまく活用する」ことで

飛込みによる初回面談の成功率を
飛躍的にアップさせることに
成功しています。


実は

0円で

誰でももらえるチラシ(ツール)が
武器なのです。

自分で作ったものではなく
コンプラに抵触することはありません。

ある公的な機関で簡単に手に
入ります。

このチラシ(ツール)を

ある方法で使うと・・・

飛込みで訪問しても
お客様に会える確率が

劇的にアップします。


自分のスキルや知識を磨く事も
大切なことですが

0円のツールの使い方次第で

飛込みを簡単にすることができます。

これを知らずに
飛込みを非効率や営業手法だと
決めつけますか?

詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!












■社長の知りたいを刺激する雑談術

様々な分野で活躍を続ける人を
密着するあるドキュメンタリー番組を
毎週欠かさずチェックしています。

少し前の放送では
ある学者が登場していました。


現在のテレビでの活躍

子供の頃のエピソード

地道な研究活動の様子

仕事以外のプライベート

家族との関係などが

画面に赤裸々に映し出されました。

番組が終った後
私は彼のホームページにアクセスし

著書が何冊かあることを知り
その本を即座に購入しました。


この番組を見て
密着されている人のことを

もっと「知りたい」と思い

アクションを起こしてしまうことが
よくあります。

もしも最初から作品を買ってください
とかホームページを見てくださいなどと
宣伝されていたら

私は同じ行動をしなかったはずです。


宣伝や売込みではなく
密着の映像によって

「知りたい」が刺激されたのです。


この話は保険営業に通じます。


今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

「知りたい」を刺激する達人です。

もちろん

お客様、特に社長に対しての
技術は見事です。

武器は雑談です。

雑談をすることで社長の関心を
引き付け、話に引き込み・・・・

もっと「知りたい」を連発させて
しまいます。


大田氏が最終的に契約する
保険プランは特別ではありません。

特別なのは雑談なのです。

社長の知りたいを刺激する雑談が
秀逸です。


多くの保険営業パーソンは
「知りたいを刺激する雑談」ではなく

「売りたいが先行する営業」のスタイル
になってしまうのではないでしょうか。

売る技術はセミナーや勉強会などで
もう十分学んだでいるはずです。

成果を出すためには
売る前の技術が大切だと
私は確信しています。

雑談で

社長が前のめりになり
もっと知りたいという場面が作れても
法人契約は難しいでしょうか?


詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法


・社長が強烈な関心を示す「マイナンバー」
雑談とは

・「トランプ」を語れば社長の個人資産を
丸裸にできる

・「パナマ文書」雑談で法人保険が売れる

・このオリンピックの雑談をしないと大損します

・銀行の振込手数料の高さを嘆けば
法人保険のチャンスが訪れます

・設備投資、人材教育の雑談で
法人保険を売る方法

・この雑談で外貨建て保険が売れます

CDゼミナール
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法



■飛込みで成功する人はここが違う!

キャベツは切ってから茹でるよりも
茹でてから切った方が

ビタミンCが多くなる!

ジャガイモや人参などの固い野菜を
茹でる時は

沸騰したお湯に入れるのではなく
水に入れて加熱する方が

野菜の中までしっかり火が通る!

子供向けに料理を教える番組で
こう伝えていたと記憶します。

切ってから茹でるか
茹でてから切るか

お湯からか水からか

「小さな小さな違い」ですが
最終的にできる料理には大きな差が
でるということではないでしょうか。



3度の三冠王を獲得した
元プロ野球選手の落合博満さんは

選手時代、自分の使うバットを
いつも作っている職人さんに

新しいバットのグリップの太さが
いつもと違うとクレームを
言ったことがあるそうです。

そのバットを計ってみると
いつものバットの太さとの違いは・・・

0.2ミリ!!

「小さな小さな違い」にこだわる
ことが、大きな成果に繋がると
言えるでしょう。


これら2つの話は保険営業に通じます。


今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

現在も飛込み訪問で
大きな成果を出し続けています。

しかし

裏ワザやウルトラC的なテクニックを
持っているわけではありません。

「小さな小さな違い」を積み上げている
だけなのです。


「なんだ、これだけでいいのか!」

CDを聴いて、あなたはこう感じる
かもしれません。

野菜やグリップの話と似ていて
普通の人との差は本当にわずかです。

しかしこのわずかな差が、大きな成果の
違いに繋がるのです。

知っているか、知らないだけで
最終的に手にするコミッションは大きく
変わると言えるかもしれません。

飛込みは非効率!
飛込みなんて今時成功するわけがない!

これは「小さな小さな違い」を知らない
だけです。

これを知らずに
大きなチャンスをみすみす見逃しますか?

詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!







■保険が売れる雑談、売れない雑談

知人のお子さんは
将来、新体操で一流のアスリートに
なることを目指している女の子です。

彼女が今力を入れているのは
バレエのレッスン。

表現力を磨くためには
ただ新体操の練習を繰り返す
だけでは不十分だそうです。

新体操の「前」のレッスンで差が
つくということではないでしょうか。



メジャーリーガーのダルビッシュの
投げ方をそっくりそのまま真似を
しても

同じようなボールを投げられる
ようにはなりません。

投げ方も重要ですが

もっと重要なのは

やはり「前」です。

トレーニングや練習、食事など
投げる「前」も真似しなければ

ダルビッシュに近づくことはできない
はずです。


これら2つの話は保険営業に通じます。


今回紹介するCDでインタビューした
大田氏が

秀逸な部分は

ズバリ「前」なのです。

保険の話をする「前」がみんなとは
違います。

多くの保険営業パーソンは
トップセールスパーソンの売り方を
学ぼうとします。

もちろん間違いではありませんが

これは
いわばダルビッシュの投げ方だけを
学ぶことに似ていると私は考えます。

勉強すべきは「前」
保険の話をする「前」

すなわち雑談だと確信しています。

お客様との雑談ならいつもしているよ!
こんな声が聞こえてきそうですが

実は

保険契約に繋がる雑談と

単なる雑談があるのです。

あなたはご存知でしたか?


がんばって保険を売る!!
これもいいのですが

今回大田氏が伝授してくれる
雑談ノウハウが

あなたのスキルになれば

がんばる必要がなくなると確信して
います。

雑談をすれば
がんばらなくても保険の話、契約に
なってしまうからです。

知っているか知らないかだけで
最後に手にするコミッションに
大きな差が出ると私は考えます。

まだあなたはがんばって保険を売り
ますか?

それとも雑談で保険を売りますか?

詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法



・社長が強烈な関心を示す「マイナンバー」
雑談とは

・「トランプ」を語れば社長の個人資産を
丸裸にできる

・「パナマ文書」雑談で法人保険が売れる

・このオリンピックの雑談をしないと大損します

・銀行の振込手数料の高さを嘆けば
法人保険のチャンスが訪れます

・設備投資、人材教育の雑談で
法人保険を売る方法

・この雑談で外貨建て保険が売れます

CDゼミナール
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法









■コンテナを語れば大型保険は売れる

友人の経営者は最近
欲しかったバイクを購入しました。

しかし自宅には置いているわけでは
ありません。

コンテナ式のレンタルスペースを
借りて駐車しているのです。

実は奥様や家族には
バイクを買ったことは内緒なのです。

休みの日になるとコンテナに通い
バイクを楽しんでいます。


郊外や少し田舎に行くと
コンテナがずらっと並べられた
レンタルスペースを最近よく目にする
ようになりました。


別の知人ですが・・・

自宅を新築に建て替える際
仮住まいの住居に収納スペースが少なく

コンテナ式のレンタルスペースを
借りて

家財道具の一部を保管したという
話を聴いたことがあります。


実はこのコンテナ式のレンタルスペースは
便利なだけではありません。


大型保険契約を獲得するための
大きな武器になるのです。

今回紹介するCDでインタビュー
した大田氏は

そのノウハウを確立しています。

売りたい保険を最初から話して
すんなり売れる時代は終わったとは
感じませんか?

トップセールスパーソンは
保険とはまるで関係がないと
思われるコンテナを語り

大きなコミッションを手にしています。

あなたはうまく保険を売り込むだけ
ですか?

それともコンテナを語りながら
もっと楽に、効率的に保険契約を
獲得しますか?


詳しくは↓
今から1か月以内に富裕層と
保険契約できるノウハウ 








■ドクターからこの言葉を引き出せ!

「俺はラーメン店で独立する!」

こう決意して
店舗を探し自分なりのラーメンの味を
追求して店を開いた人がいます。

売るものを最初に決める。

これが普通の発想です。

一方で、ある飲食店経営の成功者は
店を開く時、最初に決めるのは場所です。

相場よりも賃料が安い店舗を見つけ
人通りなどから来店数の予想を立てます。

賃料や来店数などから利益が出る
商品を決めます。

まさに逆算です。


この話は保険営業特に
ドクターマーケットの新規開拓に通じます。


多くの保険営業パーソンは
契約を獲得するために

自分が何と言うか?
どんなトークを使うか?

を一生懸命考えます。

一方、中瀬氏は
ドクターマーケットの新規開拓で
自分が語るトークから考えません。

逆算なのです。


「ある言葉」をドクターに言わせる
ためには

どうすればいいのか?を考えます。


ドクターから「ある言葉」を
引き出せば

確実の契約に近づくと言います。


契約に近づく「ある言葉」とは何か?

その言葉を引き出すためには
どうすればいいのか?


すべてはCDで明らかになります。


あなたは自分が語るトークから
考えるだけですか?

それともドクターに言わせる
言葉から考えますか?

詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!







■あいづちを変えれば保険が売れる

タレントの磯野貴理子さんが
ご主人とのエピソードをテレビで話していました。

「ねえねえ、今日さ・・・」

と貴理子さんが話かけると

ご主人はいきなり

「へ~」

とあいづちしたそうです。

言いたい事を伝える前に
「へ~」と言うのは
頭にくると語っていました。

スーパーで焼き芋を買いに行ったら
最後の1個だったということを
伝えたかったそうです。

もしこの話をした後に
ご主人が「へ~」とあいづちを打ったら

貴理子さんが怒ることはなかった
はずです。

あいづちのタイミングや仕方次第で
会話の着地点は変わるのです。


この話は保険営業に通じます。


今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏が伝授してくれるのは

保険契約を導く

あいづちです。

たかが「あいづち」ですが

そのやり方やタイミングによって

着地点はまるで変わります。

多くの保険営業パーソンは
自分が何を話すか?を探し求めます。

もちろん間違いではありませんが

実はあいづち・・・すなわち話の聴き方で

差別化できるのです。

あなたは
売れる人のあいづちを知っていますか?

詳しくは↓
“あいづちと仕草”を変えれば生命保険は売れる!









■法人契約を導く簡単な行動とは

巨人の監督だった長嶋茂雄さんが
松井秀喜選手を一流に育てるために
毎日一緒にやったことがあります。

最新式の理論を学んだり
最先端のトレーニングをすること
ではありません。

実は

素振りです。

極めてシンプルで
誰でもいつからでもできることです。

成功はシンプルな行動の繰り返しから
生まれるということではないでしょうか。



就職試験のための予備校の先生に
話を伺ったことがあります。

いきなり面談の対策をしても意味が
ないと断言していました。

まず学生にやらせることは

何度も何度も

作文、文章を書かせること
だそうです。

文章が書けるようになれば
自然に話すこともできるようになり

面接対策にもなると
先生は話していました。

これもやり方はシンプル
そして繰り返しです。


これら2つの話は保険営業
特に法人新規開拓に通じます。


今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏の話を聴けば

法人新規開拓は

難解なノウハウや理論ではなく

「簡単なある行動」を繰り返すだけで

いいことを理解できます。

誰でもいつからでもできる
「簡単なある行動」。

これだけでいいのです。

これを繰り返せば
あなたの法人顧客が増えるのです。

保険の提案でも
保険に繋がる話をするのでは
ありません。

社長が喜び
社長との信頼関係を強くする

「簡単なある行動」を繰り返すだけ。

難しい理論や知識、情報を
駆使して

法人新規開拓を成功に導く
努力も無駄ではありませんが

トップセールスパーソンは
「簡単なある行動」を繰り返し

大きなコミッションを獲得し続けて
います。

あなたはこれを知らずに
新規開拓を続けますか?

詳しくは↓
すぐに使える中小法人新規開拓ノウハウ






■訪問しないトップセールスパーソン

私の知人は
自宅の近所にたくさん電機店が
あるにもかかわらず

わざわざ1時間かけて
東京・秋葉原ある店に頻繁に通います。

彼の趣味は
真空管オーディオ(アンプ)。

自作することもあるそうです。

秋葉原にはこの専門店があるため
彼はわざわざ行くのです。

彼のような趣味の人が
全国から多数集まるそうです。

品揃えや安さで勝負する
大手の電機店の競争は
ますます激化していると言っていいでしょう。

一方で、品揃えを「捨てて」

真空管に特化した店が
大きな支持を得ているわけです。

あれもこれもと商品やサービスを充実
させることも間違いではありませんが

「捨てる」こと、選択と集中することで
勝ち残ることもできるわけです。



スポーツ用品ではなく
ある野球用具専門店が
ネットで紹介されているのを
目にしました。

店頭には並ぶグローブは・・・

何と900。

おそらく人気の店だと予測できます。

スポーツなら何でも・・・を「捨てて」
野球に選択と集中したことで
大きな特色を出していると言って
いいでしょう。


これら2つの話は保険営業に
通じます。


今回紹介するCDでインタビューした
松井氏は

選択と集中

まさに「捨てる」ことを徹底して

とてつもない成果を出し続けています。


・お客様の家やオフィスに訪問しない

・セミナーの集客は自分ではしない

・ライフプランは作成しない

・顧客フォローを無料でしない

など

松井氏が「捨てた」ことです。

あれもこれもと何かを得ることも
いいのですが

今こそ「捨てる」戦術が有効では
ないでしょうか。


セミナーなどで学べることは
加えること、プラスすることばかりです。

足すことももちろん重要ですが

トップセールスパーソンは引くこと

すなわち「捨てる」ことで

驚く程の成果を挙げています。


それでもあなたは「加える」ことだけ
ですか?

それとも「捨てる」ことを学びますか?

詳しくは↓
「捨てる!」で
1人が1500人分の成果を出せる!















■この”保険以外提案”が法人契約に繋がる

ハワイのオアフ島で
あるクレジットカードを提示するだけで
無料でバスに乗れるサービスがあります。

ハワイに行く時は
必ず財布に入れるようにしています。

この話を
初めてハワイに行く友人に伝えると

彼はわざわざこのカードを新規で作って
持参していました。

無料バス自体で

このクレジットカード会社が直接収益を
上げることはありません。

むしろバス代やガソリン代、運転手の
人件費などがかかり大赤字でしょう。

しかしハワイにこの会社のカードを
持っていこうというきっかけになることは
間違いありません。

ハワイに行ったら、買い物をたくさんすると
いう人は多いはずです。

無料バスのために携帯したカードを使う
機会が増えることが予想できます。

また1度買い物で使ったカードは
日本に帰ってきても使い続けることも
期待できるのではないでしょうか。

無料バスという

一見カードとは
「無関係と思える提案」が

1度の買い物に繋がるだけでなく
リピーターの構築に繋がっていると
私は考えます。

「カードを作ってください!」
「カードを使ってください!」

と直接するよりも有効ではない
でしょうか。


この話は保険営業に通じます。


今回紹介するCDでインタビュー
亀甲氏は

保険とは
「無関係と思える提案」で
大きな成果を挙げ続けています。

その1つが
金銭消費貸借契約。

これ自体は保険と関係ありません。

もちろんコミッションも発生しませんから
営業パーソンの収益にはなりません。

しかし

このアプローチが

最終的に

自社株・退職・相続対策など
すべての法人保険を総取りする
ことに繋がるのです。

保険の売込みをするから
社長は断るのです。

保険以外の、売込みでない
提案で

メリットのあるものなら
社長は無下に断ることがあるでしょうか?


勉強会や研修で学べるのは
保険の提案ノウハウが中心です。

正しいことですが
トップセールスパーソンは

無料バスの例と同じように

一見保険とは無関係と思える
提案から

法人保険を売りまくっています。

保険を売りたいから
最初から保険を提案する!
だけですか?

それとも
無関係と思える提案を
しながら

ストレスなしに法人契約を獲得
しますか?


詳しくは↓
1億稼げた!
法人生保新規開拓術



■それでも飛込みは非効率と考えますか?

古田敦也さんは
ヤクルトに捕手として入団した際
当時の野村克也監督から

「とにかく準備がすべてだ!」

と言われたそうです。

プロ野球は

グランド上での力と力の勝負と
思われますが

試合でグランドに立つまでの
「準備」をしっかりした方が
勝つ確率が高くなるということです。



「試合開始が遅れることを聞いて
寝ました。

こういうときのために
自分の枕を持ってきています。」

これはメジャーリーガーのイチローの
言葉です。

技術やコンディションの「準備」
だけではなく

イチローは枕まで「準備」しているのです。


この話は保険営業にも通じます。


今回紹介するCDでインタビュー
した中瀬氏は

現在も飛込み訪問から
多くの富裕層を契約者に変えて
います。

「どんなトークを使っているのか?」
「どんなプランを提案しているのか?」

ここを注目されることが多いです。

しかし

大きな違いは
訪問する前の「準備」なのです。


ターゲットとなる
富裕層の見つけ方

そして
実際にドアをノックするまでに
ターゲットに3回する「ある事」


この普通とは違う特別な2つで

難しいと言われる初回面談率を
劇的にアップさせるのです。


実際に中瀬氏の
初回の面談成功率は

30%~40%。

新規のテレアポの
アポイント率は3%程度と
関係者から聴いたことがありますから

ざっとその

10倍のパフォーマンスが期待できる
わけです。


しかも中瀬氏の飛込みのターゲットは
富裕層のみです。

契約単価が高いわけです。


それでも飛込みは効率が悪いと
思いますか?

それとも
トップセールスの「準備」を学び
契約をコンスタントに生み出す
武器にしますか?

詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!








■保険で差別化するな!戦わず勝つ方法

ジェロ。

2008年「海雪」でデビューし
紅白歌合戦出場の経験もある
演歌歌手です。

でも普通の演歌歌手ではありません。


史上初の黒人演歌歌手。
そしてヒップポップ系のファッション。

さらに演歌ですが
ヒップホップのダンスも披露します。

ジェロは演歌歌手として
勝負していますが

「戦うフィールドを変える」ことで
大きな注目を集めたと言っていいでしょう。



神の舌を持つお笑い芸人

先日テレビでこう呼ばれる芸人が
出演していました。

料理の腕がプロ級で1度食べたもだけで
味を再現できることが特技だそうです。

星の数ほどいるお笑い芸人の中で
”売れる”芸人はほんの一握りです。

ひたすら面白さを追求することも
間違いではありまえんが

「戦うフィールドを変える」ことも
”あり”ということでしょう。


これら2つの話はドクターマーケット
の新規開拓に通じます。


既契約やライバルの営業パーソンが
提案するプランよりも

お得で有利なものをアピールして
契約を獲得することも

間違いではありません。

しかし

今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

「戦うフィールドを変える」ことで

圧倒的に差別化する戦術と
言っていいでしょう。

保険以外の分野で戦い
ドクターから大きな支持を得ます。

もちろん最後には
フォールドを保険に戻し
大きな契約を手にします。

ドクターマーケットで
「戦うフィールドを変える」とは
どういうことなのか?

またフィールドを戻す技術とは
どんなものなのか?

すべてはCDで明らかになります。

保険を売りたいから
いきなり保険をアピールしますか?

それとも
保険以外を語ると
保険が売れるノウハウを学びますか?

詳しくは↓
年2億円稼げた!
ドクターマーケット新規開拓術





■社長の断りや罵声は契約のチャンスです。

テスト0点!!

漫画「ドラえもん」に登場する
のび太が

0点のテストを見て
自分の能力のなさを嘆く
場面がありました。

確かに0点は最低点です。

しかし

「考え方を変えれば」

最も点数をアップしやすい状態とも
見ることができます。

99点の人は上がっても1点です。

しかし0点ののび太は100点
伸ばすチャンスが目の前にあります。



上司にいつも怒られているサラリーマンが
います。

いつもガミガミ注意されて嫌だと思う
うんざりする・・・これが普通の発想です。

しかし

「考え方を変えれば」

上司が期待していると取ることも
できます。

単に怒っているのではなく
自分に期待していると思えば
状況は変わってくるのではないでしょうか。


これら2つの話は法人保険営業に
通じます。


初めて法人を訪問すると
ウェルカムと快く迎えてくれる社長の方が
少ないでしょう。

関係が薄い社長であれば

いきなり

ネガティブな意見や断り
場合によっては罵声を浴びせてくる
ケースもあるはずです。


話も聴かないで
こんな対応する法人や社長は

見込みなし!!

私はこう思い、二度と訪問することが
ありませんでした。

しかし

今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏の話を聴いて

それが

大きな間違いだと理解しました。


社長の断り、拒絶、罵声、文句は

「考え方を変えれば」

契約の大きな大きなチャンスになる
のです。

なぜ見込みがないと思える発言が
契約の大きな原動力になるのか?

詳しくインタビューで語られています。


あなたの話を快く聞いてくれる社長を
探そうとするから

訪問先が限られるのです。

すぐ断る、文句を言う、罵声浴びせる・・・・

こんな社長ならあなたの周りには
溢れていませんか?

今回紹介するノウハウがあなたの
スキルになれば

訪問先、見込み客に困ることは
なくなると考えています。

それでも話を聴いてくれる社長だけを
探しますか?


詳しくは↓
社長の文句や断りを契約に直結させる
罵声マーケティング