FC2ブログ

■信託を活用した新しいドクターマーケット新規開拓術

ここでは、■信託を活用した新しいドクターマーケット新規開拓術 に関する情報を紹介しています。
■信託を活用した新しいドクターマーケット新規開拓術

少し想像して欲しい。
あなたがスーパーの経営者で今日仕入れたカレールーを
売るとする。

このカレールーの味はとても美味しく、しかもかなり
利益率がいい商品なので1つでも多く売りたい。

さあ、あなたならどんな戦術を考えるだろうか?

お店の一番目立つ場所にカレールーを並べる

試食をしてもらいおいしさを実感してもらう

お客様の目を引くようなキャチコピーを考え、書いて貼る

販売員を立たせ、一人でも多くのお客様に声を掛けさせる

どれも間違いではない。

しかしいずれもカレールーにスポットを当てて
カレールー自体を宣伝するやり方だ。

売れている店はこんなやり方だけではなく、スポット
ライトを別の部分にも当て戦術を考えるもの。

例えば・・・じゃがいもと人参を特売してその棚の横に
カレールーを並べるのはどうだろうか?

じゃがいもと人参を買ったお客様がすぐ傍にある棚が
目に入り「今日はカレーがいいかな」と一緒に購入する
ことが予想できる。

カレールーを売りたいからカレールーを宣伝するだけが
道ではない。

全く別なものにスポットを当てながら成果を出す方法も
あるのだ。

これはドクターマーケットの新規開拓でも同じ。

ドクターマーケットを開拓するのはまず医師に会って
保険の話ができなければならないと決め付けるのは
危険ということを今回紹介するCDでインタビューした
大田氏の話を聴いて気づいたのだ。

別のスポットライトの当て方がある。
今までとは違う新規開拓のアイデアがあるのだ。

武器になるのは「信託」。

カレールーの例で例えるならこれが特売の野菜となる
わけだ。

がんばって数多く訪問すれば成果が出た時代は残念ながら
終わったと言っていい。

ライバルとは差別化するためには、斬新なスポットライト
の当て方をあなたのスキルとするべきだとは思わないか?

まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
不動産・分割・信託を語れば相続対策保険は簡単に売れる!
これで資産家から保険の話を聴かせて欲しいとお願いされる




■保険営業を社会起業に変える武器

あるベンチャー企業の経営者とお酒を飲む機会があった。

その会社は売上や利益も順調に伸びていて、今後も成長が見込まれる
のだが、新卒で優秀な学生を採用することに苦戦しているという。

最近の学生は、会社の利益や成長性、給料の高さよりも「社会性」
すなわち社会にどれだけ役に立っているかを重視して会社を選ぶ
傾向にあるとその経営者は話していた。

売上が伸びているベンチャー企業よりはNPO、NGOが人気が高い
そうだ。

一昔前はホリエモンのようなバリバリ売上を大きくする「起業家」が
異性にもてたが、今は「社会起業家」がみんなの憧れ存在なのだ。

社会性
社会に貢献する


実はこれらが保険営業でもキーワードになることを
今回紹介するCDでインタビューした大田氏の話を聴いて確信している。

CDの「ハンデキャップ市場に乗り込み感謝されながら稼ぐ方法」という
部分は必聴だ。

そこには高い保険をうまく売ってコミッションを稼ぐという発想は
感じられない。

社会的問題を解決しつつ、当事者を喜ばせながら、最終的に保険契約に
つなげてしまう方法が語られているのだ。

保険営業パーソンを社会起業家にノウハウだと私は考えている。

カギになるのは「信託」の使い方だ。

この新しい武器を駆使して保険営業を「社会性」の高い仕事にしながら
稼ぐ仕組みを学んでみないか。

まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
不動産・分割・信託を語れば相続対策保険は簡単に売れる!
これで資産家から保険の話を聴かせて欲しいとお願いされる





■「受取人」で法人新規開拓できる!!

先日、真夏でもたくさんのお客様で賑わうスキー場がテレビ番組で
紹介されていた。

夏にスキー場に行く・・・

普通、常識では考えられない。

日本中のほとんどのスキー場は夏の集客に苦戦しているのではないか。

何年か前ではこのスキー場も全く状況だったのだ。

しかし自分たちがすでに持っていた「資源」に気づくことが
大きな転機となったのだ。


山から見える最高の星空!!

ずっと昔からこのスキー場にある「資源」をアピールすることで
今、日本中から観光客が押し寄せているのだ。

すでに持っている「資源」に気づくこと

これは保険営業特に相続対策保険を売る場合にも通じる。

今回紹介するCDでインタビューした大田氏はみんなが既に
知っている、持っている資源、情報、知識を活用して結果を
出し続けるプロフェッショナルだ。

「受取人」

これを知らない保険営業パーソンは存在しない。

常識だ。

しかし大田氏はこれを新規開拓の「資源」にしてしまうのだ。

難しい知識や法律の知識は不要だ。

昔からあった星空で集客できるように、以前から常識だった事実が
新規開拓の強力な武器になることにあなたはCDで知ることになるはずだ。

まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
不動産・分割・信託を語れば相続対策保険は簡単に売れる!
これで資産家から保険の話を聴かせて欲しいとお願いされる







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック