FC2ブログ

■法人開拓の武器は既存商品にある!

ここでは、■法人開拓の武器は既存商品にある! に関する情報を紹介しています。
■法人開拓の武器は既存商品にある!

先日スーパーで「きざみのり」という商品を見つけた。

説明するまでもないが、細かく刻んだ「のり」だ。
あなたもよく知っているはずのそばを食べる時などに上に
のせる「のり」。

こんな商品があるんだ~と気になったので販売している
メーカーのホームページを調べてみると、この会社は普通の
「のり」は売っていない。

「きざみのり」だけで勝負しているのだ。

おそらく「のり」の市場は大手または老舗のメーカーが
席巻しているはず。

そんな中まともに参入するのではなく「きざみのり」で
切り込んでいくこのメーカーの戦術は参考にならないか?

しかも何か特別な商品を開発したのではなく元来ある商品である
「のり」を細かく刻んだけという部分に注目すべきだ。

何か特別な商品やサービスを作ったり発明しないと市場を
独占できないと考えているビジネスパーソンは多い。

しかし今回紹介した「きざみのり」のように少し形を変える
だけ新しい市場が生まれ、そこで1人勝ちできるのだ

これは法人保険営業でも同じ。

保険料がどこよりも安く、返戻率も一番高くないと
競争に勝ち続けることができないと考えている営業パーソンは
多い。

間違いとは言えないが、あなたが今持っている商品や特約の
提案の形を少し変えるだけで大きな武器になることに今回紹介する
CDを聴けば気づくはず。

例えばCDの中の「リビングニーズを法人保険の武器に変える
提案テクニック」という部分は必聴だ。

多くの人が見向きもしていない、あのリビングニーズを
実は法人開拓の切り札として使うことができるのだ。

新商品や新特約、どこにもない保険・・・こんなことを
追い求めることも悪くないが、実は差別化の種はすでに
あなたが売っている商品の中にあることが多いものだ。

まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
社長の断りをチャンスに変えるノウハウ
逆転の法人生保提案術(2時間9分)



■予算横取りマーケティング

先日、自動車メーカーの方と話す機会があった。
ライバルは他の自動車メーカーではなく携帯電話だ
と言っていた。

若者の車離れが進んでいるが、1つの要因として
携帯電話にお金を使い、車に予算がまわらないこと
だと考えているのだ。

同じような話を映画会社の人から聞いたことがある。
映画も携帯電話をライバル視しているのだ。

同じ商品同士で戦って勝つというのは一昔前の
戦術なのかもしれない。

広い視野を持って本当のライバルを見極めなくては
ならない。

これは法人生保営業でも同じだ。

ライバルが提案したまたはライバルから契約した
生命保険だけと戦うだけがすべてではない。

もっと戦う相手がいる。もう一歩踏み出して言うなら
生命保険の原資となる予算を保険以外のライバルから
獲得することは可能なのだ。

今回紹介するCDの中の
「損保を生保にチェンジさせるイリュージョン提案」
「資産運用が好きな社長に最適!運用資金を保険に振り
分ける提案 」の2つの部分をぜひ聴いて欲しい。

今まで損保にかけていた予算をある意味横取りする
ことはできるし、銀行な証券会社に預けていた資産を
保険に振り分けることは不可能ではない。

生命保険という限られた予算の中で戦うのは
もう終わりにしていいのだ。

もっと大きな領域、予算から大型契約を獲得していく
ことがCDを聴けばできるようになるはずだ。

まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
社長の断りをチャンスに変えるノウハウ
逆転の法人生保提案術(2時間9分)



■提案で顧客心理をつかむノウハウ

ライバルに勝つため品質や価格で差別化することも非常に
大切なことだ。

しかし成熟社会で欲しいものがないと言われる中で理屈での
差別化が難しくなってきているとは感じないだろうか?

私は理屈に加えて、顧客の心理や感情をどうつかむか?が
今後の差別化の大きなポイントになると確信している。

ではどうすれば顧客の心理や感情を味方にできるのか?

私は自分の売ろうとしている商品やサービスを何通りで
表現できるかが鍵と考えている。

顧客が気づいていない価値や使い方を表現することで
心理や感情をぐっと掴めるのではないか。

1つ例を挙げる。例えばウォシュレット。

あなたならウォシュレットを知らない人に説明するとしたら
どう表現するだろうか?

私ならウォシュレットと言えばトイレの後おしりを清潔に
洗浄するものと表現するだろう。

この当たり前と思える表現以外のものを考えてみるのだ。

ウォシュレットは洗浄の後、乾燥する機能がついているものも
多いので・・・トイレットペーパーをほとんど使わない究極の
エコ装置と表現するのはどうだろう。

また痔を患っている人は患部を紙で必要がないのでケア
マシーンと表現してもよいはず。
痔にならないための予防グッズの1つとしてもいいかもしれない。

正しいとか間違っているという問題ではない。

1つの商品やサービスを全く別の表現を使うことで今までは
その商品やサービスに見向きもしなかった顧客の関心をこちらに
向けさせる可能性が高まることに気づいて欲しいのだ。

もちろんこれは法人保険営業でも同じ。

ライバルと同じ切り口でアプローチばかりするから
社長の感情をつかむことができないのではないか。

社長が気づいていない、知らない保険の新しい価値や
使い方を提案すればきっと社長の気持ちをこちらに
向けさせることができるはず。

例えば保険を万が一の時の備えとばかり表現しないで
銀行の資金繰りをスムーズにする利益平準化のマシーン
と伝えたらどうだろうか?

法人の税金のメリットを受けながら個人資産を形成する
装置なんていうのも面白い。

多くの保険営業パーソンとは違った表現をできるかが
勝負だ。

新しい価値、使い方を社長に気づかせる前に
まずはあなたが気づく必要がある。

気づきを得て、気づきで勝負したいなら
まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
社長の断りをチャンスに変えるノウハウ
逆転の法人生保提案術(2時間9分)



インタビュー形式で亀甲氏にお話しいただいた内容の一部を挙げると

・退職金の原資0(ゼロ)で社長の退職間近の法人を契約者に変える
 ウルトラ退職金プランとは?

・リビングニーズを法人保険の武器に変える提案テクニックとは?

・法人から社長への貸付を大型生保契約に変える裏技

・なぜ亀甲氏は「保険で節税はできません」と言って節税プランが
 契約できるのか?

・法人税の圧縮プランを契約している法人にはこの提案をぶつけろ!

・損保を生保にチェンジさせるイリュージョン提案

・「赤字企業は神様です」赤字法人から大型生保を獲得するプランとは?

・社長に「病気で保険に入れない」と断られたら、実はチャンスだ!

・資産運用が好きな社長に最適!運用資金を保険に振り分ける提案

・会社借入金の債務保証をしている社長が身を乗り出すプランとは?

・個人の相続対策は法人契約を勧めろ!

・逓増定期保険で退職金の準備はしている法人を逆転する一手とは?

・ピンチをチャンスに変えるトークとは

・がん検査やがん治療の知識を大型法人契約に変えるノウハウ

・話を聞く気がない社長の気持ちをかえる逆転の一言とは?

CDゼミナール
社長の断りをチャンスに変えるノウハウ
逆転の法人生保提案術(2時間9分)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック