■3回の会話で社長をファンにする方法

ここでは、■3回の会話で社長をファンにする方法 に関する情報を紹介しています。
■3回の会話で社長をファンにする方法

ドーナツが大好きな独身の知人がいます。

1日のハードな仕事を終えてドーナツを
買って帰り、部屋でコーヒーを飲みながら
食べるのが楽しみと以前話していましたが・・・

最近、毎日のように通っていたドーナツ店に
全く行かなくなったといいます。

理由はコンビニ。

ドーナツ専門店ではなくコンビニでドーナツ
を買うようになったのです。

なぜコンビニを選択するようになったのか?

味や値段はどちらも変わらないと彼女は
語ります。

違いは買いやすさ!!です。

独身の彼女がいつも買うドーナツは1個。

ドーナツ店で「持ち帰りで1個ください」と言う
のは、なんとなく気まずかったそうです。

一方コンビニなら気軽に1個買えるという
のです。


ビジネス的な見方をすると

コンビニはドーナツ自体でライバルの上を
いったというよりも

お客様の感情や心理をうまく捉え勝ったと
言えるでしょう。


商品の品質や価格で差別化するという考え方
ももちろん「あり」です。

しかし彼女の場合、行動・選択の決め手に
なったのは、理屈ではなく買いやすさや手軽さ・・・

すなわち心理や感情的な部分と言える
のでないでしょうか。

この話は法人新規開拓にも通じます。

既契約や他社が出す見積よりも有利で
お得で素晴らしい提案をして契約を獲得する
という考え方も間違いではありません。

しかし今回紹介するCDの竹下氏の話を
聴けば

別の戦い方があることに気づくはずです。

最初から保険という土俵で真っ向勝負する
のではなく

社長の心理・感情にスポットを
当てながら勝つ戦術と表現していいかも
しれません。

いい保険を提案して社長に満足してもらう
発想ではありません。

まず社長に自分のファンになってもらう・・・
それができてから、初めて保険について語る
やり方です。

ファンにする切り札は商品でも保険料でも
返戻率でもありません。

社長の心理・感情です。

この武器があなたのスキルになれば

今まで契約は難しいとあきらめていたような
法人を再び訪問するきっかけをつかめる
と確信しています。

社長をファン化する方法を詳しく学びたいなら

まずはこちらを詳しく読むことから
スタートして欲しい。
CDゼミナール
保険を語る前にお客様から
”あなたと 契約したい”と言わせることができる



CDの内容の1部を紹介すると

・「保険は大嫌い」というお客様から
年払1,000万円の契約を獲りました

・この会話は訪問100回に匹敵する

・たった3回の会話でお客様をファン化できる

・法人新規開拓はメモで9割決まる

・社長から信頼を得るためのハガキの活用法

・成約率アップのポイントは「トイレの使い方」

・沈黙のコントロールで保険契約を引き寄せろ

・質問する人は売れない、質問される人がトップになる

・保険営業は「例え話」が9割だ


CDゼミナール
保険を語る前にお客様から
”あなたと 契約したい”と言わせることができる




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック