FC2ブログ

長友的営業スキルアップ法

ここでは、長友的営業スキルアップ法 に関する情報を紹介しています。
■長友的営業スキルアップ法


先日会った若い保険代理店の店主に”今こそドクターマーケットに
着手すべきだ”と話すとこんな答えが返ってきた。

「自分はまだそんなことをやるレベルではありません。
今は個人顧客が中心なので、次に中小零細企業マーケットを
手掛けようと考えています」

開拓するマーケットを個人顧客から1段1段アップしていく
つまり自分のスキルも1段1段アップさせるという考えも
もちろん間違いではない。

しかし(あくまで個人的な意見ではあるが)成功する人は
急激にレベルアップする時期があると私は考えている。

サッカー日本代表の長友選手をあなたは知っているだろうか?

彼は現在25歳でイタリアサッカーリーグ・セリエAの
ビッグクラブ・インテルミラノで活躍しているが
何と大学2年の時は試合に出れずにスタンドで応援の太鼓を
たたいていたのだ。

わずか5年で大学の補欠から世界の名だたるサッカーチームの
レギュラーになったことになる。

「きっかけ」次第でこんな奇跡とも思えるシンデレラストリーを
短期間で作ることができるのだ。

もちろんこれは保険営業でも同じだ。

自分にはとてもできない、またそのレベルではない・・・
こう考えて多くの保険営業パーソンはドクターマーケットを
開拓していない。

やり方を知って実践してダメなら仕方がないが
これではもったいないとは思わないか?

「きっかけ」があれば、あなたも長友のようなシンデレラ
ストリーを作ることができるのだ。すなわち今までは
思ってもみなかった大きな契約やコミッションを手にする
ことが可能になる。

さあまずはこちらを読むことからスタートしようでは
ないか。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?



CDで語られた内容の1部を紹介すると

・保険営業で成功できない人の見込み客の考え方とは?

・ドクターマーケットを開拓する前に準備するべきこととは?

・最低限知らなくてはならない知識・法律とは?

・工作ターゲットの決め方とは?

・初回訪問のやり方

・継続訪問では何をすればいいのか?

・工作中止する判断基準とは?

・ドクターを面談に導くテクニックとは?

・契約に繋がる「未来話法」とは?

・「保険は税理士に任せている!」と言われたらなぜ大きなチャンスなのか?

・ドクターに共通する悩みとそれを解消する提案方法

・私が病院の時計の位置をアドバイスする理由

・看護師の私語にチャンスあり

・これで信頼を掴める!人材に関するソリューション営業とは?

・保険を売り込むな!保険の話に嫌でも繋がる話題とは?

・口下手でも開拓できる魔法のツールとは?

・医師の組合で現在開催しているセミナーの内容とその成果とは?





■秋元康的保険営業ノウハウ

プロデューサーの秋元康さんがインドネシア版のAKB48
「JKT48」(JKTはジャカルタの意味)をデビューさせる
というニュースを見た。

秋元氏が優秀な音楽プロデューサーであることは周知の事実であるが
この事を聞いて優秀なビジネスパーソンでもあると私は確信した。

インドネシアの人口は約2億2千万人。
しかも人口の半分つまり1億人以上を30歳以下の若者が占める。

説明するまでもないが人口1億2千万人で少子高齢化の日本に
比べてインドネスアのマーケットは大きくこれからますます伸びる
と言える。

もしも日本と同じようなブームを起こせれば比較できないような
CDやグッズの売上になるはずだ。

どうやって売るかというものも成功するためには必要であるが
もっと大事なことは、どのマーケットで売るかということではないか。

これは保険営業でも同じ。

どうやって売るか・・・つまりノウハウや営業トークも保険を売る
ためには不可欠。

しかしどこに売るかつまりどのマーケットで勝負するかという
部分に保険営業パーソンはもっと注目すべきだ。

次のようなマーケットがあったらあなたは行動を起こさないだろうか?

・飽和状態と言われるコンビニでも3万店だが、まだまだ開拓の余地が
 ある場所が10万店以上ある

・弁護士の平均年収が680万円と言われる中、そのマーケットの平均年収は
 3000万円以上と言われる

これがドクターマーケットなのだ。

あなたが訪問する場所はたくさんあるのだ!
しかもお金を持っている方がうじゃうじゃ存在する。

さあ一歩を踏み出そう。

まずはこちら↓を読むことから初めて欲しい。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック