FC2ブログ

■なぜ今でも飛込みで法人開拓できるのか?

ここでは、■なぜ今でも飛込みで法人開拓できるのか? に関する情報を紹介しています。
■なぜ今でも飛込みで法人開拓できるのか?

新規の法人に訪問する前

ホームページに載っている情報をチェック
するのは営業パーソンとして基本中の
基本です。

ではもし本業とは少し違う新しい
事業を始めた情報が記載されて
いたら

あなたはそれを利用してどんな
アプローチを考えますか?

「新しい事業を始めたのですね」と
雑談だけで終わらせてしまうのは
あまりにももったいないのです。

また新しい事業を始められる
くらい儲かっているのだから

節税プランの設計書を持って
いこうというのも短絡的です。

大切なことは新規事業の
裏にある、企業が抱える問題点を

予想することです。

こうすることで社長が強い関心を
示すアプローチのアイデアが浮か
びます。

そもそもなぜ新規事業なの
でしょうか?

本業で利益が出ているので数年先を
見越して新しいビジネスをスタートさせる
という法人もあるますが

今本業の売上や利益が落ちている
ことも考えられます。

本業の売上をアップさせること
または売上をキープしながら利益率を
上げる話などに

社長は強い関心を示すと予想できます。

つまりこのあたりの話題がアプローチの
武器になります。

また新規事業を始めて、すべてがすぐに
順調に軌道に乗るとは限りません。

新規事業を採算ベースに載せる
ためのマーケティングノウハウや
人員の配置、人材育成などに

頭を抱えている社長は
少なくないと容易に予測できます。

単に保険の話や設計書を出す
のではなく

これらの社長が持っている悩みや
問題点を切り口にするのです。

今回は1つの例として
「新規事業」を挙げましたが

まだまだホームページから読みとれる
アプローチのアイデアはたくさんあります。

新規の人材を募集している
別の企業と提携した
外国に工場を出した
子会社を売却したなどなど。

1つずつ事実の裏にある
社長・法人が持っている問題点を

予測することでアプローチのアイデアは
無限になると私は確信しています。

社長が強い関心を示すアプローチノウハウを
詳しく勉強したいならこちらを読んで欲しい↓

このアプローチで社長はあなたの話に夢中になる!








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック