■ドクターに保険が売れる人はスタンスが違う

ここでは、■ドクターに保険が売れる人はスタンスが違う に関する情報を紹介しています。
■ドクターに保険が売れる人はスタンスが違う

ある通信販売の化粧品会社の社長は
テレビCMでこう断言している。

「自信があるからこちらから
売り込みのお電話をしません!」

サンプルや資料を請求してその後に
しつこく電話で勧誘されるのは嫌だと
いう消費者の不安や心配を見事に
消す言葉だ。

方針・スタンスを明確にすることで、
お客様は安心し信頼を抱く傾向に
あるのではないか。

絶対に商品を売らない日を決めて
その日は商品を見てもらうだけに徹し
売上を伸ばしている宝石店の話を
聞いたことがある。

その日は例えお客様が買いたいと
言っても決して売らないのだ。

こうすることでお客様は安心して
その店を信用する。

これもスタンス・方針の明確化の
成功例だ。

スタンス・方針の明確化は
ドクターマーケットを新規開拓する時も
重要だ。

ファイナンシャルプランナー、
○○コンサルタントという

名刺を出して保険を売ることが
目的でないようなスタンスの割に
すぐに設計書を出して説得する
ことももちろん間違いではない。

しかし今回紹介するCDでノウハウを
語っている鈴木氏は自身の
スタンス・方針を初面談で明確に伝える。

・自分は保険を売ることがビジネス

・しかし病院・ドクター自体がよくなって
もらわないと保険どころではないので
現在抱える問題解決を徹底的に
お手伝いする。

こんな風に伝え、決して最初から
設計書を出して説明することをしない。

保険に全く関係のない問題で
あってもその解決策を提案し続ける。

化粧品会社や宝石店と全く同じで
お客様であるドクターは安心し
信頼感を抱きやすくなるのではないか。

具体的な方法、実際に現場で
使っているトークなど

聴けばすぐに実践できるノウハウを
トップセールスパーソンが今回紹介する
CDの中で詳しく解説している。

机上の空論ではない。

今も現場で成功を続ける極めて現場主義
的な方法をあなたのスキルにしないか。

まずはこちらを読むことからスタートして欲しい。
CDゼミナール
年2億円稼げた!ドクターマーケット新規開拓術




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック