FC2ブログ

選択肢の変換で生保は売れる

ここでは、選択肢の変換で生保は売れる に関する情報を紹介しています。
■選択肢の変換で生保は売れる

先日、不況の中でも売上を伸ばし続ける、地元の野菜や果物を売る
ある産直ショップが紹介されていた。

その店の売り場には大きな特徴がある。
同じ商品で生産者が違うもの2つを隣で売ってしかも試食をさせる。

結果的に売れる商品と売れない商品がはっきりして、勝ち負けが
明確になるという。

非常にうまい売り方ではないか。

普通の店は商品を買うか買わないかの選択をお客様にしてもらう。
一方、この店の場合はどちらがいいか?を選択してもらっている。

「お客様の選択肢を変換させる」

これは保険営業でもあなたの成績を伸ばすきっかけになるのではないか?

お客様に「いつならご都合がよろしいでしょうか?」と質問すると
なかなかいい返事がもらえないが「火曜日と水曜日ならどちらの
ご都合がよろしいですか?」と聞くと比較的答えてくれる。

これも「選択肢の変換」のいい例と言っていいはずだ。

あなたはいつもお客様に保険を契約するか!しないか!
この選択ばかりをせまっていないだろうか?

少し発想を変えてすなわち選択肢を変換してお客様にアプローチ
することが重要だ。

保険の契約は少しわすれて・・・お客様の今抱えている問題を
解決したいかしたくないかを問うのはどうだろうか?

「いいえ、私は問題を解決したくありません。放置したいです」
というお客様はこの世に果たして存在するだろうか?

こんな選択肢の変換でドクターマーケットを新規開拓する
ノウハウをあなたのスキルにしたいなら、こちらを読んで欲しい。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?





■飛び込みで2億円のコミッションを得る方法

「飛び込み営業」

こんな方法で保険が売れるなら苦労しないよ!と思った方も
多いはずだ。

しかし今回インタビューした鈴木氏は「飛び込み」でドクター
マーケットを開拓したのだ。

「いきなり訪問してもドクターが話を聞いてくれるわけない」
こう考えるのが普通の保険営業パーソンではないか。

確かに事実かもしれない。訪問しても話を聞いてくれる段階まで
なかなか辿り着けない。

ではなぜ鈴木氏はそれをクリアできのか?

実は簡単なこと。保険を売りに行っていないから面談できる確率が
劇的に上がったのだ。

生前贈与プラン、節税プラン、退職金対策プラン・・・
普通の保険営業パーソンはこれらの類の設計書を片手にドクターを
訪問する。つまり最初から保険を売ろうとするのだ。

一方鈴木は自己紹介と自分ができる問題解決をまとめたツールを
使う。継続訪問する場合も基本的には同じだ。保険を売るのではなく
ドクターの問題を解決できることだけをひたすらアピールしたのだ。

想像して欲しい。
あなたの元に自分の保険会社が扱う商品を売って欲しいと保険会社の
社員が飛び込み訪問してきた。自社の商品がいかにいいか、コミッションが
いかに高いかを流暢にアピールした。

あなたはすぐにその保険会社の商品を扱うだろうか?

一方同じ保険会社の社員が訪問してきても、自社のアピールはさておき
どうすれば今保険が売れるかを、成功事例を含めてあなたに教えてくれた。

その情報はすばらしいものであなたの営業に非常に役立つものだと
したら、あなたはその社員を信用しないだろうか?

訪問する度に、あなたが知りたかった最新で契約に繋がる保険営業
ノウハウを提供してくれたら、いかがだろうか?


さああなたの保険営業を変えようではないか。

まだまだ訪問する先はいくらであるのだ。

CDを聴けば・・・
紹介がもらえないと悩むくらいなら病院に飛び込んだ方が
よっぽど成功の確率が高いということにあなたは気づくはずだ。

もっと詳しく勉強したい方はまずはこちら↓を読むことから始めて欲しい。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック