■トップセールスは保険を語らず保険を売る

ここでは、■トップセールスは保険を語らず保険を売る に関する情報を紹介しています。
■トップセールスは保険を語らず保険を売る

中央突破ばかりを試みてゴールを狙う
サッカーチームに対して

あるサッカー解説者は

一旦サイドにボールを振り
守備の注意を引き付けてから
中央にボールを戻さなければ

得点のチャンスはなかなか
生まれないだろうと語っいました。

欲しくてたまらないゴールをただ漫然と
正面から狙うのではなく

サイドという「ワンステップを踏む」
ことで可能性が劇的にアップする
ということではないでしょうか。

これは富裕層向け新規開拓に
通じます。

保険を売りたいから保険の話から
スタートする!

間違いではありませんが
これはサッカーの正面攻撃と同じです。

成功の確率は年々低くなっているとは
感じませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏が得意とするのは

いわばサイド攻撃です。

保険以外の話題でアプローチして
保険以外のことを語り

最後の最後に契約を獲ってしまう
ノウハウと表現していいでしょう。

CDでは米国不動産、コンテナ事業
旅費規程、信託など

多くのサイド攻撃の武器を語っています。

この武器が強烈ですから
お客様である富裕層は見事なまでに
引き付けられます。

サッカーと似ていて
相手を引きつければ

ゴールという契約のチャンスが生まれる
わけです。

あなたはまだ中央突破だけですか?

まずはこちらを読んでください↓
今から1か月以内に富裕層と
保険契約できるノウハウ




■所得税UPを契約に変換させる方法

生徒が昨年よりも多く集まったものの
講師の数が足らないで困っている
塾経営者がいました。

求人広告を出しても効果はないといいます。

このままなら普通の授業ができないかも
しれないとかなり落ち込んでいました。

こんな逆境に立たされた塾の経営者に
あなたらどんなアドバイスをしますか?

私なら塾の授業の時間を今の半分にします。

そして半分を自習、生徒が自分で勉強する
時間にするのです。

そもそも授業を聴いただけでは成績は上がり
ません。

自分で勉強する時間がなければ成果が
でないことは明らかです。

その習慣を塾がつけさせるのです。

ただ教えるだけでなく、自分で勉強する習慣
をつけさせる塾にすれば、父兄からの評判も
アップするはずです。

しかもこのやり方なら講師の人数は少なくて
済むでしょう。

私は専門家ではないので、これが本当に
効果があるかは別として

大切なことは、逆境とも言える状況や
大きな変化は

アイデア次第でチャンス変えられることを
知ることではないでしょうか。

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏はまさにそんなアイデアを出し
続ける達人なのです。


個人の所得税率アップ


多くの富裕層に待ち望んでいない大きな
変化と言えるでしょう。

しかし変化の裏には大きな大きな契約の
チャンスが広がっていることを大田氏の話を
聴けば、あなたは理解するでしょう。

単に節税できるような保険の設計書を
広げるだけでは撃沈することは間違い
ありません。

売れる人はアイデアが違うのです。

売りたい保険でアプローチして成果がでる
時代は終わったのではないかと大田氏の
インタビューで私は確信しています。

保険とまるで関係のない提案をすると
最後に保険が必要になってしまう展開

こんな営業の流れを作るアイデアが秀逸
なのです。

まずはこちらを読んで欲しい↓
今から1か月以内に富裕層と
保険契約できるノウハウ 





■手取りを語れば法人保険が売れる

レストランガイドで有名なミシュランはタイヤの
メーカーです。

おいしいレストランを紹介することで読者が
遠くの店までドライブをします。

そうすればタイヤが消費され最終的に
ミシュランの売上がアップします。

これがミュシュランガイドをスタートさせた
狙いだといいます。

「タイヤをどんどん使いましょう」
「車で遠くへ出かけませんか?」

と直接宣伝することも決して悪くはありませんが
「回り道」とも見える戦略が大きな成果を生む
ことが多いと私は考えています。

江戸時代に川の土手に桜の木を植えたのは
みんなが桜を見にきて土手を歩き、土手を
固くして水害などを防ぐことが狙いだと
聞いたことがあります。

とにかく土手をみんなで歩きましょう!では
うまくいかなかったはずです。

回り道の戦略・・・これは保険営業でも有効です。

今回紹介するCDでインタビューした大田氏は
回り道戦略の達人と言っていいはずです。

富裕層に対して保険の話題でアプローチする
ことはありません。

大田氏が得意とする方法の1つは
「手取り」の話からスタートするノウハウです。

保険の話をどうしても聴きたいという富裕層を
探すことは難しいですが

手取りを増やす方法ならどうでしょうか?

身を乗り出して耳を傾ける富裕層が多いと
予測できます。

もちろん大切なのは

手取りの話題から保険契約に繋げる
営業の流れです。

この流れを大田氏は既にパターン化する
ことに成功しています。

そのノウハウがあなたのスキルになれば
手取りの話題から個人契約だけではなく
法人契約まで至ってしまうでしょう。

まずはこちらを読んでください↓
今から1か月以内に富裕層と
保険契約できるノウハウ 













コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック