■同じ提案で売れる人と売れない人の差とは

ここでは、■同じ提案で売れる人と売れない人の差とは に関する情報を紹介しています。
■同じ提案で売れる人と売れない人の差とは

ピッチャーの投げた球で
バットをへし折られる!

多くのバッターはこれを完全な負け
だと考えます。

一方、イチローは

ボールを体の近くまで
引き付けられた証だと

前向きに考えると聞いたことがあります。

確かにどんなに力強く素晴らしい
スイングをしても

ボールが来るはるか前に振ってしまったら
一生ヒットを打つことはできません。

打てるポイント(体の近くまで)
引きつけることは重要なのです。


ボクシングも同じでしょう。

敵を一撃で倒せる強烈な
パンチを持っていても

対戦相手から10mも
離れていたら

そのパンチの威力を発揮する
ことは絶対にできません。

相手に近づくこと、引きつける
ことは必須です。



これら2つの話は保険営業に
通じます。



多くの保険営業パーソンは
セミナーや研修に参加して
一生懸命勉強しています。

素晴らしいことなのですが

これは

バットのスイングスピード
を上げたり

パンチ力を高める行為に
似ていると私は考えます。


スイングスピードや
パンチ力を発揮するために
前提となるのは

相手を引き付ける事です。

あなたはこのノウハウを
学んだことがありますか?

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

この引きつける技術が秀逸です。

雑談を武器にして

短時間で面談相手を

自分の距離まで引きつけて
しまいます。

相手の興味や関心を引き付ける
ことに長けていると表現して
いいかもしれません。

これをしてから保険を語るので
成約率が異常に高いのです。


いい提案
効果的な営業トークは大切ですが

いわば相手と10mも離れた
場所から

それらをやり続けていませんか?


詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法



・社長が強烈な関心を示す「マイナンバー」
雑談とは

・「トランプ」を語れば社長の個人資産を
丸裸にできる

・「パナマ文書」雑談で法人保険が売れる

・このオリンピックの雑談をしないと大損します

・銀行の振込手数料の高さを嘆けば
法人保険のチャンスが訪れます

・設備投資、人材教育の雑談で
法人保険を売る方法

・この雑談で外貨建て保険が売れます

CDゼミナール
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック