FC2ブログ

池上彰型セールス

ここでは、池上彰型セールス に関する情報を紹介しています。
■池上彰型セールス

相変わらず続く超円高。

先日会った保険営業パーソンは円高だからお客様に
外貨建ての変額年金をがんばって売りたいと話していた。

もちろんこの考えは間違いではない。
これで大きな成果がでるかもしれない。

しかし2012年以降大きくライバルに差をつけ
巨額なコミッションを稼ぐ保険営業パーソンは
円高を活用して保険を勧めるのではなく

円高とは一体どんなことなのか?
円高の後、どんなことが起こるのか?
ということをお客様がわかりやすいように説明できる人
だと確信している。

「円高だからこの保険がお勧めです」ではなく
円高を詳しくお客様に理解してもらい、お客様自身に
判断してもらうのだ。

「そう考えてくると外貨建ての保険に今入った方が
いいですね」とお客様に言ってもらう流れを作るのだ。

売り込むのではなくお客様が自分で選択するのだ。

自分で決めれば満足は大きい。人に勧められるより自分で
判断し自分の意志で選んだ方が満足度は高い。

満足度が高ければ人に話したくなる。つまり紹介に繋がる。

こう表現できるかもしれない。
売り込み型のセールスではなく
池上彰型のセールスに大きなチャンスがある。

池上彰型セールスがあなたのスキルになれば、あなたは
無理に売り込み必要はない。売れなくてストレスで
胃がキリキリ痛む心配ももうない。

お客様が自分で喜んで保険を選んでしまうのだ。

ほんの少しの差で大きく結果が変わることに気づいて欲しい。

池上彰型セールスをあなたのスキルにしたいなら
まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう



インタビューCDの内容の一部を挙げると

・なぜ保険より資産運用にチャンスがあるのか?

・お客様が殺到するセミナー集客の仕組みとは?

・なぜセミナー参加者の9割がコンサルティングを受けたいと言うのか?

・売上の秘密はセミナーのアンケートにある!

・実際にセミナーで話す内容について

・1万円の本当の価値を説明するとお客様は身を乗り出す

・国債はこう説明しろ

・日本の財政を知ればお客様の目の色は変わる

・インフレ・長期金利・資産の分散がキーワード

・商品を勧めない個別コンサルティングで話していることとは?

・最終的に売れてしまう商品とは?

・死亡保険や医療保険を取り扱わない理由とは?

・有料の会員組織のお客様が集まる秘密とは?

さあまずは知ることから。
あなたの営業の切り口は「万が一」だけだろうか?
資産運用を切り口に新しい道を作ってはどうだろう?



■セールス不要の問題解決型保険営業術

あるスーパーの話。

さんまを1匹まるまる(そのままの状態で)売っていた魚売り場の
担当者が、夕方にさんまをおろして(はらわたなどを取って
すぐ食べられるようにして)店頭に並べたという。

そうすると通常の3倍さんまが売れたのだ。

仕事を持っていて忙しい主婦や魚をおろすのが苦手な人に受けた
と考えられるのだが・・・

さんま自体、別に品質がよくなったわけではない。値段も変えて
いない。販売する人がいつもより声を枯らして売ったわけでない。

しかし売上3倍になるのだ。

商品自体の質や値段を変えなくても「売り方」を変えるだけで
売上アップさせることも可能になるのだ。

もちろんこれは保険営業でも同じ。

「万が一のために」
お客様にこう言って、できるだけ安く有利な保険を売り込むことは
決して悪いことではない。

しかしネット販売やテレビ通販の影響でますます競争が激化する中
さらに少子高齢化でマーケットが縮小する中で
今までと同じ「売り方」が有効でなくなってきているとは感じないか?

保険営業パーソンは”みんなと同じ”ではなく新しい「売り方」を
していかなければ生き残っていくのは難しい時代が来たと言って
いいかもしれない。

では新しい、今まではとは一味違う保険の「売り方」とは?

1つは「資産運用」を切り口にすることだ。

言い方はおかしいが「万が一」のことを話題にするのではなく
「万が9999」のことを中心に話をするのだ。

1500兆円と言われる日本人の資産。ここで勝負するのだ。

お金を持っている年配の方は自分のお金をどこに預ければいいのか
迷っているし、若者は自分の将来の年金に大きな不安を抱えている。

チャンスがあるとは思えないか?

もちろん終身保険や年金保険の設計書を持って保険を説明しても
うまくはいかない。

そんなことはしなくていい。

年配者そして若者が持っている不安を取り除いてあげるだけでいいのだ。
彼らが抱えている問題を解決すればいいだけなのだ。

売り込みはいらない。
不安を取り除き問題を解決すれば保険は売れてしまうのだ。

さああなたも1500兆円という巨大なマーケットで暴れて
みないか?

「資産運用」を切り口の問題解決型、不安解消式保険営業ノウハウを
勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール(1時間37分)
9割の顧客がコンサルティングを申込む奇跡のFP術
資産運用を切り口に保険は売れてしまう






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック