FC2ブログ

2017年07月

ここでは、2017年07月 に関する情報を紹介しています。
■保障を語らない生保トップセールス

私の知人は
自宅の近所にたくさん電機店が
あるにもかかわらず

わざわざ1時間かけて
東京・秋葉原ある店に頻繁に通います。

彼の趣味は
真空管オーディオ(アンプ)。

自作することもあるそうです。

秋葉原にはこの専門店があるため
彼はわざわざ行くのです。

彼のような趣味の人が
全国から多数集まるそうです。

品揃えや安さで勝負する
大手の電機店の競争は
ますます激化していると言っていいでしょう。

一方で、品揃えを「捨てて」

真空管に特化した店が
大きな支持を得ているわけです。

あれもこれもと商品やサービスを充実
させることも間違いではありませんが

「捨てる」こと、選択と集中することで
勝ち残ることもできるわけです。



スポーツ用品ではなく

ある野球用具専門店が

ネットで紹介されているのを
目にしました。

店頭には並ぶグローブは・・・

何と900。

おそらく人気の店だと予測できます。

スポーツなら何でも・・・を「捨てて」
野球に選択と集中したことで
大きな特色を出していると言って
いいでしょう。



これら2つの話は保険営業に
通じます。



あれもしたい
これもしたい

勉強会や研修で学んだことを
取り入れようと

やることばかりが増えすぎて
なかなか対応しきれないという
ことはありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
松井氏は

選択と集中

まさに「捨てる」ことを徹底して

とてつもない成果を出し続けています。



・お客様の家やオフィスに訪問しない

・セミナーの集客は自分ではしない

・ライフプランは作成しない

・保障を語らない

・お客様と15分以上面談しない

・顧客フォローを無料でしない

・クロージングはしない

・セミナーは自分で集客しない

・医療保険やがん保険を語らない


など

松井氏が「捨てた」ことです。

あれもこれもと何かを得ることも
いいのですが

今こそ「捨てる」戦術が有効では
ないでしょうか。


セミナーなどで学べることは
加えること、プラスすることばかりです。

足すことももちろん重要ですが

トップセールスパーソンは引くこと

すなわち「捨てる」ことで

驚く程の成果を挙げています。


それでもあなたは「加える」ことだけ
ですか?

それとも「捨てる」ことを学びますか?

詳しくは↓
「捨てる!」で
1人が1500人分の成果を出せる!







■これで月払5万円の終身保険が簡単に売れる

テレビ番組であるスーパーに勤務する

生鮮食品販売のカリスマの女性が

紹介されていました。

ある日新鮮でおいしい「たこ」が
大量に入荷しました。

ここで少し考えてください。

もしあなたが販売者なら
どうやってこの「たこ」を売りますか?


できるだけ値段を安くする

新鮮でおいしいことをアピールする

店頭で試食をさせる


どれも正しいでしょう。

一方

このカリスマが

やったことは

売りたい「タコ」の横に
タコのサラダを置いただけ。

実はこのタコのサラダは
売れても売れなくても
どちらでもいいのです。

「こんなタコの食べ方もあるなあ~」
「今晩、タコのサラダもいいなあ」

と買い物に来たお客様に

「気づかせる」ことが目的です。

この戦術は見事的中し
「タコ」は飛ぶように売れていました。



この話は保険営業に通じます。



なかなか契約単価がアップしない!

または

契約単価がアップするような
お金持ちの顧客(見込み客)を
コンスタントに見つけることができない!

こう考えることはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
大関氏の話を聴けば

単価がアップしないのは

やり方を知らないだけだと
知ることになるはずです。

ごくごく普通のお客様であっても

場合によっては保険のリストラを
希望している方であっても

やり方次第で単価をアップさせる
ことができるのです。


大関氏のノウハウは

単価が高い提案書を広げて
説得する方法ではありません。

お金持ちだけを見つけて
高単価の契約を
勧めるやり方でもありません。

タコの販売の話と同じで

お客様に「気づかせる」ことで

結果的に単価がアップしてしまうノウハウです。

「あれも欲しい!」
「これも欲しい!」

こんな言葉をお客様から引き出しながら
一緒にプランを構築していくと

契約単価がアップしてしまいます。

高度で難解なノウハウではありません。

知っているか知らないかだけで
最後に手にするコミッションは
大きく変わるやり方なのです。

何をお客様に「気づかせれば」いいのか?
どんなトークを使えばいいのか?
どんな資料を現場で使っているのか?

すべてはCDで学ぶことができます。

詳しくは↓
月払15,000円のお客様が
喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術








■資産家の見込客を見つけるのは簡単です

少し考えてください。

全く知識がない素人ですが

温泉を掘り当て一攫千金を
狙う人が目の前にいます。

あなたなら
この人にまず何をすべきだと
アドバイスしますか?

地面の掘り方を勉強して
とにかくすぐに掘り始めなさい
と言う人はいないはずです。

掘る前に大切なのは
温泉の源泉だからです。

どんなにいい掘り方をしても
そもそも源泉がなければ
一生温泉にはたどり着けません。

源泉の「見つけ方」を学んだり
調査する方法を探すことを

優先させるべきだとは思いませんか?



この話は保険営業に通じます。



セミナーや研修で一生懸命勉強して
いるにもかかわらず

思い描いた成果を出せないと感じた
ことはありませんか?

セミナーなどで

学べることは

いわば「掘り方」が中心だからだと
私は考えています。

「掘り方」すなわち「売り方」も

大切ですが

これを活かす前提となるのが

温泉の話と同じで

「見つけ方」です。

自分が契約したい見込み客の
「見つけ方」が重要ではないでしょうか。

今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

資産家、富裕層の見込み客を

確実に

しかも

超短時間で

誰でも

見つける方法を確立しています。

お金持ちの見込み客に困ることが
ないわけです。

毎日毎日

相続対策が必要なお客様と
継続的に会って話をすることが
できたら

あなたは契約に困ることがあるでしょうか。

難しいノウハウではありません。

知っているか知らないかだけです。

あなたはまだ「掘り方」
・・・売り方だけを学び続けますか?

それとも「見つけ方」も
あなたのスキルにしたいですか?

詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!









■これがうまい人は社長の証券をすぐに見られる

自身がトップセールスパーソンだった
経営者がいます。

部下が他社と競合して
契約が獲れないと

以前は

「契約が獲れなかったのはなぜだ?」

と攻めていたといいます。

いくら指導しても部下の成果は
上がりませんでした。

そこである時期から言い方を
変えました。

「どうしたら契約が獲れていたと
思う?」

こう「言い換え」ただけで

部下が自分で考えるようになって
どんどんスキルがアップしたそうです。


幼児教育が専門の大学教授が
テレビでこう言っていました。

「”子供に片付けない!”と

怒るよりも

”読んだ本は元あった本棚に
戻しなさい!”

と具体的な行動を伝えた方が
いい。」

簡単な「言い換え」ですが
効果はあるそうです。



これら2つの話は保険営業に通じます。



社長の既契約や資産
法人の既契約や財務内容

これらがすべて明らかになれば
保険契約は難しくなくなるはずです。

しかし

関係が薄い社長・法人の
資産や既契約を明らかにするのは

並大抵のことではありません。

「コンサルティングします。」
「FPなのですべてを見直します!」

などと投げ掛けても

撃沈することは少ないのでは
ないでしょうか?

一方

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

これを簡単にして驚く程の結果を
出し続けています。

といっても

特別な提案や高度なトークを駆使
するわけではありません。

みんなと違うのは

「言い換え」

なのです。

資産や既契約のコンサルティングなど
という言葉はいきなり使うことを
しません。

トランプ、パナマ文書、マイナンバー

大田氏が武器とする「言い換え」
の例です。

資産、既契約のコンサルティングを
これらで見事に「言い換え」て

成果を手にしています。

これを

知っているか知らないかだけの差で
最終的に手にするコミッションは
大きく変わると考えています。

保険や資産をストレートに
提案し続けますか?

それともトップセールスパーソンの
「言い換え」を真似しますか?


詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に
断られないアプローチ手法





■損保を生保に変えるイリュージョン提案

「晩酌を少し控えて費用を負担している
親御さんもいらっしゃいますよ!」

家庭教師を派遣する会社の
トップセールスパーソンのトークです。

多くの親は子供が通っている塾などの
費用と家庭教師を比べNOと言うそうです。

後者が断然高く
塾を止めたとしても負担は増えるからです。

こんな親御さんにこのトップセールスは

どこから費用を工面するか提案し
契約に繋げていると言っていいでしょう。

営業パーソン側見れば

教育費というステージだけで戦う
のではなく

お酒代やたばこ代、レジャー費や
携帯電話代など

別のステージから予算を奪い取る
戦術と表現していいかもしれません。



この話は生保営業の
法人新規開拓にも通じます。



「お金がない!」
「予算が取れない!!」

こんな社長の断りを受けたことは
1度や2度あるはずです。

今法人が負担している
生命保険料より安くなることを
提案することも間違いでは
ありません。

しかし
今回紹介するCDでインタビューした
亀甲氏は全く別の発想を伝授して
くれています。

生命保険のステージだけで
戦うのではなく

他の分野

つまり法人が現在払っている
別の予算を

生命保険に変える方法で
亀甲氏は成果をあげています。

今回紹介するCDで語られている

「損保を生保にチェンジさせる
イリュージョン提案」

「運用資金を保険に振り分ける
提案」

は特に注目です。

知っているか知らないかだけで
最終的に受け取るコミッションは
大きな差がでる

提案ノウハウだと言っていいでしょう。

利益が出ていてキャッシュが豊富な
法人に

保険営業パーソンは殺到します。

こんな厳しい競争に飛び込んでいく
勇気も素晴らしいですが

生命保険以外の予算を
生保原資に変えるノウハウが

あなたのスキルになれば

驚く程大きな、手つかずの
マーケットがあなたの目の前に

現れるはずです。

詳しくは↓
社長の断りをチャンスに変えるノウハウ
逆転の法人生保提案術










■弱者の戦術、保険料や返戻率で勝負するな!

「自信があるから電話はしません」

ある化粧品会社の社長がテレビCMで
語った強烈な一言です。

サンプルを請求した人に対して
後から売り込みの電話を掛けない
ことを宣言しています。

しつこい勧誘の電話を嫌う
たくさんの視聴者が

安心してサンプルを請求したと
予測できます。

化粧品をアピールするだけではなく

「スタンス」を訴え

大きな反響を得たと言えるでしょう。



「全部使い切った後でも返品OKです」

あるダイエットサプリメントがこう宣伝
されていました。

「すごい自信があるんだな」と
私は思ってしまいました。

おそらくこの言葉がきっかけとなって
購入に踏み切る人が少なくないはず
です。

「○キロ痩せました」
「1日たった△個飲むだけ」
「▲円で安い」などと

商品自体の効果やお得さを
アピールすることももちろん重要ですが

「使い切った後でも返品OK」という

「スタンス」をアピールすることで
大きな売上に繋げたと考えられます。



これらの話は保険営業に通じます。



保険料や返戻率など

既契約やライバルより条件が
劣っているから

勝てない、契約にならないと
感じることはありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
杉山氏は

提案や条件では勝負するのではなく

自分なりの「スタンス」を伝え

お客様に選ばれ続け
大きな成果に繋げています。

保険で戦う前に

勝負を決めてしまう戦術と表現
していいかもしれません。


例えば
名刺に印刷されているある情報。

多くの保険営業パーソンは
名刺に載せないものです。

しかしこの情報を入れることで
自分の「スタンス」を訴え

お客様の心を動かすことに成功
しています。


例えば
保険金の支払いについて。

普通ならお客様が書いた書類を
保険会社に提出して

保険金が支払われます。

これも普通とは全く違う
スタンスを伝えるのです。

これのスタンスを聴いたお客様は
間違いなく好感を抱くに違い
ありません。


杉山氏は

「スタンス」を伝え

お客様から共感を得て

「あなたとぜひ契約したい」と

思わせています。

保険料や返戻率など
提案で戦う前に

契約を決めてしまうと
言っていいでしょう。


研修や勉強会で学ぶやり方は

最高のプランを提案して

「このプランを契約したい」と

お客様に言わせるものばかりです。


一方、今回勉強できるのは

「このプランを契約したい」

ではなく

「あなたと契約したい」

すなわち人を選んでもらう

人で差別化する戦術です。


あなたはこんなノウハウを
学んだことがありますか?


人自体で差別化できれば

保険料や返戻率が劣っても
お客様から選んでいただけます。

契約後にもっといいプランを
別の営業パーソンから提案されても
大丈夫です。


それでも保険だけで
差別化をしようとしますか。

詳しくは↓
この行動を繰り返すだけで
10年間生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!










■日経平均を相続保険に繋げる話法

サッカー日本代表で活躍する
本田圭佑選手は


「課題は伸びしろ」


だとあるインタビューで語っていました。

欠点、弱点は普通は嫌なもので
目を背けたくなるはずです。


しかし本田選手は全く「逆」。


自分の弱い点は自分のスキルや
能力を

アップさせることができる部分だと
考えています。



お客様からのクレーム。

ビジネスする側から見れば
普通は嫌なものでしかありません。

一方

ある成功者は

ビジネスをよくするアイデア

とクレームを考えるようになってから
クレームがうれしくなったと語って
います。

これも「逆」の発想の例と
言っていいでしょう。



これら2つの話は
法人保険営業に通じます。



法人新規開拓で

プレゼンテーションまで話が進まない

見積や詳しい資料を持って行く
場面が作れない

ということはありませんか?

プレゼンや提案書を持って行くことに
対して

何とか社長からYESをもらおうと
するというのが普通の発想です。

一方今回紹介するCDで
インタビューした竹下氏は

全く「逆」なのです。

社長に許可を取ったり
お願いしたりするのではなく

社長に

「詳しい資料が欲しい」

言わせてしまう

ノウハウを確立しています。

実は

この言葉を引き出す武器は

簡単で

誰でも知っていることです。

毎日のニュースで
伝えられないことがない

日経平均。

これを語るだけで

「詳しい資料が欲しい」という
言葉を

社長からもらえるようになるのです。

まだ社長に依頼やお願いを
しますか?

それとも社長に
「詳しい資料が欲しい」と言わせますか?

詳しくは↓
180秒で聴く気がない社長を
契約者に変える話法はこれだ







■もう雑談するな!保険の飛込みで売れる秘密

酸っぱいはずのレモンを
バクバク食べるお笑い芸人!

少し前ですがテレビをつけると
こんな光景が目に飛び込んできました。

何かの罰ゲームではありません。
その芸人の特技というわけでもありません。

実は

最初に
ミラクルフルーツという
西アフリカ原産の果物を食べると

レモンであっても甘く感じるように
なるのです。

100%の人が酸っぱいと
感じるレモンも

ミラクルフルーツを食べるという
「準備」があれば

味が大きく変わります。


バッティングセンターで140キロの球
は素人では速すぎて
普通は当てる事さえできません。

しかし
もしも毎日毎日100球ずつ
数か月間、140キロを打つ練習を
したら

例え野球経験がない人であっても
140キロの球に当てられるように
なるはずです。

速い球を毎日打つ「準備」によって
結果は変わるわけです。



これら2つの話は保険営業に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

飛込みで初めて訪問した

富裕層に対しての

雑談は不要だと語っています。

初回面談で
いきなり保険の話をしても

お客様は嫌な顔をしないで

話が前に進んでしまうことが
多いのです。

保険の話題からスタートして
相続対策など単価の高い契約に

最短距離で到達してしまう
ノウハウを確立しています。


いきなり保険を語っても断られる

初対面のお客様には雑談は
不可欠

ずっとこう信じていた私の常識は
ガラガラと音を立てて崩れ落ちました。


秘密は
「準備」なのです。

飛込み訪問を実施するまでに
何を「準備」するかで

雑談が不要になり

いきなり本題の保険の話になり

契約までの時間が大幅に短縮
されます。

ドラゴンフルーツとバッティングの
話と同じです。


研修や勉強会で学べるのは
大抵

「お客様と会ってから」

のノウハウばかりです。

これも不可欠なことなのですが

実は

差がつくのは

「お客様と会う前」なのです。

いきなり保険を話をしても
お客様がじっくり話を聴いてくれたら

あなたは契約に困ることが
果たしてあるでしょうか。


詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!






■これを変えればセミナーで保険が売れます

創部間もない野球部を甲子園に導いた
ある高校野球監督の打撃指導は

非常に特徴的です。

生徒にヒットを打つことを目標に
させません。

ヒットではなくゴロを打つことを
徹底させているのです。

ゴロを打つことが一番の目標。

こうすることで

ゴロのヒットや
フライやライナーよりも相手のエラーの
可能性が高まり

結果として点数が取れるといいます。


目標、目的を変えれば
結果も変わるのです。


モテる男は
初デートの目的が違う

とテレビである専門家が語っていたと
記憶しています。

普通の男の人は、デートした相手と
恋人になること、付き合うことを
目的にしてしまいます。

一方、モテる男は
初デートの目的は
2回目のデートをすること。

2回目のデートは3回目の
デートが目的です。

次回も会いたいと相手に思って
もらえれば、恋人になるチャンスも
自然に広がるわけです。

これも目的、目標を変えて
結果を変える例と言っていいのでは
ないでしょうか。



これら2つの話はセミナー営業に通じます。



セミナーを開いても
なかなか保険契約に繋がらない!
という声を

よく保険営業パーソンから耳にします。

失敗の大きな原因の1つは

目的、目標だと今回紹介するCDで
インタビューした遠藤氏は語ります。

多くのセミナーは

お客様を満足させることを

目的にしてしまいます。

目的を達成するために

いい情報や専門家しか知らない
知識などを伝えます。

確かに参加したお客様は満足する
に違いありません。

しかしこれでは保険契約には
繋がらないのです。


お客様を満足させること


ではなく


お客様に行動させることを
目的にするべきだと

遠藤氏は言います。


「お客様を満足させる話」



「お客様に行動させる話」は

全く違うわけです。


「お客様に行動させる話」とは

個別に相談したくてしたくて
たまらなくなる話ということです。

セミナー後に個別相談したい
お客様が殺到すれば

保険契約は簡単になることは
説明するまでもありません。

実は
「お客様に行動させる話」は

決して難しく高度な話では
ありません。

あなたが今既に持っている
情報や知識だけで十分
話せるのです。

やり方を

知っているか知らないか

ただそれだけの差なのです。

詳しいノウハウは
今回紹介するCDで
すべて学べます。

まだセミナーで
いい情報を伝えますか?

それとも
「お客様に行動させる話」を
しますか?

詳しくは↓
5人集客すればセミナーで保険が売れる!





■これを3回すれば飛込みで相続保険が売れる

以前、飲食店で成功する経営者と
話す機会がありました。

同業者が偵察によく店に来るそうです。

そして
料理をや値段、店で行うサービスを
そっくりそのまま真似することもあると
言います。

しかし
それらの部分だけを真似しても
同じような結果を出すことは難しい
とその経営者は断言していました。

店を出すまでの「準備」が違うのです。

例えば、店を開店させる場所(物件)
を探すのに、とにかく彼は歩き回ります。

時には1日20キロ以上。

インターネットや不動産店にも流れて
いない物件情報が歩くことで見つかる
といいます。

相場よりも家賃が安く、人通りなども
悪くない物件を見つけていから
店で提供するメニューを決めます。

普通は売る商品(メニュー)を決めてから
店の物件を探しますから

順番が逆、すなわち「準備」が違います。


プロ野球ヤクルトスワローズの山田哲人選手
のような成績を残したくて

バッティングフォームだけを真似しても
うまくはいかないはずです。

練習やトレーニングなど
打席に入る前までに行う

「準備」も真似しなければならないでしょう。



これら2つの話は保険営業に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

飛込み訪問オンリーで

次々、富裕層、ドクター、経営者の
契約を獲得し続けています。

成功の大きな要因の1つは
「準備」なのです。

セミナーや勉強会に出席して
トップセールスパーソンの
トークや提案内容を真似しても

なかなか結果が出ないと感じた
ことはありませんか?

トークや提案を学ぶことも
無駄ではありませんが

売れる人は「準備」が違うのです。


地図を広げ
”ある部分”に注目して
優良な見込み客を見つける


訪問する前に3回”あること”をする


税務署を”ある方法”で味方にする


これらは中瀬氏が実際に「準備」で
していることです。

「準備」も真似しなければ
同じ結果はでないと私は確信
しています。

それでもまだ
学ぶのはトークや提案だけですか?

それとも「準備」を学び
同じ成功を掴みますか?

詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!









■2億稼ぐ人は「自己紹介」が違う

実力はありながら
ケガが多く

大きな大会で結果が出せない
アスリートがいました。

より効率のよいフォームの探求

そして
フィジカルトレーニングの見直し

様々なことを変えましたが
なかなか結果に結び付きません
でした。

最後に行き着いたのは・・・

食事の改善です。

ファストフードやお酒など
自由に取っていた食生活を見直し

口にしたものをすべてスマホで
撮影して、栄養士にアドバイスを
受けるようにしたのです。

これによってケガは劇的に少なくなり
大会で結果もできるようになったと
いいます。

練習やトレーニング・・・
競技に直結することよりも

食事という
競技より「はるか前の事」を見直し
成果に繋げたと言っていいでしょう。



この話は法人新規開拓に通じます。



思い描いた結果が法人新規開拓
で出ない時や

面談相手である社長から断られた時

普通の保険営業パーソンは

提案や営業トークを見直そうとします。

もちろんこれも間違いではありませんが

売れる人は

それらよりも

「はるか前の事」が違うのです。

練習やトレーニングより「はるか前の事」
である食事を見直して結果を出した
アスリートに似ています。


「自己紹介」


今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏が秀逸な部分の1つです。

このやり方を知らないだけで
法人初回面談の成功率は
下がるのです。

といっても
長く時間のかかる「自己紹介」を
する必要は全くありません。

「たった2つの事」

を伝えるだけでいいのです。

トップセールスパーソンが
何をどう売っているのか?

これを追い求めることも
悪くありませんが

売れる人は「自己紹介」が
違います。

これを
知っているか知らないかだけで

最終的に手にするコミッションは
大きく変わると確信しています。


詳しくは↓
このアプローチで社長は
あなたの話に夢中になる!







■運用失敗で感謝される保険提案

先日成毛眞さんの書いた
「日本人の9割に英語はいらない」
という本を読みました。

当初英語に関する本を買う予定は
全くありませんでしたが

題名に惹かれて
思わず購入してしまいました。

仮にこの手の本によくある

”ビジネスパーソンにとって英語は必須”
的な題名なら

私は間違いなく買わなかったはずです。

常識とは違う、今までとの考えとは
異なる事に多くの人は興味を惹かれる
ものです。


以前テレビ番組に出演していた
作家の養老孟司さんは

「石油は一刻も早く枯渇させた方がいい。
石油がなくなれば現在地球上で起きている
社会問題のほとんどが解決する。」

と断言していました。

この意見に賛成か反対かは別として

「石油を大切に使いましょう」
と投げ掛けるよりも

はるかに多くの人の関心をひくことが
できたのではないでしょうか。


非常識の投げ掛け、
ライバルと全く逆の提案


これは法人生保営業でも
差別化の鍵となります。


今回紹介するCDでインタビューした
亀甲氏が語っている

「変額終身保険の運用失敗を利用して
社長を喜ばす提案」

はまさに非常識の提案。

多くの保険営業パーソンは社長に
社長にこう提案します。

「お金を増やしましょう」
「資産運用しましょう」

一方、このノウハウを使えば

「運用を失敗しましょう。
そうすれば社長に
大きなメリットがあります!」と

提案できるわけです。

訪問するライバルとは
全く逆の提案ですから

社長の関心をひくことはできることは
間違いありません。


また同じくCDで語られている

「法人契約で収入保障保険を提案」

も必見です。

退職や引退がかなり先の
比較的年齢の若いオーナー社長には

かなり響く提案だと考えています。

知っているか知らないかだけで
大きな差がつきます。

詳しくは↓
社長に「話を聞かせて欲しい」と
言わせる法人生保提案の裏技







takuouchida

■この質問で社長の態度は変わるhttps://t.co/n0hbiJvyg7
07-06 23:58

保険が絶対必要と言わせるテクニック■「できれば」を「絶対必要」に変える技https://t.co/jTrEXdmvNg
07-06 23:28

■2つの社長の心配事を切り口に!https://t.co/z5NQTvCcfo
07-06 22:58

携帯ゲームだけではなく保険営業でも有効だ。■フリー戦略https://t.co/3BVT0IuXvn
07-06 22:28

売れる人は保険の説明でなくこれがうまい。■チャンスの作り方https://t.co/tBNPdCR8vv
07-06 21:58

■信玄的法人生保工作https://t.co/0QRJ3zRN2V
07-06 21:28

設計書ではなく雑談で予約は取れる!■雑談で予約をもらうノウハウhttps://t.co/mRFCN2jI8s
07-06 20:58

■「得する」より「損しない」提案!https://t.co/hiSIDk7B6e
07-06 20:28

決算書を見ることができれば契約は近づく!■決算書を引き出す切り札https://t.co/BJufT0BZMV
07-06 19:58

■ニーズ+ブルーオーシャンで契約を激増させるhttps://t.co/aWYn8h8GmV
07-06 19:28

[07/06のツイートまとめ]の続きを読む
■これで依頼しなくても紹介に困りません

海外でドルフィンスイムを体験してきた
友人とお酒を飲む機会がありました。

ドルフィンスイムとは

沖合まで船で出かけ
野生のイルカと泳ぐアクティビティです。

スマホの写真と動画を見せながら

いかに楽しいか
いかに気持ちのいい体験なのかを

私に熱く語りました。

話を聴いていると、私も1度は経験
してみたいと感じました。

こんな光景は決して特別ではないと
思います。

友人や知人が体験、経験したことを
嫌味のない感じで「自慢」され
自分もやりたくなってしまう・・・・

これを保険営業の紹介に応用して
継続的に成果を出し続けているのが

今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏です。

竹下氏は
継続的に紹介を獲得し続けていますが


紹介の

依頼や

お願いを

全くしません。

お客様に「自慢」をさせるように導き
紹介を誘発させています。

説明するまでもありませんが

いい保険
安くて有利な保険を提案して
契約になっても

お客様が証券や設計書を持ち歩き
友人や知人にそれを「自慢」する
ことはありません。


別のやり方で
お客様に自慢させる方法が
あるのです。


依頼やお願いではなく

「自慢」で

紹介を簡単に獲得する方法が
あることを知っていましたか?

詳しくはこちら↓
この2つの非常識ノウハウだけで
数千万円稼げる








■社長に「役員賞与」を提案しなさい

日本の農業問題が報道番組で
語られてることは多いです。

食料自給率の低下
農家の後継者問題など。

どちらかというと後ろ向きの
話題が多いと言えるでしょう。

一方で先日書店で見た本の
タイトルは衝撃的なもので
私は思わずその書籍を手に
取ってしまいました。

「日本は世界5位の農業大国 
大嘘だらけの食料自給率」

「思わず」手に取ってしまった・・・
ビジネス側(本を出版する側)から
すれば

こんな行動を顧客に起こさせる本の
タイトルの付け方が、本の売上を
上げるポイントになるはずです。

常識的なこと
すなわちこのケースで言えば
農業の危機を示すようなタイトルで
あれば

私の「思わず」は起こらなかった
に違いありません。

常識とはまるで逆のことを語る
ようなタイトルだからこそ
私は行動を起こしてしまったのです。

同じ日にやはり「思わず」手に
取ってしまった本があります。

そのタイトルは

「ギャンブルには
ビジネスの知恵が詰まっている」。

ギャンブルとビジネス。

普通は同じ土俵で考えることはないと
私は認識しています。

この固定概念を崩すタイトル
だからこそ「思わず」なのです。



これら2つの話は法人新規開拓に
通じます。



今まで何度も聞いたことが
ある話をして社長の「思わず」を
起こすことは難しいです。

それにもかかわらず
多くの営業パーソンは
常識的な話題でアプローチします。

今回紹介するCDでインタビューした
染宮氏のノウハウは一線を画します。

インタビューでは非常識、固定概念を
崩す話題で

社長の関心をひき

社長の「思わず」を起こす方法が
満載です。


例えば「役員賞与」を切り口に
法人新規開拓するノウハウ。

今までにはない斬新な切り口と
言っていいでしょう。

多くの社長は関心を示すと
いいます。


また「役員報酬をアップさせる提案」を
突破口にする法人開拓も注目の
方法です。

多くの営業パーソンは報酬を下げて
退職金にまわす提案というのが常識
ですが、全く常識とは逆の提案です。


まだ常識的な提案で厳しい競争に
挑み続けますか?

それとも
非常識な提案で一人勝ちしたい
ですか?

詳しくは↓
この話法なら
簡単に相続対策保険が売れてしまう!







■顧客が喜んで5万円以上払う!単価アップ術

「18点で1944円になります。」

レジの店員のこの声に
商品を買った親子は

「つい買いすぎちゃったね!」

と顔見合わせて笑いました。

100円ショップでレジの順番を
待っていた私はこの場面を目にしました。

この親子は最初から18点もの商品を
買う予定はなかったに違いありません。

しかし店内を見ているうちに
「あれも欲しい、これも欲しい」となり

気がつけばカゴが商品でいっぱいに
なっていたのでしょう。

あなたもこれに似た経験を100円
ショップでしたことがありませんか?

1つ1つの商品は100円
(税込108円)で安いですが

100円ショップは

1人の顧客にたくさん買わせることが
うまいから巨大な産業になったと
予測できます。

買わせるといっても
100円ショップの店員が商品を
勧めたり、売り込むことは普通ありません。

お客様に自ら「選ばせる」ことで

買い物の単価をあげていると言って
いいはずです。



コンビニでもお弁当を買おうと
思って店に入って

思わずデザートも手に取ってしまった
という経験を私は何度もしたことが
あります。

もちろんコンビニの店員は

「お弁当とご一緒にデザートは
いかがですか?」

と売込みません。

顧客に自ら「選ばせる」仕組みが
コンビニにもあるのです。



これら2つの話は保険営業に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
大関氏は高単価契約を難なく
獲得してしまいます。

高い保険料の見積を出して
それがどんなお得で素晴らしいプランかを

お客様に説明、説得することを
しません。

お客様に

自ら

「選ばせる」ノウハウを確立している
のです。

100円ショップとコンビニの
単価アップ術に似ています。

保険営業パーソンが

売り込むのではなく

お客様が選んでいくと・・・

結果として契約単価が上がって
しまう方法です。

カラフルでかっこいい提案書を
出して流暢なトークを駆使しても

こんな結果は得られません。


お客様に「選ばせる」ノウハウが
存在するのです。


あなたはこれを知っていましたか?

決して高度で難解なやり方では
ありません。

知っているか知らないかだけで
最終的に手にするコミッションは
大きく大きく変わるのです。

売り込まれたのではなく
お客様が自ら選べば

満足します。

満足すれば

紹介の可能性も劇的に
アップします。

単価をアップさせながら
紹介も期待できるノウハウ。

これを知らずに
新規開拓を続けますか?

詳しくは↓
月払15,000円のお客様が
喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術





■逓増定期保険を個人契約で提案しよう

スマホでダイエットに成功した友人が
います。

スマホに付いている万歩計や
健康を管理するアプリを使って
ウォーキングや運動をしたわけでは
ありません。

ダイエットに使ったのは
スマホのカメラだけです。

やったことは食べたものを
すべて写真に撮るだけ。

写真に撮ることで自分が
食べたものを意識するようになって

食べる量も徐々に減り

食べるものにも気を遣うようになり

ダイエットに成功しました。

一時期流行った食べたものを
ノートに記録するレコーディング
ダイエットに似ています。

食べたものをいちいち書くのは
面倒ですが

写真であれば
ほんの数秒で済みます。

彼の場合

スマホのカメラは

人物やモノを撮影するだけの
ものではなく

ダイエットの道具にも使えた
わけです。

スマホカメラの

「新しい使い方」と
言っていいでしょう。


「新しい使い方」



この話は保険営業のに通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
亀甲氏は

ライバルとは違う
「新しい使い方」を提案し
新規開拓に成功しています。

今回紹介するCDで語られている

逓増定期保険を個人契約で
提案するノウハウは秀逸です。

保険を万が一の保障だけではなく

資金を効率よく移動させる手段

すなわち「新しい使い方」として
提案する方法です。

あなたはこんな「新しい使い方」を
知っていましたか?

詳しくは↓
1億稼げた!
法人生保新規開拓術








■一生分の医療保障が0円となるプラン

「天ぷら1品無料」

うどんチェーンのはなまるが以前やっていた
期間限定のキャンペーンです。

300円の天ぷら定期券を購入すると
うどん1杯ごとに天ぷら1品が0円になる
というものです。

間違いなく購入した人は少なくなかった
はずです。

単に天ぷらが安い!おいしい!では
なかなかお客様は注目してもらえません。

0円、無料だからいいのでは
ないでしょうか。



先日テレビで見かけた
しじみを使った健康食品の通販CMは

商品を売るものではありませんでした。

商品の値段などは一切伝えず
とにかく約10日分を無料でプレゼント
することを何度も何度もアピールして
いました。

このやり方はもう何年も続けられて
いますから、申し込む人が多いに
違いありません。

これも
無料、0円で成功している例です。



これら2つの話は保険営業に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
亀甲氏も

無料、0円を

法人新規開拓の武器にしています。

「葬儀代と一生分の医療保障が
0円となるプラン」

これを社長に提案します。

安い、お得、他社より条件がいい

こんな話を社長は何度も何度も
耳にしているので興味を引き付ける
ことは難しいのないでしょうか?

一方、0円の提案であれば
どうでしょうか。

間違いなく、大きなきっかけ
突破口になると思いませんか?

社長が興味を示したり
聴く気になる前に

話を進めようとするから
法人新規開拓が困難になると
私は考えています。

0円の提案で
初回面談を大きく変えることが
できるのです。

あなたはこれを知らずに
法人新規開拓を続けますか?

詳しくは↓
葬儀代と一生分の医療保障が
0円となるプランとは?