■ジャニーズ式ドクター新規開拓術

ここでは、■ジャニーズ式ドクター新規開拓術 に関する情報を紹介しています。
■ジャニーズ式ドクター新規開拓術

普通の芸能事務所はアイドルをデビューされる場合
かわいいもしくはかっこいい子をデビューさせて
がんばって売ろうとする。

うまくいけばスターになれるが、多くの場合は失敗する。

一方ジャニーズ事務所はそんなことはしない。

アイドルの卵を既にデビューしたアイドルのバックダンサー
などでコンサートやテレビに出演させる。

そこである程度人気がでたらデビューさせるのだ。

ジャニーズ事務所に所属してから5年以上かけてデビューする
アイドルも少なくない。

既にファンがいるアイドルをデビューさせるのだから
CDを出すにしてもコンサートをするにしてもある程度の
数が計算できるわけだ。

マーケットを作ってから、販売をスタートさせる!

これはアイドルだけでなくドクターマーケットの新規開拓でも
重要だ。

多くの保険営業パーソンは設計書を片手にドクターにいきなり
保険の売り込みを掛ける。

これはいきなりデビューさせた新人アイドルをがんがん売り込む
ことと似ている。

そうではなく大切なことはマーケット・・・売れる下地を
作ることから始めることだ。

売れる下地ができれば保険は嫌でも売れてしまう。
遠回りなように見えるかもしれないが、実はこれが
最短距離なのだ。

ドクターマーケットで売れる下地を作る方法を勉強したい方は
こちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?




■仕組みでドクターから契約を獲る方法

エコへの取り組み、経費削減のため社内で使う紙を極力使わない
(ペーパーレス化)試みを目標とした会社があった。

あなたが社長なら、どうやってそれを社員に徹底させるだろうか?

コピー用紙を裏表使うように注意する。メモやノートで記録を残す
のではなく、すべて必要なことはコンピュータに入れるように指導する。
とにかくペーパーレス化が進むように部下に指示し続ける。

普通の社長ならこんなことを考えるだろう。

しかしこの会社の社長は違ったのだ。

ナントすべての机の引き出しを捨ててしまったのだ!!

引き出しがなければ、ノートや紙をしまう場所がない。だから結果的に
すべての記録や仕事をPCで行うようになり、ペーパーレス化は
短期間で進み、その会社は今それが当たり前になった。

いかがだろうか。

目的達成のためにがんばることは大切なことだ。
しかし今回紹介したような「仕組み」があれば、より簡単で楽で
しかも短時間で目的に辿り着くことができるのだ。

これは保険営業、ドクターマーケットでも同じ。

設計書を片手にうまいトークで保険を一生懸命売り込むだけが
すべてではない。

保険が売れる、保険が売れてしまう「仕組み」が存在するのだ。

無理に売り込まなくても、がんばって高い保険を勧めなくても
保険が最終的に売れてしまう「仕組み」を作ろうではないか。

売り込まないから断れることはない。ストレスもない。
あなたは自分が作った「仕組み」の通りに話を進めればいいだけ。

ドクターからベルトコンベア的に保険が獲れる「仕組み」を
作りたいならこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?





■保険を絶対勧めない営業スタイル

独創的な考えを持ったラーメン店経営者がいる。
彼は2年前に店をオープンさせた。

もしあなたが新しい店を開いたら何をやるだろうか?

普通は集客のためにまず宣伝する。
目立つ看板を設置したりチラシを配ったり飲食店検索サイトに
登録したり割引クーポンを配布したり・・・

彼の場合一切それをしない。ラーメンの味だけで勝負したいと
考え口コミだけでの集客にこだわっているのだ。

こんな頑固な職人気質のラーメン店主は他にも探せばいる。

彼が独創的なのは経営に関する考え方。

一般的な経営者は店の売上や利益を1カ月単位や1年単位
で考える。一方彼の場合はナント3年を1つのスパンと
して考えているのだ。

少し極端な話かもしれないが1か月に3人しか客が入ら
なかったら普通の店主は慌てふためく。

しかし彼の場合は動じない。3年後までに結果がでれば
いいと考えているからだ。

実際に彼の店は1年目ガラガラの状態だったのだが
方針を変えず地道に3年後を目指して努力を続けた。

2年目を過ぎた頃からリピーターが増え始め売上が
急増しているという。

店の家賃や経費などを極限まで抑える工夫や3年間稼ぎが
なくても食えるような蓄えがあることは事実だが、彼の
考え方は参考になる。

あなたは成功・失敗をどんな期間で見極めるだろうか?

すぐに契約を獲りたい、コミッションを稼ぎたいのは
誰もが持つ感情だ。

しかしこの思いが強すぎて、目先の契約や利益ばかりを
追ってしまう保険営業パーソンが多いのではないか。

3年とはいわないが、ほんの少しだけ長期の視点を持つ
だけでライバルに大きく差をつけることができると
私は考えている。

多くの保険営業パーソンは短期間で契約を挙げること
ばかりに一生懸命だ。

もしこんなライバルを尻目に、最初はお客様の問題を
解決することだけに集中できたら、確実に目立つし
お客様からの信頼は驚く程厚くなるに違いない。

長期の視点でライバルに差をつけてみないか。

といっても何年間も待てと言ってるわけではない。

遠回りのようでも実は成果はすぐそこにあるケースも
少なくない。

最初から保険を勧めないドクターマーケットの新規開拓
方法を詳しくは勉強したい方はまずこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック