■売れる人は自己紹介で差別化する

ここでは、■売れる人は自己紹介で差別化する に関する情報を紹介しています。
■売れる人は自己紹介で差別化する

お弁当を製造販売する会社を
経営する知人がいます。

先日入場者が多いイベントに
彼の店は出店しました。

こだわりぬいた素材を使い
化学調味料を使わない調理法で
味もいい弁当は人気があり

お昼前には店に長蛇の列ができ
用意したお弁当はすぐに完売と
なりました。

すぐに売り切れ!

その経営者はとても誇らしげです。

一方、日本でセブンイレブンを
創業した鈴木敏文さんは

あるインタビューで

売り切れは欠品と語っていたと
記憶しています。


全部売れていいのではなく

お客様が買いたくても買えない
機会損失と捉えているのです。


成功者は「捉え方」が違います。


急成長する某アパレスメーカーの
社長は、お店に立つスタッフの
不満を聴きに行くそうです。

不満を単なる文句と捉えていません。

スタッフの不満は会社をよくする
アイデアの源としています。

同じ事実であっても
やはり「捉え方」が違うわけです。



これらの話は保険営業に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
杉山氏も

「捉え方」が多くの保険営業パーソン
と違います。


例えばCDで語られている
自己紹介。

弁当の売り切れ、スタッフの不満と
同じように

「捉え方」が常識とはまるで
違います。

この方法で自己紹介をすると
それだけで差別化できてしまいます。

「あなたとぜひ契約したい」

自己紹介の後に
すぐお客様がこう思ったら

どんな展開が予想できますか?


どうやったら売るか?
どう言えば契約が獲れるか?

研修や勉強会で学ぶことは
こればかりです。

決して無駄ではありませんが
トップセールスパーソンは

そのはるか前とも言える
自己紹介の捉え方が
そもそも違うわけです。

あなたは自己紹介で
差別化できますか?


詳しくは↓
この行動を繰り返すだけで
10年間生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!


-------------------
-------------------
■リビングニーズは語れば保険が売れる

少し考えてください!

あなたは総菜や弁当など調理済みの
食品・・・いわゆる中食を売るスーパーの
担当者だったとします。

どんなアピールで売上に繋げますか?

おいしい
家庭で使ったような味
安い
お得
品質がいい

こんな言葉を使うのが一般的でしょう。

一方、先日目にしたCMでは

あるスーパーが全く違う切り口で
中食を訴えていました。


「忙しいあなたを応援したい。」


普通は、売る商品にいわば
スポットライトを当てます。

しかしこの場合、スポットライトが
当てられているのは

あなた、お客様

と言えるでしょう。

最終的に売るものは総菜であり
弁当であることは変わりません。

しかし、単においしい、お得と
商品自体を宣伝することと

応援したい!と言われるのでは
顧客の感じ方は変わるはずです。

感じ方が変われば、当然売上も
変わるに違いありません。

伝え方次第で売上をアップさせる
ことはできるのです。


これは保険営業でも同じです。


今回紹介するCDでインタビューした
杉山氏は

保険の売り方がうまいというより
「伝え方」がみんなと違います。

例えば
リビングニーズ。

保険業界では昔から知られていて
営業パーソンにとっては常識である事を

杉山氏は難なく新規開拓の強力な
武器に変えてしまいます。

普通にお客様に語っても
何も起こりません。

お客様の感じ方を変える
「伝え方」が存在します。

中食の例と同じで感じ方が変われば
売上(契約)が近づきます。


研修や勉強会で学べることは
ライバルと違う「提案」をすること
ばかりだとは感じませんか?

実は提案は同じでも勝てる方法が
あります。

あなたは提案ではなく
リビングニーズを武器に変わる
「伝え方」を学んだことがありますか?

詳しくは↓
この行動を繰り返すだけで
10年間生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック