■運用失敗で感謝される保険提案とは?

ここでは、■運用失敗で感謝される保険提案とは? に関する情報を紹介しています。
■運用失敗で感謝される保険提案とは?

先日、成毛眞さんの書いた
「日本人の9割に英語はいらない」
という本を読みました。

当初英語に関する本を買う予定は全く
なかったのですが

アマゾンを見ていて、題名に惹かれて
思わず購入してしまいました。

仮にこの手の本によくある

”ビジネスパーソンにとって英語は必須”的な
題名なら

私は間違いなく買わなかったはずです。

常識とは違う、今までとの考えとは
異なる事に多くの人は興味を惹かれます。

少し前テレビ番組で作家の養老孟司は

「石油は一刻も早く枯渇させた方がいい。
石油がなくなれば現在地球上で起きている
社会問題のほとんどが解決する。」

と断言していました。

この意見に賛成か反対かは別として
「石油を大切に使いましょう」
と投げ掛けるよりも

はるかに多くの人の関心をひくことが
できたのではないでしょうか。

非常識の投げ掛け、ライバルと全く逆の提案

これは法人生保営業でも
差別化の鍵となります。


今回紹介するCDの中で語られているノウハウ

「変額終身保険の運用失敗を利用して
社長を喜ばす提案
~わざと運用を失敗させる逆転の発想とは~」

はまさに非常識の提案。

多くの保険営業パーソンは社長に
社長にこう提案します。

「お金を増やしましょう」「資産運用しましょう」

一方、このノウハウを使えば

「運用を失敗しましょう。そうすれば社長に
大きなメリットがあります!」と

提案できるわけです。

訪問するライバルとは全く逆の提案ですから
社長の関心をひくことはできることは
間違いありません。

社長が身を乗り出す非常識な
提案ノウハウはこれ以外にもまだまだあります。

まずはこちら↓を読んでください
社長に「話を聞かせて欲しい」と
言わせる法人生保提案の裏技






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック