「約款を使って法人の火災保険を奪取しよう!」保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。今日から新規、紹介が増えること間違いなし。

ここでは、「約款を使って法人の火災保険を奪取しよう!」保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。今日から新規、紹介が増えること間違いなし。 に関する情報を紹介しています。
生保、損保契約を獲るための販売スキルを語ります。
保険営業で契約を獲得するための答えがすべてあります。
今日から新規、紹介が増えること間違いなし。


「約款を使って法人の火災保険を奪取しよう!」


法人の火災保険を契約がほしいとは思わないか?
契約が獲れれば、おいしいとは感じないか?


保険料が大きい。


それでいて手数料率が高い。


しかも事故も滅多に起こらない。


でも・・・


はっきり言って獲るのが難しい・・・

私はずっとこう考えていた。




「火災保険に加入していますか?」

と企業の担当者や社長に聞いて

「ちょうど加入しようと思っていた」

という答えが返ってくるほど世の中甘くはない。




ほとんどの企業は既に加入していると言っていい。



これを他社から奪取するといっても・・・


事故もほとんどないから事故処理で差別化はできないし


保険料と言ってもそんなに保険会社ごとに差はない。




契約を獲得するための

差別化ができない、切り口が見当たらない!!!


そう考えていた。



あなたも一度や二度はこう思ったことはないだろうか?





しかし、それが大きな勘違いだと気づいたのだ。


差別化はできるし

切り口も無限にある。



結果として・・・法人の火災保険も獲れるのだ!!




どうやって差別化するのか?

どうやって切り口を見つけるのか?



その答えはすべて「約款」にあるのだ。



ごくごく初歩的な例を挙げる。


ある会社が工場に掛けていた火災保険。


既に何十年もその会社に出入りしてる保険代理店が
契約を持っていた。


今までなら、簡単にあきらめていたのだが・・・


約款を読むと・・・

例外的に工場で使用していても一般物件で契約できる
条件があることがわかり

その工場を調べると実は一般物件で火災保険契約できる
ことが判明。(ずっと工場物件で契約していたのだ)


結果は、なんなく他社から法人火災保険奪取に成功!!


もちろん、これだけで終わらない。


他の会社の工場でも本当は一般物件で契約できるのに

工場物件で契約している例があると考え、工作している。


いかがだろうか?



ごくごく簡単な例を出したが・・・

このような切り口は無限なのだ!!!


詳しくは約款を使った損保増収法を詳しく解説した
CDゼミナール
これで年間1,500万円損保を増収することができる!
 ~答えはすべて約款にあった~
」を聴いてほしい。



損保は売れるのだ。

損保は差別化できるのだ。


さあ、急ごう。


みんなが気づく前に、あなたが他社に打ち勝つ方法を
身に付けようではないか。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック