■私はハガキで法人新規開拓に成功しています

ここでは、■私はハガキで法人新規開拓に成功しています に関する情報を紹介しています。
■私はハガキで法人新規開拓に成功しています

スキー人気の低迷で人が来なくなった
寂れたスキー場は全国に増えている
はずです。

あなたがこんなスキー場を再生させると
したら、どんな策を講じますか?

お金をかけてコースや施設、ホテルなどを
作り変えないと集客は難しいと考えるのが
普通でしょう。

一方、先日テレビで紹介されていた
いくつものスキーリゾートの再生に成功
している運営会社の考え方は

全く違います。

お金をかけてコースや施設をリニューアルする
のではなく

お客様にスキー場の「使い方」を提案
していました。

シーズンを通して利用できる利用券を
スポーツクラブの使用料金と
ほぼ同じにして

スポーツクラブに毎日通う感覚で
スキー場に行くという
「使い方」を訴えたのです。

シニアを中心に利用客は
激増したといいます。


「使い方」次第で道が拓ける!


今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏の話を聴けば、きっとあなたも
同じことを感じるはずです。

竹下氏が法人開拓で効果的に
使うのがハガキです。

メール、ライン、ネットなどの発達で
ハガキなんて今時時代遅れだと
思う人も多いかもしれません。

しかし「使い方」次第で

社長のハートをがっちりつかむ
武器にすることができるのです。


お得で最新な情報を伝えなくても

ある内容をハガキに書けば

社長の気持ちをぐっと掴むことが
できます。

あなたはこんなハガキを法人新規開拓に
活用する方法を

ご存知でしたか?

詳しくは↓
保険を語る前にお客様から
”あなたと 契約したい”と言わせることができる


-------------------
-------------------
■売れる人はトイレの使い方が違う

戦国時代、普通の武士なら出世する
ために

戦(いくさ)で活躍して主君に
認められることを考えるはずです。

敵をどれだけ倒すかだけを目標にして
武芸の鍛錬に励む・・・

これが常識です。

一方、秀吉の発想はそれだけに
とどまりません。

織田信長の草履を懐で温め
認められたという話は有名です。

つまり秀吉は「知恵」によって
刀だけではなく

草履まで出世の武器にしてしまう
わけです。

「知恵」・・・戦国時代だけではなく
保険営業でも大切であることを
今回紹介するCDでインタビューの
竹下氏の話を聴いて確信しました。

いい保険、得で有利な提案をして
契約を獲るという発想ももちろん
正しいです。

竹下氏の営業スタイルはそれに加えて
「知恵」が詰まっています。

私が驚いたのが

竹下氏のトイレの効果的な使い方。

まさに秀逸としか言いようがないノウハウ
です。

トイレをうまく活用することで
成約率を劇的にアップすることに
成功しています。

あなたはこんなトイレの利用術を
知っていますか?

単なる真っ向勝負ではない「知恵」は
秀吉流と表現していいでしょう。

勉強会などで学べるのは
ライバルや既契約に勝つ戦術が中心です。

これらも大切ですが
トップセールスパーソンは

別の部分で勝負して

楽に効率的に契約を獲得し続けて
います。

それでもあなたは保険の真っ向勝負
だけですか?

詳しくは↓
保険を語る前にお客様から
”あなたと 契約したい”と言わせることができる





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック