独りよがりの営業スタイルになっていませんか?~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・販売スキル~

ここでは、独りよがりの営業スタイルになっていませんか?~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・販売スキル~ に関する情報を紹介しています。
生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・販売スキルを語ります。保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えがすべてあります。


独りよがりの営業スタイルになっていませんか?
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・販売スキル~



ご存知、メジャーリーガーのイチロー選手。


もし、チームの監督からこんな指示があったら
イチロー選手はどうなるだろうか?


「ホームランを50本打て!」


そもそもイチロー選手はヒット量産する典型的な
短距離ヒッター。



そんな彼に、バリーボンズのような長距離ヒッター
の役目をやらせたら、どうだろうか?





イチロー選手本来の力やよさを発揮できないこと
は間違いない。




相手の特長(特徴)に合わせることが大切だという
ことは野球だけに限ったことではない。




例えば・・・部下や子供を指導するとき、叱るとき。



叱って伸びるタイプ。

強く言うと、ダメなタイプ。

褒めれば実力以上に力を出すタイプ・・・など


様々なタイプがいるはず。





ここまでの話にあなたは共感できるだろうか?





おそらく

「いや違う。部下ははどんな部下でも
 とにかく厳しく叱ればいいんだ」

と考える方は少ないのではないか。



では・・・野球選手の場合も


子供場合も

部下の場合も・・・



みんなそうなのに、どうして保険の営業のときの
お客様の場合は

相手のタイプによって、営業を変えないないのだろうか?





そう、何を隠そう私自身が、それをしていなかったのだ。



自分のスタイルを押し付けるだけ。

お客様によって、営業トークや話の進め方、使用する資料を
変えることなんて全くなかったのだ。



でもこれっておかしい。



営業も部下や子供や野球選手の場合と同じなのだから・・・



と言っても、いくら頭では「お客様のタイプで営業を変える」
とわかっていても

いきなり保険営業の現場でそれができる方は稀ではないか。


まず

相手のお客様がどんなタイプなのか?


がわからなくちゃならない。


これが第一段階。


そして、それが判断できたら・・・そのタイプによっての
営業の変え方、攻め方を知らなきゃいけない。


これが第二段階。


この2つの段階を詳しく、初めての方でもわかりやすく解説した
ものが

CDゼミナール「現役トップセールスマンが明かす 生命保険
契約の成約率を256%アップさせる方法
」だ。


このCDには学校で勉強するような難しい学問はない。

すべて現場から得たノウハウばかり。


だからすぐに理解できるし、実践もできる。


さあ、勇気を持って一歩を踏み出そうではないか。



顧客満足度、顧客第一主義は

何も商品やサービスだけの話だけではないのだ。


営業自体も顧客満足度、顧客第一主義を追求すべき
ではないだろうか?


あなたの営業が変わり、お客様が満足し心地よさを
感じれば、

成績・成果も驚くほど変わることと私は確信している。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック