■配球とコントロールは法人営業でも必須だ

ここでは、■配球とコントロールは法人営業でも必須だ に関する情報を紹介しています。
■配球とコントロールは法人営業でも必須だ

投手と打者の二刀流で注目を集める日本ハムファイターズの
大谷翔平選手。

彼の投手としての武器は速球だ。コンスタントに150キロ
以上の球を投げられる。

高校時代からそのスピードは有名でなんと3年生の時に
160キロを記録したのだ。

高校生で160キロ。

普通に考えれば無敵だろう。

しかし彼は3年生の夏は甲子園の土さえ踏めなかったのだ。
つまり地方予選で敗退したのだ。

ピッチャーはスピードだけではなくコントロールや配球が
命だと、あるプロ監督がいつも話していたが、まさにそれを
物語る事実ではないか。

配球、コントロール

これは投手だけではなく実は法人保険営業でも重要だ。

保険営業パーソンはどこよりもいいプラン、どのライバル
にも負けない保険料や返戻率の提案をしようと血眼になっている
傾向が強いと私は考える。

これは170キロの速球を投げようと努力を重ねることに
似ているのではないか。

決して無駄ではないが、実は今既に持っている武器でもっと
楽にもっと簡単に勝てる方法があるのだ。

そのノウハウを語ってくれたのが、今回紹介するCDでインタビュー
した竹下氏だ。

彼はいわばスピードボールの投げ方を語っているのではない。

中学生でも投げられる120キロの球で強打者を打ち取り
試合に勝つ方法を伝授していると比喩していいだろう。

みんなが持っている情報、何度も勉強したスキル、知識

これらをどうコントロールするか
どういう順番でお客様に話すか

この方法が絶妙なのだ。

新しく難しいことは何も要らない!
CDを聴けばきっとあなたはこう気づくに違いない。

さあ法人新規開拓の「コントロールと配球」を
一から学ぼう。

もっと詳しく学びたいならこちらを読むことからスタート↓
CDゼミナール(2時間1分)
奇跡の法人初回訪問ノウハウ
180秒で聴く気がない社長を契約者に変える話法はこれだ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック