FC2ブログ

■100%相続保険に繋がるオリンピック話法とは?

ここでは、■100%相続保険に繋がるオリンピック話法とは? に関する情報を紹介しています。
■100%相続保険に繋がるオリンピック話法とは?

まだ泳げない(泳いだ経験がない)
幼児や子供の多くは

水に顔をつけてすぐに目を開けることは
できません。

しかし子供向けの水泳教室では
「がんばって目を開けましょう」とは
指導しないといいます。

水の中に落ちて沈んでいるきれいな
石を拾うゲームをやらせるのです。

一定時間内どれだけ拾えるか
競争させます。

こうすることで子供は
「知らず知らずのうちに」水中で
目を開けることを覚えるそうです。

「知らず知らずのうちに」というのは
実は相続対策保険を売る場合にも

キーワードになることを今回紹介する
CDでインタビューした大田氏の話を
聴いて確信しています。

「相続の対策はお済みですか?」

この類のアプローチをしてすんなり
話を聴いてくれる、営業パーソンにとって
神様のようなお客様はまずいません。

「結構です」「何度も聴いています」
というグレーズに撃沈してしまうのが
普通でしょう。

相続の話、保険の話を全く匂わせ
ないで「知らず知らずのうちに」

それらの話に至ってしまう流れを作る

・・・大田氏はまさにその達人です。

石を拾うことが結果的に目を開ける
練習であるかのように

世間で話題になっている事柄に
ついての雑談が

最後に秀逸なセールストークに
変わってしまうのです。

東京オリンピック
国立競技場

こんな保険とは程遠いと
感じられる何気ない世間話を

強力なアプローチの武器に
できることをCDを聴けば

あなたは知ることになります。

さあトップセールスパーソンの
「知らず知らず」を学びましょう。


まずはこちらを読んで欲しい↓

不動産・分割・信託を語れば
相続対策保険は簡単に売れる!









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック