言わせる技術で生保は売れてしまう

ここでは、言わせる技術で生保は売れてしまう に関する情報を紹介しています。
■言わせる技術で生保は売れてしまう

以前年間数億円を稼ぐ結婚詐欺師がある番組に顔を隠して出演していた。

言い方はおかしいが結婚詐欺で数億円を稼ぐのはその業界では
トップクラスだという。

女性一人から数百万、場合によっては数千万円を騙しとる。

彼がこれだけのお金をとる方法のポイントを2つ語っていた。

ひとつはは女性から好きと言わせること。(女性から結婚したいと
言わせること)もうひとつは女性からお金を払いたいと言わせること。

こちらから好きになって、言い寄ってもお願いしても高額のお金を
とることはできない。

あくまで女性に言わせるのがポイントだと言う。

こうさせることで、たくさんお金をとれると同時に「自分で選んだ」
という事実があるから訴えられるリスクも低くすることができるという。

人を騙すことは絶対にやってはいけないが
この話は保険営業に使える部分がある。

それは「選ばせること」「言わせること」だ。

保険営業パーソンが「売り込む」 
お客様が「売られる」

これでは満足を得ることはできない。紹介も得ることはできない。
結果的に保険料の単価をアップすることはできないのだ。

売るんじゃない、お客様に「選ばせること」
欲しいと「言わせること」が絶対に必要なのだ!

「保険なんかを欲しいとか選びたいなんてお客は言わないよ!」
と思った方はちょっと待った!

それはあなたが方法を知らないだけなのだ。

例えば保険に付いているセカンドオピニンサービスをアピールする時

「この保険にはセカンドオピニオンサービスが付いていていいです。
 いかがですか?」と言って資料を差し出すのではなくて

「近所の医者で病名を告げられた際、それが正しいものか不安になることは
ないですか?そんな時もし無料で専門医を紹介してくれ第三者の意見が聞ける
サービスがあったらいかがですか?」と質問するのだ。

「知りたい」「資料が欲しい」「教えて欲しい」というお客様の答えが
返ってきても何ら不思議ではない。

こう言われたら初めて資料を持って行くのだ。

売り込むために資料を持って行くのではなく
お客様に頼まれたから資料を持って行く!

こんな流れを作ればあなたの生保営業は大きく変わるはずだ。

こんなお客様に言わせる技術を学びたいならこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間24分)
月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術


CDの内容を紹介すると・・

・なぜ保険料の単価を上げることができないのか?

・どうすれば単価を3~5倍にしたスタンスを確立することができるのか?

・万が一の保障の保険設計を「もっと条件を上げて」と言わせるテクニックとは?

・お客様に「得だ」と思われたらその営業は失敗!!

・パンフレット・設計書は使うな!

・確実にお金持ちを紹介してもらうには??

・アフターサービスこそ最も大事だ!ってウソ?

・なぜ接待もプレゼントも全くなしで好成績を上げられるのか?

・単価アップさせるために一番必要なことを一言で表すと?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック