FC2ブログ

営業員とお客様でなく、先生と生徒の関係を作れば生命保険契約は嫌でも獲れてしまう!

ここでは、営業員とお客様でなく、先生と生徒の関係を作れば生命保険契約は嫌でも獲れてしまう! に関する情報を紹介しています。
営業員とお客様でなく、先生と生徒の関係を作れば生命保険
契約は嫌でも獲れてしまう!

想像してほしい。

あなたはある習字教室に通っている。そこの先生は教え方も
よくとても親切。人間的にもすばらしい。
その先生が・・・「字をうまく書くためには技術同様、道具も
大事」と言って、1本1万円する筆を案内したら、あなたは
どうするだろうか?

高いから買わない???

私なら間違いなく買う。その先生が好きで信頼関係ができて
いれば、何のためらいもなく、喜んで買ってしまうだろう。

実はこれは保険営業に関しても同じなのだ!!

自分(保険営業員、売る人):お客様(買う人)
という関係では、なかなか本当の信頼関係を作るのは難しい。

理想は・・・

自分(先生):お客様(生徒)

という関係を作ることではないか。お客様が生徒で・・・
自分が先生の関係なんて、本当に作れるのか???と疑問
に思った方はぜひ「地域コミュニティーを作れば、保険契約
は自然にあふれ出す」
を聴いてほしい。

この方法を使えば、その関係を作るのはそんなに大変でない
ことに気づくはず。このノウハウは、営業トークを磨くこと
でも、プレゼンやクロージングの力を磨くことでもない。
似ているが、保険のセミナーを開くことでもない。
地域に根ざしたコミュニティを作ることなのだ!!!!!

そこには売り込みに匂いはしない。
ビジネスライクでもない。

あるのは、地域をつなぐ心と心の繋がりなのだ!!!

あなたが商品や契約を売り込む人から・・・いろいろ教えてくれる
親切な先生に変わったとき、獲ろうとしなくても、自然と保険契約
はあふれ出すと私は確信している。

今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック