■保険が売れる雑談、売れない雑談

ここでは、■保険が売れる雑談、売れない雑談 に関する情報を紹介しています。
■保険が売れる雑談、売れない雑談

知人のお子さんは
将来、新体操で一流のアスリートに
なることを目指している女の子です。

彼女が今力を入れているのは
バレエのレッスン。

表現力を磨くためには
ただ新体操の練習を繰り返す
だけでは不十分だそうです。

新体操の「前」のレッスンで差が
つくということではないでしょうか。



メジャーリーガーのダルビッシュの
投げ方をそっくりそのまま真似を
しても

同じようなボールを投げられる
ようにはなりません。

投げ方も重要ですが

もっと重要なのは

やはり「前」です。

トレーニングや練習、食事など
投げる「前」も真似しなければ

ダルビッシュに近づくことはできない
はずです。


これら2つの話は保険営業に通じます。


今回紹介するCDでインタビューした
大田氏が

秀逸な部分は

ズバリ「前」なのです。

保険の話をする「前」がみんなとは
違います。

多くの保険営業パーソンは
トップセールスパーソンの売り方を
学ぼうとします。

もちろん間違いではありませんが

これは
いわばダルビッシュの投げ方だけを
学ぶことに似ていると私は考えます。

勉強すべきは「前」
保険の話をする「前」

すなわち雑談だと確信しています。

お客様との雑談ならいつもしているよ!
こんな声が聞こえてきそうですが

実は

保険契約に繋がる雑談と

単なる雑談があるのです。

あなたはご存知でしたか?


がんばって保険を売る!!
これもいいのですが

今回大田氏が伝授してくれる
雑談ノウハウが

あなたのスキルになれば

がんばる必要がなくなると確信して
います。

雑談をすれば
がんばらなくても保険の話、契約に
なってしまうからです。

知っているか知らないかだけで
最後に手にするコミッションに
大きな差が出ると私は考えます。

まだあなたはがんばって保険を売り
ますか?

それとも雑談で保険を売りますか?

詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法



・社長が強烈な関心を示す「マイナンバー」
雑談とは

・「トランプ」を語れば社長の個人資産を
丸裸にできる

・「パナマ文書」雑談で法人保険が売れる

・このオリンピックの雑談をしないと大損します

・銀行の振込手数料の高さを嘆けば
法人保険のチャンスが訪れます

・設備投資、人材教育の雑談で
法人保険を売る方法

・この雑談で外貨建て保険が売れます

CDゼミナール
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック