保険料や返戻率で負けても保険が売れるノウハウ

ここでは、保険料や返戻率で負けても保険が売れるノウハウ に関する情報を紹介しています。
■保険料や返戻率で負けても保険が売れるノウハウ

勉強嫌いでいくら注意しても自分から全くやろうとしない友人の息子が
突然自ら「塾に行きたい」「塾で勉強したい」と先日言い出したという。

塾が無料で開く体験授業に本人が参加しすっかりやる気になったのだ。

その塾とは普通に国語や算数を教える塾ではない。
今小学生に大人気の「理科の実験」をする塾なのだ。

なぜ国語や算数の塾は行きたくないのに実験の塾は行きたくなるのか?

私なりの解釈だが・・・
普通の塾は先生が教壇に立って一方的授業し生徒が暗記するという形。

一方実験の塾は全く違う。
自らの手で実験をして自ら答えを見つける。

この「気づく」ことが楽しいし生徒の心が動くのではないか。

ビジネスする側(塾側)から見れば、普通の勉強を教える分野は競争が激化して
月謝を安くしたり、授業の質を上げたり、合格実績を残さなければ
集客は難しいだろう。

しかしその反面で「子供の心を動かせば」「子供に気づかせれば」比較的簡単に
人は集まるわけだ。(ちなみに実験をする塾は普通の塾に比べて割高だという)

高いとか安い、得とか損、条件がいいとか悪い
こんなこととは無縁の売上をアップする方法がある。

もちろんこれは保険営業でも同じ。

ネットや通販の台頭で安くてお得で、条件がいい保険をうまく説明して売る
だけでは勝ち残ることはできないだろう。

しかし安心して欲しい。

保険営業でも「お客様に気づかせれば」「お客様の心を動かせば」
ライバルと差別化できるのだ。

具体的には何をどうすればいいのか?
その他の差別化するための方法はどんなものがあるのか?

その答えがこちらの無料音声セミナーで勉強できる↓
無料音声セミナープレゼント
保険営業で勝ち残るための差別化戦略(58分)


音声セミナーの内容は

1.今後の保険業界・保険営業はどうなるのか?

2.差別化のキーワードとは?

3.お客様は自分の要望に気づいていない!? 1つめの差別化戦略とは?

4.保険営業をソリューション化する戦略とは?

5.他業界の差別化成功例から学ぶ

6.安くなくお得でもない保険でも売れてしまう!
 お客様と強力なパイプを作る方法とは?

お申込みはこちらをクリック↓
無料音声セミナー(58分)
保険営業で勝ち残るための差別化戦略





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック