FC2ブログ

【保険営業の行き詰まりを打破】社会保険の雑談で法人保険が売れる

ここでは、【保険営業の行き詰まりを打破】社会保険の雑談で法人保険が売れる に関する情報を紹介しています。
■社会保険の雑談で法人保険が売れる

昼休みに急いで銀行のATMに行くと
長蛇の列!

15分以上も待って他の銀行に
振り込みをすると

600円以上の手数料がかかった
という昔の記憶があります。

今は・・・

振込みはすべてネット銀行で
済ませます。

外出は不要。
手続きは1分程度で終わります。

さらに私が使っている銀行は
条件によりますが、月に決められた
回数の振込は手数料が無料です。

ネットなどの技術の進歩で
振込は大幅に「簡略化」されたと
言っていいのではないでしょうか。



先日テレビ番組で紹介されていた
会社は

700人分のアンケートを集計するのに
スタッフが丸2日掛けていたそうです。

しかしこれが

今は

何と

10分で出来てしまいます。

秘密はあるソフトウェアを導入した事。

2日が10分。

まさにこれも技術の進歩で
「簡略化」した一例です。



これら2つの話は保険営業に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

法人新規開拓の

「簡略化」に成功し、驚く程の成果を
出し続けています。

振込とソフトウェアの話と似ていて

「簡略化」を実現させたのは
技術の進歩です。

実は・・・

雑談技術の進歩で

法人開拓

特に初回面談を簡単にして
しまいます。



例えばCDで語られている
社会保険料に関しての社長との雑談。

社会保険料の負担は大きい
ことに関する雑談は
成立しやすい話題です。

多くの保険営業パーソンも
雑談として使っているでしょう。

大田氏のノウハウが
秀逸なのは、

この雑談の展開力です。

社会保険の話題が
アッと言う間に法人保険に
たどり着いてしまいます。

まさに法人新規開拓の
「簡略化」です。


トップセールスパーソンの技術は
進歩しています。

提案やプレゼンを学ぶことも
いいのですが

もっと前の段階である雑談、
保険に繋げる雑談の展開力が

進歩していることを
ご存知でしょうか??

詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法


・社長が強烈な関心を示す「マイナンバー」
雑談とは

・「トランプ」を語れば社長の個人資産を
丸裸にできる

・「パナマ文書」雑談で法人保険が売れる

・このオリンピックの雑談をしないと大損します

・銀行の振込手数料の高さを嘆けば
法人保険のチャンスが訪れます

・設備投資、人材教育の雑談で
法人保険を売る方法

・この雑談で外貨建て保険が売れます

CDゼミナール
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック