■社長は夢中になる対話術とは

ここでは、■社長は夢中になる対話術とは に関する情報を紹介しています。
■社長は夢中になる対話術とは

少し考えてください。

あなたが英語の教材を売る
営業パーソンです。

目の前にいるお客様に
教材を売る場合

どんな話からスタートさせますか?

会っていきなり、販売している英語教材の
良さや安さを流暢に売り込んでもうまくは
いかないことは確実です。

私ならお客様と
未来について対話します。


今後世界がどうなるのか?
どんな未来が待っているのか?

ネットなどの影響もあって
ますます世界は狭くなると言って
いいでしょう。

よりグローバル化することは
間違いありません。

日本は少子高齢化で
海外でのマーケティングは
今以上に不可欠になるはずです。

また労働力が不足して外国人を
移民させることもあるかもしれません。

未来を語っていくと

今以上に海外とのかかわりが増え
英語力が必要になることに
気づきませんか?

つまり英語を勉強する必要が
あるということになるでしょう。

ですから
いい英語教材がどうしても今いる!

こんな結論を導けます。

単に英語教材を売り込むことと
結果に差がでるとは感じませんか?


この話は法人保険営業に通じます。


今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

法人初回訪問で保険を語りません。

語る必要もないと断言しています。


語るのは未来。


あるやり方で社長と未来を語れば
必ず保険に行きつくといいます。

うまく保険を売り込んだり
勧めるのではありません。

ある方法で未来を対話すると
保険が売れてしまうようになるのです。

がんばって
一生懸命売るというスタンスも

間違いではありませんが

法人保険が簡単に売れる
対話術があったら

あなたは知りたくないですか?

詳しくは↓
このアプローチで
社長はあなたの話に夢中になる!

-------------------
-------------------
■売れない人の提案と売れる人の提案の差

人気が下がってきているとはいえ
日本で一番人気のスポーツは

野球と言っていいでしょう。

みんなが知っている野球。

実際に部活や子供の頃の遊びで
やった経験がある人も多いはずです。

こんな状況で野球のルールを知っている
だけでは自慢にも何にもなりません。

だいたいのルールを知っている人が
たくさんいますし

知らなくても本やインターネットで
すぐに調べることができるからです。

一方、同じ野球でも必ず相手に勝てる、
チームを絶対強くする方法を

もし知っていたら、どうでしょうか?

部活動をやっている学生
野球チームのコーチ

ひょっとしたら巨人の監督も知りたいと
言ってくるかもしれません。

ネットの普及で調べれば
誰でも知り得る知識や情報の
価値は

低くなってきています。

多くの人が価値があると
考えるのは

知識や情報ではなく

「知恵」です。


この話は法人保険営業に通じます。


今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

保険の提案ではなく
「ある知恵」の提案で差別化しています。

多くの経営者、ドクターから支持を得て
驚く程の成果を挙げ続けています。

経営者に支持される「ある知恵」とは
何か?

答えはすべてCDの中にあります。


まだあなたは保険で差別化する
だけですか?

それとも「ある知恵」で
圧倒的な一人勝ちしたいですか?


詳しくは↓
このアプローチで
社長はあなたの話に夢中になる!





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック