FC2ブログ

■億を稼げるツーシーム的営業話法

ここでは、■億を稼げるツーシーム的営業話法 に関する情報を紹介しています。
■億を稼げるツーシーム的営業話法

メジャーリーグから広島カープに復帰した黒田博樹投手。

アメリカでの大活躍が評価されてメジャーの某球団から提示
された年俸はなんと20億円だったと言われている。

その誘いを蹴って年俸の低い広島選んだことが大きな話題に
なったことをあなたも知っているだろう。

彼はアメリカで大成功したのだが、メジャーに移籍して
すぐはとても苦労したのだ。

日本ではストレートで真っ向勝負するタイプのピッチャー
だったが、ことごとく自慢のストレートが打たれたのだ。

そこで彼は直球でおすピッティングの組立をガラリ変更して
勝利を重ねていった。

その大きな武器となった1つが「ツーシーム」という変化球。

バッターから見ると、その球はストレートに見える。
しかし手元でほんの少しだけ変化する。

決して大きな変化はしない。そういう意味では魔球ではない。

バッターが打てると思ってバットを振ると少し変化し、バット
の芯に当たらず凡打になるのだ。

少しの変化

実は今回紹介するCDでインタビューした染宮氏のノウハウに
似ていると私は感じている。

染宮氏がCDで語った相続対策保険を売るためのトークは
大きな変化球でも魔球でもない。

ツーシーム的と表現していいだろう。

今までの常識とかみんなが使っているトークと
大して変わらないと思えるかもしれない。

しかしここに成功の鍵がある。

ストレートに見えて少し変化するツーシームを武器に勝利を
重ねる黒田投手のように・・・

今までのトークにほんの少しだけ変化を加え契約を導くのが
染宮氏の方法なのだ。

だからこそ、いつからでも誰でもすぐに真似できるのだ。

巨人の星の大リーグボール的ノウハウはいらないのだ。

今持っているスキルをほんの少し変化させれば
あなたは成功者になれることにCDで気づくはず。

詳しくノウハウを勉強したいなら
まずはこちらをじっくり読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
この話法なら簡単に相続対策保険が売れてしまう!
税制改正をあなたのコミッション増加に直結させるノウハウ
http://1eye.co.jp/hoken/souzokutaisaku.html




■個人事業主にチャンスあり

子供を0歳児から保育園に預け、共働きをする都内に住む
知人夫婦がいる。

かつての彼らの最大の悩みは「子供の風邪」だったのだ。

子供が風邪をひいて熱を出すとほとんどの保育園は子供を
預からない。

2人とも地方出身者で親や親戚など頼れる知人が全くいない
ので、子供が病気になるとどちらかが会社を休むしかなかった。

子供は頻繁にしかも急に熱を出すから、会社に大夫迷惑を
かけていたという。

ところが最近はこの悩みは解消されている。

NPOで病気の子供専門のベビシッター派遣サービスを
している団体があるのだ。

比較的手頃な料金でしかも当日の朝突然子供が病気になり
お願いしてもすぐに対応してくれるそうだ。


ビジネスをする側から見れば、このNPOはブルーオー
シャン戦略だ。

競争が激化していない、多くのライバルが手をつけて
いない市場、ビジネスに乗り出していると言っていい。

しかも間違いなく、この夫婦と同じような悩みを抱えて
いるケースは少なくない。

大きなニーズがあることは間違いない。

ニーズがある市場に参入し、しかもその市場がまだ
ライバルがあまり手をつけていないものであれば
確実に売上を伸ばすことができる。

これは保険営業でも同じだ。

ほとんどの保険営業パーソンは「法人」開拓を中心に
するか「個人」開拓をするか迷う。

二者択一で答えを出すことも間違いではない。

しかし今回紹介するCDの染宮氏のインタビューを聴けば
第三の道があることに気づくはずだ。

それが・・・


個人事業主。

私は今まで会った保険営業パーソンで「個人事業主」を
中心に保険を売っています!という人はいなかった。

まさにブルーオーシャンではないか。

染宮氏の話を聴けば、既にニーズがあることがわかるし
それを掘り起こす(喚起する)トークも勉強することが
できる。

ニーズがあるブルーオーシャンがあなたのすぐ目の前に
存在するわけだ。


あなたが「即弁」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

司法修習終了後に弁護士事務所を即立ち上げた弁護士を
こう呼ぶのだ。

「即弁」が急増しているとあるネットニュースが伝えていた。

もちろん好きでこうするわけではない。弁護士になっても
就職先がないからこうぜざるを得ないのだ。

説明するまでもないが、この手の先生もれっきとした
個人事業主だ。

サラリーマンで一度会社に就職すれば一生安泰という
時代は終わったと言っていいのではないか。

社会構造の変化から今度「個人事業主」は増えると
私は予測している。

あなたもチャンスがあるとは思わないか??

詳しくノウハウを勉強したいなら
まずはこちらをじっくり読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
この話法なら簡単に相続対策保険が売れてしまう!
税制改正をあなたのコミッション増加に直結させるノウハウ




■知識を販売に変換させれば相続保険は売れる

テレビに頻繁に出演するお笑い芸人の千原Jrさんのネタは
非常に面白い。

彼のネタは全くの作り話ではなく、日常で起こった出来事を
笑えるように脚色したものが多いと私は感じる。

スポーツクラブでの出来事
沖縄への旅行
クリスマスプレゼント
後輩との飲み会
などのネタを聞いたことがあるが、いずれもとても笑える
ものだった。

日常とお笑いのネタの垣根が低い
生活と芸の境界線が薄いと表すことができるかもしれない。

この話は相続対策保険を売る場合に通じると私は考えている。

多くの保険営業パーソンは大変化があって今チャンスが
広がっている「相続」に関してとても勉強している。

たくさんの知識を既に持っている場合が多いのだ。

それにもかかわらず、なかなか成果を出せていない
営業パーソンが少なくない。

原因の1つは知識と営業トークの壁・垣根が大きいことが
挙げられるのではないか。

得た知識を販売に変えられない、繋げられいないのだ。

今回紹介するCDでインタビューした染宮氏のノウハウを
聴けば、このマイナス要因は吹っ飛ぶはずだ。

染宮氏のノウハウは冒頭紹介した千原Jrさんのように
「知識」と「営業トーク」の境界線が驚く程薄いのだ。

情報を売り込みに変換するプロと言っていいだろう。

今まで勉強した知識を売上に直結させるノウハウを
今こそ学ぶべきではないか。

詳しくノウハウを勉強したいなら
まずはこちらをじっくり読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
この話法なら簡単に相続対策保険が売れてしまう!
税制改正をあなたのコミッション増加に直結させるノウハウ





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック