■それでも飛込みは非効率と考えますか?

ここでは、■それでも飛込みは非効率と考えますか? に関する情報を紹介しています。
■それでも飛込みは非効率と考えますか?

古田敦也さんは
ヤクルトに捕手として入団した際
当時の野村克也監督から

「とにかく準備がすべてだ!」

と言われたそうです。

プロ野球は

グランド上での力と力の勝負と
思われますが

試合でグランドに立つまでの
「準備」をしっかりした方が
勝つ確率が高くなるということです。



「試合開始が遅れることを聞いて
寝ました。

こういうときのために
自分の枕を持ってきています。」

これはメジャーリーガーのイチローの
言葉です。

技術やコンディションの「準備」
だけではなく

イチローは枕まで「準備」しているのです。


この話は保険営業にも通じます。


今回紹介するCDでインタビュー
した中瀬氏は

現在も飛込み訪問から
多くの富裕層を契約者に変えて
います。

「どんなトークを使っているのか?」
「どんなプランを提案しているのか?」

ここを注目されることが多いです。

しかし

大きな違いは
訪問する前の「準備」なのです。


ターゲットとなる
富裕層の見つけ方

そして
実際にドアをノックするまでに
ターゲットに3回する「ある事」


この普通とは違う特別な2つで

難しいと言われる初回面談率を
劇的にアップさせるのです。


実際に中瀬氏の
初回の面談成功率は

30%~40%。

新規のテレアポの
アポイント率は3%程度と
関係者から聴いたことがありますから

ざっとその

10倍のパフォーマンスが期待できる
わけです。


しかも中瀬氏の飛込みのターゲットは
富裕層のみです。

契約単価が高いわけです。


それでも飛込みは効率が悪いと
思いますか?

それとも
トップセールスの「準備」を学び
契約をコンスタントに生み出す
武器にしますか?

詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック