■出口を制すれば法人保険を制す

ここでは、■出口を制すれば法人保険を制す に関する情報を紹介しています。
■出口を制すれば法人保険を制す


決算対策で保険を提案する場合、どのくらい損金で計上されるか
という部分にどうしても注目が集まる。

これは提案をする営業パーソンだけではなく提案される社長も
同じくその部分に関心を示す。

もちろん大事な部分ではあるが、私はそれと同じくらい
決算対策保険の後々の処理・・・いわゆる出口戦略が重要だと
考える。

一定期間を経て保険を解約した場合、解約返戻金は当然会社の
雑収入となり課税対象となってしまう。

私は契約時に
「社長の退職金の原資として利用しましょう」とか
「赤字の時や資金が必要になった時に活用しましょう」などと
言うことが多かったのだが・・・

このような出口戦略は、言い方は極端かもしれないが無責任な
アドバイスになりかねない。

中小企業の多くは社長がいわば4番でエースの場合が少なくない。
つまり簡単には退職できないし、決算対策プランの解約返戻金の
ピークが社長の対策時期にピッタリ合うとは限らない。

これは赤字や資金が必要になった場合も同じで、一番有利な
解約時期と企業の資金ニーズ時期が合わない確率の方が高い
のではないか。

多くの保険営業パーソンは「入口」に殺到し厳しい競争を繰り広げる。

しかしもう少し視野を広げると、競争率が低く大きな法人契約を
ひっくり返すチャンスがあるのだ。

それが「出口」ということになる。

社長の退職時期や企業の資金ニーズに左右されない
決算対策保険の出口戦略を法人工作の切り口にしてはどうだろうか?

詳しいノウハウを勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命
有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!






■想像で保険は売れる


自分の売りたい保険商品をホームページに載せて宣伝する。

これでは思ったような集客は難しいと私は考えている。

ネットを活用して契約を獲得するポイントは売りたい商品を
アピールするのではなく「お客様の行動を想像すること」
ではないか。

例えば法人契約を獲りたい場合。

社長はどんな場面で検索エンジンを使って保険のことを
調べるだろうか?その時、検索窓に入れる保険種目や言葉は
何だろうか?

その場面を想像するのだ。

工事の仕事を発注する条件として保険加入が必須となる
ケースなどはどうだろうか?

すぐに加入できてすぐに手続きしてくれる保険販売者を
きっと社長は探すはずだ。

こんな社長はすぐに手続きしてくれることが最優先だから
保険料などは二の次。あなたのサイトにその準備ができて
いればすぐに契約になるはずだ。

一度契約者になれば後は別の種目を狙えばいい。
おそらくネットで検索するぐらいだから懇意にしている
保険営業パーソンはいないケースも少なくないのでチャンスは
広がるのではないか。

ネットから法人見込み客を獲得するノウハウをもっと勉強
したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命
有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!




■会社のお金を合法的に個人資産にするノウハウ


会社の売上を伸ばし、会社の財務体質をよくさせ、会社を発展させたい。
こんなすばらしい考えを持った社長は多いはずだ。

その一方で、個人資産も増やしたいと考えるのは人情ではないか。

もちろん役員報酬を増やせばいいのだが、説明するまでもないが
限度はあるとは言え、報酬を増やせば増やすほど税金は高くなる。
それに伴い、健康保険や年金の負担も高くなる。

そこであなたの出番になるのだ。

保険!保険と勧めるだけがすべてではない。

社長の個人資産を増やしたいというニーズを少し刺激するのだ。

もちろん脱税のお手伝いをするのではない。
こんなやり方もあるという1つの選択肢を提案するのだ。

選ぶかどうかは社長次第。

ただ1つ言えることは、最終的に契約になるかどうかは別として
新しい選択肢を提案できたあなたの信頼度は確実に高まる。

社長のYESマンが多くなった会社は衰退するとよく言われる。
社長に言われたことだけをやっていてはダメなのではないか。

一歩先を見越した提案をしてこそ、コンサルタント認められるはずだ。

さあまずは知識を得ることからスタートしよう。

会社のお金を合法的に個人資産にする提案ノウハウを
勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 
有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!




CDで内容の一部を挙げると

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック