■サスペンス型営業手法とは

ここでは、■サスペンス型営業手法とは に関する情報を紹介しています。
■サスペンス型営業手法とは

サスペンスやミステリーの番組は昔も今も多い
と言っていいだろう。
いわゆる2時間ドラマはその典型と言える。

海辺の崖に犯人と主人公が立って事件の「謎解き」を
する場面を思い浮かべるのは私だけではないだろう。

「犯人は誰なんだろう?」というモヤモヤが
「なんだ!そうだったんだ~」に変わる瞬間だ。

この「謎解き」は保険営業でも成功のキーワード
なのだ。

素人の知りえない裏技
専門化ならではの最新情報

保険営業パーソンが差別化する武器になることは
否定しない。

しかしもっと身近な部分に強力な武器があることに
今回紹介するCDを聴けば気づくはずだ。

インタビューした松井氏はまさに「謎解き」の名人。

専用用語や難しい事は好んで語らない。

やっていることはお客様のモヤモヤの謎を解くだけだ。
「なんだ!そうだったんだ~」と声を出してもらう
ことを目的にしている。

そこには売り込みや説得はない。

モヤモヤの謎が解けた時、お客様は行動を自ら起こす
ことをインタビューを聴けば知ることになる。

ではお客様のモヤモヤはどこにあるのか?
どうやってその謎を解けばいいのか?
そしてこの一連の流れがなぜ契約に結びつくのか?

詳しく勉強したいなら
まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール(約2時間)
「捨てる!」で1人が1500人分の成果を出せる!
1日20件の保険契約を獲得する超効率営業ノウハウ




■ブルーオーシャン営業

コンビニや自動販売機で当たり前に購入する「水」。
私もよく購入する。

「水」をお金を払って買う行為は今や常識だが
少なくても私が子供の頃には考えられなかった。

蛇口をひねればでるもので、わざわざお店や販売機で
買う人はほとんどいなかったと言っていいだろう。

しかし現在「水」の市場規模はナント2,495億円。

新しい市場を創造した結果と言えるに違いない。

これは保険営業にも通じる。

保険という限られたマーケットで戦うことも間違い
ではない。

医療保険加入している人にさらに条件のいいものを
提案して契約を獲得することも悪くない。

しかし全く別の発想があることに今回紹介するCDを
聴けば、あなたは気づくはずだ。

インタビューした松井氏はお客様が現在契約している
保険よりも有利でお得な提案をして契約を獲るスタイル
ではない。

新しい市場を創造し、契約を効率的かつ継続的に獲得
していると言っていいだろう。

比較ではなく創造
まさにブルーオーシャン戦略で成功を続ける日本では
稀有な存在のトップセールスパーソンだ。

面談したお客様がTOTの営業パーソンの契約者で
誰がどう見ても文句がない保険に加入していたら
あなたはどうするだろうか?

以前の私なら時間の無駄だから、次の顧客と会う
と考えたはずだ。

しかし松井氏のノウハウを知れば、その考えが間違って
いたことを知ることになる。

どんなすばらしい契約に入っていようが、誰と契約
していようが・・・・関係なくなる。

「保険にはたくさん入っています」という断り文句が
断りに聞こえなくなるのだ。

あなたが開拓できるお客様・市場は劇的に広がる。
訪問先・面談相手がいないという恐怖はなくなるのだ。

市場を創造して契約を獲り続けるノウハウを
詳しく勉強したいなら
まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール(約2時間)
「捨てる!」で1人が1500人分の成果を出せる!
1日20件の保険契約を獲得する超効率営業ノウハウ






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック