FC2ブログ

1つだけ保険営業スキルを身につけるとしたら・・

ここでは、1つだけ保険営業スキルを身につけるとしたら・・ に関する情報を紹介しています。
保険業界で3年後、5年後に生き残っていくための
スキルをあなたは、今神様から与えられるとしたら???

いったいあなたは何をお願いするだろうか?

流暢な営業トーク
がん保険がたくさん売れるノウハウ
紹介を連鎖させるテクニック・・・

確かに欲しいものはたくさんあるが私はどれもいらない。

私が選ぶのは「終身保険が売れるスキル」。

これがあれば、どんなに時代が変わろうが、どんなにたくさん
の新商品が出ようが、死ぬほど特約が増えようが・・・
成績を上げ続けることができると感じないか。

インターネットや通販CMの影響で
お得で、安くて新しい保険が売られる機会は激増した。

我々保険営業パーソンもこの同じ土俵で戦って勝ち目は
果たしてあるだろうか??

もちろん無理ではない。厳しい競争を勝ち抜いてこの手法で
保険を売り続けて、成功する保険営業パーソンもいるだろう。

しかしもっと競争が少なく・・・契約単価が期待できる分野が
あなたの目の前にあるのだ!!

それが終身保険だと私は考えている。

「今時、終身保険なんか勧めても売れないよ」という声が
聞こえてきそうだが、それはやり方を知らないだけ。

1,000万円の終身保険の設計書をお客様の前に出して
一生懸命説明してもまず売れないだろう。

ではどうすればいいのか??

ポイントは「ニーズを喚起すること」

ニーズを喚起するとは一体どんなことなのか?
例を挙げて説明する。


例えば、お子様の教育について。

雑談の中からお客様が教育についてどんな考えを持っているか
徹底的に聞き出すのだ。

「大卒と高卒の生涯賃金の差についてどう思いますか?」
「○○様のお子様への教育方針は?」
「ある程度の大学に進学するためにはどのくらいから
 準備が必要だと感じていますか?」
「言って欲しい大学は?高校は?」「その学費は??」

こんな質問でお客様を導き、こんなことに気づいてもらう。

「今から将来のために●●万円準備しないといけない!!」

そしてその資産形成の手段として終身保険を提案する
という流れだ。

その前提に保険は万が一の時以外にも役に立つものだという
ことも理解してもらう、気づいてもらうことが重要かもしれない。

ただ単に設計書やパンフレットを広げて
どうですか!!と勧める方法と大きく違うことを理解して欲しい。

もちろんお客様が将来のために資産形成しなくちゃいけないのは
教育だけではない。

住宅も
介護も
老後の生活費も
死後の整理費用もある。

そのひとつひとつをしっかりニーズ喚起したら・・・

もっともっと今から準備しなくちゃいけないお金は多い
・積み上げるとは予想できないだろうか??

高い終身保険を提案し、売りつけるのではない。

お客様が必要だと感じているものを明確にして
それに合わせた提案をするだけなのだ!!

その手段としてたまたま保険がベター・ベストという
ことだけなのだ!!

高額終身保険を売る・獲るための営業トーク・話法とは
CDゼミナール
月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック