■甲子園式で大型生保契約が獲れる

ここでは、■甲子園式で大型生保契約が獲れる に関する情報を紹介しています。
■甲子園式で大型生保契約が獲れる

先日見た甲子園で行われている
高校野球の試合で

勝ったチームが1試合で6つの犠打を
決めていました。

ウィキペディアで調べると
「犠打とは打者がアウト(犠牲)となって
塁上にいる他の走者を進塁させる打撃」
とありました。

走者を進めれば、当然得点の可能性は
高くなります。

得点が取れれば、勝てるチャンスが
広がります。

打撃な得意な選手でもヒットの確率は
3割~4割程度です。

ホームランの確率はもっと低くなります。

いきなり場外ホームランを狙うことも
間違いではありませんが

走者を1つ1つ先の塁に進める
犠打のような作戦が、チームの勝利の
可能性を高めるのではないでしょか。

この話は保険営業特に富裕層のマーケティング
に通じます。

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏が伝授してくれているノウハウは

甲子園の犠打的なのです。

初めからうまく保険提案をして
大型契約を狙うやり方ではありません。

いわばホームラン狙いではないのです。

1つ1つ塁を進め、結果的に契約に
たどり着いてしまうスキルと表現して
いいはずです。

契約を獲るノウハウのではなく
話を前に進めるノウハウが

インタビューには満載です。


まずはこちらを読んでください↓
今から1か月以内に富裕層と
保険契約できるノウハウ






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック