■解約で差別化

ここでは、■解約で差別化 に関する情報を紹介しています。
■解約で差別化

がん保険や医療保険を中心に販売して「紹介」のみで新規契約を
コンスタントに挙げ続ける代理店がいる。

驚くべきは、1人のお客様がする「紹介」の数。

一般的に優秀な営業パーソンであっても「紹介」をもらえる人数は
2~3人ではないか。

ところがこの代理店の場合は、1人のお客様が10人以上
場合によっては数十人の別のお客様を「紹介」するのだ。

1人の既契約者から数十人の「紹介」を出る場面をあなたは
想像ができるだろうか?

なぜこんな奇跡のようなことが起こるのか?
この代理店はどんなことをしているのか?

多くの保険営業パーソンは紹介をもらおうと契約時に力を入れる。

どうすれば「紹介」がもらえるか?どう言えば「紹介」して
もらえるか?を考え実践する。

決して間違いではないが、この代理店が力を入れているのは
それだけではない。

保険金を支払う時を重視しているのだ。

どんなに大きな契約があってもと大事な会議があっても
お客様から事故(病気)の連絡が入れば、すべての用事を
キャンセルしてそちらを優先する。

ただ保険金の請求の手続きをするだけではなく、病院や
医師そして医療コーディネーターの紹介をしたり、治療方針の
助言もする。(もちろんそれをするための勉強と情報収集など
には相当の時間を掛けている)

こうすることでお客様は感動し、頼まれなくてもその代理店に
どんどん別のお客様を紹介するのだ。

この話は法人工作にも応用できる。

多くの保険営業パーソンは契約時を重視する。

これは当たり前のことなのだが、もっと別の視点を持つべきでは
ないだろうか。

先程の代理店のように保険金を支払う時に力を入れるのも1つだが・・・
もっと差別化できるのは「解約時」を重視することだ。

決算対策で保険を加入してもらっても結局は解約して返戻金を
法人が受け取る時、課税されてしまう。

にもかかわらず、多くのケースは「会社の資金が足らない時に
返戻金を使いましょう」とか「社長の退職金の原資としましょう」
などというかなり乱暴な戦略しかアドバイスしていない。

これがいけないというわけではない。

解約返戻金のピークと会社の資金不足の時期や社長の退職時期が
必ずしも合うとは限らないので、このアドバイスでは足らないのだ。

逆に考えると、こんな形の契約が多いからこそチャンスがあるのだ。

契約のことばかりではなく保険解約時の会社の戦略に絞って
法人の工作をしても契約をひっくり返す突破口になるのではないか。

実際には法人契約の解約返戻金を会社の資金や社長の退職を
絡めなくても課税されない方法は存在する。

解約時を切り口に新規法人工作をしたと考えている方は
こちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命 
有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!





■新規法人開拓のアイデア

今回紹介するCDの中で語られている
「支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されないプラン」
を切り口に法人を新規開拓する方法を考えてみたい。

1つのやり方としてセミナー営業は有効ではないか。

集客は企業情報から評点が高く近年利益が出ていてかつ決算月が
近い法人をピックアップして社長向けにDMを送る。

もちろんセミナーの講師は保険営業パーソンがやるのではなく
税理士の先生にお願いする。保険を売るためのセミナーでは
DMの反応がよくないのは明らかなので、あくまで決算対策や
節税の裏技を教える切り口にする。

セミナーではいくつかある決算対策・節税方法を紹介しながら
その中の1つとして「支払保険料が損金で計上出来て出口で
課税されないプラン」を説明してもらうのだ。

そしてセミナー終了後、保険営業パーソンが各法人をフォロー
するという形だ。

ポイントは保険を売るためのセミナーではなく、決算対策の
法人の問題点・不安を解決・解消する手段として保険が使える
ことを専門家である先生に訴えてもらうことだ。

いかがだろうか。

DM送付やセミナー会場には費用がかかるが、1保険営業
パーソンや1代理店での負担が難しければ、何人か仲間が
集まりお金を出し合ってもいい。

また税理士の先生とセミナーを主催してもいいのではないか。
セミナーをきっかけに税理士の先生は顧問先を増やすきっかけに
なる可能性があるから、話にのる先生も少なくないはず。

保険会社の協力を得てもいい。保険会社主催でしかも
税理士の先生が講師なら、さらにセミナーの信用力は増して
集客が楽になるはずだ。

まだまだやり方はいろいろ考えられる。

ある代理店はDMやメールで決算に関してのアンケートを送り
返信があった法人を工作している。

別の保険営業パーソンはまず税理士の先生にアプローチして
「支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されないプラン」に
ついての意見を聞いて回っている。いきなり顧問先の紹介をお願い
するのではなく、あくまで専門家としての見解を指導してもらう
という立場で訪問するのだ。そして意見を伺いながら、このプラン
に共感を得た先生の顧問先を紹介してもらうということをしている。

大切なことは知るだけではなく行動することだ。

CDを聴いて行動を起こした保険営業パーソンからは
契約が獲れた知らせが早くもいくつか寄せられている。

次に契約を獲るのはあなただ!

スタートはこちらを読むことから↓
CDゼミナール
プレゼン革命
有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!





CDで内容の一部を挙げると

・支払保険料が損金で計上出来て出口で課税されない提案プランとは?

・驚愕!損保を活用した掟破りの決算対策提案とは?

・社長の目の色が変わる、会社の売上をアップさせる保険提案とは?

・見込み法人を集める手段はこれだ!大手に勝つ究極の戦略とは?

・こんな規模の法人に今チャンスがある!

・契約が獲れる社長のタイプは決まっている!

・今後有効な提案、廃れる提案とは?

・すぐにひっくり返せる法人の既契約とは?

・なぜ赤字法人こそ保険を売るチャンスあるのか?

・今一番売れる法人生保提案プランとは?

今回のインタビューは特に難しい理論はない。
そのまま真似さえすればいいのだ。

CDを聴いた次の日から、すぐに現場で使えるノウハウばかりだ。
さあ勇気を持って一歩を踏み出そう。





■会社のお金を合法的に個人資産にするノウハウ

会社の売上を伸ばし、会社の財務体質をよくさせ、会社を発展させたい。
こんなすばらしい考えを持った社長は多いはずだ。

その一方で、個人資産も増やしたいと考えるのは人情ではないか。

もちろん役員報酬を増やせばいいのだが、説明するまでもないが
限度はあるとは言え、報酬を増やせば増やすほど税金は高くなる。
それに伴い、健康保険や年金の負担も高くなる。

そこであなたの出番になるのだ。

保険!保険と勧めるだけがすべてではない。

社長の個人資産を増やしたいというニーズを少し刺激するのだ。

もちろん脱税のお手伝いをするのではない。
こんなやり方もあるという1つの選択肢を提案するのだ。

選ぶかどうかは社長次第。

ただ1つ言えることは、最終的に契約になるかどうかは別として
新しい選択肢を提案できたあなたの信頼度は確実に高まる。

社長のYESマンが多くなった会社は衰退するとよく言われる。
社長に言われたことだけをやっていてはダメなのではないか。

一歩先を見越した提案をしてこそ、コンサルタント認められるはずだ。

さあまずは知識を得ることからスタートしよう。

会社のお金を合法的に個人資産にする提案ノウハウを
勉強したい方はこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
プレゼン革命
有利な提案で法人保険契約をひっくり返せ!








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック