FC2ブログ

■セミナーで契約になる話、ならない話

ここでは、■セミナーで契約になる話、ならない話 に関する情報を紹介しています。
■セミナーで契約になる話、ならない話

保険営業パーソンがセミナーを開くと
多くの場合いい情報提供をしようと
がんばってしまいます。

もちろん以前セミナーを開いた時
私もそうしました。

保険のリストラ術、いい保険の選び方
安心できる保険会社の見分け方
などなどを伝えると・・・

聞いているお客様は

「うん、うん」とうなずき
感心・納得しているようでした。

当然、個別の相談に進んでくれると
期待していましたが

結果は全くダメで
お客様はいい話を聞かせてもらったと
満足し帰るだけでした。

ボランティアやセミナー自体で儲ける
ならば

これでもいいのですが

保険営業パーソンの目的は
契約を獲ることです。

どんなにいい情報を伝えても
契約にならなければ意味はありません。

実は

「いい情報=契約」という
誰もが疑わない常識こそが

契約を遠ざけています。

漠然といい情報を伝えるのではなくて

セミナーが終わった後、お客様が
行動つまり個別面談を申込んで
くれるためには

どんな情報を伝えるべきかを
考えなければなりません。


いい情報ではなく
行動を起こさせる情報を伝える
のです。

研修や勉強会で学べるのは
ほとんど

いい情報ではないでしょうか?

あなたは

お客様が思わず行動したくなる

すなわち個別相談を受けたくなる

情報そして情報の出し方を

詳しく学んだことがありますか?


詳しくは↓
5人集客すればセミナーで保険が売れる!

-------------------
-------------------
■100%契約に繋がるお客様の一言

「将来の安心のために
年金保険はいかがでしょうか?」

こんなアプローチを若者にしても
今時いい反応は返ってこないはずです。

一方で公的年金制度そのものを
誰でも理解できるように

わかりやすく解説して

その現状と問題点を列挙したら
どうでしょうか?

多くの若者は
「このままではやばい」
と実感するでしょう。

そして「一体我々はどうすればいいのか?」
と不安に思ったり途方にくれる人が
少なくないはずです。

ここであなたが

若者が感じている問題点や不安を
解決・解消する策を提示すれば

少し大袈裟だがあなたはヒーロー

・・・場合によっては神様になれます。

そして解決・解消の手段として
保険は嫌でも売れてしまいます。


こんな流れを作れるのが
セミナー営業です。


もっと簡単に表現すれば

お客様に「一体どうすればいいのか?」
と相談に来させる最も効率的な方法が
セミナーなのです。

いい情報や裏技、プロしか知らない
ノウハウをセミナーで伝えようとするから

多くの保険営業パーソンはセミナー営業で
失敗します。

「一体どうすればいいのか?」と言わせ
お客様に相談に来させるためには

どんなことを伝えればいいのかを
考えれば

セミナーの内容はまるで別のもの
になり・・・結果的に大きな成果に
繋がります。

保険商品のメリットや保険料の
リストラ、新しい特約の説明では

「一体どうすればいいのか?」という
言葉は永遠にもらえません。

お客様に実感させ
行動させる

誰でもセミナーノウハウが

今回紹介するCDで学ぶ
ことができます。

あなたはセミナー受講者の8割が
相談の行列を作るようなノウハウを
ご存知ですか?

詳しくは↓
5人集客すればセミナーで保険が売れる!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック