■保険営業をリアル脱出ゲーム化せよ

ここでは、■保険営業をリアル脱出ゲーム化せよ に関する情報を紹介しています。
■保険営業をリアル脱出ゲーム化せよ

リアル脱出ゲームにはまっている友人がいる。

ウィキペディアによると、リアル脱出ゲームとは一つの会場に
集まった参加者達が協力し、様々なヒントを元に謎を解いて
その場所から脱出すると記述されている。

私は経験したことがないが、彼は何時間も掛けて夜の遊園地や
野球場などで開催されるイベントに頻繁に参加している。

脱出したに成功したときのワクワク感、謎を解いたときの
達成感、知らない参加者同士が協力してうまくいった時の
一体感は他のゲームでは味わえないと彼は力説していた。

この話を聴いて、私は保険営業もリアル脱出ゲーム化で
うまくいくと確信した。

それを現場で実践し、成功を続けいているのが今回インタ
ビューした竹下氏だ。

彼は自分が正しい、最高だと感じるプランや考えを
お客様に教えるという営業スタイルはとっていない。

お客様にリアルに体験、実感してもらうのだ。

竹下氏は正解をかっこよく伝えるのではなくヒントを
出すだけ。

お客様が自分で答えを見つけ出せるようにしているのだ。

自分で正解を見つけたお客様はリアル脱出ゲームの
ように達成感やワクワク感が味わえる。

自分で選んだのだがら契約した内容に満足するはずだ。

また一緒に答えを見つけ出したとも言える営業パーソン
との一体感を感じ、紹介に繋がりやすくなるとも言える。

もちろん大切なのはヒントの出し方。

これがお客様の謎や問題点、悩みから脱出するための
ポイントとなる。

トップセールスパーソンのヒントの出し方を学ぼう。

詳しいノウハウをあなたのスキルにしたいなら
まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓

CDゼミナール(2時間12分)
この2つの非常識ノウハウだけで数千万円稼げる
1件の医療保険を相続などの大型案件に変える!単価を50倍にする方法
10年前に契約した顧客から毎年紹介を獲得し続けるトーク術






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック