FC2ブログ

■法人開拓はメモでが9割

ここでは、■法人開拓はメモでが9割 に関する情報を紹介しています。
■法人開拓はメモでが9割

「ルネッサンス~」というギャグでよく知られている
お笑いコンビの「髭男爵」。

彼らは結成から数年間は普通の姿で
普通の漫才をしていましが

ある時期から貴族風の衣装で
ネタをすることにチェンジして
ブレイクしました。

スタイルを変える「きっかけ」は
くりぃむしちゅーの上田晋也さんから

「髭でも男爵でもないじゃない」
と突っ込まれたことだといいます。

現状を打破する「きっかけ」は
先輩の何気ない一言・・・

意外な所にあったということでしょう。

日本のサッカーの発展に貢献し
Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏。

彼の「きっかけ」は

実は左遷だです。

当時勤めていた会社からの左遷が
大きな「きっかけ」となり

Jリーグ発足に力を注ぐことになります。

普通ならネガティブとしか考えられない事
でも成功への「きっかけ」になり得るのです。

きっかけ
実は法人新規開拓でも重要です。

あなたは法人契約獲得のために何を
「きっかけ」として話を進めるでしょうか?

法人の既契約
財務内容
出入りしている保険営業パーソンの資質

私が保険を販売していた頃、これらを早い
段階で掴み

「きっかけ」にすることに必死だったと
記憶しています。

間違いではありませんが
今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏のやり方はまるで違います。

竹下氏が法人新規開拓で話を進める
「きっかけ」にするのが

メモです。

しかもメモのする内容が常識では
考えられません。

会社の情報
社長の情報
既契約
売上・利益

これらの類のメモではありません。


社長の感情をメモするのです。


実はこれが強力な武器になり
法人契約を導く「きっかけ」に
なります!

髭男爵や川淵さんの場合と似ていて・・・

メモする社長の感情は意外なものであり、
ネガティブなものも含まれます。

具体的にはどんなことをメモすればいいのか?
そのメモをどう活用すれば契約になるのか?

答えはすべてインタビューにあります。

まずはこちらを詳しく読むことから↓

保険を語る前にお客様から
”あなたと 契約したい”と言わせることができる








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック