FC2ブログ

■あの社会問題を契約に変換させるテクニック

ここでは、■あの社会問題を契約に変換させるテクニック に関する情報を紹介しています。
■あの社会問題を契約に変換させるテクニック

先日ジェネリック薬品に関してのニュース報道をテレビで
目にした。

知っている方も多いと思うが、ジェネリック薬品とは後発医薬品とも
呼ばれ、新薬の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ効き目で
薬価の低い薬だ。

最近ではテレビでジェネリック薬品メーカーのCMは頻繁に流れるし
風邪などで病院に行って薬をもらうとジェネリック薬品である場合が
少なくない。

政府は国の医療費削減のためにジェネリック薬品の割合を
できるだけ早く80%以上にしたいとすることがニュースで
伝えられていた。

ネットで検索してみると

10年前のジェネリック薬品の市場シェアはわずか16.8%だ。
現在でも50%前後だそうだ。

あくまで仮定の話だが、10年前にこの業界に参入したなら
黙っていても売上は4倍以上になる計算だ。

もちろんこれはあくまで数字上の話ではあるが・・・

がんばって努力して売上を伸ばすことも素晴らしいが
それ以上にこれから「伸びる市場」で勝負することが
売上アップのためには有効であることを痛感するのは
私だけではないはず。

これは保険営業でも同じ。

「伸びる市場」をあなたの得意分野にすることが今度も
継続的に成果を出すためには不可欠な戦術ではないか。

老人そして痴呆症。

間違いなくこれらの数は今度増え続ける。

この市場に参入して最終的に契約に辿りつく道筋を
既に確立しているのが、今回紹介するCDでインタビューした
大田氏だ。

大田氏のノウハウは社会問題を解決に導きながら、最後の最後に
稼げる手法だと私は考えている。

新しい「信託」というスパイスをうまく活用して顧客の満足度を
上げながら契約に導いてしまうテクニックだ。

あなたも「伸びる市場」を自分のフィールドに変えてみないか?

まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
不動産・分割・信託を語れば相続対策保険は簡単に売れる!
これで資産家から保険の話を聴かせて欲しいとお願いされる


CDの内容のほんの一部を挙げると

・なぜ私は入居費5000万円の有料老人ホームの話からスタートするのか?

・不動産、借金を語れば相続対策保険は5分で売れる

・マイケルジャクソンを語れば、信託を切り口に相続保険契約を獲得できる

・売れる人は「サザエさん」を語る、売れない人は保険を語る

・痴呆症増加+信託=相続対策保険

・信託を切り口にペット市場で保険を売りまくる戦術

・信託を武器にする全く新しいドクターマーケット新規開拓法

・「連帯保証人」を切り口に法人を新規開拓する裏技とは?

・「この非課税枠トーク」で最速で契約に繋げることができる

・受取人を切り口に法人新規開拓するスーパーテクニックとは?

・個人事業主にチャンスあり!受取人と相続を語れば契約を激増させられる

・信託の仕組みそしてメリットとは?

・なぜ私は今でも「贈与プラン」がよく売れるのか?

・相続を単純化させる金メダル、銀メダル、銅メダルトークとは?

・財産分割の話からに相続対策保険に直結させるノウハウ

・お客様の家系図を簡単に聴きだせる「孫」トークとは?

・相続ではなく相続放棄の話題があなたに莫大なコミッションをもたらす

・節税なんてもう古い、今は所得税のコントロールの提案だ

・「東京オリンピック」が相続対策保険を獲得する最高のキーワード

・保険ではなく不動産の色分けをまず提案する理由とは?

・「分割」トークで失敗する人、成功する人のわずかな違いとは?

・不動産の弱点をこう語れば保険契約は転がり込む

・相続の質問をするな!「○○の育て方」を聴け!

・この不動産の話題で顧客の情報を丸裸にできる

・アメリカ不動産は話を前に進めるスパイスだ

・このタイミングで「昔はよかったですね」と言えば話は大きく進展する!

・私が「贈与式」を推奨する意味とは?

・ハンデキャップ市場に乗り込み感謝されながら稼ぐ方法

・保険営業パーソンではなく社会起業家になれる武器が信託だ

・売るんじゃない、想いをサポートすれば契約は獲れてしまう

・信託を武器に不動産業者と提携して資産家を紹介してもらおう

・相続分野で税理士に勝つ方法はこれだ!


CDゼミナール
不動産・分割・信託を語れば相続対策保険は簡単に売れる!
これで資産家から保険の話を聴かせて欲しいとお願いされる




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック