FC2ブログ

同じタイプのお客様しかいなければ、保険営業のトップセールスにはなれない!

ここでは、同じタイプのお客様しかいなければ、保険営業のトップセールスにはなれない! に関する情報を紹介しています。
「同じタイプのお客様しかいなければ、
   保険営業のトップセールスにはなれない!」

「あなたの保険契約者、お客様は似たタイプが多くない
 ですか?」

あるトップセールスの方からの質問。私は自信を持って

「そうですね~~よく考えてみると、契約者は似たタイプ
 が多いですね。若くて前向きで、細かいことを言わない
 タイプが多いと思います」

「あなたは大きなチャンスを逃しています。少し営業スタイル
 を変えるだけで、大きく成績を上げることができますよ!」

その方からいただいた言葉だ。

お客様が似たタイプの方が多いなら、チャンスを逃している!!

普通、営業員は自分なりの営業スタイルを確立し、お客様と
接する。これがいい、これがすべてだと考えていたが・・・
これだけだと思ったような成績を上げるのは難しい。

確かに、自分の営業スタイルに合ったお客様は保険契約をして
もらえる。でもそのスタイルに合わないお客様も存在するのだ。

あなたの営業スタイルをお客様に押し付けるのではなく・・・
お客様に合わせて、あなたの営業スタイルを変化させれば

保険を契約していただける確率は飛躍的に上がるのだ!!!

お客様に合わせる???

お客様の性格やタイプは人それぞれ。ひとりひとり違う。
ではすべてのお客様に対して営業スタイルを変えなきゃいけ
ないのか?

実は違う。お客様のタイプは、ある程度の種類に分類する
ことができる。そのタイプに合わせる形であなたは営業
すればいい。

ではお客様をどんな風にタイプ分けするのか?それに合わせた
営業方法は?・・・答えはすべて「現役トップセールスマンが明かす 
生命保険契約の成約率を256%アップさせる方法
」の中にある。

野球のピッチャーもストレートばかりでは打者に打たれてしまう。
相手の弱点、強みを研究して、変化球を投げたり、投げる球の
順番を考える。打者によって攻め方を変える!!!

保険の営業も全く同じ。

ストレートばかりの営業では思ったどおりの成果を出しにくいのだ。
難しいことではない。あなたに必要なのは、少しのコツと少しの
行動力だけなのだから。

今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック