■「海外投資」を集客の武器に

ここでは、■「海外投資」を集客の武器に に関する情報を紹介しています。
■「海外投資」を集客の武器に

片道1時間、往復2時間の通勤時間が苦痛で無駄だ
と嘆く人がいた。

金銭的に許せば職場がある都心近くに住みたいと
彼は希望している。

一方金銭的に余裕があるものの、あえて田舎に住み
毎日往復3時間の通勤をしている経営者がいる。

彼は電車の中を本を読んだり、オーディオCDを聴く
勉強の時間に使っている。

座ってこの時間が確保できない時はつり革につかまらず
立ち続け、足腰や体幹のトレーニングの時間だと考えている。

彼にとって通勤は貴重な時間で、これがないと困ると
まで話している。

職場までの通勤時間。

「使い方」次第で無駄な時間にもなるし、有効な時間にも
なるのだ。

これは法人保険営業、特に税理士から法人紹介を獲得する時
に通じる。

今回インタビューした大田氏は「海外投資」を差別化の
武器としている。

ネットが発達した現在では、ある程度の時間を掛けて
勉強すれば、海外投資に関する情報は誰でもある程度は
得ることができるのではないか。

大田氏が素晴らしいのは情報自体よりもその「使い方」だ。

海外投資の情報を得ると、普通の保険営業パーソンは
投資に興味がある社長を紹介して欲しいと税理士にいきなり
依頼してしまう。

間違いではないが、大田氏の発想は全く違う。

「海外投資」を切り口に税理士の顧問先を増やすことそして
顧問契約を守ることを提案するのだ。

もちろん最後の最後には大田氏の成果に繋がる流れを構築
している。

同じ情報、同じノウハウを得ても

「使い方」次第で得られる結果が大きく違うことを
今回紹介するCDを聴いて実感して欲しい。

詳しいノウハウを一から学びたいなら
こちらをまずは読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール(2時間1分)
もう法人見込み客を自分で探すな
今からでも遅くない!コネ・人脈不要!
税理士からの継続的な紹介で法人新規開拓に成功する方法





■限定で法人紹介は成功する

コンビニビジネスで独立を考えている知人夫婦がいる。

フランチャイズチェーンの本部の人の話を聞いて
自分たちでもできるのではないかと判断しているのだ。

経営の経験がない彼らがなぜこう思ったのか?

彼らがやることが限定されていることが大きな要因だと
私は予測している。

チェーン店だから当然、店舗を出す場所や店舗の設計
扱う商品、仕入れなどは本部が担当する。

普通店舗ビジネスをやろうとしたら、自分たちですべて
決めねければならないことを本部が大半をやるわけだ。

この夫婦はやるべきことを限定され、行動を起こしやすく
なったと言えるのではないか。

この話は税理士と提携して法人の紹介を獲得することに通じる。

今回インタビューした大田氏は限定の達人と言っていい。

「共同でセミナーを開きましょう!」こんな漠然とした
投げ方を税理士にしない。

お客様から喜ばれるセミナーの内容とその内容に合った顧客の
対象を明確に伝える。そして参加者をどうやって集客できるかも
提示する。

場合によっては税理士がセミナーで話す内容やシナリオまで
伝えるのだ。

ここまでお膳立てすなわち行動が限定されれば、税理士は判断
しやすくなるはずだ。

意中の異性に好きとか好意を持っているといきなり伝えても
相手はどんな返事をしていいか迷ってしまうことが少なくない
だろう。

一方、一緒に映画に行こうとかドライブに誘えば・・・
すなわち相手が取るべき行動が限定されれば、相手は行くか
行かないか判断がつきやすいものだ。

保険営業もこれと同じ。
トップセールスパーソンの限定の戦術を学ぼう。

詳しいノウハウを一から学びたいなら
こちらをまずは読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール(2時間1分)
もう法人見込み客を自分で探すな
今からでも遅くない!コネ・人脈不要!
税理士からの継続的な紹介で法人新規開拓に成功する方法





■提携・契約を教育にシフトする戦術

格安航空会社、いわゆるLCCの増加などでパイロット
不足が報道されることが多い。

ここで少し考えて欲しい。

もしあなたが航空会社の経営者で1人でも多くのパイロット
を確保しようとしたらどんな戦術を考えるだろうか?

パイロットの待遇や条件をアップして広く募集する
積極的に外国人を採用する

こんなことを考える人は多いし、実際に航空会社が現在
実行していることだろう。

一方、ANAはタイで地元の航空会社と組んで、大学で
パイロット養成をスタートさせた。

既にパイロットの資格を持っている人材を確保するだけ
ではなく、「教育」することで他社と差別化を図ろうと
していると言っていい。

「教育」にシフトする!

この話は保険営業に通じる。

今回インタビューした大田氏はこの達人と言っていい。

税理士との提携そしてそこから法人紹介を獲得する
一連の流れを「教育」にシフトさせることで成功を
続けている。

多くの保険営業パーソンは税理士に提携したいと自分の
思いをストレートに申し出てしまう。また法人の見込み客を
紹介して欲しいと依頼する。

間違いではないが、大田氏は成功の確率をアップさせる
ためにはこれらを「教育」にシフトさせているのだ。

単なる売り込みやお願い、依頼ではなく
「教育」の提案で厳しい競争を勝ち抜いている。

あなたもみんなと同じではなく、「教育」で突破口を
見つけてみないか?

詳しいノウハウを一から学びたいなら
こちらをまずは読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール(2時間1分)
もう法人見込み客を自分で探すな
今からでも遅くない!コネ・人脈不要!
税理士からの継続的な紹介で法人新規開拓に成功する方法







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック