FC2ブログ

法人保険が売れる「比較」

ここでは、法人保険が売れる「比較」 に関する情報を紹介しています。
■法人保険が売れる「比較」

少し前になるが電車の広告に非常に参考になるものがあったので
紹介したい。セブン銀行の広告でこんな感じだったと記憶する。

セブン銀行の1日の利用件数は150万件以上。
150万人といえば、どこの人口か?

1.山口県
2.神戸市
3.京都市

正解は1、2、3すべて。3都市の人口はすべて約150万人

私はこの広告を見てセブン銀行は随分たくさんの人に利用されて
いるなあと素直に思ったが、あなたはいかがだろうか??

おそらくあなたもなかなか多いと感じただろう。

しかしよく考えてみると件数が多いことは紛れもない事実だが
広告を見た人・消費者にそれをより強く実感させる比較テクニックが
使われていることに気づく。

「150万」という数字だけを聞いて少ないと感じる方はあまり
いないはず。しかし何に比べて多いかというのは漠然としている。

この広告がうまい所は、比べる対象を工夫している点だ。

広告を見た人に「多い!」と強く感じさせるために150万件という
利用件数と別のものを比較対象に変えている。

普通であれば150万件の利用件数は同じ銀行の利用件数と比べる。

例えば「東京三菱は100万件。一方セブン銀行は150万件」と
いうように。(この場合、セブン銀行の利用件数が圧倒的であれば
広告の効果があるが、他行とあまり変わらないとか少ない場合は
150万件とアピールする価値が薄れてしまう)

一方でこの広告の場合の比較対象は「都市の人口」。
この場合なら他行の利用件数に関係なしに、単純に京都や神戸の
人口と同じとは多い!と感じるのではないか。

冷静に考えると銀行の利用件数と人口を比べること自体意味があるか
どうか判断がつかないが、いずれにせよ、全く種類が別のものを比べる
ことで、お客様の心理や感情をぐっと掴むチャンスが生まれることに
気づいて欲しい

比較と言っても何と比べるか、どうやって比べるか
これらによってお客様が抱く感情は全く変わってしまうのだ。

もちろんこれは法人生保営業でも同じだ。

情報化社会の今、比較をしない社長はいない。

比較をさせないように社長の心をがっちり掴むような営業スタイルを
確立するというのも悪くない。

しかしさらにもう一歩先に行って、比較をさせるまたは比較を
自分の営業の追い風に変えるノウハウをあなたのスキルにしては
いかがだろうか。

比較のやり方次第であなたの営業と成績は大きく左右されるのだ。

まずはこちら↓を読んで欲しい。
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?



CDで語られている内容の一部を挙げると

・葬儀代と一生分の医療保障を0円で社長が手に入れられる提案

・変額終身保険の運用失敗を利用して社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~

・終身保険の契約者を法人に変え1億2443万円の
 リストラできた成功事例とは?

・掟破りの収入保障保険の売り方
 なぜ私は法人契約で収入保障保険を提案するのか?

・逓増定期保険の部分解約プランでライバルに差をつける!
これで既契約をひっくり返すことができる

・社長のがん保険は法人契約を提案せよ!
~名義書き換えマジックで差別化する方法~

・税理士の先生を集客マシーンに変える簡単なノウハウとは?

・本や講演会では決して語らないギリギリの合法提案テクニックとは

・一石二鳥どころではない社長が感謝する短期払いマジック

・初回訪問、初回クロージングで大型生保契約が獲れる秘密

・亀甲流、継続的見込み客発掘術とは?

・社長が身を乗り出す新規開拓アプローチトークとは?

・法人保険が売れる「比較」のノウハウとは?

・10年後も業界で生き残ることができるキーワードは
「エビデンス」

・法人保険の弱点をカバーするトータスクラブとは?




■法人生保提案の裏技

多くの大手のレンタカー会社は、最低利用時間が6時間。
つまり2時間利用でも30分利用でも6時間の料金がかかるのだ。

一方先日テレビ番組で紹介されていた業績好調のレンタカー会社は
1時間単位。大手より安く売るわけではないが業績が伸びているという。

コインパーキングでも同じような成功例がある。
10分100円の料金・・・つまり10分ごとに課金すると
いう仕組みを1分10円に変えただけで売上が伸びたという
事例もある。

こちもサービスの内容も値段も全く変えていない。
お客様への提示の仕方を工夫しただけだ。

先日、読んだ本にこんな成功例も載っていた。

1個50円のリンゴをそのまま売るよりも
2個100円または4個200円にした方が売れた!

リンゴ自体は何も変わっていない。値引きもしていない。
しかしお客様への提示・提案次第で売上を伸ばすことができるのだ。

これは法人生保営業でも同じなのだ。

お客様への提案のやり方次第で成績を劇的にアップさせる
ことができるのだ。

あなたは終身保険を積極的に法人に提案したことがあるだろうか?
社長個人のがんの保障を法人契約で提案したことがあるだろうか?
変額保険の運用をわざと失敗することを勧めたことがあるだろうか?
収入保険を法人契約で勧めたことがあるだろうか?

まだまだアイデアがたくさんあるが、今まであなたが何度も
提案してきた保険であっても提案のやり方次第で社長の固い
ガードを突破できるチャンスが広がるのだ。

まずはアイデアを知ることからスタートしないか。
こちらを読むことから↓
CDゼミナール
社長に「話を聞かせて欲しい」と言わせる法人生保提案の裏技
葬儀代と一生分の医療保障が0円となるプランとは?




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック